金戒光明寺の御朱印や拝観料は?見どころの山門やアフロ大仏・アクセスも解説!

京都市左京区にある金戒光明寺は、京都守護職の本陣があり新撰組の発祥と言われるお寺です。浄土真宗のお寺で最近はアフロ大仏でも知られています。桜の時期や紅葉では多くの観光客が来る金戒光明寺の御朱印や見どころ、アクセスや駐車場などご紹介します。

金戒光明寺の御朱印や拝観料は?見どころの山門やアフロ大仏・アクセスも解説!のイメージ

目次

  1. 1アフロ大仏が話題の「金戒光明寺」をご紹介!
  2. 2金戒光明寺とは?
  3. 3金戒光明寺は新選組発祥の地
  4. 4金戒光明寺の見どころ
  5. 5金戒光明寺の御朱印情報
  6. 6金戒光明寺の人気グルメ「ゆばまん」も要チェック
  7. 7金戒光明寺の拝観料・時間
  8. 8金戒光明寺の紅葉はライトアップもおすすめ
  9. 9金戒光明寺のアクセス
  10. 10見どころ満載の京都「金戒光明寺」に行こう!

アフロ大仏が話題の「金戒光明寺」をご紹介!

京都市左京区にある金戒光明寺は、ちょっと前までは、京都観光では上級者の方がよく訪れるお寺でしたが、最近は映画のシーンや、ドラマの影響もあって多くの方が訪れるようになっています。特にインパクトも大きいアフロ大仏も結構人気で多くの方が訪れています。その金戒光明寺の見どころや御朱印、アクセス方法や駐車場など、ご紹介します。

金戒光明寺とは?

金戒光明寺は浄土真宗のお寺で、地元では黒谷さんと呼ばれています。新撰組ゆかりの地としても有名で、会津藩の人達のお墓もあり、入口である高麗門には京都守護職本陣と書かれたものがかけられています。

金戒光明寺は、法然上人が浄土宗を広げるために開祖した場所としても知られ、金戒光明寺のイメージにも強い大きな山門には浄土真宗最初門と書かれた勅額があります。毎年4月23日24日25日は法然上人の法要が行われ、多くの方が訪れています。

桜の時期や紅葉の時期になると、特別公開もあったりしますが、他の場所に比べ、人も少なめなので、ゆっくり紅葉と山門の景色や庭等も見れ、訪れる方は毎年金戒光明寺に訪れています。最近はアフロ大仏でも知られているので京都観光でアフロ大仏を見に来る方も増えています。

金戒光明寺は新選組発祥の地

歴史好きな方には、当然知られていますが、金戒光明寺は京都の治安を守るために京都守護職が置かれた場所であり、誰もが知る新撰組の発祥の場所としても知られています。日本のアニメなどを通じ海外からの観光客も訪れています。

金戒光明寺には入口が3箇所あり、北門や南門から入ると分からず、なかには正面の門である高麗門を見ずに帰る方もすごく多いですが、高麗門にはしっかりと今現在も京都守護職本陣と書かれていて、新撰組ファンの方達など、多くの方が訪れた記念に写真を撮っています。

金戒光明寺が本陣に選ばれた理由

金戒光明寺が新撰組が作られた場所と言うのは知られていても、なぜ金戒光明寺が京都守護職の本陣に選ばれたのかと言うのは、はっきりとした事はわからないですが、選ばれる理由と言うか、選ばれてもおかしくない部分と言うのがあります。

金戒光明寺が京都守護職の本陣として選ばれた上で、注目されたであろうとされるポイントが3つほどあります。一つは、金戒光明寺がある場所。そして作り、さらに広さがあります。これらは実際に金戒光明寺に行った時に現在でも確認出来ますので、訪れた時に確認してみるのもおすすめです。

この理由としてあげられる部分は、ある意味、ほかのお寺にはなかなか無いので金戒光明寺らしい見どころでもあります。歴史と繋がるその環境を確認し、当時を想像してみるのも歴史ある建物が多く残る京都の観光の見どころでもあります。

