『ババヘラアイス』は秋田の名物露店!場所や時期は?値段はどこも同じ?

夏の時期に秋田県を訪れたら食べたくなるのが「ババヘラアイス」です。ババヘラアイスは地元の人にも人気の秋田のご当地グルメ。ババヘラアイスの歴史や気になる名前の由来、そしてババヘラアイスの販売場所や販売時期、値段などをご紹介します。

『ババヘラアイス』は秋田の名物露店!場所や時期は?値段はどこも同じ?のイメージ

目次

  1. 1秋田の夏と言えばババヘラアイス!
  2. 2秋田のババヘラアイスってどんなアイス?
  3. 3秋田のババヘラアイスの歴史
  4. 4秋田のババヘラアイスの名前の由来
  5. 5元気な秋田のババたち
  6. 6秋田のババヘラアイスの販売時期
  7. 7秋田のババヘラアイスの販売場所
  8. 8独特な形の秋田のババヘラアイス
  9. 9秋田のババヘラアイスの値段
  10. 10秋田のババヘラアイスの気になる味
  11. 11秋田の道の駅限定 ババヘラソフトも人気
  12. 12他にもある!秋田のババヘラ商品
  13. 13秋田でババヘラアイスを食べよう

秋田の夏と言えばババヘラアイス!

makik0135さんの投稿
23348070 1997310320552813 3451909127540834304 n

秋田県の夏の風物詩と言えば、言わずと知れた「ババヘラアイス」です。全国的に名前が有名な「ババヘラアイス」ですが、意外とその全貌を知らない人は多いのではないでしょうか。秋田の夏の時期に欠かせない人気の「ババヘラアイス」の、歴史や名前の由来、販売時期、値段、味など魅力をたっぷりとご紹介します。夏は秋田で是非「ババヘラアイス」を食べましょう。

Thumb秋田の名物グルメを一挙紹介!郷土料理はきりたんぽだけじゃない!
秋田県でおすすめの人気名物グルメを特集します。秋田県には景勝地や歴史的建造物など、観光地とし...

秋田のババヘラアイスってどんなアイス?

ババヘラアイスは、秋田県民や秋田を訪れる観光客に人気ご当地グルメです。夏の時期に秋田に行けば、県内の各地でピンクと黄色が印象なパラソルを見かけることがあるでしょう。そのパラソルは、ババヘラアイスを販売している場所なんです。パラソルの下では、ピンクと黄色のエプロンと帽子をかぶったおばちゃんが、ババヘラアイスを買いに来るお客さんをいつも待っています。

tkri0327さんの投稿
22793657 326783757795903 5570093908806860800 n

お客さんが買いに来るとおばちゃんたちは、銀色の保冷缶からアイスをすくってコーンに美しい花びらの形に盛り付けます。盛り付けているアイスはパラソルの色と同じピンクと黄色。このピンクと黄色の2色はババヘラアイスを象徴する色です。ババヘラアイスは子供たちをはじめとする地元で大人気で、夏の時期はババヘラアイスのパラソルの下に人が集まっている光景も珍しくありません。

秋田のババヘラアイスの歴史

mina1.20さんの投稿
26269795 1793270724026686 4434195446948167680 n

秋田県で始まったババヘラアイスの歴史は、1948年頃にさかのぼります。ババヘラアイスの発祥起源は諸説あるとされているのですが、アイスキャンディーを開業した会社が、なまものが悪くなる前に売る術を知っている魚屋さんに販売を委託したことに由来すると言われています。もともとは発泡スチロールにアイスを入れて販売していましたが、数年後は現在の保冷缶が使われるようになったそうです。

saaachimuuuさんの投稿
26324850 1481106238654571 1609831253815590912 n

ババヘラアイスの販売当初は、アイスの色が現在のようなピンクと黄色ではなく、白一色だったそうです。ピンクと黄色のババヘラアイスが誕生したのは1969年頃で、その当時からストロベリー味とバナナ味を継承しているとのこと。現在では、青や白といった異なるカラーのババヘラアイスも登場しており、ババヘラアイスはまた次のステップに進んでいるのかもしれません。

秋田のババヘラアイスの名前の由来

knkn_ridleyさんの投稿
24178060 146815579414634 3571663767919919104 n

「ババヘラアイス」という独特の名前の由来が気になっている人も多いでしょう。ババヘラアイスの名前の由来は、販売をしている女性たちにありました。ババヘラの「ババ」は秋田県の言葉で中年のおばちゃんのこと。つまり販売員をしているおばちゃんたちのことです。「ババ」が「ヘラ」を使ってアイスを盛り付けることから、「ババヘラアイス」と呼ばれるようになったのが名前の由来です。

元気な秋田のババたち

kanekobさんの投稿
25011015 1623098414414106 6151553178409107456 n

ババヘラアイスの名前の由来にもなった、販売員のおばちゃんたちは、平均年齢がなんと70歳以上とご高齢です。最年長のババには85歳の現役販売員もいるそうで、秋田のババ(おばちゃん)たちがとても元気なことがわかります。夏の人手不足の時期は、若い女性を雇って「ギャルヘラアイス」となったり、中年の男性を雇って「ジジヘラアイス」となったりすることがあるようです。

秋田のババヘラアイスの販売時期

junshiro.kobayashiさんの投稿
11187003 1017176048293441 1229586788 n

ババヘラアイスは夏が一番人気の時期となりますが、販売開始時期は3月中旬頃です。そして夏の時期が終わっても、11月上旬頃までは秋田県内でババヘラアイスを楽しむことができます。夏の秋田は蒸し暑くてババヘラアイスを食べるのにぴったりの時期ですが、春先や秋になってもババたちはパラソルの下でババヘラアイスを買いに来るお客さんを待ってくれています。

