「カカオサンパカ」はスペイン王室ご用達のチョコレート!店舗やメニューは?

カカオサンパカはスペイン王室ご用達のチョコレートです。高品質なカカオが使用された手作りのチョコレートで、ケーキなども販売されています。カカオサンパカの店舗は、日本では東京と大阪にあるため、国内での購入も可能です。今回は、おすすめ商品などについてご紹介します。

「カカオサンパカ」はスペイン王室ご用達のチョコレート!店舗やメニューは?のイメージ

目次

  1. 1スペイン王室ご用達のチョコレート「カカオサンパカ」をご紹介!
  2. 2カカオサンパカとは?
  3. 3カカオサンパカのこだわりと魅力
  4. 4カカオサンパカのおすすめメニュー
  5. 5日本国内のカカオサンパカの店舗
  6. 6カカオサンパカのオンライン通販もおすすめ
  7. 7まだまだ食べたいおすすめのスペイン産のチョコレート
  8. 8バレンタインにカカオサンパカのチョコレートを贈ろう!

スペイン王室ご用達のチョコレート「カカオサンパカ」をご紹介!

スペインはチョコレートをヨーロッパにもたらした国

空前の高級チョコレートブーム真っただ中の日本。最近では、世界中の有名な高級チョコレートを日本国内で購入することができます。そんな中、ご紹介したいのが、スペインのカカオサンパカです。スペインはチョコレート生産の主要国ではありませんが、歴史的にはヨーロッパにチョコレートをもたらした国なのです。

そんなチョコレートと縁の深いスペインの有名なメーカーがカカオサンパカです。厳選されたカカオを使用し、手作りでオリジナリティあふれるデザインが人気です。

今回はカカオサンパカでおすすめのチョコレートやケーキについて、東京や大阪の店舗の情報とともにご紹介したいと思います。

カカオサンパカとは?

スペイン第2の都市、バルセロナが本拠地

カカオサンパカはスペインの第二の都市、バルセロナ近郊にあるチョコレートブランドです。1935年創業のカカオ豆の輸入やチョコレートの製造をしているNederlandという会社の子会社で、サンパカの名は、カカオの産地である赤道ギニア共和国にある地名が由来となっています。

サンパカにあるNederlandの工場ではカカオ豆が選別され、選ばれたものがスペインへ送られて高品質なチョコレートの製造まで、カカオサンパカが全行程を管理し、300種以上のチョコレート製品を作り上げています。

カカオサンパカのチョコレートはひとつひとつ熟練した職人が手作りしています。日本では、チョコレートをプレゼントするのはバレンタインデーだけですが、さまざまなシチュエーションに大切な人にあげたくなるおすすめの逸品です。

カカオサンパカのこだわりと魅力

カカオサンパカがファンを魅了するこだわりとは?

スペインのチョコレートでおなじみのカカオサンパカ。チョコレート文化の発祥の地として、高品質なカカオを使い、それまでになかったチョコレートと別の素材との組み合わせなどの斬新なアイデアで、多くのファンを魅了しています。そんなカカオサンパカのこだわりの味の秘密についてご紹介したいと思います。

スペインはチョコレート文化発祥の地

チョコレートは大航海時代のスペインがヨーロッパにもたらした

日本チョコレート・カカオ協会によりますと、2015年、世界一チョコレートを生産しているのはドイツでした。でも、ヨーロッパにチョコレートをもたらしたのはスペインです。

チョコレートの原材料であるカカオの歴史は、紀元前1500年ごろ、中米最古の文明を築いたオルメカ文明までさかのぼります。苦くて滋養のある実をKAKAWAと名づけ、時代を経てさまざまな加工方法が作られてきました。

さらに時代を経て、16世紀の大航海時代のこと。新大陸の開拓に躍起になっていたスペインから、開拓者のひとりであったエルナン・コルテスがアステカの首都へ訪れたとき、先住民が神の飲み物と崇めていたチョコレートに出会いました。この出会いこそ、現在のチョコレート文化を築いたきっかけとなったのです。

厳選された高品質なカカオを使用

源泉されたカカオを使ったチョコレート

チョコレートの原材料であるカカオは、赤道の南北緯度20度以内で、年間の平均気温が27℃以上で気温があまり変化しない環境でなければ実をつけない植物です。産地は中南米のほか、西アフリカや東南アジアなどです。

