ヨーロッパ旅行の費用平均相場を解説!安い時期や楽しむコツまであり!

ヨーロッパ旅行と聞くと費用が高いというイメージですが実際にはどうなのでしょうか?ヨーロッパ旅行に行ってみたいけれどもどのくらいの費用がかかるかわからないという方のために費用の平均相場や安い時期などについてご紹介しましょう。

ヨーロッパ旅行の費用平均相場を解説!安い時期や楽しむコツまであり!のイメージ

目次

  1. 1ヨーロッパ旅行にかかる費用を詳しく調査
  2. 2ヨーロッパ旅行の費用平均はどれくらい?
  3. 3ヨーロッパの物価
  4. 4ヨーロッパ旅行で最低限かかる費用
  5. 5ヨーロッパ旅行の費用が安い時期は?
  6. 6ヨーロッパ旅行の最短旅行期間はどれくらい?
  7. 7ヨーロッパ旅行1週間の料金目安は?
  8. 8ヨーロッパで安く旅行が出来る国は?
  9. 9費用を抑えてヨーロッパ旅行を楽しもう

ヨーロッパ旅行にかかる費用を詳しく調査

ヨーロッパ旅行に行ってみたいけれども気になるのが旅行費用です。ヨーロッパに旅行したい場合には宿泊費用や航空券、現地での滞在費など色々な費用がかかりますが、だいたいいくらくらいの平均相場なのでしょうか?これからヨーロッパ旅行に行ってみたいという方のために旅行費用の平均相場や安い時期などをご案内しましょう。

ヨーロッパ旅行の費用平均はどれくらい?

ヨーロッパ旅行の費用平均はいったいどれくらいかかるのでしょうか?旅行のスケジュールを立てる際に、だいたいの平均費用の相場が分かっているとスケジュールも立てやすくなります。ヨーロッパ旅行に行く際にはどのくらいの費用が必要なのかをご紹介しましょう。これからヨーロッパ旅行に行かれるご予定の方はご参考にしてください。

ヨーロッパ旅行にかかる費用

ヨーロッパ旅行にかかる費用はどういった旅行形態で行かれるか、行かれる時期やどのくらいの期間滞在するかによっても旅行費用は違います。また、現地での食費やアクティビティ費用などはヨーロッパの物価によっても変わってきます。

旅行費用としては宿泊費と航空券代がかかります。さらに、ヨーロッパでの滞在費用は交通費や食事代以外に、観光スポットへの入場料、お土産代、アクティビティに参加される方はその参加料などがかかってきます。

簡単に費用を抑えるならパッケージツアーがおすすめ

ヨーロッパ旅行に行くにはパッケージツアーと個人手配で行かれる方法がありますが、安い費用で行きたいということであればパッケージツアーで行かれるのがおすすめです。個人手配で行かれる場合には航空券と宿泊のホテルを別に手配する必要があります。

一方、パッケージツアーで行かれる場合には自分で航空券やホテルを手配する必要がありませんので、手軽に申し込むことができます。ヨーロッパ旅行に慣れていないという方にはパッケージツアーがおすすめです。

パッケージツアーでは航空券とホテルのみのプランもありますので、7万円からという安いお値段からありますし、フリープランなので現地でも自由に行動することができます。ヨーロッパ旅行に不慣れな方には添乗員同行のパッケージツアーもありますので、是非おすすめします。

添乗員同行のパッケージツアーであれば出発から帰国までサポートしてくれて、安心です。ヨーロッパ観光では入場料がいる観光スポットも多いので、チケットの購入をしてくれたり、現地ガイドをしてくれるのでとても助かります。

添乗員同行のパッケージツアーはフリープランや個人手配に比べると高いのですが、時期的に安いものもありますので安い時期を狙って申し込まれるのもおすすめです。

ヨーロッパの物価

ヨーロッパの物価はどのくらいなのでしょうか?ヨーロッパの人気都市は物価た高いです。観光客向けの物価になっていますので、レストランやアクティビティのお値段はとても高いです。

