ロオジエは銀座で話題のフレンチレストラン!ドレスコードやメニューを調査

「銀座のロオジエ」といえばミシュランガイドにて毎年多くの星を獲得する、言わずと知れた東京都を代表するフレンチの名店です。「銀座のロオジエ」のドレスコードや個室の予約、アクセスをはじめとした店舗情報をはじめ、ランチにて楽しめるコースメニューの詳細をご紹介します。

ロオジエは銀座で話題のフレンチレストラン!ドレスコードやメニューを調査のイメージ

目次

  1. 1ロオジエで豪華に銀座フレンチ!
  2. 2銀座のロオジエのドレスコード
  3. 3銀座の一流フレンチレストラン『ロオジエ』
  4. 4銀座のロオジエのランチメニュー
  5. 5銀座のロオジエの店舗情報
  6. 6銀座のロオジエの予約方法
  7. 7銀座のロオジエへのアクセス方法
  8. 8銀座のロオジエで豪華な食事を楽しもう

ロオジエで豪華に銀座フレンチ!

銀座の「ロオジエ」といえば関東をはじめとしたエリアにお住まいの方には、いわずと知れたフレンチの有名店です。1973年創業のフレンチレストランであり、銀座にゆかりの深い「柳」を意味するフランス語「osier」が店名の由来です。

45周年を迎えた銀座のロオジエでは、経営する「資生堂」の企業理念である美しい生活文化の創造を、自慢のフレンチを通じて発信しています。

銀座のロオジエでは創業以来、「料理」はもちろん外観や店内の「ロケーション」そして超一流の「サービス」のいずれでも常に最高峰を目指し続けており、その企業努力は現在でも抜かりがありません。

世界的に活躍する有名デザイナー「ピエール・イヴ・ロション」氏によってデザインされた空間に、エグゼクティブシェフである「オリヴィエ・シェニョン」氏による料理の数々は優雅で至福のひと時を提供するには十分すぎる内容です。

創業40周年となる2013年にはリニューアルオープンを果たしており、ますます勢いに乗る銀座フレンチの名店です。

ここではそんな銀座のロオジエの気になるドレスコードやロケーション、ランチメニューに個室を含めた予約に関する情報、店舗情報やアクセス情報など銀座のロオジエを徹底的にご紹介していきます。とくに初めて訪れる方はチェックが必要な内容ばかりなので、どうぞ最後までご覧ください。

ミシュランガイドにて数々の星を獲得する名店

銀座のロオジエはかの有名な「ミシュランガイド」にて過去に「二つ星」そしてついに2019年に「三つ星」を獲得することに成功しました。

そもそもミシュランガイドの二つ星とは「遠回りしてでも訪れる価値がある素晴らしい料理」を提供する優れたレストランに付与される輝かしい勲章です。

銀座のロオジエが二つ星を獲得したのは2014年から2017年にかけての4年連続と、日本においては希少な存在ともいうことができ、正真正銘のフレンチの名店であることが証明されました。

ちなみに2019年に銀座のロオジエが獲得したミシュランガイドの三つ星とは「そのために旅行する価値がある卓越した料理」を提供するレストランであることが認められた名店にだけ与えられます。

この三つ星を獲得したことで今後はますます混雑を見せるであろう銀座のロオジエですが、とくに日本への観光の際にミシュランガイドを参考にする外国人観光客は非常に多いといわれているため、銀座のロオジエを気になりながらも来店されていなかったという方や来店される予定だったという方は、いまが絶好の機会ということができそうです。

銀座のロオジエのドレスコード

ここで銀座のロオジエのドレスコードについてご紹介します。銀座のロオジエに訪れる際には、銀座のロオジエは都内はもちろん日本を代表するほどのフレンチの名店のため、一定のドレスコードのようなものがあるという認識を持っておくことが大切です。

かといって、銀座のロオジエでは決して厳しいドレスコードが設けられているわけではありません。

「スニーカー」や「サンダル」、「ジーンズ」「ショートパンツ」といったラフすぎる格好はもちろん論外となりますが、基本的には銀座のロオジエのコンセプトや店内の景観を崩さないドレスコード程度を求められているのであって厳密なドレスコードが存在しているわけではありません。

男性はジャケット着用

たとえば男性であれば無難なドレスコードの代表的な「ジャケット」を羽織る程度のドレスコードを、女性であれば「ワンピース」や「スーツ」といった程度のドレスコードであれば十分です。

もちろんこれらはあくまで無難なドレスコードについてのご紹介であるため、もちろんこれ以上にとびきりのおしゃれをして銀座のロオジエに訪れればさらに歓迎されることでしょう。