カカオサンパカのカカオは、赤道ギニアにあるサンパカが産地です。カカオの実は、硬い外皮に覆われていて、これを割ると甘い香りのする白い果肉の中に30~40個の豆が入っています。このカカオ豆をさまざまな手法で発酵と乾燥させ、良質な状態になったところで職人たちがひとつひとつ選別していきます。

こうして選ばれた高品質なカカオを使って作っているのが、カカオサンパカのチョコレートです。

こだわりのハンドメイド

ひとつひとつ職人によって手作りされている

厳選された材料を使って、熟練した職人たちがひとつひとつ手作りしているのも、カカオサンパカの魅力のひとつです。カカオサンパカのチョコレートをひとつひとつ見れば、それぞれの形がひとつとして同じではないことに気づくはずです。大きさ、長さ、デコレーションなど、その細かい技術を見比べてみましょう。

独創性あふれるチョコレート・ケーキの数々

どんな新しい出会いが待っているのだろうか

カカオサンパカが創業された当時、それまでになかったチョコレートとスパイスや、チョコレートとフルーツの組み合わせで生まれた数々の製品が、チョコレート界に衝撃を与えました。カカオサンパカは、つねに斬新なアイデアや絶妙なコンビネーションで、新しいチョコレートづくりを目指しています。

店舗を訪れたら、それまで考えたこともない新しいチョコレートに出会えるかもしれません。そんな発見がいくつもあるのが、カカオサンパカの魅力です。

カカオサンパカのおすすめメニュー

いろいろあって選ぶのにひと苦労

ではさっそくカカオサンパカのチョコレートのおすすめメニューについてご紹介しましょう。日本でもおなじみのチョコレートからそうではないものまで、さまざまなラインナップがそろっています。ひと口サイズのものは口の中でとろける感触を楽しみながら。不思議な組み合わせのチョコレートは風味を味わって。

ボンボンチョコレート

ひと口で不思議な風味を楽しむこともできるボンボンチョコレート

ボンボンとは、中に詰め物のあるひと口サイズのチョコレートのことで、スペインやフランスなどで使われた名称です。カカオサンパカのボンボンは、職人がひとつひとつ手作りしているため、よく見ると形などがそれぞれちがいます。

カカオの原産地をほかのものとは一切混ぜ合わさないオリヘネスは、エクアドル、マダガスカル、カメルーンなどと、産地別に商品名が付いています。食べ比べしてみたいおすすめのシリーズです。

ドライフルーツを使われたフルトス・セコス、スパイスと組み合わされたエスペシアス、フルーツとの組み合わせがおいしいフルータス、花とハーブ風味のフローレス・イェルバス、さらに、カカオサンパカが提案する新しいコレクションであるイノバシオーネスなど、8種類のコレクションがあります。

ラジョラス(板チョコ)

カカオサンパカの板チョコはただの板チョコではない

ラジョラスは、50gほどの薄い板チョコで、ネグロ(黒)、ブランコ(白)、レチェ(ミルク)、シン・アスカール(無糖)の4コレクションがあります。それぞれ産地や組み合わせによって種類がいくつもあります。

ダイエット中で甘いものを控えてらっしゃる方も、あまり気にせずにいただけるチョコレート。小腹が空いたとき、ブラックコーヒーといっしょにほんのりとした甘みがほしいときなど、ラジョラスのストックがあるとうれしいです。ぜひ店内でおすすめのひとつを手に取ってみて。

タンタシオン

思わぬ素材とチョコレートをブレンドした不思議なコレクション

タンタシオン(Temtacions)は、誘惑というその名のとおり、ユニークな組み合わせが魅力的なチョコレートです。レモンピールをミルクチョコレートでコーティングしたティラ・デ・リモン、ピンクペッパーをチョコレートでコーティングしたピミエンタ・ロサなど、試してみたくなるような風味のラインナップがあります。

このシリーズでおもしろいのが、口の中に入れるとパチパチとはじけるスペインのキャンディー、Peta Zetaのドラジェ。いったいどんな食感と風味なのか、食べた者しかわからないもの。好奇心と冒険心でいろいろとトライしましょう。

