安全食堂のラーメンはクセになる美味しさ!ちゃんぽんなど絶品メニューも紹介!

福岡市西区にて、今では貴重な昔ながらのシンプルな豚骨ラーメンを楽しめる「安全食堂」が人気を集めています。ラーメンメニュー以外にも名物の多い「安全食堂」のおすすめメニューに、気になる駐車場を含めたアクセス情報、そして注意が必要な営業時間を中心にご紹介します。

安全食堂のラーメンはクセになる美味しさ!ちゃんぽんなど絶品メニューも紹介!のイメージ

目次

  1. 1一度訪れるとクセになる!人気ラーメン店「安全食堂」をご紹介!
  2. 2「安全食堂」ってどんなラーメン店?
  3. 3「安全食堂」のおすすめメニュー
  4. 4「安全食堂」のおすすめサイドメニュー
  5. 5「安全食堂」の店舗情報とアクセス
  6. 6「安全食堂」の営業時間
  7. 7福岡の人気ラーメン店「安全食堂」へ行ってみよう!

一度訪れるとクセになる!人気ラーメン店「安全食堂」をご紹介!

ラーメンの激戦区である福岡市西区のさらに西という、福岡市の外れにたたずむ一軒の食堂にていただくこのできるラーメンやちゃんぽんが、地元民を中心に話題を集めいています。

その食堂は「安全食堂」の名称で知られ、そのリーズナブルな価格帯やこのうえなくシンプルさで多くの地元民そして全国のラーメンフリークの方々に愛されています。

常連客でも知ることのできない「安全」という店名の意味にはどこかユーモアを感じずにはいられません。

とくに開店前を中心に行列もできる人気の食堂・安全食堂の気になる店内の分に気や行列に関して、そしておすすめのメニューに気になるアクセス情報に関して、安全食堂に関する情報を詳しくご紹介していきます。

「安全食堂」ってどんなラーメン店?

安全食堂は昭和49年創業の、国道202号線「唐津街道」に面した場所にお店を構えているいわゆる「路面店」です。外観は昔ながらのいかにも食堂といった佇まいであり、赤い暖簾と看板には大きく「ラーメン」の文字がでかでかと掲げられているのが特徴です。

決して駅チカとはいえない場所に佇む食堂ながら、開店前を中心とした行列は地元民であれば誰もが知るところ。

そんな安全食堂の最大の特徴ともいえるのは、シンプルかつリーズナブルな価格帯にて誰もが美味しいこだわりの詰まったメニューがずらりと並ぶことにあります。

とくにラーメン屋ちゃんぽんといった麺メニューに力を入れている印象があり、同時におすすめのメニューでもあります。

店内はどんな街にも一つはあるであろう、昔ながらの街中華を彷彿とさせる赤を基調としたカウンターにテーブル席による全35席による構成で、どこかホッとする雰囲気です。

食べ残しをしてしまった場合も安心することができる点としては、残った分の持ち帰ることができるということ。テイクアウトが可能なメニューの取り扱いも多い安全食堂は気軽に店内にて食事を楽しむことができることからも「安全」ということができるかもしれません。

有名人も訪れる人気のラーメン店

店内にて調理を続けるのは、恒例の男女を中心とした約7名によるスタッフ構成です。多くの有名店に見かけるようなきらびやかな構成であるということこそ言えかねるかもしれませんが、その仕事姿は全員がまさに職人気質。

際立ったような華やかさこそないものの人々を惹きつける仕事ぶりは知る人ぞ知るところであり、噂を聞き付けて訪れた芸能人はアーティストを中心としたあそうそうたる顔ぶれです。

ラーメンだけでなくちゃんぽんも人気!

看板、暖簾さらには店内メニューにも堂々のトップに掲げられたラーメンが、安全食堂においてもっとも目を引くメニューでもあり、やはり看板メニューのひとつです。

しかしながら安全食堂においては、ラーメンに迫る人気メニューとしてちゃんぽんが訪れる人の注目の的でもあります。

長崎名物でおなじみのちゃんぽんを豚骨ラーメンの激戦区福岡市にて楽しむことのできる気になる安全食堂のちゃんぽんについては、後ほど詳しくご紹介をしていきます。

Thumb福岡市のラーメン人気店をピックアップ!おすすめの名店もあり!
魅力いっぱいのグルメが集まる福岡市は、九州はもちろん全国でも有数のグルメスポットです。中でも...

