「加賀ゆびぬき」がカラフルでかわいい!アクセサリーはお土産にも人気!

加賀ゆびぬきは、元禄時代の頃にお針子が使っていました。それぞれ一つ一つに色柄が違う加賀ゆびぬきは裁縫道具でした。それぞれ模様が違う色柄で人気を集めています。インテリアだけではなくアクセサリーになる加賀ゆびぬきを紹介します。

「加賀ゆびぬき」がカラフルでかわいい!アクセサリーはお土産にも人気!のイメージ

目次

  1. 1加賀ゆびぬきのある加賀はどんなところ?
  2. 2加賀ゆびぬきと一緒におすすめのお土産は?
  3. 3加賀ゆびぬきはどんなもの?
  4. 4加賀ゆびぬきと加賀友禅とは?
  5. 5加賀ゆびぬきの歴史
  6. 6加賀ゆびぬきの模様はかわいい!
  7. 7加賀ゆびぬきは人気の理由は?
  8. 8加賀ゆびぬきがお土産におすすめ!
  9. 9加賀ゆびぬきは女子人気のお土産!
  10. 10加賀ゆびぬきは人気のアクセサリー
  11. 11石川に旅行に行った時に加賀ゆびぬきを作れる?
  12. 12加賀ゆびぬきがおすすめはどんな模様?
  13. 13加賀ゆびぬきはどこで買える?
  14. 14加賀ゆびぬきの他に石川の人気のお土産は?
  15. 15加賀ゆびぬきは通販でも買える!
  16. 16石川県のおすすめの観光スポット
  17. 17加賀ゆびぬきはお土産におすすめ!

加賀ゆびぬきのある加賀はどんなところ?

加賀ゆびぬきは、石川県のお針子が使っていた裁縫道具です。加賀ゆびぬきは、色鮮やかで美しい模様がかわいいと評判です。

加賀ゆびぬきの魅力を知るためには、石川・加賀藩の歴史と一緒に加賀ゆびぬきの歴史を紹介します。加賀藩の城下町が金沢市です。伝統工芸品も数多くあり、江戸時代は職人の町でした。

九谷焼き、金沢箔と加賀友禅は今でも金沢市の名産品です。金沢市は石川県だけではなく日本を代表する伝統工芸の伝統を受け継いでいます。金沢市は、江戸時代の街並みがまだ残っています。今でも武家屋敷跡の通りは江戸時代の石畳の道と土塀が残されています。

加賀ゆびぬきと一緒におすすめのお土産は?

石川といえば、加賀百万石の言葉を思い出します。そして、加賀といえば、加賀友禅が有名です。加賀友禅は、反物や着物だけではありません。最近では加賀友禅で作られたポーチが人気を集めています。

加賀友禅と同じように有名なのが、加賀手毬です。最近では、人気のお土産は、加賀ゆびぬきが注目されています。

加賀ゆびぬきはどんなもの?

石川県金沢市は、加賀百万石の前田家の城下町です。ここでは、昔から和服を仕立てるお針子がたくさんいました。お針子の仕事は、和服を仕立てます。その時に、仕立てる時にいつも指にはめていたのが加賀ゆびぬきでした。

特に加賀友禅に使われる絹糸は、光沢があり色が鮮やかなので、出来上がった加賀ゆびぬきの美しい模様を描きます。お針子は、昔から自分だけの加賀ゆびぬきを作りそれを愛用していました。

加賀ゆびぬきと加賀友禅とは?

江戸時代の中で仕事をすればするほど生活が豊かな時代でした。加賀友禅は、約500年前に生まれた反物です。加賀友禅で作られた着物は、金箔や刺しゅうを使っていない反物で仕立てた着物です。

加賀結前を仕立ている時にお針子は絹糸を使いますので、上品で落ち着いた感じの着物です。江戸時代の花町の東茶屋町の芸者たちは、特別な時だけ加賀友禅の留めそでを着ます。東茶屋町の芸者たちはその伝統を受け継ぎます。