ヨーロッパの通過はユーロが流通していますが、1ユーロは約126円くらいです。イギリスではポンドが流通しています。ポンドは1ポンド約141円くらいです。物価はヨーロッパ旅行の費用にもかかわってきます。

人気都市の物価をご紹介しましょう。まず、コーヒーの物価ですが、パリやローマでは約315円、ロンドンでは約420円です。地下鉄の物価はパリやロンドンでは約240円、ローマでは約126円です。国によってはミネラルウォーターよりも名産であるお酒の方が安い場合もありますので、是非チェックしてみて下さい。

ヨーロッパの全ての国で物価が高いわけではありません。中欧、東欧、旧ソ連圏は日本よりも平均物価が安い国もあります。航空券代金が同じでもこのように平均物価が安い国を選ぶと現地での滞在費が節約できる場合があります。

独自通貨が流通している国は平均物価も安いので、平均物価が安い国を選択されるのもヨーロッパ旅行の計画を立てられる際に考慮してみるのもおすすめです。

ヨーロッパ旅行で最低限かかる費用

ヨーロッパ旅行に行かれる際に最低限かかる費用についてご紹介しましょう。ヨーロッパ旅行の期間は最短でも5日間は必要です。じっくりと1つの国に滞在したり、何カ国か周遊されるのなら1週間くらいの旅行期間は必要でしょう。それをもとにどのくらいの費用がかかるのかをご紹介しましょう。

必要な費用(1)航空券の代金

ヨーロッパ旅行に必要な費用として航空券代金があります。旅行費用の中で最も大きい費用と言えば航空券代金です。ヨーロッパや中東で乗り継ぐ便を利用されるのが安いのですが、航空券代はだいだい往復7万円からとなります。

直行便は乗り継ぎ便よりも高いのですが、成田、羽田、関西国際空港から出ているので大変便利です。直行便の場合は10万円からとなっています。行きたい国の直行便を利用されると国内線の費用が含まれたりとお得な場合もあります。

ヨーロッパの国内で移動を考えられている場合には、このような直行便を利用されると安いお値段で航空券を購入することができます。直行便は割高に見えますが、このようにヨーロッパの国内線も利用される場合には安い場合もありますのでご注意ください。

必要な費用(2)宿泊代

ヨーロッパ旅行に必要な費用として宿泊代があります。宿泊先は人それぞれ違いますのでお選びいただくホテルによって変わってきます。大きな駅や有名な観光スポットの周辺のホテルはお値段が高めになっています。

豪華でリッチなヨーロッパ旅行にしたい場合には5つ星ホテルを選んだり、スーペリアやデラックスクラスのホテルを選びましょう。スーペリアクラスのホテルはだいたい25000円から、デラックスクラスのホテルはだいたい35000円からとなります。

とにかく安いお値段で泊まりたいという節約旅行の方には民宿、ユースホステル、ドミトリーなどもおすすめです。スタンダードクラスのホテルの場合にはだいたい15000円からとなります。

ヨーロッパのホテルの平均相場は日本とあまり変わりません。平日のビジネスホテルは5000円くらいからで、週末や繁忙期になると10000円くらいからになります。マンションの1フロアをホテルとして利用している場合にはお値段も3割ほど安いのでおすすめです。

ヨーロッパではユースホステルもたくさんあります。ユースホステルのドミトリーは大部屋に色々な旅人が泊まるというスタイルで、運次第で他に誰もいなければ自分だけで利用することができます。

色々な国の旅人と会話を楽しむことができるので、それを楽しみに旅行される方もいます。お互いに観光地の見どころやアクセス方法などの情報交換の場としても便利です。ドミトリーはだいたい1日15ユーロから20ユーロという安いお値段で宿泊することができます。

