秋葉原駅は「昭和通り口」から出ると迷わない?おすすめの鉄板ルートを紹介!

秋葉原駅にはいくつも出口があり、初めて秋葉原駅を訪れる人は非常に迷いやすいと言われています。昭和通り口から出ると迷わないと言われていますが、実際どうなのか検証しています。秋葉原駅は昭和通り口から出ると迷わないことを確認してみましょう。

 秋葉原駅は「昭和通り口」から出ると迷わない?おすすめの鉄板ルートを紹介!のイメージ

目次

  1. 1秋葉原駅で迷子になる人が続出
  2. 2秋葉原駅へのアクセス
  3. 3複雑な秋葉原駅構内図
  4. 4秋葉原駅の昭和通り口を目指すのがおすすめ!
  5. 5秋葉原駅の昭和通り口改札から出る鉄板ルート
  6. 6JR秋葉原駅「昭和通り口」
  7. 7迷った時は秋葉原駅の昭和通り口から出よう!

秋葉原駅で迷子になる人が続出

秋葉原には毎日たくさんの人が訪れています。秋葉原には楽しいスポットがたくさんあるため、東京以外からも多くの観光客が訪れます。初めて秋葉原駅を訪れた人や、久しぶりに秋葉原駅を訪れた人は、秋葉原駅の構造の複雑さに困った経験がある人がいるかもしれません。ここでは、秋葉原駅で迷子にならないコツを紹介していきます。

秋葉原駅の昭和通り口から出ると迷わない?

JR秋葉原駅には全部で4つの出入り口があります。昭和通り口・中央改札口・電気街口・アトレ1改札口の4つです。このうち、昭和通り口だけが離れたところにあり、その他の3つの出口は近いところにあります。そのため、昭和通り口を目指して歩くと意外と迷わないと言われています。その他の3つの出口は密接しています。

出口だけの紹介をするだけならば、簡単に済みますが、JR秋葉原駅の内部はかなり複雑な構造になっています。看板に沿って歩けば、目的の出口に行くことができますが、途中で看板を見失ってしまう可能性があります。

少し離れている昭和通り口だけは、比較的わかりやすいはずなので、看板を見失う可能性は他の3つの出口よりも少ないでしょう。ただし、看板だけを参考にすると迷子になるかもしれません。

Thumb秋葉原の観光スポットおすすめ21選!アニメ好き必見の名所もあり!
東京都秋葉原は電気街として知られていましたが、最近はオタク文化の観光地になり世界から観光客が...

秋葉原駅へのアクセス

まずは秋葉原駅へのアクセス方法を紹介します。JR秋葉原駅・東京メトロ日比谷線の秋葉原駅・つくばエクスプレスの秋葉原駅への電車でのアクセス方法を紹介します。どのアクセス方法がおすすめというのはなく、利用しやすいアクセス方法で秋葉原駅に足を運んでもらえれば問題ありません。

JR秋葉原駅は山手線・京浜東北線・総武線(各駅停車)が停車する駅です。東京都心を走る中心的な路線ばかりが通っているため、東京駅や新宿駅といった観光客が多く訪れる駅からでも、非常にアクセスしやすい駅となっています。

東京メトロ日比谷線は中目黒駅から北千住駅までを結んでいる路線です。秋葉原駅は中目黒駅から数えて14駅目、北千住駅から数えて6駅目になります。東京メトロ日比谷線は、恵比寿・六本木・霞ヶ関・日比谷・銀座・築地・秋葉原・上野といった主要駅を通る路線です。東京の中枢から下町までを通り、利用客がたくさんいます。

つくばエクスプレスは、茨城県のつくば駅と秋葉原駅を結んでいる路線です。東京に開業した鉄道としては、最も新しい路線になります。つくば駅と秋葉原駅を最速45分で結んでいます。1日平均18000人が利用する路線です。

秋葉原駅は、東京はもちろんのこと、東京近郊からでもアクセスしやすい駅と言えるでしょう。秋葉原は今後ますます多くの人に注目を集めるに違いありません。

複雑な秋葉原駅構内図

秋葉原駅と一言で言っても、JR秋葉原駅・東京メトロ日比谷線の秋葉原駅・つくばエクスプレスの秋葉原駅と3つあります。これら3つの秋葉原駅の構内図はそれぞれ複雑なものになっています。1つ1つの駅だけでも複雑になっているため、これらが組み合わさるとさらに複雑になります。大きな駅に慣れていなければ、嫌になってしまうかもしれません。

利用者に便利な交通手段を提供するためには、どうしても複雑な駅の構造になってしまいます。秋葉原駅はJR・東京メトロ日比谷線・つくばエクスプレスという3つの路線が入り乱れており、うまく利用できると非常に便利です。

