清涼寺(嵯峨釈迦堂)の御朱印や見どころは?アクセス・駐車場も解説!

京都市右京区の嵯峨にある清凉寺は、国宝も重要文化財もあり、京都でも特に有名な名刹の一つです。御朱印も御朱印帳もあります。興味ある由緒来歴もあり、それを知ると清涼寺にいっそう興味がわいてきます。今回は清涼寺のおすすめの見どころや歴史などを詳しく紹介します。

清涼寺(嵯峨釈迦堂)の御朱印や見どころは?アクセス・駐車場も解説!のイメージ

目次

  1. 1清涼寺(嵯峨釈迦堂)は歴史ある名刹!
  2. 2清涼寺(嵯峨釈迦堂)とは
  3. 3清涼寺(嵯峨釈迦堂)には見どころが多数!
  4. 4清涼寺(嵯峨釈迦堂)の見どころ1:仁王門
  5. 5清涼寺(嵯峨釈迦堂)の見どころ2:本堂(釈迦堂)
  6. 6清涼寺(嵯峨釈迦堂)の見どころ3:弁天堂
  7. 7清涼寺(嵯峨釈迦堂)の見どころ4:大方丈
  8. 8清涼寺(嵯峨釈迦堂)の見どころ5:霊宝館
  9. 9清涼寺(嵯峨釈迦堂)の見どころ6:狂言堂
  10. 10清涼寺(嵯峨釈迦堂)の見どころ7:阿弥陀堂
  11. 11清涼寺(嵯峨釈迦堂)の見どころ8:多宝塔
  12. 12清涼寺(嵯峨釈迦堂)の見どころ9:鐘楼
  13. 13清涼寺の国宝「釈迦如来立像」
  14. 14清涼寺の国宝「木造阿弥陀如来及び両脇侍坐像」
  15. 15清涼寺(嵯峨釈迦堂)の御朱印
  16. 16清涼寺(嵯峨釈迦堂)名物「あぶり餅」
  17. 17清涼寺(嵯峨釈迦堂)へのアクセス
  18. 18清涼寺(嵯峨釈迦堂)の情報まとめ
  19. 19清凉寺(嵯峨釈迦堂)周辺の観光地
  20. 20清涼寺(嵯峨釈迦堂)近くのランチの名店
  21. 21清涼寺(嵯峨釈迦堂)へ出かけよう!

清涼寺(嵯峨釈迦堂)は歴史ある名刹!

京都市右京区嵯峨にある清涼寺(せいりょうじ)は御本尊のお釈迦様の仏像が知られていて、むしろ、嵯峨釈迦堂(さがしゃかどう)として親しまれているお寺です。秋になれば境内や多宝塔周辺の紅葉が見事です。境内の伽藍も庭園も見どころ満載で、ぜひ拝観していただきたい名刹です。そんな清凉寺の紹介です。

「清涼寺」は、正式名称としては「清凉寺」となっていますが、「清涼寺」としても同じ意味として、通称として使われていますので、今回は両方使うことにします。

清涼寺(嵯峨釈迦堂)とは

清涼寺は浄土宗の寺院です。山号を五台山(ごだいさん)と称しています。中世以来「融通念仏の道場」としても知られています。寺院のスタート当初は華厳宗、後に浄土宗に改宗しています。ご本尊は釈迦如来、開基は奝然(ちょうねん)、開山は初代住職の盛算(じょうさん)です。

清涼寺(嵯峨釈迦堂)の歴史

清涼寺は、阿弥陀三尊を本尊とする棲霞寺(せいかじ)と、釈迦如来をご本尊とする、清涼寺の2つのお寺が統合されて、現在の清涼寺になっています。

清涼寺は源氏物語の光源氏のモデルとされる嵯峨天皇の皇子で、左大臣の源融(みなもとのとおる)の山荘、棲霞観(せいかかん)がありました。源融が若くして滅し、一周忌、寛平8年(896年)に子息が阿弥陀三尊像をお祀りし、建立した寺院が棲霞寺と伝えられています。

