秋田のきりたんぽ人気店7選!お得なランチ・鍋が美味しい店は?

秋田の名物料理といえば、きりたんぽ鍋を思い浮かべる方も少なくないことでしょう。今回は、きりたんぽ鍋の美味しい7軒のお店をピックアップ!お得なランチが楽しめるお店や、きりたんぽ鍋がおすすめのお店まで秋田駅周辺のきりたんぽ人気店について詳しくご紹介いたします。

秋田のきりたんぽ人気店7選!お得なランチ・鍋が美味しい店は?のイメージ

目次

  1. 1秋田県名物のきりたんぽが美味しい人気店を詳しくご紹介!
  2. 2秋田県のきりたんぽって?
  3. 3秋田駅周辺できりたんぽが楽しめる人気店7選!
  4. 4秋田のきりたんぽ鍋をコスパ良く味わえるランチ店3選
  5. 5秋田の郷土料理きりたんぽ鍋の美味しいお店2選
  6. 6本格的なきりたんぽ鍋が堪能できる人気店2選
  7. 7秋田駅で購入できるお土産5選
  8. 8寒い時期ならではの楽しみ、秋田県で美味しいきりたんぽを味わおう!

秋田県名物のきりたんぽが美味しい人気店を詳しくご紹介!

みなさんは、秋田県の郷土料理と聞いてどんな料理を思い浮かべられますか?真っ先に「きりたんぽ」を思い浮かべられた方も少なくないことでしょう。秋田名物きりたんぽは、きりたんぽ鍋にして食べることが一般的です。きりたんぽ鍋の美味しいお店の中から、秋田駅周辺にあるお店を7軒ご紹介いたします。

秋田県のきりたんぽって?

秋田名物きりたんぽは、ご飯を串に巻き付けて焼いた料理です。味噌をつけて焼いたり、鍋に入れたりします。きりたんぽを食べやすい大きさに切って鍋にいれたものは、きりたんぽ鍋と呼ばれます。秋田では、なべっこと呼ばれるきりたんぽ鍋を作る集まりが遠足やお花見のように盛んに行われるほど、ポピュラーな食べ物となっています。

そもそも、きりたんぽとは?

そもそも、きりたんぽとはどのような食べ物なのでしょうか?きりたんぽを作る際は、炊き上げたご飯をすりつぶすことから始まります。すりつぶしたご飯は、杉の串の先端を包むように巻き付けられます。炭火や囲炉裏で焼き目が付くまで焼き上げて完成です。味噌をつけたり鍋に入れたりして楽しみます。

きりたんぽの本当の発祥は「秋田県大館市」

秋田名物きりたんぽの発祥は、長い間2つの説が唱えられてきました。1つ目は、秋田を含む東北地方一帯で狩猟をしていたマタギの料理が発祥という説です。しかし、現在ではこの説は否定されています。

2つ目の説が、秋田県大館市の家庭料理が起源という説です。ごはんをこねて丸め、木の串に巻き付けて焼いたのが始まりだとされています。現在ではこちらが起源といわれることが多くなっています。

きりたんぽの名前の由来は「たんぽ」から

秋田名物のきりたんぽの名前の由来は、「たんぽ」から来ているのだそうです。それを切ったものがきりたんぽなのです。一般的には、切られていないものもきりたんぽと呼ばれています。たんぽとは、どんな意味があるのでしょうか?たんぽとは、槍の練習をする際に穂先を綿で丸くし、布で包んだものを指します。

きりたんぽを焼く際に木の棒につぶした米を巻き付けた様子がたんぽとそっくりです。そのため、きりたんぽもそう呼ばれるようになりました。

きりたんぽ鍋とは?

きりたんぽといえば、きりたんぽ鍋が有名です。きりたんぽ鍋は、きりたんぽのほかに鶏肉やゴボウ、舞茸やネギ、セリが入っているものが多くみられます。お店で食べるきりたんぽ鍋の鶏肉には、比内地鶏が使われることが少なくありません。また、スープも比内地鶏の鶏ガラを使ったしょうゆベースのスープが多くなっています。

Thumb秋田の名物グルメを一挙紹介!郷土料理はきりたんぽだけじゃない!
秋田県でおすすめの人気名物グルメを特集します。秋田県には景勝地や歴史的建造物など、観光地とし...

