「牛かつ いろは」は行列必至の超人気店!おすすめのメニューや店舗は?

東京池袋にある「牛かつ いろは」は、非常に人気が高いお店です。行列になることもあり、たくさんの人に注目されています。ここでは、東京池袋にある「牛かつ いろは」を紹介します。おすすめの食べ方やメニュー、店舗情報などを紹介します。

 「牛かつ いろは」は行列必至の超人気店!おすすめのメニューや店舗は?のイメージ

目次

  1. 1東京池袋の人気店「牛かつ いろは」をご紹介!
  2. 2「牛かつ いろは」の食べ方
  3. 3「牛かつ いろは」のおすすめメニュー
  4. 4「牛かつ いろは」の混雑具合
  5. 5「牛かつ いろは」の口コミ
  6. 6「牛かつ いろは」の店舗情報とアクセス
  7. 7「牛かつ いろは」へ美味しい牛かつを食べに行こう!

東京池袋の人気店「牛かつ いろは」をご紹介!

東京池袋には美味しい牛かつを食べさせてくれる店舗があります。そのお店は「牛かつ いろは」といい、池袋でも人気の飲食店となっています。牛かつを専門で提供している店舗は、豚かつに比べたらまだまだ少ないです。少ないだけに貴重な店舗であると言えるでしょう。東京池袋を訪れたら「牛かつ いろは」にぜひ足を運んでください。

「牛かつ いろは」の食べ方

「牛かつ いろは」での食べ方をまず紹介します。牛かつは出されたら普通に食べたら良いのではと思う人はたくさんいるはずです。確かに提供された牛かつをそのまま食べても問題ありません。しかし、このお店ではより牛かつを美味しく食べてもらうために推奨している食べ方があります。豚かつのお店ではまず見られない食べ方です。

牛かつのことを知り尽くしたお店が推奨する食べ方なので、普通に食べるよりも美味しく牛かつが味わえるはずです。最初にこのお店を訪れた人は、テーブルの上にある物を見て、驚くはずです。豚かつと同じような感覚で訪れる人が多いからでしょう。

「牛かつ いろは」での食べ方を知ってもらい、美味しい牛かつの味を堪能してください。本物の牛かつとはいかに美味しいものかがわかってもらえるはずです。

レアで提供された牛カツを卓上の七輪でお好みで加熱

「牛かつ いろは」に行くと、カウンターの上に1人1つ七輪が乗っています。この七輪がどのような意味があるのか、すぐにわかってもらえるはずです。着席するとお店の人がすぐに火をつけてくれます。着席してすぐに火をつけたら、メニューが出てくるまでに火が消えてしまわないか、心配になる人もいるのではないでしょうか。

「牛かつ いろは」では、注文を最初に取ってくれるため、順番が来たら、すぐにメニューが出てきます。つまり、お店の人はメニューが出てくるタイミングを熟知しているため、混雑の時には待っている人が着席したタイミングで火がつけられます。

すんなりとお店の中に入れたら、すぐに火をつけることはありません。この場合も、メニューが出てくるタイミングで火をつけてくれます。最初に着席したらすぐに火をつけてくれると表現したのは、このお店が非常に人気が高く、開店直後からすぐに順番待ちの列ができるからです。火をつけてくれた七輪の上で牛かつをあぶって食べます。

最初はレアで提供されるため、断面が赤くなっています。牛肉なので、レアの状態で食べても全く問題ありません。レアの状態の牛かつをあぶって食べると、レアの時とは違った味わいができます。この七輪が「牛かつ いろは」の最大の特徴です。

1つの牛かつをいろいろな味わい方で楽しめるのが人気の理由の1つとなっています。好きな食べ方で牛かつを楽しみましょう。

2種類のタレあるいは山葵と一緒に食べるのがおすすめ!

「牛かつ いろは」では、牛かつを食べるために2種類のタレを用意しています。醤油ソースと山わさびソースの2種類があります。このお店の牛かつの衣には、もともと塩コショウで味付けされており、何もつけなくても美味しく食べられるようになっています。2種類のタレをうまく活用させることで、より美味しく食べることができます。

このお店のソースを入れる皿ですが、少し特徴があります。それは、牛かつをソースにつけやすいように、少し傾斜をつけていることです。平ぺったい皿だと、どうしてもソースがつけにくいという声があり、皿の傾斜にお店の心遣いを感じます。