その数十年後、東大寺出身の僧侶奝然(ちょうねん)上人が、寛和元年(985年)に留学先の中国から帰国した際に、宋で造仏した釈迦如来像をお祀りするために大清凉寺の建立を計画し、奝然上人は志半ばで没したため、弟子の盛算(じょうさん)が遺志を引き継ぎ、長和5年(1016年)に棲霞寺の境内に清凉寺を建立したのが、現在の清涼寺の起源です。

清涼寺(嵯峨釈迦堂)には見どころが多数!

清涼寺は歴史あるお寺だけに、境内には見どころがたくさんあります。それぞれに由緒来歴があって、それを知るといっそう興味深いものになります。文化財に指定されている歴史的価値の高い建物もあります。そんな清涼寺の見どころ、9箇所の紹介です。現地で拝観する際の参考になれば幸いです。

清涼寺(嵯峨釈迦堂)の見どころ1:仁王門

仁王門は、大きな山門で横幅10メートル以上、高は18メートル以上あります。ケヤキ造りの二階二重門です。初層には室町時代の仁王像、上層には十六羅漢像をお祀りしています。仁王門は京都府指定文化財です。嵯峨野のちょうど真ん中に威風堂々と佇む、清凉寺に相応しい仁王門です。

清涼寺(嵯峨釈迦堂)の見どころ2:本堂(釈迦堂)

清涼寺の本堂、別名、釈迦堂は天慶8年(945年)の創建です。重明親王妃が新堂を建て、そこに、等身大の釈迦像を安置したことから、「釈迦堂」とよばれるようになったそうです。

創建後、何度も火災に遭遇していますが、その都度再建されています。現在の本堂は元禄14年(1701年)に再建されたものです。国宝のご本尊の釈迦如来(三国伝来の釈迦如来)が安置されています。京都府指定文化財に指定されています。

清涼寺(嵯峨釈迦堂)の見どころ3:弁天堂

清涼寺の弁天堂は、本堂のうしろの池の奥に木々に囲まれて建っています。渡り廊下からみた弁天堂は、その一画だけを見ると、一枚の絵のような景色になります。特に、秋の紅葉に囲まれた弁天堂は見事の一言です。

弁天堂は宝形造で、正面に軒唐破風(のきからはふ)が付いています。建てられたのは江戸末期ごろと推定されます。弁天堂のまわりは、池遊式庭園になっていて、庭園と弁天堂の融合美はここでしか見ることができません。 

清涼寺(嵯峨釈迦堂)の見どころ4:大方丈

大方丈は、寛永14年(1637年)に焼失し、現在の大方丈は享保年間(1716年-1735年)に造営されたと伝えられています。

焼失前の大方丈は六歳で早世した徳川家康公の息女一照院の位牌所として、家康公と実母のおちかの方の寄進で建てられました。方丈前の見事な庭は、巧みな配置で石を置いた枯山水の庭園です。江戸初期の名作庭師・小堀遠州の作と伝えられています。

清涼寺(嵯峨釈迦堂)の見どころ5:霊宝館

霊宝館は清涼寺の宝物館です。源融(みなもとのとおる)の供養のために造られた阿弥陀三尊像など、清涼寺が所蔵する国宝や重要文化財が収蔵されています。国宝の阿弥陀如来像は、光源氏のモデルといわれる源融のように「光源氏移し顔」といわれています。 

霊宝館は、4月・5月と、10月・11月にのみ特別公開されます。その時期を逃さず、清涼寺を拝観しましょう。 

清涼寺(嵯峨釈迦堂)の見どころ6:狂言堂

清涼寺の狂言堂は、境内西に位置しています。国の重要無形民俗文化財に指定されている「嵯峨大念仏狂言」が演じられる、まさにひのき舞台です。

大念仏は摂津国の大念仏寺で良忍が創始し、円覚が教義を説くために始めたのが「大念仏狂言」といわれています。清涼寺では、春と秋に嵯峨大念仏狂言保存会により、嵯峨大念仏狂言が大々的に演じられます。おすすめの舞台です。