秋田駅周辺できりたんぽが楽しめる人気店7選!

秋田名物として定着したきりたんぽですが、秋田出身の方でないとご家庭でチャレンジしてみようとしても正解がわからないという方も少なくないのではないでしょうか。本格的なきりたんぽの味は、やはり本場で体験してみるしかありません。

秋田に訪れた際は、是非立ち寄ってきりたんぽを食べていただきたいお店の中から、今回は旅程にも組み込みやすい秋田駅に近いお店7軒をご紹介いたします。

秋田のきりたんぽ鍋をコスパ良く味わえるランチ店3選

秋田名物きりたんぽの楽しめるきりたんぽ鍋は、鍋物ということもありランチでいただけるお店が限られています。ここからは、ランチで秋田のきりたんぽ鍋が食べられるお店の中でも特にコストパフォーマンスの良いチェーン店系展開をしているおすすめのお店を3軒ご紹介いたします。

Thumb秋田駅周辺のおすすめランチ紹介!駅構内『トピコ』のお店も完全網羅!
秋田駅周辺には、おいしいと話題のランチを楽しむことのできるランチスポットがたくさん集まってい...

1500円で味わえる美味しいきりたんぽが自慢「秋田きりたんぽ屋」

きりたんぽをリーズナブルに楽しめるランチ店1軒目は、「秋田きりたんぽ屋 秋田駅前本店」です。秋田駅から歩いて3分。秋田きりたんぽ屋は、たんぽ場で焼き上げたきりたんぽや秋田の郷土料理がおすすめのお店です。ランチタイムには「きりたんぽ鍋定食」が人気となっています。価格は、1500円。

あきたこまちのとろろまま玉子のせと燻りガッコ、チョロギガッコと田舎煮2品のついた秋田を堪能できるランチとなっています。

秋田きりたんぽ屋のきりたんぽは、比内地鶏の出汁を使った醤油ベースのものが主ですが、「マタギのきりたんぽ鍋」では味噌ベースのスープのきりたんぽ鍋を楽しむこともできます。

住所 秋田県秋田市中通2-7-6 緑屋ビル1F
電話番号 018-801-2345

四季折々の食材やきりたんぽをコスパ良く味わえる「寛文五年堂 秋田店」

きりたんぽをリーズナブルに楽しめるランチ店2軒目は、「寛文五年堂 秋田店」です。秋田駅から歩いて10分。寛文五年堂秋田店は、きりたんぽなど秋田の郷土料理や稲庭うどん、四季折々の食材を味わえるお店です。

「きりたんぽ鍋」は、冬季限定のメニューです。価格は、1人前が2100円です。比内地鶏の味が濃縮されたスープに茸や春菊、ねぎなどが入っています。スープの旨味を吸ったきりたんぽは、3本6切れに分けられており、ボリュームたっぷりです。

そのほか、寛文五年堂秋田店のランチではうどんが人気です。あさりや比内地鶏、春を感じさせる若竹うどんなどがメニューに並びます。

住所 秋田県秋田市中通1-4-3 エリアなかいち1F

きりたんぽと相性の良い比内地鶏も絶品「あべや秋田店」

きりたんぽをリーズナブルに楽しめるランチ店3軒目は、「あべや秋田店」です。秋田駅から歩いて6分。あべや秋田店は、毎日比内地鶏をさばいている比内地鶏の専門店です。ランチでもいただける「比内地鶏きりたんぽ鍋御膳」は、紀州備長炭で香ばしく焼いたきりたんぽが特徴的です。

秋田県産のササニシキを使ったきりたんぽは、肉厚です。価格は、2376円です。きりたんぽ鍋のほか、あべや秋田店のランチでは比内地鶏ラーメンやあべや名物の比内地鶏の親子丼などを楽しむこともできます。

住所 秋田県秋田市中通1-4-3 エリアなかいち1F
電話番号 018-825-1180

秋田の郷土料理きりたんぽ鍋の美味しいお店2選

きりたんぽ鍋の主役はなんといってもきりたんぽです。きりたんぽと一緒に入っている鶏やセリ、舞茸やごぼうなども欠かせません。具材が美味しいのも大事なポイントですが、きりたんぽ鍋のスープも重要な要素となってきます。スープにとけだした旨味を吸ってこそ、きりたんぽは輝きます。

