比叡山の登山ルートや時間を徹底解説!駐車場・アクセス・観光スポットも!

京都の観光名所として知られる比叡山。信長に焼き討ちを行われたことでも有名です。この比叡山は、名前の通り山の上に寺院が建立されており、比叡山自体を登山することも可能です。今回は、比叡山の登山ルートや所要時間、そしてアクセス方法も含めて詳しくご紹介致します。

比叡山の登山ルートや時間を徹底解説!駐車場・アクセス・観光スポットも!のイメージ

目次

  1. 1京都の観光名所「比叡山」の登山ルートをご紹介!
  2. 2京都の登山スポット「比叡山」とは?
  3. 3京都・比叡山は観光だけでなく登山も楽しめる!
  4. 4比叡山登山は車でもアクセス可能?
  5. 5京都・比叡山の登山ルート1:京都側からのケーブルカールート
  6. 6京都・比叡山の登山ルート2:京都側からの徒歩ルート
  7. 7京都・比叡山の登山ルート3:滋賀側からのケーブルカールート
  8. 8京都・比叡山の登山ルート4:滋賀側からの徒歩ルート
  9. 9京都・比叡山登山におすすめの服装
  10. 10比叡山登山のおすすめ装備
  11. 11京都・比叡山登山におすすめの季節
  12. 12京都・比叡山登山の注意点1:カエンタケ
  13. 13比叡山登山の注意点2:クマや野生動物にも注意!
  14. 14京都・比叡山登山では参拝の際に現金が必要!
  15. 15京都の観光名所「比叡山」で登山を楽しもう!

京都の観光名所「比叡山」の登山ルートをご紹介!

京都市東部と、滋賀県西部の県境に位置する比叡山。延暦寺そして日吉大社も置かれたこの山は、古くから霊峰として地域の人々に崇められてきました。山頂からは、京都市街も一望できるロケーションにあり、観光スポットとしても人気です。

そんな比叡山は、登山も楽しめる自然スポットでもあり、初心者から中級者までどなたでも楽しめる登山ルートがあります。所要時間が短いルートを希望なら、ケーブルカーを利用するのがおすすめ。

また、京都側からか、滋賀側からによってアクセスポイントも選べます。今回は、京都の観光スポット「比叡山」登山を楽しむおすすめルートをご紹介すると共に、各ルートの所要時間やアクセスポイントも合わせてご紹介致します。

京都の登山スポット「比叡山」とは?

滋賀県大津市と京都市左京区の県境に位置する比叡山。標高848メートルの大比叡と、標高838メートルの四明岳(しめいがたけ)の二つの峰をいただく、838m)の双耳峰の山です。

比叡山は、織田信長が焼き討ちを行った延暦寺をはじめ、日吉大社など有名なパワースポットが点在する霊峰で、古来より山岳信仰の対象となってきました。

木々に囲まれたうっそうとした登山道には、途中、石仏や石燈篭なども置かれており、この山が神聖な場所であることを思わせてくれます。

京都随一の観光名所でもある比叡山延暦寺は、京都の北東(鬼門)に位置する京都守護となった有名な寺院で、天台宗の僧侶「最澄」によって開山されました。

日本天台宗の総本山として、強大な力を持った寺院で、ユネスコの世界遺産にも登録されています。高野山金剛峯寺とならんで平安仏教の中心であったこちらの寺院には、密教、禅を学ぶ僧侶やたくさんの皇族、貴人も訪れたと言われています。

比叡山延暦寺は、平安時代後期には、次第に武装化の様相を強め、時の権力者「後白河法皇」でさえ、比叡山だけは思い通りにできないとまで言わしめるほどの勢力を誇っていました。

織田信長によって比叡山の焼き討ちが行われたことは、歴史で周知のことと存じます。京都らしい観光スポットである比叡山では、登山後に山頂付近で食べたい「葛餅」も有名で、登山者にも観光客にも大変人気があります。

木々の間をめぐりながら、1000年以上も前に、この地で修行していた僧や、この道をたどったであろう京都の雅やかな人々に思いを馳せてみるのも、比叡山登山の楽しみ方の一つではないでしょうか?