清涼寺(嵯峨釈迦堂)の見どころ7:阿弥陀堂

阿弥陀堂は、本堂東に位置しています。嵯峨天皇の皇子で左大臣源融が山荘として棲霞観(せいかかん)を建て、後に棲霞寺と改めています。これが清凉寺阿弥陀堂の始まりです。阿弥陀堂は何度か火事に遭遇し、現在の阿弥陀堂は文久3年(1863年)に再建されたものです。

清涼寺(嵯峨釈迦堂)の見どころ8:多宝塔

清涼寺には多宝塔があります。多宝塔は平面が方形の1層の上に、平面が円形の2層が重なり、四角形の宝形造の屋根になっています。

多宝塔が建立されたのは元禄16年(1703年)です。江戸に住んでいた人々の寄進によりつくられたそうです。秋になり多宝塔と周囲の紅葉とのコラボは抜群です。清涼寺の多宝塔も京都府の指定文化財に登録されています。

清涼寺(嵯峨釈迦堂)の見どころ9:鐘楼

清涼寺の鐘楼も、清涼寺の見どころの一つです。梵鐘は江戸時代の建造物で、京都府指定文化財です。この梵鐘は、室町幕府八代将軍台足利義政公と、その正室で「日本三大悪女」の一人ともいわれる日野富子、九代将軍足利義尚公と、堺の商人が揃って寄進されて、文明6年(1484年)に鋳造されたものです。

清涼寺の国宝「釈迦如来立像」

清涼寺の最大の見どころともいわれるのが、清涼寺で最も有名な国宝・釈迦如来立像です。こちらの釈迦如来立像は輝かしい由緒来歴があります。

仏教の開祖・お釈迦様がご存命中の紀元前5~6世紀に、古代インドのコーシャンビーの国王で、熱心な仏教徒の優填王(うでんおう)が、釈迦を心から思慕するあまり、お釈迦様のお姿を忠実に彫刻させたそうです。

その像が「優填王思慕像(うでんおうしぼぞう)」と呼ばれ、多くの仏教徒たちの信仰を集めていました。

奝然上人が宗から持ち帰った仏像

一方、日本の平安時代中期、東大寺の僧・奝然(ちょうねん)上人は、中国の宗に留学した時に、インドから宗にもたらされていた 「優填王思慕像」を目にして、その尊さに気付き、仏師に精巧に模刻させて、復刻させた仏像を日本へ持ち帰りました。

奝然上人は、この仏像をご本尊として嵯峨の地に清涼寺を創建し、奝然上人の没後に弟子の盛算により清凉寺が完成し、それ以来この仏像が、釈迦如来立像として安置されています。

像の高さは162センチメートル、インドから中国へ、そして日本へ伝来したことから、「三国伝来の釈迦」と呼ばれるようになりました。

また、釈迦如来像は「生きているお釈迦様」とも呼ばれています。それは、胎内に布で造られた五臓六腑の模型が納入されていたからです。

最古の体内標本

この仏像のもう一つの特徴が、頭髪は縄目状に表されています。体に張り付いたように覆う衣文線は同心円状に表されています。日本各地に多く残っている釈迦如来像とは異なるエキゾチックな雰囲気があります。

釈迦如来像の胎内に納められていた五臓六腑は、霊宝館で展示されています。最古の体内標本ともいわれています。

清涼寺の国宝「木造阿弥陀如来及び両脇侍坐像」

清涼寺のもう一つの国宝として知られているのが、「木造阿弥陀如来及び両脇侍坐像」です。阿弥陀三尊像ともいわれます。

元々は、清涼寺の前身にあたる、棲霞寺のご本尊です。源融が作らせましたが、完成を待たずに滅し、一周忌に当たる寛平8年(896年)に像を棲霞寺の阿弥陀堂のご本尊として安置されています。現在は霊宝館に収蔵されています。