コンフィトゥラ&クレマス

チョコレートがミックスされたジャムなんてどんな風味になるんだろう

コンフィトゥラとはコンフィチュールのことで、いわゆるジャム。でも、普通のジャムではありません。食材にチョコレートが混ざったジャムです。食材にはオレンジや洋ナシ、ブラックベリーやトマトなどのラインナップがあります。いったいどんな風味になるのでしょうか、ぜひいただきたいジャムです。

一方、クレマスとはスペイン語でクリームを意味し、このラインナップはカカオクリームです。ビターカカオ、ミルクカカオ、カフェカカオなど、こちらにもさまざまな風味があって、パンに載せるだけではなく、コーヒーなどに混ぜるなど、楽しみ方はいろいろ。

ジャラッツ

濃厚な風味のアイスクリーム、ぜひいただきたい

カカオサンパカのジャラッツはアイスクリームのシリーズのこと。店舗限定のカカオパウダーを使用したカカオソフトクリームをはじめ、伝説のチョコレートを意味する最高級のカカオパウダーで作られたショコラタ・レジェンダなど、生チョコレートを食べているような感覚でいただきたいアイスクリームのラインナップです。

日本国内のカカオサンパカの店舗

日本国内には3店舗あり

カカオサンパカの店舗は、バルセロナに2店舗、マドリードに1店舗、サウジアラビアに1店舗、そして日本国内には東京に2店舗、大阪に1店舗あります。東京の店舗は、丸の内本店と西武渋谷店、大阪は梅田店で、カカオサンパカの製品はスペインから空輸で直送されます。

カカオサンパカ・東京 丸の内本店

カカオサンパカ丸の内本店は皇居の二重橋のすぐそば

カカオサンパカ東京丸の内本店のあるエリアは、国内外の高級チョコレートブランドが密集しているチョコラテリアゾーン。店内は、スペイン国内の店内の雰囲気に似ていて、ショーケースにチョコレートがズラーっと並びます。板チョコシリーズのラジョラスが美しく並んでいる姿に圧巻。試食できるものもあります。

カカオサンパカ東京丸の内本店は、JR東京駅の丸ノ内中央口か、JR有楽町駅国際フォーラム口から歩いて5分ほどに位置します。東京メトロ千代田線でアクセスする場合、二重橋前の1番出口から徒歩2分です。

カカオサンパカ東京丸の内本店の店舗は、丸の内ブリックスクエアの1Fとなっています。ウインドー越しからおしゃれな雰囲気が伝わってくる店舗です。営業時間は11時~20時まで。

カカオサンパカ・東京 西武渋谷店

西武渋谷にある店舗は立ち寄るのに便利

カカオサンパカ東京の西武渋谷店は、西武渋谷のA館B1F、世界中で有名なベルギーの老舗ショコラテリー、ゴディバや、アメリカのチョコレートショップの老舗であるコンパーテス・ショコラティエなどと軒を並べるチョコラテリー・ゾーンの一角にあります。

店舗はさほど大きくはありませんが、遊びついでやショッピングついでに立ち寄れるので便利です。渋谷へ出かけた際はぜひ立ち寄ってみましょう。月~土曜日は10時~21時まで、日・祝休日は10時~20時まで営業しています。

カカオサンパカ・大阪梅田店

カカオサンパカの大阪店は大丸梅田店7Fにある

カカオサンパカの大阪梅田店は、大阪梅田にある大丸デパート7Fに店舗を構えています。大阪店は他店とは異なり、カフェになっていて、チョコレートを購入できるだけではなく、ランチもケーキもいただけます。しかも、大阪民からはランチの評判がとてもよく、大阪を訪れたらぜひ立ち寄りたいランチ処でもあります。

大阪梅田店で人気なのは、氷・デ・ショコラタ、つまり、チョコレートのかき氷です。氷とは思えない食感で、SNSなどでの書き込みも多々あり。大阪を訪れたらぜひ食べてみたいです。

なお、営業時間は、日~木曜日は10時~20時半、金・土曜日は10時~21時まで。30分前がラストオーダーなので要注意。

Thumb丸の内の人気チョコレート専門店まとめ!おすすめのケーキ屋やカフェもあり!
OLさんの街として知られる丸の内、この丸の内には美味しいチョコレート専門店の宝庫となっていま...

