東京おもちゃ美術館の木のおもちゃで遊ぼう!混雑や周辺ランチ情報あり!

この記事では、東京おもちゃ美術館の見どころを紹介します。東京おもちゃ美術館は、赤ちゃんから大人まで楽しめるオモチャのミュージアムです。今回は、東京おもちゃ美術館の見どころ、混雑状況、入場料の割引方法などを解説します。興味がある人は、ぜひ見ていってください。

東京おもちゃ美術館の木のおもちゃで遊ぼう!混雑や周辺ランチ情報あり!のイメージ

目次

  1. 1東京おもちゃ美術館の見どころを徹底解説!
  2. 2四谷三丁目の「東京おもちゃ美術館」
  3. 3東京おもちゃ美術館の見どころ
  4. 4東京おもちゃ美術館のチケットの購入方法
  5. 5東京おもちゃ美術館の混雑状況は?
  6. 6東京おもちゃ美術館へのアクセス方法
  7. 7東京おもちゃ美術館周辺のおすすめランチ店2選
  8. 8東京おもちゃ美術館へ遊びに行こう!

東京おもちゃ美術館の見どころを徹底解説!

この記事では、「東京おもちゃ美術館」の見どころをまとめています。四谷にある東京おもちゃ美術館は、赤ちゃんから大人まで楽しめるオモチャのミュージアムです。今回は、そんな東京おもちゃ美術館の見どころを始め、混雑状況、入場料の割引方法、アクセス方法、周辺のランチ店を解説します。東京おもちゃ美術館に行く人は、ぜひご覧ください。

四谷三丁目の「東京おもちゃ美術館」

まずはじめに、「東京おもちゃ美術館」がどんな場所なのかお話しします。東京おもちゃ美術館は、東京都新宿区の四谷に位置しているおもちゃの美術館です。

東京おもちゃ美術館には、世界中のおもちゃが展示されています。おもちゃが展示されているだけでなく、おもちゃのショップ、おもちゃ作り体験のコーナー、おもちゃから科学を学ぶことができます。まさに、子どもと大人が楽しめるミュージアムなわけです。

東京おもちゃ美術館の見どころ

それでは早速ですが、四谷にある「東京おもちゃ美術館」の見どころを紹介していきます。子どもだけでなく、大人も楽しめるおもちゃのミュージアムである東京おもちゃ美術館ですが、一体どんな見どころがあるのでしょうか。

東京おもちゃ美術館に初めて訪れる人の多くは、美術館の見どころを知らないはず。本項目で紹介する見どころは、東京おもちゃ美術館に訪れたときに、重点的に見ておきたいポイントです。こちらでは、合計で2つの見どころを紹介しています。

東京おもちゃ美術館のおすすめの見どころは、次の2つです。1つは、東京おもちゃ美術館の外観と施設内のデザイン。もう1つは、世界中から集められた木のおもちゃの展示施設です。まずは、東京おもちゃ美術館のデザインの詳細からお話しします。

廃校を再利用した施設

四谷にある「東京おもちゃ美術館」のおすすめ見どころ、1つ目は、美術館の外観・施設内のデザインです。ここだけの話、現在の東京おもちゃ美術館は1から建てた建物ではないんです。東京おもちゃ美術館は、施設を再利用した美術館でした。

東京おもちゃ美術館は、廃校を再利用した施設なんです。東京おもちゃ美術館の建物は、もともとは小学校だったことがわかりました。「新宿区立四谷第四小学校」です。

東京おもちゃ美術館は、旧新宿区立四谷第四小学校を再利用した施設なんです。旧小学校なので、外観は学校そのまんまでした。そして東京おもちゃ美術館のフロアは1階~3階までとなっており、1階ではなく、2階が受付でした。

東京おもちゃ美術館の1階は、赤ちゃん向けのフロアとなっております。赤ちゃん用の広場や授乳室、オムツ換えコーナーがあり、小さな子どもとも美術館に訪れられます。

そして2階は展示室・ショップが中心でした。おもちゃを見て回れて、良いと思ったおもちゃを購入できます。東京おもちゃ美術館の3階では、実際におもちゃを作れたり、ボードゲームコーナーなどがありました。3階は、小学生向けのフロアと言えそうです。

優しい木の玩具でいっぱいの展示施設

四谷にある「東京おもちゃ美術館」のおすすめ見どころ、2つ目はおもちゃの展示施設です。上の項目で触れたとおり、展示施設は東京おもちゃ美術館の2階にあります。

東京おもちゃ美術館の企画展示室では、テーマに沿ったおもちゃが展示されます。過去には、アジアのおもちゃ展、ロシアのおもちゃ展、スーベニール展などが開かれました。

企画展示室でおすすめなのは、「木のおもちゃ20作家展」です。木のおもちゃ20作家展は、日本で活躍している木のおもちゃ作家たちが語る木のおもちゃの魅力、そして木のおもちゃ制作の様子などが展示されているコーナーです。