続いては、スープの美味しいきりたんぽ鍋を提供しているおすすめのお店2軒をご紹介いたします。

秘伝のタレとスープの旨味が感じられる上品な鍋が特徴「ちゃわん屋」

秋田名物のきりたんぽ鍋が美味しいお店1軒目は、「ちゃわん屋」です。秋田駅から歩いて15分。ちゃわん屋は、きりたんぽやだまっこが人気のお店です。ちゃわん屋の「きりたんぽ鍋」は、新米あきたこまちを使って炭火で焼き上げたきりたんぽとなっています。

比内地鶏の若鶏や舞茸などの野菜を加え、秘伝のタレで味付られています。価格は、1人前1400円。まろやかな風味の中に、体が心から温まるパワーのある一品です。

ちゃわん屋特製のきりたんぽ鍋セットの販売も行われており、ご家庭でも秘伝のタレを使ったきりたんぽ鍋を味わうことができます。

住所 秋田県秋田市大町4-2-7
電話番号 018-864-5202

じっくりコトコト2日間かけて煮込んだスープがしみる「芝良久」

秋田名物のきりたんぽ鍋が美味しいお店2軒目は、「芝良久(しばらく)」です。秋田駅から車で7分。芝良久は、秋田の郷土料理が食べられるお店です。「きりたんぽ鍋」のきりたんぽは、注文を受けてから炭火で焼きあげられていきます。価格は、2000円。

新潟県大館市産の比内地鶏をじっくりと2日かけて煮込んだ醤油ベースのスープが、きりたんぽとよくあいます。セリや舞茸、ごぼうやねぎ、糸こんにゃくが入った鍋は食べごたえも抜群です。また、芝良久でさきりたんぽ鍋セットの販売も行われています。

住所 秋田県秋田市山王1-2-17
電話番号 018-865-4809

本格的なきりたんぽ鍋が堪能できる人気店2選

せっかく秋田に来たのなら、本格的なきりたんぽ鍋を楽しみたいという方も多いはずです。6時間かけた濃厚スープが人気のきりたんぽ鍋や注文を受けてからきりたんぽを作り始めるお店など、きりたんぽ鍋をはじめとした本格的な秋田の郷土料理が楽しめる人気のお店を2軒ご紹介いたします。

本格的な郷土料理が堪能できる「比内邸」

本格的なきりたんぽ鍋が食べられる人気店1軒目は、「比内邸」です。秋田駅から歩いて15分。比内邸は、本格的な秋田の郷土料理や比内地鶏の料理がいただけるお店です。

「比内地鶏きりたんぽ鍋」は、比内地鶏の鶏ガラを6時間煮出して作ったスープが人気です。その美味しさは、なべの底まで美味しいといわれるほど。価格は、1人前1840円。そのほか、だまこ鍋やはたはたしょっつる鍋など鍋メニューも豊富です。

住所 秋田県秋田市大町4-2-2
電話番号 018-823-1718

炭火焼きの香ばしいきりたんぽが味わえる「喰処 北洲」

本格的なきりたんぽ鍋が食べられる人気店2軒目は、「喰処 北洲(くいどころ ほくしゅう)」です。秋田駅から歩いて20分。喰処北州は、秋田の飲食店街である川反(かわばた)にある老舗料理店です。秋田の郷土料理をいただくことのできるお店です。

手作りの炭火焼きりたんぽは、注文を受けてからご飯を手で丸め、造りだします。炭火焼で香ばしくなったきりたんぽの入った「きりたんぽ鍋」は、喰処北州の名物です。きりたんぽ鍋の価格は、1700円です。

また、喰処北州ではご家庭でもきりたんぽ鍋を楽しむことのできるきりたんぽ鍋セットが販売されています。

住所 秋田県秋田市大町4-1-11
電話番号 018-863-1316

秋田駅で購入できるお土産5選

ここまでは、秋田駅周辺のきりたんぽが美味しいお店をご紹介してきました。きりたんぽを楽しんだあとは、お土産はいかがでしょうか?秋田駅の駅ビルであるトピコは、秋田のお土産を買うのに最適のスポットです。ここからは、トピコで買うことのできるおすすめの秋田のお土産を5つご紹介いたします。

Thumb秋田のお土産おすすめ20選!かわいい雑貨から名物・お菓子まで!
東北の秋田県といえば秋田美人が代名詞のようです。南北に広い県ですから名産物も多く、お土産もた...