カカオサンパカのオンライン通販もおすすめ

オンラインでの購入も可能

東京や大阪から遠方の方も、カカオサンパカのオンライン通販を使えば気楽に商品を購入することができます。オンラインならではのラインナップもありますので、ときどきサイトをのぞいてみると、ステキな出会いがあるかもしれません。大切なシチュエーションのときにぜひ購入してみて。

人気商品:マダレナ ショコラタ

シンプルだけど味わい深いチョコレートケーキ

カカオサンパカのオンライン製品の中でも一番人気なのがこちらのケーキ。カカオの香りが豊かなチョコレートケーキで、上質なダークチョコレートクーベルチュールとカカオパウダーがふんだんに使われたケーキです。型崩れせず、柔らかい食感が人気のおすすめのケーキです。

人気商品:チョコレートロールケーキ

カカオニブをまぶしていただきたいチョコレートロールケーキ

チョコレートの腕という名のチョコレートロールケーキがこちらです。カカオ64%のダークチョコレートクーベルチュールに、ガナッシュクリームがロールされたロールケーキで、胚芽と皮を取り除いたカカオ豆を砕いたカカオニブをまぶしていただくと、さらに風味を味わうことができるのだとか。おすすめのひとつです。

人気商品:トリュフ デ ロンサカパ

アルコールが効いたトリュフはいかが?

ラム酒の中のコニャックと称されるグアテマラ産のプレミアムなラム酒、ロン・サカパがほんのりと薫るダークガナッシュがカカオパウダーでコーディングされたトリュフがこちら。アルコール好きな方、大人の風味が好きな方などに喜ばれそうな逸品です。チョコレートといえアルコールが含まれているので運転などはNG。

人気商品:JAPONコレクシオン

日本茶と合いそうなおいしいケーキはいかが

カカオサンパカの中でも、日本をイメージした抹茶とチョコレートのケーキがJAPON コレクシオンです。抹茶のケーキはキヨト(Kiyoto)と名づけられ、抹茶とホワイトチョコレートのケーキです。チョコレートケーキは伝説のチョコレートと称されるショコヌスコ®を使ったケーキで、いずれもぜひいただきたい絶品。

Thumb大阪のチョコレートショップ特集!専門店や人気の有名店を一挙紹介!
大阪のおすすめのチョコレートショップを紹介しましょう。大阪にはチョコレート専門店がいくつもあ...

まだまだ食べたいおすすめのスペイン産のチョコレート

もっと食べたいスペイン製のチョコレートたち

スペインでチョコレートといえば、Valor(バロール)というバレンシアのメーカーが有名です。スーパーなどにも販売されているほど身近なチョコレートで、全国にあるチョコラテリーではホットチョコレートがおすすめ。

バロールと対抗するスペインチョコレートの有名ブランドといえば、LACASA(ラカサ)です。こちらもスーパーでおなじみのチョコレートで、子どものおやつとして、小腹を満たすためにかばんに忍ばせておくチョコレートのひとつ。

スペイン最古のチョコレートと呼ばれているのがChocolate Amatller(アマリエ)です。カカオサンパカと同じバルセロナのチョコレートで、芸術家育成のため、自社の広告におしゃれなパッケージを採用したことで知られています。

Thumbスペインのお土産おすすめ21選!雑貨やコスメ・ばらまき用のお菓子も紹介!
スペイン旅行に行った際にはせっかくなのでスペインらしいお土産を買って帰りたいという方も多いは...

バレンタインにカカオサンパカのチョコレートを贈ろう!

特別なシチュエーションで選びたいカカオサンパカのチョコレート

カカオサンパカのチョコレートにはさまざまなラインナップがあります。自分のためのプレゼントにもいいけれど、大切なだれかへ気持ちを伝えたいとき、バレンタインの日など、その人の好みに合ったラインナップをそろえてぜひ贈りましょう。きっとあなたの気持ちが伝わるはずです。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
水木まこ

新着一覧

最近公開されたまとめ