秋田のババヘラアイスの販売場所

ババヘラアイスの販売場所は、秋田県内ののどかな道路沿いや、ショッピングセンターの駐車場、お祭りや運動会などのイベント会場などです。かつてはババヘラアイスの販売場所は道路だけでしたが、現在の生活スタイルに合わせて人が集まりそうな場所で販売をされるようになりました。ババヘラアイスの販売員のおばちゃんたちは、朝に送迎車で販売場所に配置され、夕方に撤収します。

独特な形の秋田のババヘラアイス

eriinyan_3969さんの投稿
12918022 793082610793285 450497589 n

ババヘラアイスを食べたことがある人はわかると思いますが、最近のババヘラアイスは独特な形をしています。かつては保冷缶からアイスをヘラですくってイタリアンジェラートのように盛り付けていただけでしたが、10年ほど前から花びらの形に盛り付けるようになりました。これは秋田県内のババヘラアイスの会社がお客さんに喜んでもらえるように試行錯誤した結果なんだそうです。
 

現在のババヘラアイスは花びらの形に盛り付けてくれることが多いですが、花びらの形もババ(おばちゃん)たちの技術によって異なります。一番人気はバラの形をしたババヘラアイスで、「バラ盛り」と呼ばれています。「バラ盛り」はなかなか技術のいる盛り付けで、ババたちが受け継いでいる技術の結晶です。「チューリップ盛り」はかわいいチューリップの形をした盛り方で、子供に人気です。

秋田のババヘラアイスの値段

yumiko.w.k.mさんの投稿
22710867 1951216301769748 3491442957175750656 n

ババヘラアイスは、地元の子供にも人気の秋田のご当地グルメです。ババヘラアイスの値段はもちろん、子供でも手が届く値段で、150円から300円で販売されているようです。秋田県内にはババヘラアイスを提供する会社がいくつかありますので、値段は会社によって異なっています。お祭り会場などで人が大勢集まるかき入れどきは、ババヘラアイスの値段が上がる可能性があるようです。

秋田のババヘラアイスの気になる味

tanu.no.teさんの投稿
23734649 825210404324748 4463976251962425344 n

ババヘラアイスの味が気になっている人も多いでしょう。ババヘラアイスはパラソルと同じピンクと黄色のアイスで構成されています。ピンクと黄色はそれぞれ味が異なり、ピンクがストロベリー味と黄色がバナナ味になっています。ババヘラアイスの会社によっては黄色がバナナでなく、レモン味となっていることもあるようです。

ババヘラアイスはシャーベットのような食感で、シャリっとしてて意外と柔らかいです。とてもさっぱり食べられるので、蒸し暑い夏に恋しくなる味なのが人気の秘密です。ババヘラアイスは食べる時の天候や、ストロベリー味とバナナ味の配合によっても味が異なってくるので、何個かババヘラアイスを食べて、食べ比べてみるのも面白いです。

hirokoooooooooooooさんの投稿
24253833 399760403792541 491421276015951872 n

夏の時期にババヘラアイスを食べる場合は、ババ(おばちゃん)からババヘラアイスを受け取った後にすぐに溶けてしまうので、コツが入ります。ババがババヘラアイスを盛り付けてくれたら、サッとすぐに食べてしまうようにしましょう。もたもたしているとアイスが垂れてしまいます。

秋田の道の駅限定 ババヘラソフトも人気

ka0nyanchuさんの投稿
21827009 802795583225844 197040815934013440 n

ババヘラアイスは保冷缶からババ(おばちゃん)がヘラですくってくれるのが魅力のシャーベット状のアイスですが、そのアイデアを取り入れた新しい秋田のご当地グルメ「ババヘラ・ソフト」なるものが近年登場しています。この「ババヘラ・ソフト」は「道の駅 あきた港」の限定ソフトクリームで、他の場所では食べることができません。秋田でしか食べられないご当地グルメです。

「ババヘラ・ソフト」はババヘラアイスとは異なり、牛乳が入ったよりコクのあるソフトクリームです。ピンクがストロベリー味、黄色がバナナ味という基本の味はババヘラアイスと同じです。「ババヘラ・ソフト」の値段は300円で、ババヘラアイスとさほど相違ありません。さっぱりしたシャーベットよりも濃厚なソフトクリーム派の方は、「ババヘラ・ソフト」がおすすめです。

他にもある!秋田のババヘラ商品

nanabee_7さんの投稿
26350229 1626269184077256 9127040065048936448 n

どこにババヘラアイスの販売場所があるかわからない、ババヘラアイスの販売場所が見つけられない、という人でも安心してください。道の駅やスーパーマーケットでは、カップやコーンのババヘラアイスや、ババヘラアイスキャンディーを購入することができます。また、秋田まで行くことができない人向けには、通信販売でババヘラアイスを購入することもできます。

ババヘラアイスの味をお土産として友達に買っていきたい人には、ババヘラアイス味のお菓子がおすすめです。ババヘラアイス味のケーキやキャンディーなど、お土産に手軽なババヘラアイスのお菓子があります。ババヘラアイスは以前に製菓会社の「あなたが噛みたいガムの味」でノミネートされたことがあるそうで、その影響か現在はババヘラアイス味のガムも存在しています。

秋田でババヘラアイスを食べよう

nogunoguchanさんの投稿
20905716 1149951371803576 7305578167488479232 n

ババヘラアイスは、夏の秋田を象徴するグルメです。秋田県の幹線道路でピンクと黄色のパラソルの下、ババがヘラでアイスをすくう姿そのものが秋田の夏のシンボル。ババが美しく盛り付けてくれたババヘラアイスを食べれば、蒸し暑い夏もシャキッと爽やかに過ごせること間違いなしです。秋田で人気のババヘラアイスをぜひ食べてみましょう。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
akak123

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