金戒光明寺の場所

金戒光明寺がある場所は、普通に行くと、あまり感じないですが、正面になる高麗門からだとまっすぐ行き山門を右手に行きます。西門からだとすぐですが、蓮池があり、アフロ大仏がある墓地があり、石階段があります。

この石階段の上まで行くと三重の塔がありますが、そこからは京都を一望でき、紅葉時期や冬の時期の天気のいい時だと大阪の淀川や大山崎の方まで見えるほどです。そして、本堂の御影堂などからは、ちょうど御所が見えます。

京都の治安を守るため市内はもちろんですが、万が一敵が攻めて来ても発見しやすく、御所を守る為にも遠くまで見れるため守りやすいというのがあります。現在は木々が大きくなってるので視界が遮られますが、当時は木々も小さかったでしょうから見張るためにちょうど良かったというのがあります。

金戒光明寺の作り

訪れた事がある方ならわかりますが、金戒光明寺は、城と同じ作りになっていて、近くにある知恩院と同様に通常のお寺とは違って、本堂まで一直線に行けません。そして入り口も正面だけでなく、入口も小さく狭い南門や北門があり、正面の高麗門からは城壁を沿って山門に行きます。

高麗門にしても、大きく、頑丈な扉だというだけでなく、寺の周囲も城壁のようになっているうえに、道幅も狭く、車もすれ違うのがやっとという狭さです。もし敵が来たとしても、道幅が狭いので一気に来ることはできないため、守りやすいと言うのがあります。

金戒光明寺周辺の道は、当時と同じ広さなので、訪れると他のお寺との違いが結構わかります。建物は新しくなっていても、当時と道幅も変わって居ないので、想像もしやすいと思います。

金戒光明寺の広さ

金戒光明寺は、山内に18のお寺があります。それだけのお寺があるわけですから、大勢の武士を送り込んでも、兵力がそれだけあるというのを隠せ、誤魔化せると言うのもあります。武士たちに野宿をさせないようにするにも敷地も建物の必要です。

実際に、京都守護職の本陣が構えられ、会津藩から1000人ほどの武士が来たそうで、当時、建物を提供したという事を書いてあるものもあります。

以上の部分から、金戒光明寺が京都の治安を守るための京都守護職の本陣の場所に選ばれたと考えられています。

金戒光明寺の見どころ

その京都の金戒光明寺は、たくさんの見どころがあるお寺です。普段もいつ行っても山内の見学はでき、日頃から観光客や、近所の方たちなどが訪れていたりしますので、基本はだいたいは見ることができます。

しかし、見どころと言っても、すべてがいつも見れるわけでなく、桜の時期や紅葉の時期の特別公開の時にしか見れないものも多くあります。今回光明寺の見どころを全て見るなら、特別公開の時に行くしかありません。

見どころ①山門

金戒光明寺の山門は観光客をはじめ多くの方が写真を撮る門で、正面からも良いですが、山門をくぐり、階段を登った先から見る山門は紅葉時期は特に綺麗ですので多くの方がカメラを構えるスポットでもあります。

1860 年にできたこの山門は浄土真宗最初の門としても知られていて、特別公開の期間だけ、山門の中を見ることができます。山門からの眺めも大変素晴らしく、周りには高い建物もないので遠くまで見渡すことができます。

中には仏像がずらっと並び、天井を見れば、龍の絵が描かれています。山門からの景色は大変素晴らしいですが、周りは民家ばかりですので写真撮影は禁止となっていますので注意してください。写真に撮る撮るとができない分しっかり見るのをおすすめします。

見どころ②アフロ大仏

最近、かなり知られてくるようになったアフロ大仏ですが、きちんとした名前は五劫思惟阿弥陀仏と言います。アフロと言われるだけあり、そのインパクトはかなりあります。このアフロ大仏は、日本には16体くらいあるそうですが、石像のものはかなり貴重です。

作られたのは江戸時代だそうで、五劫というのが、時間を表していて、1劫がだいたい160kmくらいの岩を天女の羽衣で撫でて岩がすり減り無くなるまでの時間だそうです。それだけの時の長さの5倍もの時間修行したため、髪の毛が伸びてしまった結果です。

