「抱きしめ鯛」は大阪の鯛担々麺専門店!絶品のおすすめ人気メニューを紹介!

「抱きしめ鯛」は、大阪・肥後橋にある鯛担麺専門店です。鯛担麺とは鯛の担々麺のことで、愛媛県宇和島産の最高級の鯛を使った担々麺や鯛めしなどを味わえます。人気メニューやアクセスなど、大阪・肥後橋の「抱きしめ鯛」についてたっぷりとお伝えします。

「抱きしめ鯛」は大阪の鯛担々麺専門店!絶品のおすすめ人気メニューを紹介!のイメージ

目次

  1. 1大阪・肥後橋にある「抱きしめ鯛」をご紹介!
  2. 2大阪・肥後橋にある「抱きしめ鯛」とは?
  3. 3「抱きしめ鯛」のおすすめ人気メニューは「鯛担麺」
  4. 4「抱きしめ鯛」では絶品の鯛めしもおすすめ
  5. 5「抱きしめ鯛」でランチならセットメニューがおすすめ
  6. 6「抱きしめ鯛」で注目の夜メニュー
  7. 7「抱きしめ鯛」の店舗情報・アクセス情報
  8. 8大阪で一味違うつけ麺なら「抱きしめ鯛」がおすすめ

大阪・肥後橋にある「抱きしめ鯛」をご紹介!

大阪・肥後橋にある「抱きしめ鯛」は、最高級の鯛で出汁をとったスープを使った新感覚の担々麺が食べられるお店です。テレビや雑誌など多数のメディアで紹介されたこともあり、オープンしてすぐに連日行列ができるほどの人気店になりました。

この記事では、人気メニューや店舗情報、アクセス情報など、大阪・肥後橋にある抱きしめ鯛について詳しくご紹介します。ラーメン好きな方はもちろん、鯛好きな方も必見のお店ですので、ぜひ参考にしてみてください。

大阪・肥後橋にある「抱きしめ鯛」とは?

高層ビルが立ち並び、大阪有数のオフィス街として知られる肥後橋には様々なジャンルの飲食店が集まっています。美味しいと評判のラーメン店もいっぱいで、今回ご紹介する抱きしめ鯛もそのうちの1店となっています。店名からはどんなラーメンが食べられるのか想像しにくいですが、一体どういったお店なのでしょうか。

フレンチシェフが考案した絶品の鯛担々麺で有名なお店

2018年8月に、大阪・肥後橋でオープンした抱きしめ鯛。東京で「鯛塩そば 縁(えにし)」などの飲食店を運営している「縁petit(エンプティ)」が、大阪に初めて出店したラーメン店です。鯛担麺を専門に提供しています。

鯛担麺とは鯛出汁を使用した担々麺のことで、生み出したのはフレンチ一筋で12年修業したという店主です。元々ラーメン好きだったため、和風テイストの担々麺を目指して考案したのだそうです。食材にも調理法にもこだわって丁寧に作り上げる担々麺は絶品と評判で、リピーターを続出させています。

オープンからまだそれほど経っていないお店は、清潔感が抜群。ラーメン店というよりもまるでおしゃれなカフェにでも来たかのような雰囲気です。女性にも人気が高く、利用客の半数は女性客となっています。女性のおひとり様でも気軽に利用できます。

「抱きしめ鯛」のおすすめ人気メニューは「鯛担麺」

抱きしめ鯛のおすすめメニューといえば、もちろん「鯛担麺」です。抱きしめ鯛の看板メニューで、お店に訪れるお客さんの大半が注文する人気No.1メニューとなっています。抱きしめ鯛に初めて訪れる際には、まずはこちらのメニューを注文しましょう。

スープは、鯛や昆布の魚介出汁をベースにした白胡麻テイストの濃厚スープ。クリーミーでまろやかな味わいですが、鯛の出汁もしっかりと感じられます。魚介系のスープの生臭さが苦手という方もいらっしゃるかもしれませんが、抱きしめ鯛のスープは臭みや雑味などはほとんどありません。