必要な費用(3)食費

ヨーロッパ旅行に必要な費用として食費があります。ヨーロッパの3つ星ホテルに宿泊した場合には、だいたい朝食が付いている場合が多いので、朝食代はかかりません。昼食代と夕食代はどのようなお店で食事をされるかによって変わってきます。

ヨーロッパ旅行の醍醐味と言えば食事も1つなので、レストランでの食費も旅行費用としては比重が高いです。ヨーロッパでのレストランの平均相場は1食あたり20ユーロくらいはかかります。ドリンク代もかかりますので食費は高めです。

フランスのレストランは特に高くて、平均相場は一人40ユーロくらいかかってしまいます。ランチの平均相場は8ユーロくらいで、マックなどのファーストフード店でも5ユーロから6ユーロくらいします。ヨーロッパでは食費が結構かかります。

レストランでディナーを食べるなら、最低15ユーロはかかります。豪華に食事を楽しもうと思うともっと費用はかさみます。一方、スペインはバルスタイルが定番となっていますので、安いお値段で食事を楽しむことができます。

ヨーロッパで食費を浮かしたいのなら、サンドイッチやフルーツを買うと3ユーロから5ユーロくらいで抑えることができるのでたまには良いかもしれません。ヨーロッパは飲み物代もかかりますのでご注意ください。コーラは0.5ユーロから1ユーロくらいかかります。

ギリシャ、ポーランドはお水が無料なのが嬉しいです。フランスではコーラよりもスパークリングワインのほうが安い面白い国です。お酒好きな方は是非フランスで堪能してください。

必要な費用(4)バスなどの移動代

ヨーロッパ旅行に必要な費用としてバスなどの移動代があります。ヨーロッパの観光地は主要都市から遠い場合もありますので、バスなどの移動代がかかってきます。ヨーロッパは鉄道網が発達しているので、鉄道を利用されるのもおすすめです。

鉄道を利用される際には鉄道パスが安いのでおすすめです。または早割という割引もあります。ユーレイルパスはパスの代金以外に、市電、地下鉄、寝台車、バス、予約料が別途かかってきます。

市電、地下鉄、バスは1回につき1ユーロくらいかかります。予約料は国によって違いますが、平均相場は15ユーロくらいです。現地のオプショナルツアーに参加される方はその参加費用もかかります。

ヨーロッパは鉄道や長距離バスで移動するのが便利な国が多いので、複数の都市を周遊される方も多いです。予算を考えて是非色々なところを周遊して観光を楽しんでみて下さい。

必要な費用(5)保険料

ヨーロッパ旅行に必要な費用として保険料があります。海外旅行保険は是非事前に加入しましょう。出発する空港でも海外旅行保険に加入することはできるのですが、自宅を出発される前に加入されることをおすすめします。

自宅を出発する前に加入されておくと、様々な保証がついていたり、手荷物が紛失した場合や出発空港まで行く時に事故に遭遇した場合なども補償の対象となりますので、是非自宅を出発される前に海外旅行保険に加入しておきましょう。

Thumbタリスの予約方法や乗り方は?ヨーロッパ観光で便利な高速鉄道をリサーチ!
ヨーロッパの4つの国を結んでいる高速電車タリス は、移動にとても便利な電車です。今回は、タリ...

ヨーロッパ旅行の費用が安い時期は?

ヨーロッパ旅行を計画する際に費用が安い時期というのはいつなのでしょうか?どうせ行くのなら安い時期を狙って行きたいという方も多いでしょう。ヨーロッパ旅行は夏の期間に出発されるのが一番高いです。

ヨーロッパ旅行に安い時期に行きたいという方は夏の期間に出発するのは避けましょう。夏の期間は世界中から多くの観光客がヨーロッパを訪れます。特に夏の時期は海沿いの都市が大人気で、予約が殺到し、ホテル代も大変高くなってしまいます。

また、ヨーロッパで大人気のカーニバルの時期や、クリスマスマーケットの時期になると、同様に観光客が押し寄せてきますので、とても高くなってしまいます。ヨーロッパに安い時期に旅行に行きたいという方におすすめなのは冬の時期です。

冬の期間になると安い航空券や安いパッケージツアーがたくさんあり、安く旅行に行きたい方には狙い目の期間となっています。夏のベストシーズン期間中に旅行されるのももちろんおすすめですが、安く旅行に行きたい場合には冬の期間がおすすめです。

ホテル代の安くなる時期はある?

