京都・nikiniki(ニキニキ)の店舗やメニューは?八ツ橋が進化した!

京都の有名なお土産の一つに「八ツ橋」があります。その「八ツ橋」が進化した店舗が「nikiniki(ニキニキ)」です。大変可愛らしいと評判で、インスタ映えもばっちりです。京都の新しいお土産店舗「nikiniki(ニキニキ)」について、情報をピックアップしました。

京都・nikiniki(ニキニキ)の店舗やメニューは?八ツ橋が進化した!のイメージ

目次

  1. 1京都のnikiniki(ニキニキ)を堪能しよう!
  2. 2進化した「八ツ橋」を提供する京都のnikiniki(ニキニキ)をご紹介
  3. 3京都のnikiniki(ニキニキ)ってどんなお店?
  4. 4京都のnikiniki(ニキニキ)のおすすめメニュー
  5. 5京都のnikiniki(ニキニキ)の予約と通販
  6. 6京都のnikiniki(ニキニキ)の店舗情報とアクセス
  7. 7nikiniki(ニキニキ)とあわせて出かけよう:八坂神社
  8. 8京都の人気の八ツ橋のnikiniki(ニキニキ)へ行ってみよう!

京都のnikiniki(ニキニキ)を堪能しよう!

京都で人気のお土産の一つが「八ツ橋」です。その定番の「八ツ橋」がパワーアップしたのが「nikiniki(ニキニキ)」の商品です。可愛らしくて、一味違ったお土産となること間違いなしです。京都の新しいお土産の一つ「nikiniki(ニキニキ)」について、購入できる店舗や営業時間、アクセスなどの観光情報とあわせて紹介します。

進化した「八ツ橋」を提供する京都のnikiniki(ニキニキ)をご紹介

京都で大変人気のあるお土産の一つが「八ツ橋」です。その「八ツ橋」を作っている「聖護院八ッ橋総本店」が新しい店舗を始めました。それが「nikiniki(ニキニキ)」です。

「八ツ橋」が進化したものであり、味はもちろん、見た目が大変可愛らしいということで口コミなどで話題となり、人気急上昇中です。

京都で評判となっている「nikiniki(ニキニキ)」について、紹介します。是非、今度京都に行った時に訪れてみることをおすすめします。

京都のnikiniki(ニキニキ)ってどんなお店?

「nikiniki(ニキニキ)」は、「八ツ橋」でよく知られている「聖護院八ッ橋総本店」が作った新しい店舗です。

「八ツ橋」の仲間ですが、ポップで可愛らしく、季節によって異なる種類を楽しめると女性を中心として大変評判です。

人気の『聖護院八ッ橋総本店』から生まれたお店

「八ツ橋」で有名な「聖護院八ッ橋総本店」は、江戸時代である元禄2年(1689年)に、黒谷にある金戒光明寺にある常光院(八はしでら)に眠っている、箏の名手や作曲家としても有名な八橋検校の墓参りに訪れる人たちの為に「八ツ橋」を作ったことが始まりであると言われています。

「八ツ橋」は、地元の人を中心に大変愛され、ずっと大切にされてきて、今では京都のお土産に欠かせない存在となりました。

その「聖護院八ッ橋総本店」が平成23年(2011年)に新ブランドとして作ったのが「nikiniki(ニキニキ)」です。

「聖護院八ッ橋総本店」の伝統の味と製法を若い世代の人々に開き・伝えて行こうという考えから作られたブランドです。

若い世代の人々が気軽に・手軽に食べることができる「八ツ橋」を目指し、さまざまなアレンジや工夫を重ね、話題のインスタ映えもする大変可愛らしい・美しい「八ツ橋」が出来上がりました。