トッピングが盛りだくさんで、豚肩ロースのレアチャーシュー、鶏むね肉のチャーシュー、穂先メンマ、極細の千切りして揚げたジャガイモフライ、水菜、肉味噌、黒マー油などが乗っています。フレンチ出身のシェフというだけあって盛り付け方もおしゃれです。

愛媛県宇和島産の新鮮な鯛を使用

スープのメインとして使用する鯛にはもちろんこだわり、愛媛県宇和島産の新鮮な鯛を使用。愛媛県宇和島産の鯛と北海道産の昆布、香味野菜を弱火で8時間かけてじっくりと煮込み、丁寧に裏ごししたものを一晩寝かせて、極上の鯛スープを仕上げています。

愛媛は鯛の生産量で日本一誇る県で、全国の年間生産量のうちの半分以上の鯛を愛媛で生産しています。宇和島の西側に広がる宇和海で育てられた鯛は、甘みと脂の乗りが抜群で美味しいと評判です。

抱きしめ鯛では、その愛媛県宇和島産の最高級の鯛を生産者の方から直送してもらっているそうです。鮮度が抜群なのはもちろん、直送してもらっているからこそ最高級の鯛を使ったメニューもリーズナブルな価格で提供することができているのです。

辛さは5段階

抱きしめ鯛が提供する鯛担麺は、辛さが5段階から好みや気分に応じて選べます。選んだ辛さによって価格は変わり、基準となる辛さの「ベース(1辛)」は850円、「2辛」は860円、「3辛」は870円、「激辛」は880円となっています。

価格はベースと同じ850円ですが、辛みなしの「辛くない(0辛)」も選べるため、辛い物が苦手な方も安心です。正式なメニューではありませんが、希望があれば少しだけ辛みを加える「0.5辛」も対応可能だそうです。

「1辛」はピリ辛程度の辛さとなっていますので、辛い物が好きな方は「2辛」以上がおすすめとなっています。「激辛」は食べきれない人が続出するほどの辛さだそうですから、辛い物が好きな方でも初めから挑戦するのは避けておいた方が無難かもしれません。鯛の出汁の旨味をじっくりと堪能したい方には、「2辛」以下がおすすめです。

汁ありと汁なしの2種類が選択可能

日本では汁ありの担々麺がメジャーですが、本場の中国四川省では担々麺といえば汁なしが一般的です。現在では日本でも汁なし担々麺を提供するお店が増えていますが、抱きしめ鯛の鯛担麺も汁ありと汁なしの2種類が選択可能となっています。

汁なし鯛担麺には、豚肩ロースのレアチャーシュー、鶏むね肉のチャーシュー、穂先メンマ、白髪ネギ、カイワレ、肉味噌などがトッピングされています。別皿の温泉卵付きとなっていますので、途中で温泉卵を投入して味に変化を加えましょう。

汁なし鯛担麺は濃厚な味わいが特徴ですが、温泉卵を加えることでマイルドな味わいに変わります。麺は太麺を使用しており、食べ応えはバッチリです。

Thumb肥後橋のラーメン屋ランキングTOP17!深夜営業の店もあり!
大阪の肥後橋というと、数多くの人気グルメ店が多いことで知られています。またそんな中でラーメン...