Thumb坂本ケーブルで比叡山へ!料金・営業時間・アクセス・駐車場を総まとめ!
この記事では、坂本ケーブルの基本情報をまとめています。坂本ケーブルは、比叡山延暦寺に行けるケ...

京都・比叡山は観光だけでなく登山も楽しめる!

京都の観光スポットとして知られる「比叡山」は、信仰の山として観光名所として人気がありますが、自然を楽しめる登山スポットとしてもおすすめです。

登山スポットとしても人気のある比叡山は、滋賀県側と京都府側の両方からアクセスできるようになっており、登山ルートは、各県からアクセスするルートと、京都側から滋賀県側に縦走するルートなどがあります。

また、比叡山は観光スポットでもあるため、一般の観光客がアクセスしやすいようにケーブルカーが走っています。そのため、短い時間で山頂まで登ることができ、登山初心者や体力がない方でも気軽にチャレンジできるというのが魅力でもあります。

比叡山登山は車でもアクセス可能?

また、京都側からも滋賀県側からも、車でアクセスルートもあり、小さなお子様連れや、体の不自由な方なども、比叡山に簡単に登ることができるようになっています。

比叡山延暦寺の境内は大変広く、登山しない方でも、たくさん歩きますので、健脚の方におすすめしたい観光スポットです。

山全体が神域となっており、仏教施設などもあちこちに点在していますので、歩けない方はシャトルバスなどをうまく利用して比叡山観光を楽しんでみてください。

Thumb比叡山延暦寺の観光の見どころや御朱印を調査!おすすめのお守りやランチも!
比叡山「延暦寺」は、滋賀県と京都府に跨る比叡山に在る霊験あらたかな寺院です。山全体が霊場であ...

京都・比叡山の登山ルート1:京都側からのケーブルカールート

比叡山の大まかな見どころと登山の楽しみ方について、ざっくりと理解したところで、いよいよ、比叡山の登山ルートを見ていきたいと思います。

比叡山の登山ルート、一つ目は、京都側からケーブルカーを使って登山するルートです。八瀬からケーブルカーに乗って「ケーブル比叡駅」から登山するこちらのルートは、登山初心者や歩きなれていない観光客にもおすすめのルート。

京都側ケーブルカールートの所要時間の目安とアクセス方法

アクセスポイントは、ケーブルカーの出発地点となる八瀬で、そこからケーブルカーで「ケーブル比叡駅」まで一気に高度を稼ぎます。ここまでの所要時間は約15分。

ケーブル比叡駅からは、登山ルートに沿って標識「北山4」を目指します。そこから山頂となる大比叡までの所要時間は約35分。全行程で1時間ほど見ておけば比叡山山頂まで楽々登山できます。

Thumb比叡山延暦寺へのアクセス方法まとめ!車や電車での行き方や駐車場を紹介!
比叡山延暦寺にはどうやってアクセスすればいいのでしょうか。今回はおすすめのアクセス方法や、比...

京都・比叡山の登山ルート2:京都側からの徒歩ルート

京都・比叡山の登山ルート、続いては、京都側の修学院の登山口から雲母坂を経由して徒歩で登山するルートです。ケーブルカーを使わないため、登山口からケーブル比叡駅まで約1時間45分ほどかかるロングルートです。

登山の難易度としては、初級登山者でもまったく問題ないレベルですが、片道の所要時間が、2時間30分ほどかかります。そのため、徒歩で登山する場合は、昼食を必ず挟みます。

コースタイムは、アクセスポイントとなる修学院から雲母坂登り口までが25分、そこから水飲対陣跡までが30分、さらにケーブル比叡駅までが50分。比叡駅から標識「北山4」を経由して、比叡山山頂までが35分です。

