香箱ガニは北陸の冬の味覚!旬の時期や金沢のおすすめの名店を紹介!

北陸で人気のメスのズワイガニである「香箱ガニ」は、金沢などでしか食べれない人気の蟹となっています。今回は、とても美味しいとして口コミでも人気の北陸の冬の味覚である「香箱ガニ」の旬の時期や金沢にあるおすすめの名店などについてご紹介します。

香箱ガニは北陸の冬の味覚!旬の時期や金沢のおすすめの名店を紹介!のイメージ

目次

  1. 1北陸の冬のグルメとして知られる「香箱ガニ」
  2. 2「香箱ガニ」は冬の海に隠された赤い宝石
  3. 3香箱ガニが美味しい旬の時期は?
  4. 4香箱ガニが美味しい金沢のおすすめ名店3選
  5. 5他にも美味しい金沢の新鮮な食材3選
  6. 6通販で香箱ガニを買うならどこ?
  7. 7お土産で香箱ガニを購入するには?
  8. 8金沢グルメなら海鮮!香箱ガニを食べよう

北陸の冬のグルメとして知られる「香箱ガニ」

北陸の冬のグルメというと日本海で獲れる『かに』を思い浮かべる人がたくさんいらっしゃるでしょう。金沢で獲れる『かに』としては「ズワイガニ」を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。今回、ご紹介する「香箱ガニ」は、「ズワイガニ」のメスで、オスの「ズワイガニ」とは違った楽しみ方あるのです。

「香箱ガニ」は冬の海に隠された赤い宝石

冬の時期に日本海で獲れる「ズワイガニ」。「ズワイガニ」を求めて、たくさんの人が北陸へ訪れています。しかし、「ズワイガニ」にもオスとメスがおり、地元金沢で人気なのが、メスの「ズワイガニ」なのです。

メスの「ズワイガニ」は、「香箱ガニ」と呼ばれています。「香箱ガニ」は、冬の海に隠された赤い宝石とも言われています。というのも、オスの「ズワイガニ」とは異なり、食べ方や味が異なるからなのです。

金沢でとれる香箱ガニはここが違う!

冬の海に隠された赤い宝石と呼ばれる「香箱ガニ」は、オスに比べると、サイズとしては、小さくなります。しかしながら、「香箱ガニ」には、オスの「ズワイガニ」とは違った味わいがあるのです。

例えば、「香箱ガニ」には、「香箱ガニ」のお腹についているプチプチとした食感を楽しむことができる卵があります。濃厚な味わいと言われており、とても美味しいと人気があります。また、味噌の部分もオスの「ズワイガニ」とは異なります。

「香箱ガニ」は、「ズワイガニ」よりも少し小さいとご紹介しました。実は、「香箱ガニ」は、通常よりも小さい分、「香箱ガニ」の身が引き締まっており、濃厚な味わいということで知られています。

「香箱ガニ」は、地元の人や「香箱ガニ」を知っている人の間で、とても美味しいと言われています。わざと、「香箱ガニ」を目当てに旬の時期に金沢へ訪れる人もたくさんいらっしゃいます。

香箱ガニが美味しい旬の時期は?

「香箱ガニ」の旬の時期とお伝えしましたが、「香箱ガニ」の旬の時期はいつになるのでしょうか。「香箱ガニ」の旬の時期は、11月の上旬から12月の下旬までが旬の時期と言われています。

「香箱ガニ」は、オスの「ズワイガニ」よりも早い時期に、旬を迎えます。また、北陸のカニの漁は、年明けも続きますが、「香箱ガニ」の旬の時期は、約2ヶ月とかなり短いのも特徴となります。

なので、「香箱ガニ」を食べたいという人は、旬のタイミングを見計らって、北陸へ訪れてないと食べることができないのです。「香箱ガニ」を食べてみたいという人は、11月か12月には訪れるようにしましょう。

香箱ガニは北陸の冬限定グルメ

「香箱ガニ」は北陸の冬の日本海で獲れる限定グルメであることはご紹介しましたが、獲れるのは、金沢だけなのでしょうか。実のところ、「香箱ガニ」は、金沢で有名なのですが、他にも富山でも「香箱ガニ」を食べることができます。

また、「香箱ガニ」は、福井や京都でも獲れるので食べることができるでしょう。なお、福井では「香箱ガニ」のことを「せいこがに」、そして、京都では、「べっこうがに」と呼ばれています。

なお、注意しておかないといけないのは、「香箱ガニ」を福井や京都で必ず食べれるとは限らないということです。やはり、金沢や富山での漁獲量が多いので、確実に食べたいという人は、旬の時期の金沢や富山がおすすめでしょう。

香箱ガニが美味しい金沢のおすすめ名店3選

「香箱ガニ」の本場である金沢で美味しい「香箱ガニ」を食べたいという人もたくさんいらっしゃるでしょう。続いては、「香箱ガニ」が美味しい金沢のおすすめの名店をご紹介していきましょう。

今回ご紹介する「香箱ガニ」が美味しい金沢のおすすめの名店は、「近江町市場」、「加賀料理 大名茶家」、そして、「いたる」の3つの金沢にあるお店、スポットとなります。それでは、順番に見ていきましょう。

朝は「近江町市場」で香箱ガニを楽しめる!