ニュータイプの八ツ橋を提供

「nikiniki(ニキニキ)」では、新しいタイプの「八ツ橋」を提供している店舗として口コミやSNSなどを中心に大変話題となっています。

季節や時期イベントなどに応じた四季を感じられるデザインのものや、カラフルで可愛らしさ満点のものがたくさんあり、どれも写真に撮りたくなるものばかりです。

また、自分で作ることができる「八ツ橋」もあり、好きな形で好きなトッピングを乗せて楽しみながら味わうことができます。

今までにない、新しいスタイルの「八ツ橋」です。味はもちろん抜群です。五感でたっぷり楽しむことができる「八ツ橋」となっています。

自分へのご褒美にしても、大切な人へのプレゼントや、実家などへの帰省の時のお土産にしてもおすすめです。

京都のnikiniki(ニキニキ)のおすすめメニュー

「nikiniki(ニキニキ)」にはさまざまな種類のメニューがあり、気分や季節、プレゼントをする相手によって、自由にチョイスして購入することができます。

「nikiniki(ニキニキ)」にある豊富なメニューの中から特におすすめの3種類を紹介します。それぞれの雰囲気を堪能してみてください。

おすすめメニュー(1) カレ ド カネール

「nikiniki(ニキニキ)」のおすすめメニューの一つ目は「カレ ド カネール」です。「カレ ド カネール」は、本店のイートインスペースで食べることができます。

人気のメニューの「カレ ド カネール」は、大変カラフルで可愛らしいかきつばたのような花の形をしています。写真に撮っても映えること間違いなしです。

生地はピンク色のロゼ・青色のアズール・白色のシナモン・緑色の抹茶・黒色のセサミの5種類からチョイスすることができます。

中に入っているのはつぶあんの他にもシトロン(レモン餡)やリンゴのコンフィ、カスタードなどをはじめ、季節によっていちごやゆず、アプリコットなど豊富な種類があります。常に6種類から8種類ほどは並んでいます。

さまざまな組み合わせができ、女子旅などでわいわいと賑やかに食べ比べをしてみると楽しいでしょう。わくわくしながら選ぶことができます。

中に入る餡・コンフィなどの種類の組み合わせによって値段は変動しますが、1個80円から150円と大変リーズナブルな値段で味わうことができるので、若い世代の人々にぴったりです。京都観光の途中に足を休めに寄ってみることをおすすめします。

「カレ ド カネール」には持ち帰り用メニューもあります。持ち帰り用メニューの「カレ ド カネール」は、自分達で手造りをして食べることができるようになっています。

持ち帰り用メニューの「カレ ド カネール」には、皮や餡・コンフィなどのほかに、トッピング用としてシナモンシュガーがついています。

作り方は、直径が約5センチほどの小さなおちょこのような入れ物の上に生地を敷き、真ん中を軽く押さえて、その中に餡やコンフィやトッピングなどを乗せていきます。そして、全部乗せ終わったら、生地4辺のふちのところをつまみ、少し下のところを指で入れ物の中へ落とし入れればできあがりです。

小さな子どもと一緒に作ることもできるので、ファミリーや3世代でのお菓子作りにもおすすめです。生地をかたぬきでさまざまな形に抜いたりして、それぞれの楽しみ方のアレンジもできます。

ただし、持ち帰り用メニューの「カレ ド カネール」も、賞味期限が当日中となっているので注意が必要です。できるだけ早めに食べることをおすすめします。

おすすめメニュー(2) 季節の生菓子

「nikiniki(ニキニキ)」のおすすめメニューの二つ目は「季節の生菓子」です。春・夏・秋・冬と四季の風情を感じることができるメニューとなっていて、老若男女幅広い年代の人に好まれています。

春には桜を中心として華やかな雰囲気の種類の生菓子が、夏にはひまわりやスイカなどの季節を感じられるものやブルーの色で涼やかさを感じることができる生菓子が並びます。

秋には京都に名所がたくさんある紅葉やお月見のうさぎ・ハロウィンなどの生菓子が、冬にはクリスマスを感じることができる心がほっこりするものや、雪だるま、お正月のアイテムなどの生菓子があります。

