東本願寺の渉成園(枳殻邸)は紅葉のライトアップが必見!料金やアクセスは?

京都にある東本願寺の飛地境内である渉成園は国の名勝にも指定されている池泉回遊式庭園が見どころです。渉成園では秋になると、紅葉のライトアップが大変美しく一見の価値ありです。京都の東本願寺の渉成園のアクセスや料金などをご紹介しましょう。

東本願寺の渉成園(枳殻邸)は紅葉のライトアップが必見!料金やアクセスは?のイメージ

目次

  1. 1東本願寺の渉成園で古都の秋を満喫しよう!
  2. 2渉成園とは?
  3. 3渉成園の歴史
  4. 4渉成園の入場料金と営業時間
  5. 5渉成園へのアクセス方法1:徒歩
  6. 6渉成園へのアクセス方法2:電車
  7. 7渉成園へのアクセス方法3:バス
  8. 8渉成園へのアクセス方法4:タクシー
  9. 9枳殻邸は渉成園の別名
  10. 10渉成園の紅葉ライトアップ
  11. 11渉成園でライトアップを楽しめるエリア
  12. 12渉成園の紅葉ライトアップでぜんざいを堪能しよう!
  13. 13報恩講とは?
  14. 14渉成園の見どころ1:滴翠軒
  15. 15渉成園の見どころ2:卯月池
  16. 16渉成園の見どころ3:傍花閣
  17. 17渉成園の見どころ4:園林堂
  18. 18渉成園の見どころ5:侵雪橋
  19. 19渉成園の見どころ6:借景
  20. 20渉成園の見どころ7:塩釜の井筒と塩釜の手水鉢
  21. 21渉成園で紅葉のライトアップを楽しもう!

東本願寺の渉成園で古都の秋を満喫しよう!

京都の東本願寺の飛地境内地である渉成園は紅葉の時期になるとライトアップされて日中とはまた違った美しい風景を眺めることができます。京都駅からも徒歩圏内とアクセスも便利なので、京都観光の際には是非立ち寄ってみましょう。渉成園の料金やアクセス方法、魅力などをご案内しましょう。

Thumb京都『東本願寺』の見どころや駐車場・アクセスは?西本願寺との違いも解説!
京都旅行では必ずと言ってよいほど観光ルートに入る東本願寺ですが、じっくりと見学すると見どころ...

渉成園とは?

京都の東本願寺の飛地境内である渉成園は国の名勝としても指定されている素晴らしい庭園で、池泉回遊式の大庭園が見どころとなっています。渉成園は別名「枳殻邸」とも呼ばれていますが、その理由は、かつて渉成園の庭園には枳殻の生垣があったからです。

渉成園という名前は、陶淵明という中国六朝時代の詩人が書いた「園日渉而成趣」という漢詩の一節からきていて、日々その趣が増していくお庭という意味合いで名付けられたと言われています。

渉成園は敷地面積が約1万600坪ととても広大で、京都の洛中でも指折りの敷地面積を誇ります。渉成園は能狂言や茶の湯を楽しむことができる場としても整備され、利用されています。

多くの著名人も訪れていて、ヘレンケラーや徳川慶喜などが訪れたことでも有名です。西側に渉成園の入口があり、入口から入ると受付があり、石垣がお出迎えをしてくれます。この石垣は必見で、色々な素材が組み合わされて作られています。

瓦や石臼や山石、切り石などが組み合わさり作られた石垣は見ごたえがありますので、入られたらまずじっくりと鑑賞してみてください。東本願寺は茶の湯と深く関わっていますので、渉成園には数多くの茶室があります。渉成園の敷地内には珍しい建物がたくさん建てられています。

渉成園の歴史

京都の東本願寺の飛地境内である渉成園の歴史をご紹介しましょう。東本願寺はもともと徳川家により庇護を受けて建てられました。

東本願寺が建てられた頃は、豊臣秀吉によって建てられた西本願寺にはとても素晴らしい庭園があり、飛雲閣庭園や虎渓の庭が見どころとなっていました。東本願寺には庭園がなかったので、徳川幕府三代将軍徳川家光が現在の渉成園の土地を寄贈したと言われています。