三体の仏像ともに、檜の一木造で、像の高さは阿弥陀如来が178.2センチメートル、左脇侍の観音菩薩が168.3センチメートル、 右脇侍の勢至菩薩が165.7センチメートルです。三尊そろった三尊像はあまり例がなく、嵯峨光仏といわれ篤く信仰されています。

なかでも、阿弥陀如来像は、源氏物語の主人公・光源氏のモデルともいわれる、美男子・源融が、亡くなる直前に自身の顔を写して、造仏させたという伝説もあるそうです。

清涼寺(嵯峨釈迦堂)の御朱印

清涼寺で拝受できる御朱印は「釈迦如来」と「御詠歌」の2種類になります。「釈迦如来」の御朱印は、御朱印の中央に、「釈迦如来」と墨書きされます。御朱印右上部に、「国宝」の文字が書かれます。御朱印は本堂の「拝観受付」でいただけます。

清涼寺では、御詠歌の御朱印もいただくことができます。御朱印には、御詠歌の「ありがたやしゃくせん檀の釈迦如来嵯峨にたなびく紫の雲」と墨書かれています。書置きになります。受付で御詠歌の御朱印と申し出ましょう。

清涼寺の「釈迦如来」と御詠歌の御朱印は、京都十三佛霊場の第二番札所に該当します。御朱印の志納料は、それぞれ300円になります。

清凉寺のオリジナル御朱印帳

清涼寺には御朱印とともにオリジナル御朱印帳があります。紺地に金色で「清涼寺」の文字と、上部に寺紋の加賀梅鉢紋が印字されたシンプルなデザインです。それでも格調高い御朱印帳になっています。

風格ある清涼寺と同じように、落ち着いた図柄の清涼寺オリジナル御朱印帳です。志納金は1500円です。

清涼寺(嵯峨釈迦堂)名物「あぶり餅」

清涼寺に常時あるのではありませんが、清涼寺の敷地内にあぶり餅屋さんがありました。お店は「大文字屋」さんで、名物が「あぶり餅」です。耳たぶのような、小さなお餅を串に刺し、白みそのタレがかかった絶品のお餅でした。あぶり餅の他にもわらびもちもありました。拝観時の小腹対策に最適でした。

清涼寺(嵯峨釈迦堂)へのアクセス

清涼寺は京都市右京区嵯峨にあります。JR京都駅を起点にした場合ですが、バスと電車でアクセスする方法があります。ただし、電車の場合は、最寄り駅から距離があり、少し歩くことになりますので、歩きが嫌な方は、バスでのアクセスがおすすめになります。

清涼寺には有料ですが駐車場もあり、遠隔地から車でアクセスすることもできます。バス、電車、車での代表的なアクセス方法を紹介します。

清涼寺(嵯峨釈迦堂)へバスでアクセスする場合

京都駅からバスを利用して清涼寺へアクセスする場合は、「京都バス」が利用できます。京都駅から大覚寺行・清滝行に乗車して、「嵯峨釈迦堂前」で下車すると、徒歩1分ほどで清涼寺にアクセスできます。

また、「京都市営バス」を利用する際のアクセス方法は、京都駅のバスロータリー、28系統からバスに乗車し、同じく「嵯峨釈迦堂前」で下車すると、清凉寺にアクセスできます。バスの乗車時間は通常の道路状況でで約40分です。 

清涼寺(嵯峨釈迦堂)へ電車でアクセスする場合

電車を利用する際のアクセス方法は、JR嵯峨野線で京都から6番目の嵯峨嵐山駅で下車します。そこから、約15分ほど歩くと清涼寺にアクセスできます。乗車時間は17分です。それに徒歩時間を足しても30分少しですから、歩くことをいとわず、時間に余裕があれば電車でのアクセスもおすすめです。