2種類のタレをうまく活用させるのがおすすめですが、山葵をつけて食べるのもおすすめです。牛かつに山葵は非常に相性が良いため、山葵で牛かつを食べることも人気があります。山葵は醤油と合わさることにより、力を発揮するため、わさび醤油で食べるのもおすすめです。牛肉はわさび醤油で食べると非常に美味しく食べられます。

ソースのおかわりは自由になっているため、ソースが少なくなってきたら、どんどんおかわりしてください。美味しいソースなので、たっぷりつけたくなるでしょう。おかわりができるので、残りのソースの量を気にしなくても良いのがうれしいです。

2種類のソースと山葵をうまく組み合わせて、牛かつの味を堪能してください。牛かつを知り尽くしたお店のソースの味は格別です。

「牛かつ いろは」のおすすめメニュー

東京池袋の「牛かつ いろは」のおすすめメニューを紹介します。このお店を訪れる際に、どのようなメニューがあるのかを事前に知っておけば、お店に行きやすくなるはずです。「牛かつ いろは」のメニューは牛かつをメインにしたものしか置いてありません。牛かつ専門店ならではのメニューということができるでしょう。

メニューの数が絞られているのは、お客さんにとっては選びやすくなるので、非常に良いことです。「牛かつ いろは」のおすすめメニューを知ってもらい、事前にメニューを決めておくと、当日楽になります。

ここで紹介するおすすめメニューを「牛かつ いろは」に行く時に役立ててください。素晴らしい内容のメニューばかりです。

おすすめメニュー(1) 牛カツ麦飯明太子セット (1,400円)

牛カツ麦飯明太子セットは1400円で提供されています。このお店の特徴は、普通の白米ではなく、麦飯を出しているところです。見た目は普通の白米のように見えるかもしれませんが、しっかり麦飯になっています。麦飯は健康に良いため、むしろたくさん食べてもらいたいです。この麦飯はとても美味しいため、おかわりする人もたくさんいます。

「牛かつ いろは」では、ご飯のおかわりは1杯までは無料となっています。このセットには、牛かつと麦飯の他に、キャベツと味噌汁がついてきますが、キャベツと味噌汁は100円でおかわりをすることができます。

そして、このセットのポイントは明太子がついていることです。明太子がついてくることで、麦飯がさらに進むこと間違いなしです。明太子が必要ない人は無しにすることもできます。明太子を無しにした場合はマイナス100円になります。明太子は牛かつの口直しにもできますし、ご飯のお供として大活躍するので、ぜひ明太子も味わってください。

とても品数が多く、おかわりもできるため、非常に充実した内容で人気のメニューになっています。牛かつと麦飯の美味しさをしっかりと堪能しましょう。

おすすめメニュー(2) 牛カツ麦飯とろろ明太子セット (1,500円)

牛カツ麦飯とろろ明太子セットは1500円で提供されています。このメニューは、前述したメニューにとろろが加わりました。とろろが加わったことで100円増しになっています。とろろは麦飯との相性が抜群です。とろろが加わることで、かなりボリューム感が増します。とろろ麦飯と牛肉の味わいといえば、仙台名物の牛たんが思い浮かびます。

仙台で牛たん定食を注文すると、麦飯が出てきます。とろろをかけることも多いです。牛たんととろろ麦飯の相性は最高なので、牛かつととろろ麦飯の相性も同じように最高と言えます。とろろ麦飯単体で味わってもかなり美味しく食べられるでしょう。

とろろ麦飯に明太子が加わったら、ご飯がどれだけあっても足りないくらいでしょう。牛カツ麦飯明太子セットに100円プラスするだけで、とろろが加わるならば、ぜひおすすめしたいメニューです。たくさん食べられない人は、牛カツ麦飯とろろ明太子セットの肉を少なめを注文することをおすすめします。

「牛かつ いろは」では、通常の肉の量と肉少なめを選ぶことができます。肉少なめは女性に人気で、充実の内容のメニューを最後まで美味しく食べるためには、あえて肉を少なくするのも選択肢になります。

「牛かつ いろは」の混雑具合

「牛かつ いろは」の混雑具合を知っておきましょう。このお店が最もピークを迎える時間帯はランチタイムです。東京池袋にはたくさんの飲食店があり、ランチタイムにはほどんどのお店が満席になります。「牛かつ いろは」でもランチタイムになると、かなりの混雑になります。開店前から開店待ちの列ができるくらいになっています。

開店してから並んでいた人たちがお店に入り、店内はすぐに満席になってしまいます。開店してすぐの時間に訪れた人が、すでに待ち時間ができていることに驚いている姿も見られます。この混雑はランチタイムが終わるまで続きます。