そして、1653年に石川丈山によって池泉回遊式の庭園が作られました。こうして東本願寺には西本願寺に負けないような美しい庭園ができたというわけです。それ以後、東本願寺の飛地境内地としてこれまでに重要な役割を果たしてきました。

渉成園は外賓の接遇所として、門首の陰退所としてなどに使われてきて、重要な機能を果たしてきました。京都では1858年や1864年に大火事が起きて、東本願寺は何度も火災にみまわれたので、東本願寺や渉成園の建物は1864年以降に再建されたものがほとんどです。

渉成園は六条河原院の旧蹟なのではという伝説があり、六条河原院というのは平安時代の前期に左大臣である源融が営んでいました。源融というのはあの有名な源氏物語の主人公である光源氏のモデルになった人では?と言われている人物です。

源融は嵯峨天皇の第十二子として誕生し、源氏の姓を賜って、侍従から始まり、右衛門督や大納言を歴任してから左大臣になりました。源融は六条河原院に住んでいたと伝えられていて、光源氏も六条院に住んだと言われています。

光源氏も同じく、帝の子として誕生し、臣下として源氏の姓を名乗ったと言われています。渉成園を訪れるとまるで光源氏が実在していたのでは?と思えるような錯覚に陥ります。光源氏がここに実在したと思うだけでわくわくしてしまいます。

源融は六条河原院を造る際に、奥州塩釜のような庭園を目指していたと言われ、尼崎から海水を運んで池を作ったそうです。渉成園の見どころとして塩釜の井筒があったり塩釜の手水鉢などがあるのはその理由からです。

このように渉成園は源氏物語のゆかりの地としてもおすすめで、知る人ぞ知る穴場のスポットです。源氏物語のファンの方は是非源氏物語のゆかりの地に足を運んでみて下さい。

渉成園の入場料金と営業時間

京都の東本願寺の飛地境内である渉成園の入場料金と営業時間をご紹介しましょう。渉成園の入場料金は500円以上の志納となっていますので、500円以上ならおいくらでも構いません。もちろん500円お支払いいただいても大丈夫です。

高校生以下は250円となっています。入場料を支払うと、渉成園のパンフレットをいただくことができます。渉成園の営業時間は3月から10月までは9時から17時までで、11月から2月までは9時から16時までとなっています。

渉成園では毎年11月上旬になると、庭園内にある建物の内部を特別公開しますので、この時期に訪れるのがおすすめです。建物の内部は写真撮影はできませんが、なかなか見る機会がありませんので、是非このチャンスに渉成園を訪れることをおすすめします。

渉成園へのアクセス方法1:徒歩

京都の東本願寺の飛地境内である渉成園へのアクセス方法をご紹介しましょう。渉成園は京都市下京区にあり、最寄駅はJR京都駅や京都市営地下鉄五条駅なのですが、渉成園へは京都駅から徒歩約10分でアクセスすることができますので大変便利です。

京都駅周辺の観光地としておすすめで、京都駅から渉成園までは約800メートルととても近いので京都駅周辺を観光される際には是非足を運んでみて下さい。

徒歩でアクセスされる場合には、JR京都駅の中央改札口からでて、烏丸通りを目指します。正面の通りまで行き、右折します。そのまま直進すると渉成園に到着しますのでとても簡単です。

渉成園へのアクセス方法2:電車

渉成園への電車でのアクセス方法をご紹介しましょう。京都駅から電車でアクセスされる場合には京都駅で地下鉄に乗車し、五条駅で下車しましょう。そこから徒歩で約750メートル歩くと到着します。