季節を変えて何度も行って楽しんでみると良いでしょう。インスタ映えもばっちりの商品が豊富で、大変人気のメニューです。

おすすめメニュー(3) バル

「nikiniki(ニキニキ)」のおすすめメニューの三つ目は「バル」です。5つの色がそれぞれ異なる一口サイズのマカロンのように可愛らしい上用饅頭が入っています。

味はシナモン・バニラ・レモン・・黒糖・クルミとなっていて、他の上用饅頭とは一味違った雰囲気の饅頭であり、手土産などに特におすすめです。

5つそれぞれの饅頭の上には「n」「i」「k」「k」「i」の焼き印が押してあり、5つ全部揃えると八ツ橋のエッセンスの一つである「nikki(ニッキ)」の文字が揃います。

5つの饅頭が1箱に入っていて1188円となっています。新しいニュー上用饅頭を是非堪能してみてください。

京都のnikiniki(ニキニキ)の予約と通販

「nikiniki(ニキニキ)」では基本的には予約販売を行っていません。ただし、当日の朝に店舗で注文をし支払いも済ませて取り置きをしてもらっておいて、観光に行き、その帰りに店舗へ受け取りに行くことはできます。

ただし、キャンセルや返金などはできないので注意が必要です。先に注文しておくと観光中に持ち歩くことがなく、らくらく観光をすることができます。帰りに必ず受け取りに行くのを忘れないようにしましょう。

「nikiniki(ニキニキ)」の商品は大変人気のため、午後の遅い時間に行くと売り切れとなっていることもあります。できるだけ早い時間の商品がたくさんある時に行き、注文と支払いを済ませておくとお気に入りの逸品を手にできる機会が増えるでしょう。

通販は焼き菓子のみ

「nikiniki(ニキニキ)」のもとである「聖護院八ッ橋総本店」では通信販売を行っていますが、「nikiniki(ニキニキ)」の生菓子の商品は、店頭でのみ購入できる商品となっています。

京都に行った時には、是非「nikiniki(ニキニキ)」へ行き、その可愛さや美味しさを堪能してみてください。

「nikiniki(ニキニキ)」の商品の中でも焼き菓子などの日持ちがする商品については、店舗や電話で購入することはできます。支払い方法は代引きとなり、送料などが必要となります。詳しいことは店舗や電話で尋ねてみることをおすすめします。

受注生産の八ツ橋は予約のみ

また、「nikiniki(ニキニキ)」では、クリスマス・お正月など大きなイベントの時の10個入りの創作八ツ橋などのスペシャル仕様のものは完全受注生産となるものもあります。

完全受注生産の商品を購入したい場合は、受け取りをしたい日の3日前までに店舗での注文と支払いをすませておく必要があります。

完全受注生産の商品を購入することを決めた場合は、できるだけ早めに予約をしておくことをおすすめします。

京都のnikiniki(ニキニキ)の店舗情報とアクセス

京都の「nikiniki(ニキニキ)」の店舗は2つあります。本店と京都駅前店です。どちらの店舗もアクセスしやすい場所にあるので、自分のスケジュールにあわせて都合の良いほうを選ぶと良いです。

京都の「nikiniki(ニキニキ)」の店舗の事前に知っておくと良い店舗情報やアクセス情報などを紹介します。

nikiniki(ニキニキ)の店舗情報

京都の「nikiniki(ニキニキ)」の本店舗は、京都府の京都市・下京区四条通にあります。営業時間は、11時から19時までで、基本的には年中無休で営業しています。

商店街の一角にあり、白を基調とした大変可愛らしい店舗となっています。開放感抜群で、おしゃれで、誰もが入店しやすい雰囲気の店舗です。

nikiniki(ニキニキ)へのアクセス

「nikiniki(ニキニキ)」の本店舗に電車を利用してアクセスする場合は、阪急の「河原町駅」で降りて5番出口を出ると約157メートルでアクセスすることができます。