木のおもちゃ20作家展では、実際に木のおもちゃを手に取って遊ぶことができますので、おもちゃの魅力を知るという意味でも訪れて損はないコーナーです。

東京おもちゃ美術館のチケットの購入方法

四谷にある「東京おもちゃ美術館」の基本的な情報をお話しします。初めに解説するのは、東京おもちゃ美術館の入場チケットの購入方法について。東京おもちゃ美術館の入場チケットは、館内のどこで購入できるのでしょうか。

東京おもちゃ美術館の入場チケットは、来館した人が最初に行く場所で購入できました。東京おもちゃ美術館の受付です。受付に行って料金を支払えば入場チケットが手に入り、館内を見て回れます。なお、受付のとなりにはショップがあります。

東京おもちゃ美術館の入場料金と割引方法については、下の基本情報の項目で解説します。その前に、東京おもちゃ美術館の開館時間もチェックしておきましょう。

東京おもちゃ美術館の開館時間

入場チケットの購入方法に次いで解説する、東京おもちゃ美術館の基本情報は、美術館の開館時間についてです。東京おもちゃ美術館は、何時から何時まで営業しているのでしょうか。

言わずもがなですが、東京おもちゃ美術館は24時間ずっと開館されているわけではありません。開館時間がきちんと設定されていますので、初めて訪れる人は特に開館時間を把握しておきましょう。訪れたときに既に閉館しまっていては、意味がありませんので。

調べてみたところ、東京おもちゃ美術館の開館時間は10時~16時となっていました。合計6時間が、東京おもちゃ美術館の開館時間です。朝早くから開館するわけではないようです。また、比較的はやい時間帯に閉まることがわかりました。

東京おもちゃ美術館は、日が暮れる頃には閉館してしまいますので、なるべく早い時間帯にアクセスしましょう。なお、閉館時間は16時ですが、入場可能時間は15時30分までとのことです。長時間いるつもりの人は、午前中から訪れると良いでしょう。

東京おもちゃ美術館の入場料金・割引方法

最後にお話しする「東京おもちゃ美術館」の基本情報は、美術館の入場料金とその割引方法です。果たして、大人と子どもは、1回何円で入場できるのでしょうか。

先に言っておきますと、東京おもちゃ美術館の入場料金は、大人と子どもによって料金が変動していました。大人に比べて、子どものほうが安い料金で入場できるんです。

気になる東京おもちゃ美術館の入場料金ですが、子どもは1回500円で、大人は1回800円とのことでした。子どもは、大人より300円やすく入場できるんです。

東京おもちゃ美術館で言う子どもとは小学生以下のことで、大人は中学生以上のことを指しています。中学生から800円で入場することになります。なお、6ヶ月未満の乳児は料金無料で入場できるようになっています。

東京おもちゃ美術館には、入場料金を割引する方法が2種類あります。1つ目の割引方法は「おとなこどもペア券」で入場すること。そして2つ目の割引方法は「パスポート」を購入することです。おとなこどもペア券で入場すれば、100円割引されます。

ちなみに、半年間で複数回訪れる人におすすめのパスポートは、平日のみ利用可能となっております。平日に複数回美術館へ行かれる人におすすめの割引方法といえます。

東京おもちゃ美術館の混雑状況は?

四谷にある「東京おもちゃ美術館」の料金の割引方法がわかったところで、次の話題です。続きましては、東京おもちゃ美術館の混雑状況についてお話しします。

東京おもちゃ美術館のような観光スポットに行くとき、混雑状況が気になる人は多いでしょう。せっかく行くのであれば、混雑しておらず、スムーズに見たり体験できる時間帯に行きたいからです。本項目は、東京おもちゃ美術館で混雑を避けたい人におすすめです。

まず、東京おもちゃ美術館の平日の混雑状況ですが、平日はどの時間帯であってもあまり混雑していませんでした。東京おもちゃ美術館に訪れる人の多くは休日にアクセスしますので、平日は基本的に空いていると考えて良いでしょう。

そして肝心の休日の混雑状況です。東京おもちゃ美術館の休日の混雑状況ですが、昼下がりが特に混雑すると判明しました。昼下がりの14時~15時が、東京おもちゃ美術館の休日の混雑ピークとなります。

なので、休日に東京おもちゃ美術館へ行かれる人は、午前中にアクセスすることをおすすめします。午前中にアクセスすれば、混雑を避けておもちゃを見て回れます。

東京おもちゃ美術館へのアクセス方法

こちらでは、四谷にある「東京おもちゃ美術館」へのアクセス方法を紹介します。いくら東京おもちゃ美術館の見どころや料金の割引方法がわかっても、肝心の行き方を知らなければ本末転倒です。本項目で、東京おもちゃ美術館へのアクセス方法を把握しましょう。