結婚式の伝統として加賀友禅と織られた「花嫁のれん」をくぐります。これは、親元から離れ嫁ぎ先の人になることを示しています。

加賀ゆびぬきの歴史

元禄時代の石川の金沢市で加賀友禅を仕立ていたお針子は、裁縫するときに加賀ゆびぬきを必ず使っていました。

着物の絵柄や布の色調を合わせるたびに、色を変えて仕立てた後の糸を、大切にためていました。正月の休みの時に自分専用の加賀ゆびぬきを必ず作っていました。

石川県の女性が加賀ゆびぬきを手作りできます。加賀ゆびぬきは、針の頭が引っ掛かり滑らない。かわいい模様だけではなく実用できる裁縫道具です。それを知った石川・金沢市の裁縫できる人は自分で加賀ゆびぬきの作り方を覚えました。

加賀ゆびぬきは親から子どもへ継承する文化!

今でも石川の家庭では、母親が娘のために裁縫をうまくなるように願いを込めて加賀ゆびぬきを作っています。ひな祭りの時期にはひな壇に飾るために加賀ゆびぬきを作り子どもの健やかな成長を、祈りを込めて作っていました。

今でも、石川では、親から娘への加賀ゆびぬきは受け継いでいます。加賀ゆびぬきは、石川の人たちは子供の時から親から加賀ゆびぬきの作り方を継承しています。

加賀ゆびぬきの模様はかわいい!

石川県・金沢市のお針子が加賀友禅を仕立てた後に余った絹糸と布、真綿などでできた加賀ゆびぬきは、それぞれの色調と微妙な色の組み合わせが鮮やかな模様を作られています。隙間なく反物に縫い込まれた加賀ゆびぬきは、光の当たり具合で糸の影がカラフルな模様を描いていてかわいいと女性に人気のお土産です。

加賀ゆびぬきは人気の理由は?

加賀ゆびぬきは、石川で続いている加賀友禅のお針子が自分の裁縫道具の一つとして手作りしました。加賀ゆびぬきの人気の秘密は小さくてそれぞれの模様がかわいいと言われています。

お針子の個性と縫い方に違いで一つ一つの加賀ゆびぬきの模様が違います。加賀ゆびぬきは、それぞれの色形だけではなく模様がちがいます。まるで加賀ゆびぬきは万華鏡のようだと感想をよく聞きます。

加賀ゆびぬきがお土産におすすめ!

加賀ゆびぬきは、絹糸の鮮やかな色が織り込まれ模様がおすすめです。しかも、小さい輪に、赤と黄色と色鮮やか絹糸が織り込まれています。加賀ゆびぬきは、芸術性のあふれた伝統工芸品です。加賀ゆびぬきは、芸術的に美しい模様ですので、部屋のインテリアにおすすめのお土産です。

加賀ゆびぬきは女子人気のお土産!

金沢市は、古都の雰囲気を感じる町として知られています。日本を代表する伝統工芸品が残されています。伝統工芸品の技術を受け付き現代風にアレンジをした加賀ゆびぬきはいま女性に人気のお土産です。

加賀ゆびぬきの人気の秘密は、それぞれの加賀ゆびぬきの模様と色彩が違います。ペンダントトップと、スカーフリングのアクセサリーにしてもかわいいと人気のお土産です。

Thumb金沢の雑貨お土産おすすめ15選!九谷焼など女子ウケ抜群のかわいい商品を紹介!
金沢は歴史的建造物も多く残り、国内海外問わず大変人気の観光スポットです。そんな金沢には女性に...

加賀ゆびぬきは人気のアクセサリー

加賀ゆびぬきのそれぞれの模様は、色とりどりの絹糸で縫い合わせています。加賀ゆびぬきは、インテリアだけではなく、アクセサリーも人気のあるアイテムです。それぞれの配色と模様は、加賀てまりの華やかさと和服の清楚な雰囲気を感じさせます。

加賀ゆびぬきは。アクセサリーになるのが人気の秘密です。しかも、同じ色合いと模様はありません。自分だけのアクセサリーになる加賀ゆびぬきは女性におすすめのお土産です。

加賀ゆびぬきの模様を生かして金具を通してピアスやネックレスとして販売しているお店もあります。

石川に旅行に行った時に加賀ゆびぬきを作れる?