秋葉原駅は当初はこれほど複雑ではありませんでしたが、時代が進むと共に、いろいろな路線が秋葉原駅を通るようになり、複雑になってきました。しかし、これは利用者が多い大きな駅では仕方ないことかもしれません。そして、複数の路線を連絡するようにすると、通路を新たに作らなければいけないため、さらに複雑になります。

秋葉原駅が迷路のようになってしまったのは、利用者に便利な交通手段を提供するためです。迷路のようになってしまい、さらに駅を利用する人の数もかなり多いため、迷子にならない方法を頭に入れておいた方が良いでしょう。

混乱の原因は改札前のルートにある

3つある秋葉原駅の中で最も複雑なのがJR秋葉原駅です。JR秋葉原駅は1階・2階・M3階・3階というフロアに分かれています。2階に山手線と京浜東北線のホームがあり、3階に総武線(各駅停車)のホームがあります。JR秋葉原駅で迷子になる原因は、総武線から出口に向かう場合が圧倒的に多いです。その原因を紹介します。

総武線を降りてから、電気街口に行く場合のルートを例にします。総武線を降りると電気街口に案内する看板が出てきます。普通はその看板に従って進めば、問題なく出口に行くことができますが、JR秋葉原駅では引っかけがあります。

電気街口の出口案内に従って進むと、山手線・京浜東北線のホームに出てしまいます。間違って違うホームに来てしまったため、ここで間違ったと思ってしまい、違う出口を探しますが、電気街口案内は間違いなくあります。電気街口の案内はあるのに、違うホームに着いたことで頭が混乱してしまう人が続出します。

総武線から電気街口に出るためには、一度山手線・京浜東北線のホームに出なければいけないルートもあります。そのまま案内通りに進めば問題ありませんが、あまりに人が多いため落ち着いて考えられないので、混乱してしまう人が続出します。

駅の構内図を見てもわかりづらいため、結局あきらめて違う出口から出てしまう人も多いです。秋葉原駅の怖いところは落ち着いて考えられない環境とも言えるでしょう。

秋葉原駅の昭和通り口を目指すのがおすすめ!

JR秋葉原駅では昭和通り口を目指すのがおすすめです。昭和通り口をおすすめする理由は、前述したように他の出口から離れていることです。また、総武線からでもわかりやすい点です。昭和通り口を目指すメリットは、昭和通り口を目指すルートには、前述した山手線・京浜東北線のホームに行かなくても良いからです。

混乱の原因は、山手線・京浜東北線のホームに着いてしまうからであり、途中で他のホームを通らなければ迷うこともないでしょう。昭和通り口は総武線からでも非常にわかりやすいうえ、人で大混雑することがないため、落ち着いて行動ができます。

JR秋葉原駅で降りたら、まずは昭和通り口を目指すことを心掛ければ問題ないでしょう。これならば、電気街口を目指すよりも簡単なのでおすすめです。

すべての改札に通じているのは昭和通り口

昭和通り口からはすべての改札に通じています。ただし、厳密に言うと、駅とアトレ秋葉原1を結んでいるアトレ1改札口とは通じていないため除きます。JR秋葉原駅ですべての改札に通じているルートを通行することが迷わないための鉄則と言えます。なお、山手線・京浜東北線を利用する場合は、電気街口・中央改札口に直接行けます。

総武線が複雑な構造になっているのは、山手線・京浜東北線のホームと離れているからです。フロアが分かれているうえ、それぞれの出口も離れているため、このような複雑な構造になってしまいました。必勝法がなければ大変でしょう。

総武線を降りたら、すべての改札口に通じている昭和通り口を目指すことをおすすめします。そうすると、迷う可能性は一気に減るはずです。

秋葉原駅の昭和通り口改札から出る鉄板ルート

JR秋葉原駅の昭和通り改札から出る鉄板ルートについて紹介します。実際にどのように進んで行けば良いのかを紹介します。基本的には駅の案内看板に従って進んで行けば問題ありませんが、それだけではよくわからない場合もあるでしょう。構内図もわかりづらいため、実際にどのように進めば良いのかを細かく紹介します。

総武線を利用して秋葉原駅に行き、そこからいろいろな出口を目指して歩き、迷うことなく目的の出口まで行けるようになってもらえれば幸いです。駅は本来わかりやすくすべきところですが、どうしても複雑になってしまうところもあります。