渉成園まで徒歩でアクセスした場合と電車でアクセスした場合との差はたったの50メートルだけなので、渉成園には徒歩で行かれることをおすすめします。

渉成園へのアクセス方法3:バス

渉成園へのバスでのアクセス方法をご紹介しましょう。JR京都駅の中央改札口を出ると目の前に京都駅のバスターミナルがあります。5、205、206、208系統の市バスに乗車し、烏丸七条の停留所で下車しましょう。

停留所からは徒歩約5分で到着し、バス代金は230円です。京都駅から1停留所なので、乗車時間も2分から3分とあっという間に到着します。バスでアクセスした場合にも渉成園までは約400メートル歩くことになります。

渉成園まで徒歩でアクセスした場合には約800メートル、バスでアクセスした場合には約400メートル歩きます。移動時間はだいたい同じで、混雑しているとバスの方がかえって時間がかかる場合もありますので徒歩でのアクセスがおすすめです。

渉成園へのアクセス方法4:タクシー

渉成園へのタクシーでのアクセス方法をご紹介しましょう。JR京都駅からタクシーでアクセスされる場合にはJR京都駅の中央改札口を出たら右方向に進みましょう。そうするとタクシーがたくさん停まっているのが見えます。

渉成園までタクシーでアクセスされた場合にはタクシー代金は約700円かかります。道路が混雑している場合には時間がかかったり、あまりにも近いので運転手さんに嫌な顔をされるかもしれませんので、渉成園には徒歩で行かれることをおすすめします。

枳殻邸は渉成園の別名

枳殻邸は渉成園の別名です。正式名称は渉成園なのですが、枳殻邸という名称でも知られています。枳殻邸というのは「キコクテイ」と読み、地元の人からは枳殻邸という名前で愛されています。

渉成園が造園された当時は、渉成園の周囲には枳殻が生垣として植えられていました。そのためにこのように枳殻邸と呼ばれるようになったのですが、この枳殻の生垣は現在も残されています。

枳殻邸は庭越しに京都タワーを見ることができるので、京都の穴場スポットとしておすすめです。枳殻邸の池には京都タワーが映し出され、美しい風景を見ることができます。枳殻邸は広大な敷地を誇り、京都の中心部にいるとは思えないくらい静かで大自然にあふれています。

枳殻邸には四季折々の花々がたくさん咲き乱れていて、いつ訪れても美しい風景をみることができます。また、枳殻邸の敷地内には珍しい建物がたくさんありますので是非じっくりと見学してみてください。

渉成園の紅葉ライトアップ

枳殻邸という別名で親しまれている渉成園は秋になると、紅葉のライトアップを実施しています。渉成園は京都駅に近いのにとても静かに過ごすことができるところなので、紅葉のライトアップを見るのなら穴場スポットです。

11月21日から11月28日までの期間、渉成園では紅葉のライトアップを実施していますのでこの期間に京都を訪れた方は是非足を運んでみて下さい。毎年、報恩講に合わせて紅葉のライトアップが開催されています。

「光で彩る秋の渉成園」では美しい紅葉のライトアップ風景を見ることができますので、大変人気があります。ライトアップの時間は17時から20時30分まで実施しています。最終の受付は20時までとなっています。

普段は日中だけ公開していたのですが、2018年の夏に20年ぶりに夜間公開を2日間の限定ということで実施したところ大好評で多くの観光客が押し寄せました。夏だけではなく、秋にも夜間公開を希望する声が多く、報恩講に合わせて「光で彩る秋の渉成園」を開催することになりました。

紅葉のライトアップ期間中は、日中は9時から16時までの営業時間で、最終受付は15時30分までとなります。16時から17時までの時間帯は一旦、閉門します。入れ替え制となりますので、紅葉のライトアップを楽しみたい方は17時以降に訪れましょう。

「光で彩る秋の渉成園」はお昼の風景とは違った庭園の風景を眺めることができますので、「光で彩る秋の渉成園」を訪れて是非古都の秋を堪能してみてください。京都の紅葉の見頃は天候によっても前後しますので、紅葉情報をチェックしてから出かけましょう!