清涼寺(嵯峨釈迦堂)へ車でアクセスする場合の駐車場

最近は車にはカーナビが普及していますので、清涼寺へのアクセスはそれほど困難でなくなっています。それよりも、車の場合は駐車場で悩みます。

清涼寺には、敷地内に自家用車30台、バス5台が駐車できる駐車場があります。自家用車は1回800円の料金になります。ただし、観光地ですので満車になることも多く、その時は近隣の市営駐車場や、コインパーキングへの駐車になります。

清涼寺(嵯峨釈迦堂)の情報まとめ

清涼寺は、京都市右京区嵯峨にある浄土宗の寺院です。御本尊は釈迦如来です。参拝時間は、通常基本は、9時~16時です。4月、5月と10月、11月は9時~17時までになります。

拝観料は、一般:400円、中学生・高校生は300円、小学生は200円です。ご本尊の開扉は通例では、毎月8日の午前11時以降と4月、5月、10月、11月です。 

霊宝館特別公開は4月、5月、10月、11月で、本堂霊宝館共通券で入場できます。料金は一般が700円、中学生・高校生が500円、小学生が300円です。車で参拝される方用に、有料の駐車場があり、普通車800円/1日になります。

住所 京都府京都市右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町46
電話番号 075-861-0343

清凉寺(嵯峨釈迦堂)周辺の観光地

清涼寺がある嵯峨には、清涼寺以外にも寺院をメインに多くの観光名所があります。清涼寺を拝観後に立ち寄りをおすすめします。

そんな清凉寺周辺の観光名所からおすすめの4箇所を選りすぐり、紹介いたします。清涼寺参拝後に足を延ばしてぜひ立ち寄って欲しい観光スポットです。

清凉寺周辺のおすすめ観光スポット1:薬師寺

京都の薬師寺は、嵯峨天皇勅願の寺として嵯峨御所=大覚寺の保護を受け、薬師如来像をお祀りしています。

その歴史は、平安時代初期の弘仁9年(819年)、庶民に悪病が蔓延し、塗炭の苦しみに襲われていました。これを憂慮された嵯峨天皇は、弘法大師・空海に薬師如来像の彫刻を命じ、自らも般若心経を写経し、病魔の退散と招福をご祈念されました。

弘法大師は自ら薬師如来像を刻まれ、その仏像が、現在の薬師寺のご本尊である「心経秘鍵薬師如来像」です。

住所 京都府京都市右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町46
電話番号 075-861-2868

清凉寺周辺のおすすめ観光スポット2:宝筐院

宝筐院(ほうきょういん)は、嵯峨にある臨済宗の寺院です。山号は善入山(ぜんにゅうざん)、ご本尊は木造十一面千手観世音菩薩立像です。平安時代に白河天皇(1053年~1129年)の勅願寺として建てられました。室町幕府2代将軍・足利義詮と南朝の筆頭武将楠木正行(楠木正成の長男)の菩提寺といわれています。

宝筐院は美しい紅葉で知られ、マスコミにも再三登場しています。庭園の写真が嵯峨野観光用の写真に使われることもあります。清凉寺から約100メートルの距離になります。

住所 京都府京都市右京区嵯峨釈迦堂門前南中院町9
電話番号 075-861-0610

清凉寺周辺のおすすめ観光スポット3:大本山 大覚寺

旧嵯峨御所=大本山大覚寺は、弘法大師・空海が宗祖となる真言宗大覚寺派の本山です。嵯峨御所とも呼ばれます。

平安時代の初期に、嵯峨天皇が檀林皇后とご成婚され、新室である離宮を建立されましたが、それが、大覚寺の前身にあたる離宮嵯峨院です。

嵯峨院は、皇孫の恒寂入道親王を開山として貞観18年(876年)に大覚寺となっています。弘法大師・空海のすすめで嵯峨天皇が浄書された般若心経が勅封として所蔵されていて、般若心経写経の根本道場としても広く知られています。