「安全食堂」のおすすめメニュー

ここからはいよいよ安全食堂におけるおすすめのメニューをご紹介していきます。ラーメンとちゃんぽんについては前述のとおりですが、もうひとつの看板メニューともいえるのがまだご紹介をしていない「焼きそば」です。安全食堂の3つのおすすめ「麺」メニューについてひとつずつご紹介をしていきます。

おすすめメニュー(1) ラーメン

福岡市にてもっともスタンダードともいえる一杯を楽しむことができるのが、看板メニューのラーメンです。

ラーメンの激戦区と化した福岡市にて未だにシンプルな豚骨風味を楽しむことのできる今では希少な一杯であり、この一杯をめがけて多くの人が安全食堂へと訪れます。

福岡市においてはスタンダードな細麺はもちろん硬さの調整も可能で、スープは臭みの少ない豚骨スープですがくどくなく、むしろさっぱりとした味わいを楽しむことができます。

ある意味時代に逆行していることから、奇抜とも受け取られかねないほどまでに元祖豚骨スープを楽しむことができるでしょう。トッピングも昔ながらの「ネギ」に、意外にもしっかりガッシリとした「チャーシー」によって仕上げられています。

600円にて楽しむことのできるラーメンですが、大盛りや替え玉も気軽に100円にて楽しむことができるだけに男性を中心人気を集める王道メニューです。

おすすめメニュー(2) ちゃんぽん

そんな豚骨スープに野菜の甘味と旨味が染み出した「ちゃんぽん」も安全食堂を代表するおすすめメニューのひとつです。

中華鍋にて炒めた「ちくわ」「かまぼこ」そして野菜を中心に楽しむことができることから、こちらは女性からの支持も厚い一杯であり、福岡市にて楽しむことのできるちゃんぽんという興味から観光客からの注目度の高いメニューであります。

ただボリュームに関しては大量に盛られた野菜と相まって非常に多いと感じる方も多いため、嬉しい反面注意も必要です。紅ショウガとの相性も抜群の豚骨スープと野菜の旨味がたまらないちゃんぽんは800円にて楽しむことができます。

おすすめメニュー(3) 焼きそば

そして、ちゃんぽんにて使用されている安全食堂の絶品のちゃんぽん麺は「焼きそば」でも使用されています。

万が一食べ残してしまっても気軽に持ち帰ることのできる希少な麺メニューであることからも人気を集める焼きそばですが、ちゃんぽん麺を使用しながらも絶妙に絡み合う薄くも濃くもないソースの味が癖になる一品です。

県外においては「皿うどん」の名前で親しまれる部類の焼きそばが楽しめる、安全食堂の焼きそばは750円にて提供されています。

「安全食堂」のおすすめサイドメニュー

ここからはまだまだ続く、安全食堂のおすすめメニューのなかからサイドメニューをご紹介していきます。安全食堂のサイドメニューには、「食堂」の店名からも連想される嬉しいラインナップが揃います。

誰からも愛され、またご紹介した3つのおすすめ麺メニューとの相性の良さ、そしてアルコールメニューとの相性の良さからも非常に人気の高い3つのサイドメニューをご紹介します。

おすすめサイドメニュー(1) 焼きめし

食堂にはなくてはならない一品でもあり、他店では「チャーハン」の愛称でも親しまれている安全食堂の「焼きめし」は800円という値段からも想像できる通り、サイドメニューとうかつに頼んでしまうと圧倒されるほどのボリュームにて提供されます。

そのためラーメンとのセットとしてセットメニューの注文にはおすすめできませんが、シンプルで色とりどりの具材がぱらっと炒めたお米と絡み合い最高の塩加減にて楽しむことのできる極上の味わいです。

おすすめサイドメニュー(2) かしわめし

福岡県においてある意味ではラーメン以上に熱いグルメともいえるのが「うどん」です。福岡県におけるうどんの消費量は全国でもトップクラスであり、福岡県民の一人当たりの年間消費量をラーメンと比較してもうどんが上回るという隠れたうどん大国です。

そんなうどん大国でもある福岡県のうどん屋さんのサイドメニューにて当然のように用意されており、ある意味大定番ともいえるのが「かしわめし」です。

他県民にとってはあまり耳馴染みのないこのかしわめしですが、醤油と鶏の旨味が効いた炊き込み飯といった表現がぴったりの、私たち日本人にとってすっかりおなじみの味付けを楽しむことができます。

しかしながらラーメン店において楽しむことのできるかしわめしは福岡市においても珍しく、今回ご紹介している安全食堂においては200円というリーズナブルさで2個のかしわめしに2切れのたくあんが付き、まさに王道の食堂風かしわめしを楽しむことができます。

こちらのかしわめしではテイクアウトにも対応しており、ご自宅やお土産にて安全食堂の人気メニューにして自慢かしわめしを気軽に楽しむことができるので、店内にて食べきれないという方にもぜひおすすめします。

おすすめサイドメニュー(3) 野菜炒め

ラーメン専門店というよりは、食堂や「街中華」といったフレーズがぴったりの安全食堂では、街中華になくてはならない定番メニューである焼きめしや焼きそばを楽しむことができるのはご紹介したとおりです。

そして極めつけは「野菜炒め」を楽しむことができる点にあります。安全食堂にて楽しむことのできる野菜炒めは塩コショウを中心とした、いずれのメニューにおいても王道の味わいを楽しむことのできる安全食堂らしいシンプルな味付けです。