ランチタイムが過ぎた頃には、混雑はいったん落ち着きます。そして、ディナータイムになると、再び混雑してきます。ランチタイムほど一気に混みあうことはありませんが、よく混雑しています。東京池袋周辺で働いているビジネスマンなどが、夕食を食べに訪れます。仕事が終わる時間がバラバラなので、一気に混雑しないのでしょう。

閉店間際まで人が多い状態が続きます。もちろん曜日によって、混雑具合は異なっています。「牛かつ いろは」を訪れる場合は、基本的に混雑していると思って足を運ぶ方が良いでしょう。多少の待ち時間があることを考慮して行きましょう。

「牛かつ いろは」の混雑具合を見て、いかに人気店であるかがわかってもらえるでしょう。待ち時間があっても、行く価値があるお店です。

「牛かつ いろは」の口コミ

「牛かつ いろは」を訪れた人の口コミを紹介します。ある女性からの口コミです。牛かつが最近はやっていることを知り、東京池袋を歩いていて見つけました。1人で入りやすそうなお店だったので、すぐに入りました。提供がかなり早かったことに驚きました。食べるとすぐに溶けるので、食べた感じがあまりしないと思いましたが満腹になりました。

豚かつをたくさん食べると、胃もたれしてしまう体質ですが、牛かつなので胃にも優しかったです。コスパが悪いように最初は思いましたが、値段の割に内容が充実していたので、非常に満足しました。女性向けの味で、男性向けの量だと感じました。

ある男性からの口コミです。食通の友人から強く勧められて行きました。友人からは、かなりの人気店だから並ぶことは覚悟するようにと言われていました。そこまで言われていたので、時間に余裕を持って行きました。運よく並ぶことなく入ることができました。お店に入ったら、入口でオーダーを聞かれ、席に着くとすぐに出てきました。

あまりの早さに、作り置きのものを出しているのではないかと疑ったほどです。テーブルの上に七輪があることは聞いていたので、あぶって食べることは知っていました。ただ、友人からはレアで食べるのが美味しいと聞いていたので、最初はレアで食べました。

レアで食べると、こんなに美味しいのかと感動しました。もちろん、あぶって食べても違った美味しさが楽しめ最高でした。最高のお店を紹介してもらえました。

「牛かつ いろは」の店舗情報とアクセス

東京池袋「牛かつ いろは」の店舗情報とアクセス方法を紹介します。「牛かつ いろは」のおすすめの食べ方やメニューなどについて紹介してきましたが、店舗情報やアクセス情報がわからなければ、お店に行くことができません。アクセス方法では、電車でのアクセス方法と車でのアクセス方法を紹介します。また駐車場情報も紹介します。

店舗情報

東京池袋にある「牛かつ いろは」の店舗情報を紹介します。お店の定休日は基本的に年中無休です。営業時間は11時から23時(ラストオーダーは22時)までとなっています。店舗内の席数は全部で18席になっています。18席ある店舗内はすぐに満席になってしまいます。美味しい牛かつを提供するためには、これくらいの席数が良いのでしょう。

電車でのアクセス

「牛かつ いろは」への電車でのアクセス方法です。お店への最寄りの駅は、JR池袋駅・東武池袋線の池袋駅・東京メトロ丸ノ内線の池袋駅です。最も近いのは東京メトロ丸ノ内線の池袋駅の29番出口から徒歩1分くらいで行けます。JR池袋駅・東武池袋駅からも徒歩3分くらいで行けるので、どの路線を利用しても問題ありません。

池袋駅は山手線内にある駅なので、地元の人をはじめとして、多くの観光客も利用します。また、東武鉄道池袋線は埼玉県からのアクセスがしやすいので、埼玉県から来る人は東武鉄道が便利かもしれません。

車でのアクセスと駐車場

「牛かつ いろは」への車でのアクセス方法です。お店への最寄りのインターは、首都高速5号池袋線の東池袋インターです。東池袋インターからだと5分くらいでアクセスできます。「牛かつ いろは」には駐車場がないため、周辺にあるコインパーキングを使用してください。

「牛かつ いろは」へ美味しい牛かつを食べに行こう!

東京池袋にある「牛かつ いろは」について紹介してきましたが、行ってみたいと思ってもらえたら幸いです。非常に美味しい牛かつをいろいろな味わい方で楽しめるのが、人気の理由と言えます。レアで食べても、あぶって食べてもどちらもおすすめです。素晴らしい牛かつの味をしっかりと堪能してもらい、牛かつの美味しさを知ってもらいたいです。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
ベロニカ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