明治時代初頭までは、代々天皇家もしくは皇統の方々が門跡(住職)を務められ、極めて格式が高い門跡寺院になっていました。

住所 京都府京都市右京区嵯峨大沢町4
電話番号 075-871-0071

清凉寺周辺のおすすめ観光スポット4:常寂光寺

常寂光寺(じょうじゃっこうじ)は、嵯峨にある日蓮宗の寺院です。山号は小倉山、百人一首でも詠まれる小倉山の中腹にあります。境内にはおおよそ200本の紅葉が植えられていて、紅葉の名所として知られ、秋は見事な紅葉に包まれます。

安土桃山時代の慶長元年(1596年)に、日蓮宗大本山本圀寺の十六世日禎(にっしん)が隠棲の地として開いています。常寂光寺は、素晴らしい最高の世界、常寂光土のような風情が見られることから、寺の名前が付けられたとされています。

住所 京都府京都市右京区嵯峨小倉山小倉町3
電話番号 075-861-0435

Thumb嵯峨野の人気観光スポット特集!名所やおすすめコースを紹介!
京都を代表する観光名所、嵯峨野。京都の嵐山を観光する人たちはたいていここ嵯峨野にも足を運びま...
Thumb嵯峨野『竹林の道』の料金やアクセス・駐車場は?ライトアップも人気!
京都の嵯峨野にある竹林の道は京都市内の観光コースになっている有名観光名所です。夜にはライトア...

清涼寺(嵯峨釈迦堂)近くのランチの名店

清涼寺にお参りの後でも、お参りする前でもよいのですが、せっかくの京都です。ランチも楽しめます。清涼寺周辺には美味しいランチの名店がたくさんあります。インターネットでも話題になっているお店もたくさんあります。そんな人気店からおすすめの3店を紹介します。

ランチにおすすめの名店1:うなぎ屋 廣川

「うなぎ屋廣川」さんは、半世紀以上続くうなぎの名店です。全席完全予約制が基本です。今や高級料理になった「うなぎ」、廣川さんのうなぎは、そのタレも抜群においしく、ご飯の炊き具合も良く、最高級クラスのうなぎになっています。おすすめのランチですが、少し豪華なランチになります。

住所 京都府京都市右京区嵯峨天龍寺北造路町44-1
電話番号 075-871-5226

ランチにおすすめの名店2:嵐山よしむら

「嵐山よしむら」さんは、蕎麦の名店です。客席は50席ほどありますが、それでも行列必至で2時間待ちになることもあるようです。

おすすめはやはり、「石臼挽き十割そば」です。蕎麦だけで食べてみると、本物の蕎麦の美味しさがわかります。行列ができるお店と納得させられる味です。

住所 京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町3
電話番号 075-863-5700

ランチにおすすめの名店3:カフェスタイルリゾート 嵯峨野湯

「嵯峨野湯」さんは、名前の通り、元は銭湯です。銭湯をカフェに改装した珍しいお店です。話題の人気店で、パスタもカレー美味しいお店です。かき氷も美味しいと評判です。

お店のおすすめは自家製のお豆腐です。豆腐本来の素朴なおいしさが味わえます。店内の至る所に銭湯の名残を楽しみながらランチは乙なものです。

住所 京都府京都市右京区嵯峨天龍寺今堀町4-3
電話番号 075-882-8985

Thumb京都『嵯峨野湯』おしゃれカフェのランチメニューは?アクセスも解説!
おしゃれなカフェとして有名な京都の嵯峨野湯は、おいしいランチやスイーツが食べられると評判の高...

清涼寺(嵯峨釈迦堂)へ出かけよう!

清涼寺には国宝もあり、重要文化財もあります。お守りも御朱印もあります。三門や梵鐘など見どころがたくさんあります。さらに、清涼寺周辺には美味しいグルメもたくさんあります。日本では珍しい釈迦如来像もあり、ご開帳時にはぜひお参りしましょう。見どころいっぱいの清涼寺へ出かけましょう!

関連記事

Noimage
この記事のライター
yuribayashi

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