ヨーロッパ旅行に行かれる際にホテル代が安くなる時期はいつなのでしょうか?ヨーロッパは夏がベストシーズンなので、夏の期間にヨーロッパ旅行に出掛けるととても高いです。7月から9月くらいまでは高い時期となります。

ホテル代が安いのは9月下旬から12月頃までで、冬の期間はホテル代が大変安いのでおすすめです。ただし、ヨーロッパは冬になると日が短くなりますので、日中の観光時間が短くなってしまったり、営業していないお店が多くなりますのでご注意ください。冬の期間中に休むお店が多いので、安い時期には安いなりの理由があるというわけです。

ヨーロッパ旅行の最短旅行期間はどれくらい?

ヨーロッパ旅行に出掛ける際には最短旅行期間はどのくらいで行けるのでしょうか?ヨーロッパには色々な国がありますので、じっくりと旅行したいところですが、お休みは限られています。何日間で回れるか、最短の旅行期間を知っておくと計画が立てやすいのでご紹介しましょう。

パックツアーの最短期間で3泊5日

ヨーロッパ旅行の最短旅行期間は3泊5日です。3泊5日の旅行期間の場合には到着日は着いたら夕方から夜になってしまい、ホテルに到着すると1日目は終了してしまいます。2日目、3日目と丸2日間観光することができます。

4日目は帰国日となってしまいますので、最短旅行期間で行かれるとかなり忙しくあまり時間はありません。ヨーロッパは日本との時差が8時間あり、到着日と帰国日はほぼ観光することができません。せっかくのヨーロッパ旅行なので、できれば1週間くらいの旅行期間がおすすめです。

じっくり1つの国を回る場合には最短で3泊5日の旅行期間が必要ですが、ゆっくり色々観光されたいのなら5泊7日くらいの旅行期間がおすすめです。ヨーロッパには多くの美術館や観光スポットなど見どころがたくさんありますので是非ゆっくり観光しましょう。

ヨーロッパは陸続きになっていますので、複数の国を旅行しやすく、なるべく色々な国を観光したいという方も多いでしょう。電車や飛行機もたくさん出ていますので、1日1カ国のペースで回ることも可能です。

移動時間を無駄にしたくないのであれば、近い国を周遊するのがおすすめで、5泊から6泊されてだいたい2カ国から3カ国回るのがおすすめです。短期間で色々な国の雰囲気を味わうことができるのもヨーロッパ旅行の楽しみの1つです。

ヨーロッパ旅行1週間の料金目安は?

ヨーロッパ旅行を1週間計画した場合にはいくらくらいかかるのでしょうか?フリープランのパッケージツアーを利用した場合には1週間でだいたい20万円台かかります。乗り継ぎ便を利用したり、お得なツアーを利用すると10万円台で抑えることもできます。

フリープランで安い費用で行っても、現地でオプショナルツアーをたくさん入れたり、入場料がかかる観光スポットをたくさん訪れると費用がかさみます。ご自身の予算も考慮してスケジュールを組むようにしましょう。

現地での費用を安く抑えたいという方は訪れる観光スポットを厳選して減らしたり、入場するのではなく外観の見学をメインにすると費用を抑えることができます。自分自身のこだわりと節約するところを明確にしておくことで予算のメリハリがつきます。

ヨーロッパで安く旅行が出来る国は?