結論からいいますと、東京おもちゃ美術館へのおすすめのアクセス方法は「電車」です。東京おもちゃ美術館へは、電車に乗って行けばスムーズにたどり着けます。

東京おもちゃ美術館は、最寄り駅からそう遠くない場所に位置していました。東京おもちゃ美術館の最寄り駅は、東京メトロ丸ノ内線の「四谷三丁目駅」です。

東京おもちゃ美術館に電車を利用してアクセスするときは、四谷三丁目駅を目指しましょう。四谷三丁目駅に着きましたら、2番出口から歩いて向かいます。あとは徒歩でのアクセスとなるのですが、東京おもちゃ美術館へはだいたい徒歩7分ほどで着けます。

なお、一般的なアクセス方法である車は、東京おもちゃ美術館へのアクセス方法としてはおすすめできません。なぜなら、東京おもちゃ美術館には駐車場がないからです。駐車場がなく、周辺の駐車場を利用する必要があるので、車でのアクセスは不便といえます。

東京おもちゃ美術館周辺のおすすめランチ店2選

最後に、四谷の「東京おもちゃ美術館」周辺のおすすめランチ店を紹介します。東京おもちゃ美術館に、午前中から遊びに行こうと考えている人はいるでしょう。本項目の内容は、午前中から東京おもちゃ美術館に行く予定の人におすすめです。

東京おもちゃ美術館の周辺のランチ店を把握しておけば、午前中から美術館へ行ったとき、美味しいランチが食べられます。幸いなことに、東京おもちゃ美術館の周辺には美味しいランチ店が2軒みつかりましたので、ぜひ参考にしてください。

東京おもちゃ美術館の周辺のおすすめランチ店は、次の2軒です。「四八珈琲」というお店と、「Bistro・W」というお店です。

これら2軒のランチ店は、それぞれに違った特徴があります。2軒のランチ店の特徴を把握して、東京おもちゃ美術館に午前中から足を運びましょう。

「四八珈琲」の日替わりランチ

四谷・東京おもちゃ美術館の周辺にあるおすすめのランチ店、1軒目は「四八珈琲」というお店です。四八珈琲は、四谷三丁目駅から徒歩6分ほどでアクセスできます。

四八珈琲は、四谷の穴場的カフェとして密かに人気があります。そんな四八珈琲の席数は多く、スタイリッシュな雰囲気が広がる店内となっています。

四八珈琲の人気メニューを紹介します。四八珈琲に来店してぜひ食べていただきたいのが、「ダッチベイビー」というメニューです。ダッチベイビーは、ドイツ風のパンケーキのこと。パン生地は通常のものとは違う、ジャーマン生地というものを使用しています。

四八珈琲のダッチベイビーは、外はサクサク、中はふわふわの食感が特徴です。卵をふんだんに使ったジャーマン生地だからこそ再現できる食感です。味わいは通常のパンケーキよりさっぱり目で、子ども・大人関係なく美味しいと感じるはずです。

なお、四八珈琲の営業時間は、月曜日から土曜日の間は9時~20時、日曜日と祝日は9時~19時となっていました。定休日はありませんので、気楽に足を運べます。

「Bistro W」のランチビュッフェ

四谷・東京おもちゃ美術館の周辺にあるおすすめのランチ店、2軒目は「Bistro・W」というお店です。Bistro・Wは、四谷三丁目駅から2分ほど歩いた先にあります。

そんなBistro・Wの醍醐味といえば、ランチ時のビュッフェです。Bistro・Wでは、サラダバー、スープ、パンなどをビュッフェ形式で食べられる「ベジタブルビュッフェ」を用意していました。1日に必要な野菜を簡単に摂取できるビュッフェです。

Bistro・Wのベジタブルビュッフェでは、パスタやピザなどを追加注文で食べることができます。メイン料理も堪能できますので、子どもや男性にもおすすめできます。

なお、Bistro・Wの基本情報ですが、営業時間は7時~10時、11時30分~22時までとなっていました。昼下がりも営業していますので、少し遅めのランチもOKです。Bistro・Wは年中無休で営業していますし、東京おもちゃ美術館と一緒に訪れやすいです。

Thumb四谷三丁目のおしゃれカフェおすすめ7選!ランチや夜に人気の名店もあり!
新宿からも違い四谷三丁目にはおしゃれなカフェがたくさんそろっており、ランチから夜まで楽しめる...

東京おもちゃ美術館へ遊びに行こう!

四谷にある「東京おもちゃ美術館」の見どころ、お分かりいただけたでしょうか。東京おもちゃ美術館では、世界中のおもちゃを見て回れたり、おもちゃ作り体験ができます。周辺には美味しいランチ店がありますので、午前中から訪れられます。東京おもちゃ美術館に行こうと考えている人は、混雑状況や料金の割引方法などをぜひ参考にしてください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
ぐりむくん

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