そして、このアフロ大仏はもともと金戒光明寺の檀家さんのお墓にあったもので、今も場所は変わらずにありますが、アフロ大仏の写真を撮る時など、お墓の敷地内に入るため、汚したり、ゴミを捨てるなど決してしないようにしてください。

見どころ③阿弥陀堂

阿弥陀堂は1605年に再建された物で、金戒光明寺の中では一番古いと言われる建物です。中には阿弥陀如来が置かれていてさらに、仏像のなかには、この像の作者である恵心僧都が使ったノミが入っていておとめの如来と呼ばれたりノミ納め如来と呼ぶ方も多くいます。

見どころ④鏡の御影

本堂でもある御影堂は、中に入ると法然上人が75歳の時の姿の座像が正面にあります。毎年4月23日から法要があり、法然上人直筆の一枚起請文というのを見ることができます。そして25日には御真影を見ることができ、多くの方がこの法要に並びます。

内部は特別公開の際に見学する事もでき、守護職である松平容保が使用していた鎧甲や、近藤勇、芹沢鴨と初めて対面したと言われる部屋等も観ることができ、閉め方で数が変わるトラが描かれた襖など、他にも見どころある本堂です。

見どころ⑤三重の塔

三重の塔は、蓮池の前から行く墓地の間の階段を上がった所にあり、現在は保護のため柵で囲まれています。この三重の塔は重要文化財となっていて、1633年に徳川秀忠公の供養を目的に作られたものです。

中には中山宝幢寺の文殊菩薩像が置かれていて、現在は御影堂に安置されています。ここからの眺めは素晴らしく、京都を遠くまで見ることができ、夕方であれば、夕日と共に京都を一望できます。

三重の塔に行くまでには、アフロ大仏があり、手前の蓮池では時期になれば綺麗な蓮の花を見ることができます。この池にある石橋は、三重の塔を作る際に石橋に変えられ、それまでは木造で春日局がかけた橋だったそうです。

見どころ⑥方丈北庭・紫雲の庭

金戒光明寺の庭は、普段は見ることができません。特別公開の時にだけ公開されるので、特別公開の時は是非見るのをおすすめします。この庭では紅葉の時期は、美しい景色を見ることができ、春は桜も見れる庭になっています。

そして、この庭は枯山水で、法然上人の幼少期、修行をしていた時代、そして浄土宗を開宗し、浄土宗が広がっていく様子をそれぞれ枯山水で表している庭です。杉苔の緑と白川砂が敷かれている庭には、石で法然上人をはじめ、関係した人々を石で表した庭は大変美しく素晴らしい庭です。

見どころ⑦紅葉

その京都の金戒光明寺は、普段は静かで、それほど観光客もいないのですが、紅葉の時期は大勢の観光客が訪れます。大抵、紅葉の時期は特別公開も行われるため、普段見ることができない庭や、山門からの眺めを楽しめるだけでなく、山内の綺麗な紅葉も十分に楽しむことができます。

天気の良い週末などは、特に多くの人が訪れる人気のスポットですが、他の紅葉の名所として有名な場所に比べるとそこまで混雑してるわけでないので、比較的スムーズに見て回ることができるので、穴場的スポットとしても人気です。

紅葉の見ごろは、例年11月中頃から下旬にかけてで、その時の気候にもよりますが、11月後半の祝日がある週辺りがピークで、多くの方が紅葉と山門のコラボや金戒光明寺との景色を楽しみます。

金戒光明寺の御朱印情報

金戒光明寺の御朱印ですが、全部で4種類の御朱印があります。2017 年には黒本尊と書かれた限定の御朱印があり、はっきりわからないですが、2019年は年号も変わるので、もしかしたら限定の御朱印があるかもしれませんが、御朱印を集めてる方なら、訪れる前にウェブサイトをチェックしてみるのがおすすめです。