「抱きしめ鯛」では絶品の鯛めしもおすすめ

抱きしめ鯛では、鯛担麺以外に鯛めしもおすすめです。鯛の生産量日本一を誇る愛媛には鯛を使った料理が豊富に存在しています。その中でも特に人気が高く、愛媛を代表する郷土料理となっているのが鯛めしです。

抱きしめ鯛の鯛めしは、鯛だしで炊いたご飯の上に鯛が2切れほど乗っています。量は少なめですが、鯛の風味がしっかりと感じられて、鯛担麺とのバランスもgood。抱きしめ鯛に訪れるなら、鯛担麺と一緒にぜひ鯛めしも味わってみましょう。価格は280円です。

鯛めしの美味しい食べ方

抱きしめ鯛の鯛めしは、全部で3パターンの食べ方を楽しめます。1つ目は、何もかけずに鯛めしをそのまま味わう食べ方です。抱きしめ鯛の鯛めしはご飯にも鯛の味が染み込んでいますので、そのまま食べても美味しく頂けます。

2つ目は、鯛担麺のスープをかけてリゾット風ご飯にして味わう食べ方です。そして3つ目は、鯛茶漬けにして味わう食べ方です。ポットに入った鯛だしが用意されていますので、上からその鯛だしをお好みの濃度になるように注ぎましょう。

汁なしの鯛担麺の場合には、鯛担麺のスープを加えただけでは味が濃すぎてしまいますので、ポットに入った鯛だしをスープの上から注いで鯛茶漬けにして味わいます。鯛めし用に鯛担麺のスープを少し残しておきましょう。

「抱きしめ鯛」でランチならセットメニューがおすすめ

抱きしめ鯛ではランチ営業も行っていて、ランチタイムにもたくさんのお客さんに利用されています。行列必至となりますので、ランチをささっと済ませたい方や時間がない方には不向きなお店かもしれませんが、時間に余裕がある方はぜひランチタイムにも利用してみてください。ランチタイムに来店するのであれば、ランチセットがおすすめです。

ランチセットの内容

ランチセットは、抱きしめ鯛の人気メニューである鯛担麺と鯛めしがセットになったメニューとなっています。ランチセットの鯛担麺も汁ありと汁なしの好きな方を選ぶことができ、辛さも「辛くない」~「激辛」の5段階から選べるようになっています。

どの辛さを選んだとしても価格は一律1000円です。単品で注文すると、鯛担麺は最も安い「ベース(1辛)」や「辛くない(0辛)」でも850円、鯛めしは280円となっていますので、人気メニューを割安価格でまとめて味わえるお得なセットというわけです。

通常880円の「激辛」に挑戦してみたいという方も、ランチタイムに来店すればよりお得な値段で食べることができてしまいます。

Thumb肥後橋のランチ特集!イタリアンや人気のカフェなどおいしいグルメが満載!
大阪有数のオフィス街として知られる肥後橋エリアには、おいしいグルメを楽しめるランチスポットが...

「抱きしめ鯛」で注目の夜メニュー

抱きしめ鯛では、特別なメニューが用意されているのはランチタイムだけではありません。ディナータイムにも夜限定の特別なメニューが用意されています。抱きしめ鯛のすべてのメニューを味わい尽くしたい場合には、ランチタイムだけでなくディナータイムにも足を運んでおきましょう。

鯛の昆布水つけ麺

ディナータイム限定のメニューである「鯛の昆布水つけ麺」は、鯛と昆布で作ったつけ麺で、価格は980円です。10食限定となっていますので、絶対に注文したいという方はなるべく早めに来店しましょう。

鯛の昆布水つけ麺は、全部で4パターンの食べ方で楽しめます。まず最初に昆布水と絡めて麺をそのまま味わったら、次に麺を鯛出汁のつけだれにつけて味わいます。途中で柚子胡椒で味変を楽しみ、最後に昆布水とつけだれを割って自分の好みの濃度に調節して味わったらフィニッシュです。

鯛の昆布水つけ麺以外では、「チャーシュー盛り(380円)」や「鯛だしのポテトサラダ(280円)」といった一品メニューもディナータイム限定で提供されています。

「抱きしめ鯛」の店舗情報・アクセス情報

フレンチシェフが考案した絶品の鯛担麺をメインに、鯛を使ったいろいろなメニューを味わうことができ、口コミなどでも大人気となっている抱きしめ鯛。ランチにもディナーにもおすすめなお店です。最後に、抱きしめ鯛の店舗情報・アクセス情報についても確認しておきましょう。

