「麺屋武一」は超人気鶏白湯専門店!行列必至店のおすすめメニューは?

「麺屋武一」は、こだわり抜いた厳選素材を使った渾身の一杯を楽しめるラーメン店として人気があります。東京は新橋に本店を構えて、行列のできる鶏白湯ラーメン専門店としてその名を轟かせています。「麺屋武一」のこだわりやおすすめメニューをご紹介します。

「麺屋武一」は超人気鶏白湯専門店!行列必至店のおすすめメニューは?のイメージ

目次

  1. 1行列のできる鶏白湯専門店「麺屋武一」はおすすめ!
  2. 2麺屋武一とはどんなお店?
  3. 3麺屋武一のこだわり食材
  4. 4麺屋武一のおすすめラーメンメニュー
  5. 5麺屋武一のおすすめトッピング
  6. 6麺屋武一で外せない人気のサイドメニュー
  7. 7麺屋武一・新橋本店の店舗情報・アクセス情報
  8. 8麺屋武一で美味しい鶏白湯を堪能しよう

行列のできる鶏白湯専門店「麺屋武一」はおすすめ!

「麺屋武一」は新橋に本店を構え、東京を中心にたくさんの店舗のある超人気鶏白湯ラーメン専門店で、どのお店も行列ができるほどの人気ぶりです。とにかく、食材に対するこだわりが凄すぎます。そのこだわりを知れば知るほど、行列ができる意味もわかります。

「麺屋武一」は、濃厚というよりも、もはやどろどろと言った表現の方が合うような濃厚鶏白湯ラーメンを楽しめる専門店です。店舗も東京を中心にあちこちに展開している、今、飛ぶ鳥を落とす勢いのラーメン店です。

そんな飛ぶ鳥を落とす勢いの「麺屋武一」でおすすめなメニューや行列ができる秘密をご紹介しましょう。

麺屋武一とはどんなお店?

ここでは、「麺屋武一」がどんなお店なのか、少し詳しくご紹介していきましょう。「麺屋武一」は、こだわり満載のラーメン店なんですが、実はそのバックボーンには秘密があるんです。お店がどのような成り立ちで創業したかがポイントになります。

「麺屋武一」は、今や、飛ぶ鳥を落とす勢いのラーメン店として、規模がどんどん大きくなっています。規模が大きくはなっていますが、どのお店でもそのこだわりを持ち続けて、行列が絶えない人気店となっています。

焼鳥屋職人とラーメン職人のコラボで生まれた行列ができるラーメン店

「麺屋武一」は、なんと、焼鳥屋職人とラーメン職人が出会うところからその歴史が始まります。鶏料理のプロとラーメンのプロが出会えば、出来上がるのは「鶏白湯ラーメン」というのは、想像に難くないです。

焼鳥屋職人とラーメン職人のお互いのこだわりが最高点で融合して出来上がった鶏白湯ラーメンが美味しくないわけがありません。焼鳥屋職人とラーメン職人が出会ったからこそ生まれた「鶏白湯ラーメン」は行列ができて当たり前と言えば当たり前です。

国内のみならずアジアでも店舗を展開している注目の人気店

「麺屋武一」は、東京の新橋に創業してから早7年が経とうとしていますが、その間に、破竹の勢いで店舗を増やしてきました。東京にも新橋本店以外にも、秋葉原店や渋谷、汐留などにも店舗があります。

また、神奈川にも横浜関内店をはじめ、アトレ川崎などにも店舗があります。関西では、神戸にもあります。海外では、タイをはじめ、ベトナム、カンボジア、マレーシア、上海、シンガポール、福州など幅広く展開しています。

麺屋武一のこだわり食材

ここでは、麺屋武一のこだわり食材をひとつひとつご紹介していきましょう。「麺屋武一」がなぜ、行列のできる「鶏白湯ラーメン」専門店として急上昇したのかが、このこだわりを知ればサクッとわかることでしょう。