自宅でも簡単にきりたんぽなべができる「さいとうのきりたんぽ鍋セット」

秋田駅周辺で購入できるおすすめのお土産1つ目は、「さいとうのきりたんぽ鍋セット」です。ご自宅でも秋田名物のきりたんぽ鍋の味が楽しめるセットとなっています。さいとうのきりたんぽ鍋セットは、トピコにある「さいとう トピコ店(秋田駅前店)」などで買うことができます。

価格は、2人用が2400円、3人用は3600円、5人用は6000円となっています。きりたんぽとだまこ餅、比内地鶏肉と比内地鶏スープ、セリとねぎ、舞茸と糸こんにゃく、笹がきごぼうがセットとなっています。

住所 秋田県秋田市中通7-1-2 秋田ステーションビルトピコ2F
電話番号 018-832-8414

甘い物好きにおすすめなふっくらした和菓子「金萬」

秋田駅周辺で購入できるおすすめのお土産2つ目は、「金萬」です。金萬は、丸いカステラ生地で白餡を包んだ秋田の銘菓です。金萬は、トピコの「金萬」で買うことができます。焼きたての生タイプと日持ちのするパックタイプがあります。価格はどちらも、10個入りが600円、20個入りが1200円、30個入りが1800円となっています。

蜂蜜と卵を贅沢に使ったカステラ生地はふわふわ。白餡にも卵を混ぜ込み優しい甘さに仕上がっています。

住所 秋田県秋田市中通7-1-2 秋田ステーションビルトピコ2F
電話番号 018-833-0620

子どもから大人まで喜ばれる「秋田県産りんごを、使ったパイ。」

秋田駅周辺で購入できるおすすめのお土産3つ目は、「秋田県産りんごを、使ったパイ。」です。トピコにある「かおる堂 秋田駅トピコ」で買うことができます。秋田県特産品開発コンクールで最優秀賞を受賞したお菓子です。価格は、12個入りで2340円です。

サクサクのパイ生地のなかに、秋田県産のりんごを使用した甘味のあるりんご餡が入ったミニアップルパイとなっています。

住所 秋田県秋田市中通7-1-2 秋田ステーションビルトピコ2F
電話番号 018-832-1782

40年以上前からの歴史を持つ、秋田県民のソウルフード「柴田さんちのバター餅」

秋田駅周辺で購入できるおすすめのお土産4つ目は、「柴田さんちのバター餅」です。トピコにある「本山物産」で買うことができます。価格は、1パック270円です。バター餅は、つきたてのお餅にバターやこむぎこ、卵黄や砂糖を混ぜて作られたお菓子です。

バター餅は、お餅にバターを混ぜることで寒くてもつきたての餅の食感を残しています。40年以上も前から愛されてきた秋田県のソウルフードです。

住所 秋田県秋田市中通7-1-2 秋田ステーションビルトピコ2F
電話番号 018-832-7512

料理やお酒のおつまみにもできる薫り高い「いぶりがっこ」

秋田駅周辺で購入できるおすすめのお土産5つ目は、桜食品の「いぶりがっこ」です。こちらも、トピコ内の「本山物産」で買うことができます。価格は、3袋セットが1215円となっています。いぶりがっこは、干した大根をいぶして作るお漬け物の一種です。薫製の香りとパリパリとした食感が特徴的でお米やお酒によくあいます。

住所 秋田県秋田市中通7-1-2 秋田ステーションビルトピコ2F
電話番号 018-832-7512

Thumbいぶりがっことは?意味や由来は?秋田のお土産や贈答にもおすすめ!
「いぶりがっこ」とは燻した大根の漬物のことで、もとは秋田の保存食でした。近年そのおいしさが広...

寒い時期ならではの楽しみ、秋田県で美味しいきりたんぽを味わおう!

最後までご覧いただきありがとうございます。きりたんぽは、お米をつぶして串に巻き付け焼いた秋田の郷土料理です。きりたんぽの入ったきりたんぽ鍋は、寒い時期におすすめのなべ料理となっています。秋田に訪れた際は、是非一度きりたんぽ鍋を食べてみてください。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
serorian

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