そして御朱印帳の方も金戒光明寺にはありますので、訪れた記念に御朱印だけでなく御朱印帳もおすすめです。

金戒光明寺の御朱印の種類

御朱印の種類は基本的に4種類あります。特別公開の時などに、もしかしたら限定の御朱印が出るかもしれませんので、訪れる時には、事前にチェックしておくのも良いです。

金戒光明寺の御朱印ですが、アフロ大仏で知られる、五劫思惟阿弥陀仏の御朱印がまずあります。そして、重要文化財であり、京都七観音にも数えられている吉備観音の御朱印があります。

他に浄土真宗最初門と書かれた御朱印があり、運慶作とされる文殊菩薩の中山文殊と書かれている御朱印の全部で4種類の御朱印があります。吉備観音と浄土真宗最初門の2種類の御朱印には専用の御朱印帳があるので、持っているかたは持参してください。

金戒光明寺のオリジナル御朱印帳

御朱印帳ですが、金戒光明寺ではオリジナルの御朱印帳があります。オリジナルの御朱印帳はアフロ大仏の五劫思惟阿弥陀仏がデザインされた御朱印帳で、訪れた記念に購入するのもおすすめです。

ちなみに、吉備観音の御朱印は金戒光明寺は洛陽三十三所観音霊場のひとつであり札所では第6番となっています。お持ちの方は専用の御朱印帳がありますので、持参していただくと良いです。

そして、浄土真宗最初門の御朱印も専用の御朱印帳があり、第24番目の札所と金戒光明寺はなっていますので、そちらも専用の御朱印帳を持っているなら、持参して専用の御朱印帳に書いていただくのをおすすめします。

御朱印の授与場所と時間

金戒光明寺の御朱印を頂ける場所と時間ですが、頂ける時間は午前9時から午後4時までとなっています。御朱印を頂ける場所は、本堂でもある御影堂で、中に入ってすぐ右側にいただける場所があります。こちらでは御朱印以外に、お守りなどもいただく場合も、こちらでいただきます。

金戒光明寺の人気グルメ「ゆばまん」も要チェック

金戒光明寺では、本堂の前にお土産などもある、売店兼食堂があり、紅葉の時期等は寒いので体が温まるものも販売しています。その中で人気なのがゆばまんです。中にはアンが入っていますが、特徴的なのが外側の皮の部分です。

豆乳が生地に練り込んでいるそうで、大変柔らかく、トロっとした皮で、外側の皮がすごく美味しいと人気です。中のアンよりも美味しいと言う方も多く、金戒光明寺へ訪れた際には、人気のグルメもおすすめです。

金戒光明寺の拝観料・時間

金戒光明寺の拝観時間や拝観料ですが、平日は拝観料は無料ですので、誰でも自由に見ることが出来ますが、基本的には境内を見てまわるという感じで、本堂の見れますが、手前の入り口部分だけになります。

山門や庭等は特別公開の時にしか公開はしていませんので、山門からの景色や庭も見たい方は特別公開の時に行くと良いです。基本的に山内は24時間出入りできるので、ゆっくり見てまわることもできますが、御影堂の方はだいたい午後4時くらいには閉まります。

特別公開の時は、チケットがあり、山門だけ見るなら大人800円で、御影堂と庭を見るなら大人600円になります。両方を見る場合はセットになり1200円になるので、特別公開の時しか見れないので、セットで見るのをおすすめします。

金戒光明寺の紅葉はライトアップもおすすめ

金戒光明寺では紅葉の時期、特別公開にあわせて、紅葉のライトアップも行われます。山門や境内の紅葉が美しくライトアップされ、昼間とはまた違った雰囲気を楽しむことができます。ライトアップが行われるようになってからは、まだ数年ですので、意外と知らない方もいますがおすすめです。

他の紅葉で人気のスポットに比べれば観光客は少ないですが、ライトアップされた山内の雰囲気もまた良く、昼間同様に毎年訪れる観光客も多く、穴場的なスポットとして人気があります。