さきほども触れた安全食堂の人気メニューのひとつであるちゃんぽんのトッピングとしても楽しめた絶品の野菜炒めそのものといった安全食堂の野菜炒めは、500円というリーズナブルな価格から人気メニューのひとつとなっており、安全食堂のこちらも人気メニューであるかしわめしや焼きめし、そしてなによりビールとの相性がおすすめの極上の一品です。

安全食堂においてはラーメンと肩を並べるほどの人気を博すちゃんぽんの野菜炒め部分だけを楽しめるとあって、常連の方を中心に、またアルコールメニューを店内にて楽しまれている方を中心に人気を博しているメニューです。

「安全食堂」の店舗情報とアクセス

ここでは福岡市において絶品のラーメンやちゃんぽんを楽しむことのできる人気の食堂・安全食堂の店舗情報やアクセスに関する情報をご紹介していきます。

とくに開店後やお昼時を中心に混雑を極め、行列を生み出すことでもしられる福岡市西区を代表する人気食堂であるためとくに初見にて訪れる方には必見の情報ばかりを集めています。

食堂としてはやや変則といわれる安全食堂の営業時間には注意が必要といわれるだけに、これから訪れるご予定の方はぜひとも参考にされてみてください。

住所 福岡県福岡市西区横浜35-1
電話番号 092-806-2511

「安全食堂」の営業時間

まずは安全食堂の気になる営業時間についてご紹介をしていきます。先ほどもすこし触れたように安全食堂の営業時間はその店名から大衆的なお食事処と勘違いをし足を運んでしまうと、時間によっては営業を終了している可能性があるために事前に営業時間の確認をしておくことがなにより肝心です。

安全食堂の営業時間は11時に開店という、開店時間に関しては目立った店のない店舗ですが、営業終了時間に関しては16時というランチタイムでも夕刻でもない時間帯なのです。

またラーメンを提供する店らしい売り切れ次第、品切れ次第営業を終了しますので、営業時間に関してはさらなる注意が必要です。もし時間ぎりぎりになり訪れる可能性がある際には事前に連絡にて確認をしておくと安心かも知れません。

定休日に関しては基本的に毎週水曜日となりますが変則的となる可能性がありますので、確実に訪れたいという方、とくに遠方から訪れる方にも同じく事前の確認をしておくことがおすすめです。

店舗情報

安全食堂には35席の座席の用意があり、食堂や街中華という観点からみれば割と広い店内を有しています。このように趣のある食堂としては珍しく完全禁煙となりますので、非喫煙者にとっては嬉しい限りですが喫煙される方はご注意ください。

喫煙をご希望される方はあくまでも外にて楽しまれるようお願いしているだけに、安全食堂の行列に並ぶ際にはとくに事前に喫煙を済ませておくことが肝心といえるかもしれません。

公共交通機関でのアクセス

ここからは安全食堂への公共交通機関を利用したアクセスとそれに要する所要時間や、お車にてお越しの際の駐車場情報を中心にご案内をしていきます。

まず電車によるアクセスについて、福岡市営地下鉄から直通乗り入れることで地元民にはおなじみの路線、安全食堂の最寄駅であるJR筑肥線「九大学研都市駅」から徒歩にしておよそ10分の距離にあります。

九大学研都市駅は「今宿駅」と「周船寺駅」のちょうど中間あたりにできた新しい駅であり、九大学研都市駅の「北口」を出てからはロータリー沿いをひたすらまっすぐ国道202号線方向へと進み、国道202号線に突き当たってからは右手に曲がります。

一つ目の信号を今度は左折し反対側にわたり、1ブロック進んだら今度は右手をむけば、安全食堂の店舗は目の前です。

車でのアクセスと駐車場

冒頭でも触れたとおり、安全食堂は福岡と糸島、佐賀や前原といった主要となる地域同士を結ぶ国道202号線に面した場所にお店を構えています。

お察しの方も多いとは思いますが、そのため安全食堂には専用の駐車場があるため、お車にてお越しの方のアクセスは電車やバスといった手段よりも便利といえるかもしれません。安全食堂にて用意をしている専用の駐車場はもちろん無料にて駐車をすることができます。

安全食堂はラーメン専門店ではなくあくまで食堂のため、国道沿いにあるラーメン専門店にてまれに見かけることのできる誘導員を見かけることこそできません。

しかしながら専用駐車場の収納台数は28台とラーメン専門店のいわゆる路面店にも匹敵するような広々としたスペースを有します。

お昼時を中心に混雑を見せる駐車場ですが、お車をお持ちの方には非常に強い味方となってくれる収納台数を誇る駐車場だけにぜひ活用しましょう。

福岡の人気ラーメン店「安全食堂」へ行ってみよう!

ここでは安全食堂のメニューやアクセス情報、注意が必要な営業時間を中心にご紹介をしてきました。

福岡市にてちゃんぽんを、そしていまではなかなか楽しむことのできなくなった昔ながらの豚骨ラーメンを楽しむことのできる安全食堂は、とくに福岡市西区周辺を訪れた際には必食の一店舗ということができるでしょう。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
小松

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