駅が複雑な構造になっていることは、大都会東京らしいと思うしかありません。これでJR秋葉原駅が怖くないと思ってもらえれば良いです。

総武線ホームの案内に従って移動していく

総武線には船橋・千葉方面と御茶ノ水・新宿方面の2方向あり、それぞれホームが分かれています。御茶ノ水・新宿方面から来た電車を降りた場合は、電車を降りてから向かって右方向に進んでください。船橋・千葉方面から来た電車を降りた場合は、電車を降りてから向かって左方向に進んでください。それぞれ、昭和通り口に向かう階段があります。

総武線ホームは3階にあり、総武線ホームから階段で降りるとM3階に出ます。M3階は昭和通り口改札に向かうルートしかないため、迷うことはありません。さらに階段を降りると2階に出ます。ここから、各出口に向かうエスカレーター・階段が出てきます。

2階フロアはとても広いスペースになっているため、人がたくさんいても分散するため、人が多すぎて不快に思うことはないはずです。2階に来たら、落ち着いて自分が目指す出口がどこのエスカレーター・階段から降りれば良いのかを見つけましょう。中央改札口に降りられるところと、昭和通り口に降りられるところの2つあります。

もし電気街口に行きたいならば、中央改札口に降りられるエスカレーター・階段を利用してください。ここを降りれば、電気街口と中央改札口への案内看板が出ているためわかりやすいはずです。間違って昭和通り口に降りないように気を付けてください。

総武線を降りてから、昭和通り口に落ち着いて進んでください。この点だけ問題なく実行できれば、迷子になることは防げるはずです。

JR秋葉原駅「昭和通り口」

JR秋葉原駅の昭和通り口は非常に便利な出口なので、秋葉原駅を利用する人にはおすすめです。おすすめの点は、昭和通り口はJR秋葉原駅と東京メトロの日比谷線の駅にも近いことです。JRと東京メトロ日比谷線をつないでいることで、より多くの人が利用できる出口です。JR秋葉原駅の昭和通り口には多くのメリットがありおすすめです。

JR秋葉原駅の昭和通り口から東京メトロ日比谷線への行き方を紹介します。この2つの秋葉原駅を往来できるようになれば、秋葉原駅はもう怖くないでしょう。そのためには、JR秋葉原駅で混乱しないようにするしかありません。

JR秋葉原駅と東京メトロ日比谷線をつなぐ昭和通り口をどんどん利用しましょう。非常に便利な出口なのでおすすめです。

昭和通り口は日比谷線出口からも近い

JR秋葉原駅と東京メトロ日比谷線への行き方を紹介します。JR秋葉原駅の昭和通り口への行き方は、総武線を利用した場合は2階から昭和通り口へ降りるエスカレーター・階段を利用してください。昭和通り口まで来たら、改札を出ましょう。改札を出たら右側に進んでください。そうすると、東京メトロ日比谷線3番出口に行けます。

東京メトロ日比谷線3番出口から階段を降りてください。階段を降りると、東京メトロJR秋葉原駅方面改札に行くことができます。JR秋葉原駅の昭和通り口に行くことができれば、問題なく東京メトロ日比谷線に行くことができるはずです。

ポイントは駅の看板に従って進むことです。東京メトロ日比谷線への案内看板がたくさん出ているので、迷うことはないでしょう。JR秋葉原駅のわかりづらさを考えれば、難しくない乗り換えと言えます。駅の看板に従えば良いですが、初めて秋葉原駅を訪れる人は、事前知識を入れておくことをおすすめします。そうするとさらに安心です。

大都会東京の大きな駅を甘くみないようにしましょう。事前勉強でわかったつもりでも、迷ってしまう人はたくさんいます。それは、想像以上の人の数と想像以上の複雑さを味わうからです。

つくばエクスプレスは中央改札口から

東京メトロ日比谷線に行くためには、昭和通り口から行くのがベストですが、つくばエクスプレスに行くためには中央改札口から行きましょう。中央改札口を出たら、左右どちらに進んでもつくばエクスプレスの改札に行くことができます。中央改札口の外に、つくばエクスプレスへの大きな案内看板が出ているため、すぐにわかってもらえるはずです。

あとは、看板通りに進めば、つくばエクスプレスの改札口に行けます。中央改札口からの乗り換えも難しくありません。事前勉強を特にしなくても、問題なく行けるはずです。つくばエクスプレスの駅の入口は赤くなっているためわかりやすいです。

迷った時は秋葉原駅の昭和通り口から出よう!

JR秋葉原駅の攻略法について紹介しましたが、参考になったと思ってもらえれば幸いです。総武線を利用する人は昭和通り口から行けば良いという頭がありながら、電気街口や中央改札口の方に行ってしまう人もいるくらいです。人が多いことは落ち着きを失い、正常な判断を狂わされてしまいます。落ち着いて昭和通り口を目指してください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
ベロニカ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