金戒光明寺のアクセス

金戒光明寺へのアクセス方法ですが、車、バスとアクセスでき、電車でのアクセスはちょっと遠くなり、結構歩くので、近くの平安神宮や、聖護院など見ながら金戒光明寺へアクセスするのが良いです。

一番アクセスしやすく楽なのはバスでのアクセスで、観光シーズンは車だと、結構混雑してますし、道も狭いので、アクセスするなら平日や午前中の早い時間にアクセスするのをおすすめします。

電車でのアクセス

電車でのアクセスですが、近い駅が京阪電車であれば神宮丸太町駅です。一直線に金戒光明寺へ行けるので道は簡単ですが、30分くらい歩かないといけません。途中で聖護院によるなどするなら良いですが、ちょっと歩きます。

地下鉄東西線を使うなら三条京阪で降り、平安神宮をよってから金戒光明寺というコースで行く方にはおすすめです。どちらもちょっと歩きますので、時間に余裕を持って行くと良いです。

バスでのアクセス

金戒光明寺へバスでアクセスする場合ですが、京都駅からだとA1の乗り場から5番のバスかD1の乗り場から100番のバスに乗れば良いです。5番のバスなら、岡崎公園動物園前で降りれば、平安神宮の横を通り、この周辺でのランチなど人気の店も色々見ながらまっすぐ行き、信号を渡り突き当たりを右に行けば金戒光明寺の高麗門があります。

100番のバスであれば、岡崎道で降りれば良いです。金戒光明寺の南門、高麗門どちらにも同じくらいの距離です。高麗門なら近くの信号のところから行けば良いです。南門であれば、バスと同じ進行方向に行けば岡崎神社があるのでその手前を左に行くと良いです。

車でのアクセス

車でのアクセスですが、車で行く場合は高麗門を通り山門手前まで行けますが、周辺は道路の幅も狭いうえに、紅葉など観光シーズンですと、観光客も多くいるため、通行には十分に注意してください。車はすれ違うのがやっとなくらい狭いので、対向車があった場合は道を譲り合いながら行くと良いです。

金戒光明寺への道は、住宅街であり、地元の方たちが普段から使う道です。小さな子供もいますし、徐行しながら注意して通行してください。高麗門以外からは金戒光明寺には入れないので、観光シーズンや彼岸の時等は車よりは交通機関を使って行くのがおすすめです。

車で行く場合は、早い時間に金戒光明寺へ行き、駐車場がありますので、車を止めてそこから周辺の観光に行くのがおすすめです。

金戒光明寺の駐車場

金戒光明寺の駐車場は高麗門を通り、山門のちょっと手前に駐車場の入口があります。有料の駐車場で1時間の駐車では400円ですが、1日中止めている場合は800円です。夜12時までに出れば良いので、周辺の観光もゆっくりできますし、1日止めていて800円なのでお得な駐車場でです。

駐車場は周辺の人達も使用している駐車場で、24時間利用出来る駐車場です。いつ行っても駐車場は利用できますので、早い時間に行き駐車場に車を止め、まだ人も少ない時間の金戒光明寺を散策してから周辺の観光へ向かうのもおすすめです。

観光シーズン、特に紅葉の時期等は1日駐車場に車を止め観光にまわる方も多くいます。時間帯によっては満車の場合もありますので、その場合は周辺の駐車場に止めないと行けませんので、行く前に駐車場の場所もチェックしておくと良いです。

Thumb平安神宮の駐車場まとめ!料金が安い場所・無料・予約OKはある?
平安神宮と言いますと、京都にある有名な観光スポットとなっております。国の重要文化財にも指定さ...

見どころ満載の京都「金戒光明寺」に行こう!

京都の金戒光明寺は、山内はたいへん広く、アフロ大仏や、三重の塔の前からの京都を眺める景色、会津藩士のお墓などもあり、山門や庭も大変素晴らしく、見ごたえ十分なお寺です。普段は人も少ないので、ゆっくりとした時間が流れのんびりできます。京都左京区にあるアフロ大仏のある金戒光明寺へ是非行ってみましょう。

関連記事

Original
この記事のライター
Barista Sho

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