渉成園でライトアップを楽しめるエリア

枳殻邸という愛称で親しまれている渉成園は秋になると紅葉のライトアップを楽しむことができます。紅葉がライトアップされるエリアは卯月池の周辺や臨池亭、滴翠軒の周辺などです。

臨池亭、滴翠軒の周辺は紅葉の時期になるとイチョウが黄色に染まり大変美しい景色になります。また、傍花閣の周辺も紅葉のライトアップを楽しむことができます。

渉成園の紅葉ライトアップでぜんざいを堪能しよう!

枳殻邸という愛称で親しまれている渉成園では秋になると、紅葉のライトアップを実施しています。紅葉のライトアップの時期に渉成園を訪れると通常は入ることが出来ないお部屋である閬風亭というお部屋に入ることができます。

500円のチケットを購入して閬風亭に入るとぜんざいが提供されます。紅葉のライトアップの時期にしか味わうことができないぜんざいを是非堪能してみてください。

通常見ることができない書院でゆっくりとぜんざいをいただきながら紅葉のライトアップを鑑賞するのは至福の時間です。ぜんざいを食べて温かくなったら日中とは違った雰囲気の紅葉のライトアップを見ながらゆっくりと散策を楽しみましょう。

紅葉のライトアップのときの入場料は庭園維持寄付金として500円以上の志納が必要で、高校生以下は250円となっています。さらに、閬風亭に入場される場合には500円でチケットを別に購入すると、書院を見学することができてぜんざいを楽しむことができます。

閬風亭は入場だけということは受付しておりませんので、必ずぜんざいを楽しんで下さい。美しい景色を見ながらいただくぜんざいは格別の味わいです。

報恩講とは?

渉成園の紅葉ライトアップは報恩講に合わせて開催されるのですが、報恩講というのはどのような行事なのでしょうか?報恩講というのは真宗門徒にとって一番大切な法要であり、毎年11月21日から11月28日までの期間に全国から多くの門徒が上山しています。

報恩講は浄土真宗の宗祖の親鸞聖人の命日に合わせて行われています。渉成園の紅葉のライトアップは報恩講の際にお参りをした門徒や僧侶に楽しんでいただくために開催されています。

また、これまであまり真宗本廟に興味がなかった人にも魅力的な渉成園を知っていただくために開催されています。

渉成園の見どころ1:滴翠軒

江戸時代後期の儒学者である頼山陽が渉成園記で紹介したのは「渉成園十三景」で、園内の主要な建物や庭園が紹介されています。渉成園で料金を納めるとパンフレットがもらえるのですが、これにも見どころが書かれていますので是非ご覧ください。

渉成園十三景で紹介されているのは滴翠軒です。明治17年に再建された建物であり、池に面して造られていて、池に張り出した縁側が特徴的な建物です。池の背景には築山を見ることが出来て、池に向かって小さい滝が落ちています。滴翠軒という名前はこの小さい滝から付けられたと言われています。

渉成園の見どころ2:卯月池

渉成園の見どころは卯月池です。卯月池は回遊式庭園の中心にあり、夜になるとこの池に美しい月の影が映ります。卯月池という名前はこうしたことから名付けられたと言われています。

美しい水面には東山からのぼる月が写しだされ、圧巻の風景です。5月から9月は特におすすめの時期で、この時期には睡蓮の花も咲きますのでさらに美しさを増します。この卯月池のほとりには漱沈居という建物が建っていて漱沈居も見どころとなっています。

漱沈居は1865年に再建された建物で、煎茶三席の酒店として用いられた建物です。卯月池のほとりにあり、見ごたえがある建物の1つです。卯月池に映る逆さ絵を是非楽しんで下さい。

渉成園の見どころ3:傍花閣

渉成園の見どころをご紹介しましょう。まずは傍花閣で、とてもユニークな形をした楼閣建築で、1892年に再建された建物です。左右の側面には階段の入口があり、階上に登ると四畳半のお部屋があります。階段は山廊と呼ばれていて階段を登っているとわくわくした気分になること間違いなしです。