車を利用してアクセスする場合は名神高速道路の「京都南インターチェンジ」または「京都東インターチェンジ」などを降りるとアクセスすることができます。店舗専用の駐車場はないので、周辺のコインパーキングを上手に利用しましょう。

「タイムズ四条大橋第3」は約34台分の駐車場があります。24時間年中無休で営業なので、いつでも入庫・出庫をすることができます。料金は、全日0時から24時までが20分300円となっています。最大料金は入庫後6時間までが1500円です。支払いには現金の他にクレジットカードやタイムズチケット、タイムズビジネスカードなどが利用できます。

nikiniki(ニキニキ)京都駅店の店舗情報

「nikiniki(ニキニキ)」の京都駅店舗は、新幹線などの総合駅である「京都駅」の八条口にある「アスティ京都」の1階にあります。営業時間は、9時から20時までで、基本的には年中無休で営業しています。

「京都駅」の駅ビルにあるので、電車の乗り換え時間や、観光帰りなどにちょっと寄ることができる大変らくらくな場所にあるので、是非行ってみることをおすすめします。

nikiniki(ニキニキ)京都駅店へのアクセス

「nikiniki(ニキニキ)」の京都駅店へアクセスするには、JRの「京都駅」から約100メートルの場所にあります。「アスティ京都」の1階のアスティロードの中の「京都おもてなし小路」の一角にあります。

「京都駅ビル西第2駐車場」は約1093台分の駐車場があります。24時間年中無休で営業しています。料金は、全日6時から24時まで60分600円で、60分以降は30分300円となります。24時から翌朝6時までは60分200円となっています。最大料金は、平日のみ入庫後24時までが3000円となっています。電子マネーやクレジットカードも利用できます。

nikiniki(ニキニキ)とあわせて出かけよう:八坂神社

「八坂神社」は、京都府の京都市・東山区にある神社です。入り口にある朱色の門が特徴的であり、地元の人から「祇園さん」とも呼ばれて愛されている大変歴史のある神社です。

7月に行われる祇園祭の神社として大変有名です。ご祭神として素戔嗚尊(すさのをのみこと)、櫛稲田姫命(くしいなだひめのみこと)、八柱御子神(やはしらのみこがみ)などが祀られています。厄除けや疫病退散をはじめ多くのご利益が頂けるパワースポットとして評判です。御朱印を頂くこともできます。

「八坂神社」にアクセスするには、京阪電車の「祇園四条駅」で降りると徒歩約5分、またはJRの「京都駅」からバスに乗り換えると「祇園バス停」で降りるとアクセスすることができます。車の場合は、名神高速道路の「京都南インターチェンジ」または「京都東インターチェンジ」などを降りるとアクセスすることができます。

いつでも自由に参拝に行くことができる神社ですが、節度を持って行動することが大切です。「八坂神社」に行ったらまず初めに本殿に心を込めて手を合わせましょう。

Thumb京都『八坂神社』観光の見どころは?人気のお守りやアクセスも解説!
京都・八坂神社は東山の祇園に位置する勇名な観光スポットです。長い歴史を持つ神社で「祇園さん」...
Thumb京都・八坂神社のご利益は?縁結びの人気強力パワースポット!
八坂神社は、様々なご利益を授かれる京都の人気神社です。特に縁結びに関しては強い力を持っており...

京都の人気の八ツ橋のnikiniki(ニキニキ)へ行ってみよう!

京都で人気の八つ橋の新しい進化系バージョン「nikiniki(ニキニキ)」が大変話題となっています。可愛らしさ満載で、おしゃれさも抜群と評判です。是非京都に行ったら「nikiniki(ニキニキ)」に行ってお気に入りの逸品をチョイスしてみることをおすすめします。季節を変えて訪れたくなること間違いなしです。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
mina-a

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