京都側徒歩ルートの所要時間の目安とアクセス方法

途中、休憩スポットもありますので、お弁当を持っていって昼食休憩を挟んでから山頂を目指す登山パターンがおすすめです。

修学院登山口までのアクセスは、出町柳からなら、叡山電鉄で約7分、JR京都駅前からのアクセスは、京都バスで約45分、四条河原町からのアクセスなら京都バスで約25分ほどとなっています。

比叡山には、登山者だけでなく観光客もたくさんやってきますので、ケーブルカーを利用せず山頂まで登山する場合は、できるだけ朝早い時間にアクセスすることをおすすめします。

京都・比叡山の登山ルート3:滋賀側からのケーブルカールート

京都・比叡山の登山ルート、続いては、滋賀県側からケーブルカーを利用して登山するルートをご紹介していきます。滋賀県側のルートは、坂本ケーブルカーを利用して登山できるルートで、最初にご紹介したルートと同じ観光客に人気です。

アクセスポイントとなるのがJR坂本駅で、そこから所要時間約25分ほどで、ケーブル坂本駅に到着します。ケーブルカーで延暦寺駅まで登り、そこから根本中堂を経由して、比叡山山頂の大比叡に到達するルートです。

比叡山の東塔があるエリアまでの所要時間は35分と短く、そこから根本中堂を経由して山頂までは約40分ほどで登山できます。

滋賀側ケーブルカールート所要時間の目安とアクセス方法

ケーブル坂本駅の周辺には、駐車場もありますので、車でのアクセスも可能です。坂本までのアクセスは、京阪三条から京阪坂本比叡山口までが京阪電鉄で約40分、JR京都駅からJR比叡山坂本JR西日本普通列車で約17分ほどとなっています。

坂本ケーブルは、日本でも有数の長さを誇るケーブルカーで、景色も大変良いのでこちらからのルートは眺望を楽しみたい方に特におすすめです。

京都・比叡山の登山ルート4:滋賀側からの徒歩ルート

比叡山の登山ルート、最後にご紹介するのは、滋賀側から徒歩で登山するルートです。日吉大社がある坂本エリアから、根本中堂を経て比叡山山頂まで徒歩で登山するこちらのルートは、琵琶湖を背にして登る絶景ルートでもあります。

難易度はそれほど高くありませんので、登山初心者でも十分登れますが、雲母坂登山口から最初の20分ぐらいは急な登山道が続きます。

所要時間は、JR比叡山坂本駅から京阪坂本比叡山口駅までのアクセスが約10分、坂本登山口までがさらに10分。登山口から法然堂までの所要時間が1時間20分、その後根本中堂を経由して山頂までが40分から50分ほどかかります。

滋賀側徒歩ルート所要時間の目安とアクセス方法

こちらの登山ルート全体の所要時間も、約2時間30分ほどとなりますので、途中休憩も挟んでゆっくりと登山を楽しみましょう。帰りは、観光バスなども出ていますので、往復登山しなくても良いというのが、比叡山登山が初心者向けと言われる所以です。

滋賀県側から登って京都側に抜けることもできますし、逆のルートでの登山も可能です。各方面の違った景色が楽しめますので、周回ルートだけでなく、縦走ルートがおすすめです。

京都・比叡山登山におすすめの服装

続いては、比叡山登山のおすすめ装備についてご紹介致します。比叡山は、登山初心者でも十分登れる難易度の低い山ですが、片道約2時間30分と登山時間はそれほど短くありません。

比叡山を徒歩で登るルートで登山する場合には、きちんとした登山靴を履いて、長袖・長ズボンなど、動きやすい服装を心がけるようにしてください。

比叡山の登山ルートは、京都側からも滋賀県側からも、木々に囲まれており、山道には木の根が張り出しています。ひっかかりやすいアクセサリーなどを身につけていると危ないですので、外して登ってください。