焼鳥屋職人とラーメン職人がお互いのこだわりをぶつかり合わせて、化学反応を起こした最高の「鶏白湯ラーメン」を作り上げています。そんなこだわりの食材には、厳選された鶏肉や新鮮な奥久慈卵、原了郭の黒七味と粉山椒などがあります。

原了郭の黒七味と粉山椒

最初にご紹介する麺屋武一のこだわり食材は、「原了郭の黒七味と粉山椒」です。原了郭の黒七味と粉山椒は、ラーメンにかける黒七味と粉山椒までこだわりを見せる麺屋武一はスゴイのひとことです。

黒七味と粉山椒は、創業がなんと江戸時代の元禄16年という老舗の原了郭のものを使っています。高級焼き鳥店でしか使用しないとまで言われている「原了郭の黒七味と粉山椒」を「鶏白湯ラーメン」に少し入れるとさらに美味しくいただけます。

厳選された鶏肉

次にご紹介する麺屋武一のこだわり食材は、「厳選された鶏肉」です。厳選された鶏肉は、「鶏白湯ラーメン」でこの鶏肉がなければ成り立たないほどのこだわりの鶏肉を使っています。

「鶏白湯ラーメン」に欠かせない鶏チャーシューは、真空低音調理によるもも肉とむね肉を楽しむことができます。真空低音調理することで、ジューシーで美味しい鶏チャーシューを楽しむことができるのです。

また、麺屋武一の「鶏白湯ラーメン」には、つくねが乗っかっていますが、8種類の素材を使ったジューシーな食感を楽しむことができます。

新鮮な奥久慈卵

次にご紹介する麺屋武一のこだわり食材は、「新鮮な奥久慈卵」です。新鮮な奥久慈卵は、濃厚で一度食べたら癖になるそんな卵で、ひよこからしっかりと管理された中で育て上げられた元気な鶏が産み落とす美味しい卵が奥久慈卵です。

奥久慈卵は、天然のえさを使用して、ストレスない状態で育てられているので、とても美味しいのです。麺屋武一の「鶏白湯ラーメン」に使われる味玉やサイドメニューの卵かけごはんなどにもこの新鮮な奥久慈卵が使われています。

麺屋武一のおすすめラーメンメニュー

ここでは、麺屋武一のおすすめラーメンメニューをいくつかご紹介しましょう。麺屋武一には、人気の名物メニューがあります。どれもこだわりの食材を使っていることもあり美味しいのでおすすめです。

定番人気の濃厚鶏骨醤油そばをはじめ、濃厚鶏白湯そばや比内地鶏の白湯そば、つけそばなどがおすすめメニューです。それでは、そのおすすめメニューをひとつひとつご紹介しましょう。

濃厚鶏骨醤油そば

最初にご紹介する麺屋武一のおすすめラーメンメニューは、「濃厚鶏骨醤油そば」です。濃厚鶏骨醤油そばでは、味玉入り 濃厚鶏骨醤油そばと特製 濃厚鶏骨醤油そばのふたつの濃厚鶏骨醤油そばを楽しめます。

濃厚鶏白湯スープに合わせるのが難しいと言われる醤油をブレンドした逸品です。試行錯誤の末に、苦労して完成した濃厚鶏骨醤油そばは、とても美味しいのでおすすめです。

濃厚鶏白湯そば

次にご紹介する麺屋武一のおすすめラーメンメニューは、「濃厚鶏白湯そば」です。濃厚鶏白湯そばには、味玉入り 濃厚鶏白湯そばと特製 濃厚鶏白湯そばを楽しめます。麺屋武一の鶏そばといえば、やはりこの濃厚鶏白湯そばはおすすめです。

厚鶏白湯そばは、どろっどろのコラーゲンが溶け込む一杯で、女性にも人気のあるラーメンです。濃厚鶏白湯スープに特製塩ダレをブレンドした一杯です。

比内地鶏の白湯そば

次にご紹介する麺屋武一のおすすめラーメンメニューは、「比内地鶏の白湯そば」です。比内地鶏の白湯そばには、味玉入り 鶏そばと特製 鶏そば(全部入り)のふたつの種類があります。