まずご紹介する「香箱ガニ」が美味しい金沢のおすすめの名店は、「近江町市場」です。「近江町市場」は、金沢の中心エリアにある人気の観光スポットの一つで、美味しい日本海の海の幸を食べることができます。

「近江町市場」では、日本海の海の幸を食べれるお店がたくさん立ち並んでいます。11月上旬から12月下旬になると「香箱ガニ」が旬の時期を迎えるので、お店でも「香箱ガニ」を使ったメニューが登場します。

また、「香箱ガニ」を販売しているお店も立ち並びます。値段はお店によって異なりますが、クール宅急便にて、自宅へ送ることもできるでしょう。ぜひチェックしておきたいおすすめの市場なのです。

住所 石川県金沢市上近江町50
電話番号 076-231-1462

近江町いちば館にある『市の蔵』は要チェック

「近江町市場」には、たくさんの海鮮料理を堪能できるお店が立ち並んでいるのですが、中でも特におすすめなのが、「近江町市場」とセットとなっている近江町いちば館にある『市の蔵』です。『市の蔵』は、一年中カニを食べることができるお店として有名です。

『市の蔵』では、店舗にある水槽のなかで生きているカニを、注文した内容に応じて、「刺身」や「蒸し」そして、「炭火焼き」によって提供してもらうことができます。「香箱ガニ」が旬の時期には、「香箱ガニ」のメニューも提供されています。

「香箱ガニ」を使った料理が美味しいと口コミでも人気のお店となっているので、「近江町市場」へ訪れたならば、ぜひチェックしておきたいおすすめの「香箱ガニ」が美味しい金沢の名店の一つでしょう。

住所 石川県金沢市青草町88 近江町いちば館2階
電話番号 076-224-3371

『近江町市場寿し』でも「香箱ガニ」を味わえる

「近江町市場」のすぐそばにある『近江町市場寿し』も「香箱ガニ」を味わうことができます。『近江町市場寿し』は、「近江町市場」のすぐそばにあり、美味しい海の幸を使ったお寿司をリーズナブルな値段で堪能できます。

『近江町市場寿し』では、「香箱ガニ」を使ったお寿司を味わうことができます。「香箱ガニ」の寿司と一緒にアルコールも楽しむことができるということもあり、たくさんの人が訪れています。

「香箱ガニ」のみならず、新鮮な海鮮を使った寿司が人気となっている『近江町市場寿し』。『近江町市場寿し』は、朝からたくさんの観光客が訪れる人気のスポットとなっています。金沢へ訪れたならば、ぜひチェックしておきたいおすすめのお店でしょう。

住所 石川県金沢市下近江町28-1
電話番号 076-261-9330

「加賀料理 大名茶家」駅チカのお店でカニづくし

次にご紹介する「香箱ガニ」が美味しい金沢のおすすめ名店は、「加賀料理 大名茶家」です。「加賀料理 大名茶家」は、金沢駅から歩いてすぐのところにある金沢の郷土料理を味わえるお店となっています。

「加賀料理 大名茶家」は、純和風のお店で、金沢の郷土料理や冬の時期になるとカニ料理も提供しています。「香箱ガニ」が旬の時期には、「香箱ガニ」もコースに含まれることもあり、ぜひチェックしておきたいところでしょう。

また、「香箱ガニ」のメニューは、単品でも用意されています。「加賀料理 大名茶家」のコース料理に、ちょっと贅沢をして、「香箱ガニ」も頼むと、金沢の冬の味覚を満喫することができるでしょう。

住所 石川県金沢市此花町7-5-1
電話番号 076-231-5121

「いたる」夜は居酒屋で日本酒と香箱ガニ

最後にご紹介する「香箱ガニ」が美味しい金沢のおすすめ名店は、「いたる」です。「いたる」は、金沢城公園、金沢21世紀美術館の近くにある居酒屋で、地元金沢の日本酒と一緒に「香箱ガニ」を堪能できます。

「いたる」は、「香箱ガニ」だけでなく、金沢の海の幸や山の幸を味わうことができるお店としても知られています。メディアでも取り上げられる名店で、お得な値段で、金沢の海の幸と日本酒を堪能できます。

「香箱ガニ」を食べれる「いたる」は、とても人気のお店として知られています。「香箱ガニ」の旬の時期のみならず、一年を通してとても混雑しているお店となっているので、訪れる時は、必ず予約をして訪れることをおすすめします。

住所 石川県金沢市柿木畠3-8
電話番号 076-221-4194

Thumb金沢近江町市場のおすすめグルメ17選!人気の海鮮やお土産品などを紹介!
石川の金沢と言いますと、非常におすすめのグルメが数多く存在しております。その中で近江町市場で...
Thumb近江町市場の寿司屋&回転寿司TOP11!美味しいと口コミで人気のお店を網羅!
様々な飲食店が軒を連ねる近江町市場は、金沢屈指の寿司激戦区です。地元民や観光客に人気の高い有...