傍花閣の周囲には桜並木が広がっていますので、春には絶景を見ることができます。ライトアップされた紅葉もとても美しくおすすめですが、春の桜も一見の価値ありです。春や秋に京都を訪れた際には是非足を運んでみて下さい。

渉成園の見どころ4:園林堂

渉成園の見どころは園林堂です。園林堂は1957年に再建された建物で、こちらの見どころは襖絵です。棟方志功という日本を代表する版画家によって描かれた襖絵は大変見事で、訪れた人を魅了しています。渉成園を訪れた際にはじっくりと鑑賞してみてください。

渉成園の見どころ5:侵雪橋

渉成園の見どころは侵雪橋です。卯月池に掛けられている橋のことで、渉成園の庭園の池の中に小島があるのですが、そこを渡るために架けられました。美しい緑の庭園の中に木製の橋がかけられている風景は圧巻です。

木製の橋は緑色と溶け込み、静かな雰囲気を漂わせています。京都駅から近い場所とは思えないくらい静かな空間で静かなひと時を過ごしてみませんか?侵雪橋は実際に渡ることもできますので是非チャレンジしてみてください。

侵雪橋を見ながら渉成園を散策していると色々な背景に移り変わるので違った景色を楽しむことができます。橋から眺める京都タワーも絶景でフォトスポットとしてもおすすめです。池の水面に京都タワーが移る様子は絶景です。ゆっくりと侵雪橋を見ながら卯月池の周辺を散策してみましょう。

渉成園の見どころ6:借景

渉成園の見どころは借景です。借景というのは渉成園のもう1つの楽しみ方としておすすめで、庭園風景の一部として近くにある山などを取り入れることを言います。例えば天龍寺の庭園は嵐山を借景していてとても美しい景色を見ることが出来ることで有名です。

渉成園は京都駅からも近く、京都の街の中にありますので、何の風景を借景するのかと疑問に思う方も多いと思いますが、渉成園の借景と言えば京都タワーです。渉成園が造られた頃には京都タワーはもちろんありませんでしたが、現在ではこの京都のシンボルである京都タワーが渉成園の借景となっています。

渉成園の庭園の緑の間からは京都タワーがよく見えます。これぞ京都という風景を味わうことができて、京都タワーとのコラボを楽しめるのは渉成園の庭園だけです。

歴史がある庭園から、京都タワーという現代の建築物が顔をのぞかせるのは不思議な光景ですが、京の町を歩んできた歴史を感じながら美しい風景の中を散策してみましょう。

渉成園の見どころ7:塩釜の井筒と塩釜の手水鉢

渉成園の見どころは塩釜の井筒と塩釜の手水鉢です。塩釜の井筒は築山の横穴に掘られた井戸で、その形が塩釜に似ているのでこのように名付けられました。塩釜は塩を製造する釜のことを指しています。

塩釜の手水鉢というのは渉成園の目玉になっているもので、渉成園お塩釜の手水鉢は全国の庭園にあるもののオリジナルのものになりますので渉成園を訪れた際には是非じっくりと鑑賞してみてください。

他にも渉成園の見どころはたくさんあります。1884年に再建された臨池亭という建物や1888年に再建された大笠席も是非ご覧下さい。大笠寺は茶室としての役割を持っています。同じく茶室である蘆菴は1957年に再建されて二階建ての建物です。

亀の甲の井戸は亀の形をしていて、亀の甲羅の部分が井戸になっていますのでとてもユニークな形をしています。

渉成園で紅葉のライトアップを楽しもう!

いかがでしたでしょうか?渉成園は様々な見どころがあり、特に紅葉のライトアップは必見です。京都駅からも徒歩10分とアクセスも大変便利で、静かな雰囲気の中で美しい風景を堪能することができます。渉成園は枳殻邸という愛称でも親しまれていて地元の人からも愛されています。四季折々の風景を楽しみながらゆっくりと散策を楽しみましょう!

関連記事

Original
この記事のライター
maki

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