比内地鶏の白湯そばは、こだわりの比内地鶏の白湯そばで、鶏ガラベースのあっさりとした塩ラーメンで、女性にも食べやすいラーメンで人気です。麺にはこだわりの細いストレート麺を使用しています。

つけそば

次にご紹介する麺屋武一のおすすめラーメンメニューは、「つけそば」です。つけそばには、味玉入り つけそばと特製 つけそばの二種類のつけそばがあります。つけ麺好きの方にはぜひともおすすめしたいメニューです。

どろっどろの濃厚スープに、平打ち手もみ麺が絡み合い至極の旨さです。スープは、鶏白湯スープと鶏骨醤油スープから選べるのもうれしいです。

麺屋武一のおすすめトッピング

ここでは、麺屋武一のおすすめトッピングをいくつかご紹介しましょう。麺屋武一では、様々なトッピングをご用意しています。トッピングによって、さまざまに変化する味を楽しむことができます。

トッピングには、人気の味玉をはじめ、きざみ玉ねぎ大盛りや鶏チャーシュー、名物焼き鳥屋の鶏つくね、ねぎ増し、メンマ増し、のりなどがあります。

鶏チャーシュー

最初にご紹介する麺屋武一のおすすめトッピングは、「鶏チャーシュー」です。鶏チャーシューは、匠の大仙鶏を使用することで、旨味が凝縮された鶏チャーシューを楽しむことができます。

濃厚な鶏白湯そばにトッピングすれば、さらにコクのある鶏白湯そばとして楽しむことができるのでおすすめです。鶏の旨味を感じることのできる鶏チャーシューなので、トッピングにいかがでしょうか。

焼き鳥屋の鶏つくね

次にご紹介する麺屋武一のおすすめトッピングは、「焼き鳥屋の鶏つくね」です。焼き鳥屋の鶏つくねは、姉妹店である焼き鳥屋が考案した鶏つくねは、鶏の旨味が詰まった美味しいトッピングです。

8種類もの食材が使われ、歯ごたえも良く、鶏白湯そばには欠かせないトッピングとなっています。麺屋武一の鶏白湯そばの代名詞ともなっている「焼き鳥屋の鶏つくね」はおすすめです。

麺屋武一で外せない人気のサイドメニュー

ここでは、麺屋武一で外せない人気のサイドメニューについてご紹介しましょう。麺屋武一には、鶏白湯ラーメンとともに楽しんでほしい人気のサイドメニューがたくさんあります。

奥久慈鶏の極上卵かけごはんやささみユッケごはんをはじめ、名物とりわさやつまみ鶏チャーシュー、鶏ポテサラダ、鶏から、とり天ねぎまみれ、軟骨揚げなどのこだわりの鶏のサイドメニューがおすすめです。

奥久慈鶏の卵かけごはん

最初に麺屋武一で外せない人気のサイドメニューは、「奥久慈鶏の卵かけごはん」です。奥久慈鶏の卵かけごはんは、もうこれは説明不要の旨さの卵かけごはんです。サイドメニューと言っては失礼なほど、鶏白湯そばとともに名物料理となっています。

がっつりとランチやディナーで、鶏白湯そばを楽しみたい方にもおすすめのサイドメニューとなっています。奥久慈卵の濃厚な味を楽しんでいただける一杯になります。

ささみユッケ

次に麺屋武一で外せない人気のサイドメニューは、「ささみユッケ」です。ささみユッケは、ささみユッケごはんとしても楽しめる一杯ですが、単独でささみユッケとしても楽しめます。