他にも美味しい金沢の新鮮な食材3選

「香箱ガニ」だけでなく、他にも美味しいと評判の金沢の海の幸があります。続いては、美味しい金沢の新鮮な食材として、オスのズワイガニである「加能ガニ」、赤い宝石とも呼ばれる「ノドグロ」、そして、地元で人気の「ガスえび」の3つの海の幸をご紹介していきましょう。

「加能ガニ」柔らかぷりっぷりの食感!

まずご紹介する美味しい金沢の新鮮な食材は、「加能ガニ」です。「加能ガニ」は、2006年にズワイガニの名称を公募したときに選ばれた名前となっており、オスのズワイガニのことを「加能ガニ」と呼んでいます。

「加能ガニ」は、9cm以上のオスのズワイガニが対象となっており、栄養がたっぷりと詰まった「加能ガニ」は、とても濃厚な味わいとして知られており、たくさんの人が食べに訪れています。

「加能ガニ」は、「香箱ガニ」とセットで食べに訪れる人もたくさんいらっしゃるほど人気があります。繊細な旨味を堪能することができ、「加能ガニ」の甲羅の中にある濃厚ミソは独特の味わいと言われており、とても人気があります。金沢へ訪れたならば、ぜひチェックしておきたい冬の味覚なのです。

「ノドグロ」もう一つの赤い宝石

次にご紹介する美味しい金沢の新鮮な食材は、「ノドグロ」です。「ノドグロ」は、日本海側で高級魚として扱われる魚で、口の奥の喉が黒いことから「ノドグロ」と呼ばれています。また、赤い宝石とも言われており、とても人気があります。

「ノドグロ」は、煮付け、刺身、焼き物と幅広い食べ方をできる魚となります。「白身のトロ」とも言われる「ノドグロ」は、市場だと、10,000円以上で取引されることもある人気の高級魚なのです。

金沢では、冬になるとたくさんのお店で「ノドグロ」を食べることができるようになります。冬に金沢へ訪れたならば、カニと一緒に食べておきたいおすすめのグルメといっても良いでしょう。

地元で大人気の「ガスえび」が美味しい

「ガスえび」も美味しい金沢の新鮮な食材の一つとして人気があります。「ガスえび」は、富山と石川で食べられるエビのことで、「クロザコエビ」と「トゲザコエビ」の2種類を「ガスえび」としています。

「ガスえび」の旬の時期は、9月から翌年6月と言われており、冬でも食べられる金沢の新鮮な食材となります。「ガスえび」は、塩焼きや天ぷらなどで食べる人がたくさんいらっしゃいます。

「ガスえび」は、鮮度が落ちる速度が早いので、なかなか地元以外では食べることができないのです。地元でも入荷した日しか提供されない海の幸となっているので、ぜひチェックしておきたいおすすめの金沢にある新鮮な食材の一つとなります。

通販で香箱ガニを買うならどこ?

金沢まで行くことができないけれど、自宅で「香箱ガニ」を食べたいという人もいらっしゃるでしょう。続いては、「香箱ガニ」を通販で購入することができるのかということについて見ていきましょう。

「香箱ガニ」は、Amazonや楽天といった大手インターネット通販サイトにて購入することができるのです。インターネット通販での「香箱ガニ」は、「香箱ガニ」を獲ることができる福井県や北海道などから送られているのです。

インターネット通販の「香箱ガニ」の料金は、重さ、あるいは、「香箱ガニ」の数によって異なります。どのくらいの量が必要なのかを考えた上で、インターネットで「香箱ガニ」を購入することをおすすめします。

お土産で香箱ガニを購入するには?

金沢へ「香箱ガニ」が旬の時期に訪れたときのお土産として、「香箱ガニ」を購入したい人もいらっしゃるでしょう。「香箱ガニ」をお土産として購入したいならば、金沢の近江町市場にて購入することができるのです。

近江町市場での「香箱ガニ」は、店舗によって値段が違いますが、一杯500円から2,000円くらいで販売しているところが多くあります。クール便にて送ることができるので、自宅でも「香箱ガニ」を味わうことができます。

また、近江町市場では、足が折れている「香箱ガニ」も販売しています。贈答用でなく、自宅用として食べるのであれば、足が折れている「香箱ガニ」は安く購入できるので、おすすめといっても良いでしょう。

金沢グルメなら海鮮!香箱ガニを食べよう

海鮮の中でも、特に人気があるのが、日本海の冬の味覚である『かに』です。金沢のズワイガニは、メスである「香箱ガニ」とオスである「加能ガニ」に分かれます。特に、「香箱ガニ」は、卵と濃厚な身などが好まれており、地元で人気の『かに』となっています。「香箱ガニ」は、チェックしておきたいおすすめの冬の味覚といっても良いでしょう。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
daiking

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