比叡山登山のおすすめ装備

比叡山の登山道では、山頂付近以外で給水できるポイントがありません。夏場に比叡山を登る場合には、特に、水を多めに持って登るようにするのがおすすめです。

比叡山のケーブルカーを利用しないで登山する場合には、必ず昼食休憩が必要となります。お弁当や行動食を各自持参して登ることをおすすめします。

その他のおすすめ装備としては、中高年の登山者であれば、登山用ステッキを持って登ることをおすすめします。比叡山は、坂本からのアクセスの場合は、最初の20分ぐらいはかなり急登が続きますので、膝への負担を減らすためにも杖がおすすめです。

また、これからの季節は、特に暑くなりますので、日焼け対策や熱中症対策を十分に行い、日焼け止めや速乾タイプの登山ウェアを着用するなど、体力を消耗しないように工夫して登山をお楽しみください。

京都・比叡山登山におすすめの季節

京都の霊峰として、多くの観光客がやってくる比叡山。自然豊かなこの山を登るのにおすすめの季節は、やはり秋!比叡山は、京都随一の紅葉の名所でもあり、秋は、特に観光客も多い人気のシーズンとなっています。

京都は、夏は非常に暑く、冬は寒いことで知られている地域で、比叡山も例外ではありません。快適な登山を楽しむには、やはり春か秋に登るのがおすすめですが、紅葉シーズンがベストです。

秋の比叡山は、観光バスなども増えるので、アクセスポイントの駐車場が満車になっている場合が非常に多いです。アクセスには、電車など、公共交通機関を利用するのがおすすめです。

京都・比叡山登山の注意点1:カエンタケ

京都市北東にある比叡山は、市街地から車で約1時間ほどの距離にあり、日帰りでも登山が楽しめるおすすめの観光スポットです。

自然が大変豊かな場所として知られていますが、登山の際には、少し気をつけなければならないこともありますので、チェックしておきましょう。比叡山には、「カエンタケ」という大変危険な植物が生えています。

猛毒で知られるカエンタケは、食べるとほとんど死亡するというほど毒性が強く、汁が手に付いただけで皮膚に炎症を起こすと言われています。カエンタケは、初夏から秋にかけて比叡山の倒木や枯れ木の根元などに発生します。

比叡山登山の注意点2:クマや野生動物にも注意!

名前からも少し想像がつくかもしれませんが、燃えるような赤い色をしています。きのこというよりは、珊瑚のような形をしていて、太さは1cmから1.5cm前後。高さは7、8cmぐらいのものが、10本ぐらい群生しています。

絶対に触らないように気をつけてください。また、比叡山でもう一つ注意しなければならないのがクマ。比叡山では、過去にツキノワグマが捕獲された事例もあり、クマが生息していると言われています。

秋は、冬に向けて食料を体に溜め込もうとクマも活発になるシーズンですので、クマ避けの鈴やスプレーなどを持参し、できるだけ注意しながら登山することをおすすめします。

京都・比叡山登山では参拝の際に現金が必要!

京都の観光スポットでもある比叡山では、延暦寺を巡拝するには、拝観するエリアごとに料金がかかります。また、拝観時間が季節によって変動しますので、この点については、公式ホームページに事前にアクセスしてご確認の上おでかけください。

東塔・西塔・横川共通券は、700円、国宝殿の拝観料が500円、両方の共通券が1200円となっています。登山の際も拝観希望の場合は、現金を忘れずに!

京都の観光名所「比叡山」で登山を楽しもう!

京都府と滋賀県の間にまたがる霊峰「比叡山」の登山ルートと観光情報をご紹介致しました。初心者でも登山できるルートがあり、ご年配の方やお子様連れでもチャレンジできる登山スポットです。

カエンタケやクマなど、登山の際には、ちょっと注意すべきこともある比叡山ですが、秋は紅葉が美しく、特に比叡山登山におすすめのシーズンです。

京都随一の観光名所「比叡山」、登山の際には、ぜひ、延暦寺と日吉大社の2つのパワースポットも参拝してみてください。

関連記事

Original
この記事のライター
Yukilifegoeson

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