酒のつまみとしても最高のサイドメニューで、夜のお酒のお供にオーダーしてはいかがでしょうか。

名物とりわさ

次に麺屋武一で外せない人気のサイドメニューは、「名物とりわさ」です。名物とりわさは、新鮮な鶏だからこその名物メニューとなっています。

名物とりわさは、鶏にこだわっている麺屋武一だからこそ楽しめるサイドメニューで、鶏の旨さを感じることのできる逸品なので、お酒のお供にいかがでしょうか。

麺屋武一・新橋本店の店舗情報・アクセス情報

最後に、麺屋武一・新橋本店の店舗情報・アクセス情報をご紹介しましょう。ここでは、数々ある麺屋武一の中でも、行列のできる鶏白湯専門店「麺屋武一」の伝説がはじまった新橋本店の店舗情報とアクセス情報をご紹介していきます。

店舗情報では、定休日や営業時間などの情報、アクセス情報では、電車やバス、車でのアクセス方法と気になる駐車場の情報についてもご紹介します。

店舗情報

最初に、麺屋武一・新橋本店の店舗情報ですが、定休日は日曜日で、営業時間は平日が11時30分から25時で、土・祝は11時30分から18時ごろまでです。平日は深夜帯までの営業なので、仕事が残業になった日や〆の一杯にもおすすめです。

麺屋武一・新橋本店は、真っ白な看板に「麺屋武一」の店名が目立つお店で、店内に入ると、カウンター席とテーブル席のあるシンプルなお店で、ひとりでもグループでも利用しやすいお店です。

店内には、カウンター4席と4人掛けテーブル2卓、2人掛けテーブル4卓が用意されています。女性でも入りやすい雰囲気のお店です。

電車でのアクセス方法

麺屋武一・新橋本店への電車でのアクセスですが、JR新橋駅の日比谷口または烏森口から徒歩4分で、都営三田線内幸町駅のA1出口から徒歩5分ほどの場所にあります。

JR新橋駅と都営三田線内幸町駅の2線が利用できるということで便利にアクセスができます。東京観光の場合、東京駅からのアクセスも良いので便利です。交番の裏手の路地から入るとわかりやすいです。

バスでのアクセス方法

麺屋武一・新橋本店へのバスでのアクセスですが、周辺には、徒歩圏のバス停が何カ所かありますので、ご紹介します。烏森神社のバス停からはおよそ徒歩で2分ほどで、新橋二丁目や新橋駅北口からは徒歩3分ほどです。

西新橋一丁目や新橋駅前などからは徒歩5分で、第一ホテル東京のバス停からは徒歩7分ほどになります。慈恵医大病院入口からは徒歩8分ほどです。

車でのアクセス方法と駐車場

麺屋武一・新橋本店への車でのアクセス方法と駐車場についてご紹介しましょう。車でのアクセスは、首都高速道路の土橋ICで下車して、アクセスするのがもっともわかりやすいでしょう。土橋ICから外堀通りを走り、新橋二丁目を左折しアクセスします。

麺屋武一・新橋本店は、専用の駐車場は完備されていないので、近隣のコインパーキングなどの有料駐車場をご利用ください。

Thumb新橋のビーフン東は台湾グルメが楽しめる老舗料理店!おすすめメニューは?
新橋で美味しいビーフンや台湾料理メニューを味わえるということで人気となっている、「ビーフン東...

麺屋武一で美味しい鶏白湯を堪能しよう

行列のできる鶏白湯専門店「麺屋武一」でおすすめなメニューやこだわりの食材をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。こだわりの食材を知ることによって、行列ができるほどの人気店かがわかっていただけたのではないでしょうか。

焼鳥屋職人とラーメン職人のお互いのこだわりを極めたことで、最高の鶏白湯ラーメンが誕生しました。今や、破竹の勢いで日本だけでなく、アジアにも店舗が増えて、ゆるぎない人気となっています。

東京観光にお越しの際にも、東京駅からすぐの新橋の本店に立ち寄っていただいて、行列のできる鶏白湯専門店「麺屋武一」の最高の一杯を楽しんではいかがでしょうか。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
phoophiang

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