店舗情報

まずは、抱きしめ鯛の店舗情報についてご紹介します。抱きしめ鯛の営業時間は、ランチ11:00~14:30、ディナー17:30~22:00です。ただし、営業時間内であってもスープがなくなり次第終了となっていますので、来店が遅くなりそうなときには注意しましょう。定休日は日曜日で、日曜日以外であれば祝日でも営業しているそうです。

抱きしめ鯛の店内は、ラーメン店というよりもカフェを思わせるようなおしゃれな雰囲気です。カウンター席5席、6人掛けのテーブル席1卓、2人掛けのテーブル席5卓で、全部で21席の座席が用意されています。全席禁煙です。

テレビ番組などでも紹介されたことがあり、ピーク時には行列ができるほどの人気ぶりです。予約は不可となっていますので、行列を避けたい場合にはなるべく早めの時間に来店することをおすすめします。

ラーメン屋の多くで食券制が導入されていますが、抱きしめ鯛も食券制となっています。お店に入ってすぐの場所に券売機が設置されていますので、行列ができているときには先に食券を購入してから行列に並びましょう。ランチセットを注文する場合には、食券を渡すときに希望の辛さを伝えます。

電車でのアクセス方法

次に、抱きしめ鯛のアクセス情報についてご紹介します。まず抱きしめ鯛への電車でのアクセス方法をご紹介しますが、抱きしめ鯛へ電車でアクセスする場合には、お店から385mほどの場所にある大阪メトロ四つ橋線「肥後橋駅」が最寄り駅となります。

肥後橋駅の8番出口から出て、西へ進みます。4つ目の角に来たら右に曲がり、さらに少し進むと右側に店舗があります。駅から徒歩5分ほどで、抱きしめ鯛と書かれたえんじ色のタペストリーが目印です。

京阪中之島線を利用する場合には、「渡辺橋駅」2番出口から徒歩6分、「中之島駅」6番出口から徒歩8分です。

バスでのアクセス方法

次に、抱きしめ鯛へのバスでのアクセス方法をご紹介します。抱きしめ鯛へバスでアクセスする場合には、「大阪駅前」バス停から大阪市バス75系統に乗車して、「土佐堀一丁目」バス停で下車します。バス停から徒歩2分ほどで到着です。

同じく大阪市バス75系統の「京町堀一丁目」バス停からは徒歩5分、103系統の「京町堀」バス停からは徒歩6分となります。

車でのアクセス方法と駐車場

次に、抱きしめ鯛への車でのアクセス方法をご紹介します。抱きしめ鯛へ車でアクセスする場合には、阪神高速1号環状線の土佐堀出口から3分ほどです。土佐堀通りから、一本南に入った通り沿いにあります。

抱きしめ鯛には専用の駐車場が完備されていませんので、できれば公共交通機関を利用したアクセスがおすすめです。コインパーキングを利用する場合には、道路を挟んで斜め前にある「タイムズ江戸堀第16駐車場」が最も近いコインパーキングになります。8:00~22:00の駐車料金が10分毎200円で、駐車可能台数は3台です。

住所 大阪府大阪市西区江戸堀1-23-21 ビエラ江戸堀 1F
電話番号 06-6225-7747

Thumb肥後橋の居酒屋おすすめ13選!個室完備や安いおいしい店など人気店ばかり!
この記事では、肥後橋にあるおすすめの居酒屋をまとめています。肥後橋には、メニューが安い、飲み...

大阪で一味違うつけ麺なら「抱きしめ鯛」がおすすめ

大阪・肥後橋にある抱きしめ鯛の人気メニューや店舗情報、アクセス情報などについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょか。メニューの種類は限られているものの、他では食べられない担々麺やつけ麺を味わえます。大阪で他とは一味違う美味しいラーメンを味わいたいときには、大阪・肥後橋の抱きしめ鯛に訪れてみてください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Hayakawa

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