加賀ゆびぬきは、加賀友禅のお針子がお正月休みで、大切にためていた絹糸を縫い合わせたのが、加賀ゆびぬきです。お針子の職人技を生かし美しく小さくてかわいい模様がおすすめです。

加賀ゆびぬきは、お土産におすすめですが、加賀ゆびぬきを簡単に作る教室があります。それが、加賀てまりの専門店手毬です。そこでは、加賀ゆびぬきを一日体験教室で作り方を体験できます。

加賀ゆびぬきがおすすめはどんな模様?

加賀ゆびぬきは、加賀友禅のお針子たちが裁縫道具として縫い合わせた裁縫道具です。美しい模様でしかもかわいく、それぞれに違う模様があり、観賞用としてお土産に買う人もいます。

それぞれの加賀ゆびぬきは、色鮮やかな糸で縫い合わせています。糸の色の組み合わせて様々な模様を描いています。加賀ゆびぬきは、ためていた糸で作っていますので、同じ色や模様の加賀ゆびぬきはありません。

加賀ゆびぬきは、いろいろな柄の模様がありまがあります。その中の代表的なのはうろこは、三角形の模様の「うろこ」は、魚のうろこのように規則正しく並べる模様です。波型の模様の加賀ゆびぬきは「青海波(せいがいは)」が有名です。

加賀ゆびぬきはどこで買える?

加賀ゆびぬきは、東京に石川県のアンテナショップで買えます。そこでは、加賀てまりの毬屋の加賀ゆびぬきを中心に置いています。

石川に旅行した時には、金沢市の加賀てまりの専門店の毬屋がおすすめです。加賀ゆびぬきとてまりを専門店として製作と販売をしています。また、どんな模様の加賀ゆびぬきがほしいのか希望を聞いて製作しています。

加賀てまり・毬屋

金沢で、てまりを製作販売しているのが毬屋です。ここでは、毬屋独自の指ぬき作家・大西由紀氏が選んだ色を染めた糸を販売しています。加賀ゆびぬきを家庭でも初心者でも作れる「はじめてのゆびぬき」の本を販売しています。

また、加賀てまり毬屋では、加賀ゆびぬきの会のイベントも開催されています。また、毬屋では、加賀ゆびぬき教室も開催していますので石川・金沢観光の時には、自分だけの加賀ゆびぬきを作れます。

住所 石川県金沢町南町5-2 小出南ビル
電話番号 076-231-7660

加賀ゆびぬきの他に石川の人気のお土産は?

伝統工芸品の技術を生かした水引は、朝顔のほかに海老と鯛の水引細工は美しく贈答品を結ぶ印として昔から作られています。加賀水引で作られたアクセサリーは今まで培った加賀水引をモチーフにアレンジされたアクセサリーが人気のお土産です。

加賀友禅は高い着物ですが、その模様をアレンジにした香袋が人気のお土産です。そのほかにも加賀友禅の技法で作られたハンカチがおすすめです。

加賀てまりは、石川で昔から伝わる郷土玩具で有名ですが、それを小さくアレンジをした加賀てまりストラップは、てまりの鮮やかな色合いをそのまま小さくしていますので女性に人気のお土産です。

加賀ゆびぬきは通販でも買える!

加賀ゆびぬきは、通販でも簡単に買うことができます。おすすめの色柄だけではなく、かわいい模様の加賀ゆびぬきを選べます。

そのほかには、加賀ゆびぬきを使ってかわいいネックレスとピアス、イヤリングなどをアレンジして販売をしています。

加賀ゆびぬきを使ってかわいいネックレスとピアス、イヤリングなどをアレンジして販売をしています。また、自分でかわいい加賀ゆびぬきを作りたい時には、手作りのキットも販売をしています。裁縫が好きな人にはおすすめです。

石川県のおすすめの観光スポット

北陸新幹線が開通して、交通の便利がよくなった石川県は、気軽に訪れる機会が増えてきました。ここでは石川県のおすすめの観光スポットを紹介していきます。古都の落ち着いた趣と、加賀百万石の前田藩の城下町の金沢はかつては、武家屋敷跡が残されています。日本の歴史と和の心の見どころのある観光スポットを紹介します。

妙立寺(忍者寺)

別名忍者寺としられるこの寺は、別名忍者寺と言われています。しかし忍者と関係なく仕掛けが多い寺として知られています。それは当時の加賀藩は、外様大名なのに財政が豊かなために監視の対象になっていました。

加賀征伐の計画などが出てきたことを知った加賀藩は、防衛体制を整えていた時代でした。妙立寺は、加賀藩の防衛の最前線の砦として作られました。忍者寺といわれる妙立寺は、様々な仕掛けがあり、大人も子供と同じように忍者気分で楽しめるお寺です。

東茶屋街

金沢の古都の空気が感じるのが、江戸時代の建物がそのまま残っている街並みです。そのため、日本だけではなく外国からの人気の観光地になっています。国の重要伝統的建造物群保存地区に選ばれたのも、この東茶屋街は、情緒あふれる風情が魅力的な街並みです。

着物をレンタルして古都の街並みを歩いてみることもできます。五木寛之の代表作「朱鷺の墓」の舞台の町として有名です。ここでは、和の風情を楽しむために多くの観光客が訪れています。

千里浜なぎさドライブウェイ

日本でここだけ砂浜をドライブできる海岸です。石川県の羽昨市(はくいし)千里浜町(ちりはままち)から羽昨郡宝達志水街(ほうだつしみずちょう)の間の海岸は、ドライブ好きな人におすすめのドライブコースの一つです。

約8Kmの長い海岸は1968(昭和43)年に国定公園に指定されました。この海岸の風景は眺めがよく。1年を通じて車好きの人だけではなく、美しい北陸の海の風景を撮影する人に人気のある海岸です。

日本海の美しい風景を楽しむことができる温泉地として有名です。七尾湾と能登島の景勝地の温泉地として有名です。200年前にしらさぎが傷を癒しているのを地元の漁師が見つけたのがこの温泉でした。

加賀藩主の前田利長がはれ物の治すつもりで取り寄せたのがこの温泉から取り寄せた温泉の湯で治療したといわれています。そのこともあり、加賀藩は湯治のために整備したのが和倉温泉の始まりといわれています。

兼六園

歴史的文化遺産の一つであり、日本の三名園の一つです。1年中を通して日本の季節を楽しめるこの庭園は回遊池泉式庭園として有名です。広い庭園の中には、池や滝のほかに山も作られています。池から滝からの小川が流れています。

ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン(ミュシュランの観光ガイド)では三ツ星を獲得してから海外からの観光客 が多くなりました。

白米千枚田

石川家の輪島市の白米町にある棚田です。日本棚田百選に選ばれ、国指定文化財名勝に指定されました。小さい棚田は重なり日本海まで続いていく風景は石川県の人気の観光スポットになっています。狭くて小さい水田が4ヘクタールの広さに広がっています。

枚数はおよそ1000枚の棚田が日本海に面して続いている絶景は人気のある観光地になっています。田植えが始まる頃には、水面が光が反射して輝く風景が有名です。夏の棚田と日本海の風景は、のどかな日本の農村の風景として有名な観光地です。

武家屋敷跡・野村家

石川県金沢市は古都として有名の街です。江戸時代の名残をとどめている茶屋街に、日本名園と言われる兼六園のほかに武家屋敷跡が残されています。加賀藩の武士の屋敷が並んでいる長町(ながまち)の通りは江戸時代と同じく石畳や土塀が今も残る街並みです。

その中で武家屋敷と庭園を見学できるのが武家屋敷跡・野村家です。土塀と石畳の道を歩いていると、静かでどこか懐かしく感じます。野村家の当主は野村伝兵衛信貞(のむらでんべえのぶさだ)です。

書院造の和室から眺める日本庭園がおすすめの絶景のポイントです。そして濡れ縁からの日本庭園は、樹齢400年のヤマモモをはじめ、大野庄用水から引いた水は濡れ縁の傍で流れる曲水を施した庭園は、屋敷との調和を日本建築の素晴らしさに訪れる人の心は奪われるでしょう。

加賀ゆびぬきはお土産におすすめ!

いかがでしたか。今回は石川県で模様がかわいいと評判の加賀のゆびぬきを紹介しました。それぞれの加賀ゆびぬきの模様が違うので人気の秘密です。石川の方に旅行に行った時にはぜひとも加賀ゆびぬきの作り方教室もありますので、自分だけの加賀ゆびぬきを作ってみませんか?

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
伸佐

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