ヨーロッパで安く旅行が出来る国はあるのでしょうか?国によっては物価が違いますので航空券代やホテル代はそんなに変わらなくても現地での滞在費が変わります。国によって物価や風習の違いによって安く旅行をすることができるところもありますのでご紹介しましょう。安く旅行ができるところに行きたい方はご参考にしてください。

ヨーロッパで複数の国を旅行した場合の費用

ヨーロッパで複数の国を旅行した場合の費用はいくらくらいかかるのでしょうか?ヨーロッパは陸続きになっていますので、複数の都市を周遊することもできます。鉄道や長距離バスも発達していますので大変便利です。

例えばイタリアの人気の都市であるフィレンツエ、ヴェネツイア、ローマの3都市を1週間で周遊した場合の費用をご紹介しましょう。1日に2ヵ所から3ヵ所くらい入場観光するとだいたい40ユーロくらいかかります。

1週間滞在するとだいたい759ユーロかかり、日本円にして約10万円弱くらいになります。イタリアには大聖堂や教会がたくさんあり、見どころ満載の観光スポットが多いので観光費用がかさみます。

また、スペインの人気都市であるバルセロナとマドリードを周遊した場合に、バルセロナでサッカーの観戦ツアーにも参加し、1日に2ヵ所から3ヵ所の入場観光するとだいたい30ユーロくらいかかります。イタリアと同じく、スペインでも1週間滞在した場合には約85000円くらいかかります。

費用例(1)オーストリア

ヨーロッパで安く旅行が出来る国はオーストリアです。オーストリアは日本よりもやや物価が安いので、現地での滞在費が安くすみます。オーストリアはアルプスの大自然を堪能することができて、音楽と芸術の街として人気があります。

有名な映画であるサウンドオブミュージックもオーストリアが舞台となっています。オーストリアにはお得な鉄道パスがありますので、現地での移動に是非ご利用ください。国鉄が乗り放題になりますので、現地での移動に大変便利でお得です。

費用例(2)チェコ

ヨーロッパで安く旅行が出来る国はチェコです。チェコの首都はプラハで、歴史的な建造物がたくさんあり、景観自体が世界遺産となっているとても美しい国です。チェコは日本よりもかなり物価が安いので現地での滞在費がとても安いです。

チェコにもオーストリアと同様にお得な鉄道パスがあります。鉄道パスを利用すると、美術館などが割引になったりというサービスもあります。物価が安いので1週間滞在してもホテル代がかなり安いです。

費用例(3)ギリシャ

ヨーロッパで安く旅行が出来る国はギリシャです。ギリシャも日本より物価が安いのでおすすめです。ギリシャと言えば美しいエーゲ海やアテネの遺跡群が有名で、ギリシャの島々を巡るコースも人気があります。

ギリシャの鉄道パスを購入すると、ギリシャの国内の島々を巡るフェリー料金が割引になる場合もありますので大変お得です。ホテルは本土に宿泊するか離島に宿泊するかでお値段が変わってきます。旅行のプラン次第で予算が変わってくる国です。

費用例(4)トルコ

ヨーロッパで安く旅行が出来る国はトルコです。トルコは日本よりも物価がかなり安いので現地での滞在費が安くすみます。トルコのイスタンブールはエキゾチックな街として見どころも多いので是非おすすめです。

イスタンブール以外の主要観光地へ行かれる場合には陸路での移動となり、鉄道や長距離バスで移動しましょう。乗り放題になる鉄道パスもありますので是非ご利用ください。

費用を抑えてヨーロッパ旅行を楽しもう

いかがでしたでしょうか?ヨーロッパ旅行を楽しむには費用を抑える方法があります。ヨーロッパ旅行に慣れていない方はパッケージツアーがおすすめで、行かれる時期や行き先、滞在方法などによって費用を抑えることもできます。是非計画を練ってヨーロッパ旅行に出発しましょう!

関連するキーワード

Original
この記事のライター
maki

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