銀座の一流フレンチレストラン『ロオジエ』

銀座のロオジエは「グランメゾン」の名に相応しい品格と品質そして遊び心をくすぐるフレンチの数々を提供します。

2013年にエグゼクティブシェフに就任したオリヴィエ・シェニョン氏によるどれをとっても超一流と称されるフレンチの数々はもちろん、外観や内装といったロケーションにも注目してみましょう。

ドレスコードをもつ厳格な雰囲気の中楽しめるフレンチレストランでは、他のフレンチレストランとは一線を画すサービスや、特殊な店内の構造によっても訪れる人々を驚かせてくれることでしょう。

エントランスにはドアマン

銀座のロオジエの店内エントランスにはドアマンが常駐しています。なんともセレブリティな演出ですが、そのドアマンに予約人数を告げれば食事をするスペースへとつながる重厚な扉をそのドアマンが開け、大きなシャンデリアの見える空間に通してもらうことができるのです。

こういった演出によって膨らむ料理への期待や、特別感を楽しむことができることにも銀座のロオジエが名店であり続けている理由のひとつとなっていることは間違いありません。またドレスコードについてもここでさりげなくチェックされることとなります。

9メートルの吹き抜け天井

メインダイニングとなる空間には高さが9メートルにもなる吹き抜けになっています。冒頭でも触れた世界的な活躍をみせるデザイナーのピエール・イヴ・ロション氏の手掛けたダイニングでは、料理が登場する前もそして食事中であっても料理をより引き立てるためのさまざまな演出で訪れる人々の目を楽しませてくれることでしょう。

銀座のロオジエのランチメニュー

ミシュランガイド三つ星レストランである銀座のロオジエの本領が発揮されるのはやはりディナーにおけるコースメニューそしてアラカルトメニューです。

しかし銀座のロオジエは敷居を高くすることなく、一般の人も気軽に訪れることができるようランチメニューもご用意しています。ランチメニューとはいっても、料理のひとつひとつに一切手を抜くことなく、どれも完璧な仕上がりと評判です。

とくに大切な人とのランチを銀座界隈にて探す際にはご紹介中の銀座のロオジエであれば外れることはまずありません。

日本有数の実力を持つといわれるフレンチのシェフに最高の空間とおもてなしをランチ価格にて楽しめる銀座のロオジエのランチのコースメニューは、特別なひと時でなくとも美味しい食事をしたいというときにでも十分に活躍してくれる充実した内容です。

月一の贅沢でママ友や女子同士のご利用、もちろん家族との食事やお祝い事にももちろん気軽にご利用いただける内容のランチコースメニューのご利用をご検討ください。

銀座のロオジエではたとえランチでも飽きがあれば、そして人数さえ揃えば個室の予約もできるため、予約時に詳細を問い合わせてみましょう。

銀座のロオジエでのランチ・ディナー時に留意すべきこと

銀座のロオジエにて楽しむことのできるフレンチのメニューは「ランチ」と「ディナー」に分かれます。ディナーより比較的予約のとりやすいといわれるランチですが、そのランチにも2つのコースメニューがあります。

「MENU DÉJEUNER」では10,000円、「MENU LES BELLES GOURMANDES」14,000円というふたつのコースメニューですが、ここにサービス料12%が加算された金額がランチの合計金額となる形となります。

ヨーロッパテイストの強い本格フレンチレストランだけに、サービス料いわゆるチップを含めた金額を考慮しておくのは私たち日本人にはなかなかなじみがないだけに注意が必要です。

またこのサービス料に関してはランチのみならずディナーにも適用されるためご注意ください。季節によってメニューが変わり、素晴らしいフレンチのコースを楽しめます。

伝統を継承しながらも新たな味で革命を起こそうと情熱を高め続けるオリヴィエ・シェニョン氏による、変化を恐れない革新的な一皿はランチコースメニューであっても衰えることはありません。

肉料理

ここではランチコースメニューのメイン料理にて楽しむこのとできる「肉料理」についてご紹介をしていきます。ランチのコースメニューのメイン料理となる肉料理は、その時々で最も旬の食材を提供するために、時期によって内容が異なることをご了承ください。

ある日の一例を挙げるのであれば「プラチナポーク」別名「白金豚」を贅沢に使用したメニューが登場しました。

このプラチナポーク別名白金豚は、餌から飼育方法にまで徹底的にこだわった上質な肉質を持つ豚に、「白トリュフ」とのマリアージュを楽しめる一皿が提供されています。

柔らかく上質な豚肉と、香り豊かな白トリュフのハーモニーをこころゆくまで堪能できまさに至福の時間を楽しむことができるでしょう。

ここではほんの一例をあげましたが、銀座のロオジエのランチコースメニューにおけるメインのひとつ肉料理は、何が出てきてもクオリティ面で劣ることは決してなく、期待を裏切るようなことはありません。

舌ではもちろん、メインダイニングスペースを含め目でも楽しむことのできる銀座のロオジエのランチコースメニューは記念日などの利用にもおすすめです。

いずれの肉料理との最高の相性を見せる「赤ワイン」や「シャンパン」といったアルコールメニューと共に最高の時間をお楽しみください。

シーフード料理

続いてご紹介するのは、ランチコースメニューのメイン料理において楽しむことのできる「シーフード料理」についてです。銀座のロオジエのランチコースのメインメニューにはお肉料理だけではなく、もちろんシーフード料理も用意されています。

お肉料理に負けず劣らずの絶品のシーフードだけに、非常におすすめの料理ばかりです。こちらもある日の一例ですが、プリプリした大ぶりで新鮮な「オマール海老」は銀座のロオジに限らずフレンチでは欠かせない鉄板のシーフードメニューです。

焼きすぎず焼かなすぎずの職人技による微妙な火の入れ具合で楽しむことのできるオマール海老は、抜群の歯ごたえがたのしめるだけではなく、絶妙な火加減だからこそ楽しむことのできる香ばしい風味と旨味を堪能することができます。

またフレンチの定番シーフードメニューであるオマール海老による料理の数々は、もちろん銀座のロオジエのディナーにおいても様々な料理にアレンジされてよく登場します。

料理だけではなく、このオマール海老を贅沢に使用したソースは各メニューにて顔を出すことがあり、とくにオマール海老の独特の風味との相性が抜群の料理には登場する機会が多いため、銀座のロオジエではオマール海老を堪能する機会に恵まれることでしょう。

またその他でも例えば「鯛」を贅沢に使用したシーフード料理などでも見られるように、メイン料理となるシーフードには必ずといってもよいほど「フォアグラ」などをはじめとした超高級食材とのコラボレーションを楽しむ一皿に仕上げられています。

そのままとはいわずぜひシーフード料理との相性が抜群の銀座のロオジエが厳選した「白ワイン」と一緒に楽しまれることをおすすめします。

もちろん肉料理との最適の相性を見せたシャンパンですが、シーフード料理とも相性が抜群のためぜひマリアージュを楽しみたいアルコールメニューのひとつです。

赤白を含めたワインやシャンパンといったアルコールメニューは続いてご紹介するデザートとの相性も最高のため、ぜひとも組み合わせの妙やアクセントとしてもお楽しみください。

デザート

ある意味では訪れる人の大きな楽しみともなっているのが、銀座のロオジエの名物デザートの数々です。メインとなるフレンチメニューに負けないくらいに楽しみとしてご来店されるリピーターも多いという、銀座のロオジエの人気のデザートの数々をご紹介します。

銀座のロオジエのデザートメニューはパティスリー顔負けの内容と充実ぶり、そして美味しさを誇ることはいうまでもありません。

フレンチコースメニューのデザートの定番でもある「デセール」、「プティフール」、「プレデセール」と、フレンチや甘いものがお好きな方であればだれもが唸るほどの出来栄えです。

とくにプティフィールの「デザートワゴン」は女性に喜ばれることが多く、デートにて銀座のロオジエでランチをお考えの方であれば必見の内容です。

デザートワゴンでは可愛らしいデザートを好きなデザートメニューを好きな分だけ楽しめるスタイルにて提供されるサービスであり、思わず目移りしてしまうこと、そして目に入った時の嬉しそうな顔は想像するだけでもサプライズしてみる価値のあるメニューです。

もちろん銀座のロオジエにて提供されるデザートは、当然ながらデザート食べ放題のお店とは製造工程からまったくことなり、ひとつひとつの質や手間暇のかかり方ひとつとってもサービスメニューとしていただけるクオリティのものではありません。

一流のパティシエが材料にこだわり、製法にこだわり抜きひとつひとつ手間暇を惜しんで作られたデザートであり、まさにアートです。

女性に限らずですが、銀座のロオジエは真骨頂ともいえるこのデザートワゴンを味わうまでは銀座のロオジエを堪能したとは言えません。それほどまでに渾身のデザートメニューということができます。

銀座のロオジエ自慢のデザートワゴンを楽しむと時には、シェフ・パティシエ自らが顔を出すこともあるため、そうそうたる顔ぶれの厨房の方々とも交流するきっかけともなり得るでしょう。

銀座のロオジエの店舗情報

ここからは銀座のロオジエの営業時間やアクセスといった基本的な店舗情報についてをご紹介していきます。また初めて訪れる方が抑えておきたいのは、予約やとくに個室に関する予約についてではないでしょうか。

ここでは個室の予約に関することももちろんご紹介していくので、不安な方はぜひとも参考にされてみてください。

銀座のロオジエの営業時間は基本的な定休日である日曜日と月曜日を除くランチタイム12時から、ラストオーダーである13時30分まで、そしてディナーは18時からこちらもラストオーダーを20時30分までと設けています。

祝日に関しては不定休となり、またお盆休みや年末年始に関しても毎年異なったタイミングにてお休みをされているようなので、それらのタイミングにて訪れる際には必ず電話にて問い合わせたうえで来店されるようお願いします。

いずれのお食事代金にもサービス料金として飲食代金の12パーセントが上乗せして発生する点にご注意ください。また店内は個室を含めて全面禁煙となりますので併せて注意が必要です。

住所 東京都中央区銀座7-5-5
電話番号 03-3571-6050

銀座のロオジエの予約方法

ここからは銀座のロオジエの個室を含めた予約に関する情報についてご紹介をしていきます。銀座のロオジエにて楽しむお食事はランチ・ディナーに関わらず完全予約制となっています。

銀座のロオジエの平日の予約は1週間前でも予約できることもありますが、土曜日はやはり混雑を極めているためとにかく早めの予約が求められます。

予約方法については基本的には電話による予約もしくは予約代行サービスを介することとなります。

お車にてご来店の方はこの予約の際にお車でお越しである旨を伝えれば、銀座のロオジエ専用の駐車場を案内されます。そのためお車の方は電話にて予約時に駐車場を利用する旨を申し出ることをおすすめします。

電話予約の受付時間

銀座のロオジエへの訪問日が決まり、いざ電話にて予約をする際の気になる予約受付時間についてご紹介をしていきます。個室を含めた銀座のロオジエの予約受付時間については営業時間とは異なり、10時から22時までとなります。

しかしながら受け付けるのは当然ながら営業日のみの対応となるため、先ほどご紹介をした営業日を参考の上ご連絡をお願いします。予約専用ダイヤルに関してはフリーダイヤルもご用意していていますが、先ほどご紹介した直通の電話番号でも予約を承っています。

もちろん予約代行サービスを介しての予約を利用される方は気にされる必要はありません。個室の予約についてもいずれも同じ内容です。

人数が揃えば個室予約がおすすめ

ここでは気になる銀座のロオジエの個室の予約についてご紹介します。銀座のロオジエでは、ランチ・ディナーに関わらず個室の予約も承っています。

個室をご利用時の室料は時間帯で異なりランチ時には税込価格10,800円、そしてディナー時ご利用の室料は税込価格21,600円です。最大で20名様までに対応した個室では、特別な記念日や気の置けない仲間同士の集まりなどにも素敵な空間にて応えてくれます。

個室を予約される際の注意点としては、個室をご利用の方はコースメニューのみの利用となりアラカルトメニューは提供されない点にあります。ランチ・ディナーともに共通のルールですので、予めご了承ください。

銀座のロオジエへのアクセス方法

ここでは公共交通機関による最寄り駅からのアクセス所与時間や、お車でご来店による際の駐車場情報についてご紹介をしていきます。

まずは電車からのアクセスについてですが、銀座のロオジエへ訪れる差には基本的には3つの駅「銀座駅」「新橋駅」「有楽町駅」から訪れるのが一般的です。

まず最寄り駅であるJR新橋駅にて下車をした際には「銀座口」から徒歩にして約6分、地下鉄銀座線銀座駅の最寄出口からでは徒歩にしておよそ7分、そしてJR有楽町からであれば最寄出口から徒歩8分ほどと十分に徒歩圏内です。

バスをご利用にて銀座のロオジエへお越しの方は都営バス「銀座西六」の停留所で降りれば銀座のロオジエはすぐ目の前、徒歩にすると1分もあれば到着が可能です。そのため歩くのが煩わしいという方や悪天候時にはバスによるアクセスは非常におすすめです。

銀座のロオジエへお越しの際にはお車によるアクセスもおすすめです。銀座のロオジエでは専用の駐車場を完全予約制にて10台完備してくれているため、スマートに駐車し店内に向かうことができます。予約時に車で伺う旨を伝えることを忘れないようにしましょう。

銀座のロオジエで豪華な食事を楽しもう

銀座のロオジエのランチ情報や個室の予約に関して、そしてドレスコードなどについてご紹介をしてきました。ミシュランガイドの星をついに三つ獲得した銀座のロオジエですが、とくにランチ時の利用には想像よりもリーズナブルな金額にて楽しめるという印象を持たれた方も多いと思います。

ぜひ銀座のロオジエのランチに足を運んでいただき、お口に合えば今度はディナーにて三つ星店である銀座のロオジエの真骨頂を楽しまれてみてください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
小松

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