「とり平」は新梅田食道街の人気焼き鳥屋!鴨などおすすめの絶品メニュー紹介!

この記事では、とり平の魅力を紹介しています。とり平は、新梅田食道街にある人気の焼鳥屋です。今回は、そんなとり平のおすすめメニュー、おすすめコース、店舗情報などを丁寧に解説します。とり平に行く予定の人は、本記事をじっくり読むことをおすすめします。

「とり平」は新梅田食道街の人気焼き鳥屋!鴨などおすすめの絶品メニュー紹介!のイメージ

目次

  1. 1「とり平」のおすすめ人気メニューを徹底紹介
  2. 2大阪で旨い焼き鳥を食べるなら「とり平」
  3. 3とり平の外観・内観
  4. 4とり平のおすすめ人気メニュー3選
  5. 5とり平のおまかせコース
  6. 6とり平の店舗情報
  7. 7とり平へのアクセス方法
  8. 8とり平のこだわりの焼鳥を食べよう

「とり平」のおすすめ人気メニューを徹底紹介

この記事では、梅田にお店を構える「とり平」の魅力をまとめています。とり平は、大阪府の梅田食道街に本店を構える人気の焼鳥屋です。そこで今回は、とり平のおすすめ人気メニュー、おすすめのコースメニュー、お店の外観と店内、アクセス方法などをわかりやすく解説します。とり平に行こうと考えている人は、ぜひ最後まで読んでみてください。

大阪で旨い焼き鳥を食べるなら「とり平」

初めに「とり平」がどんなお店なのか紹介します。とり平は、大阪府大阪市の梅田に本店を構える焼鳥屋です。

とり平がオープンしたのは、昭和26年の12月のとき。当時から焼鳥を中心としたメニューを揃えていて、現在では仕事帰りのサラリーマンの憩いの場となっております。ちなみに、現在の「新梅田食道街」に移動したのは、昭和42年の頃のようです。

新梅田食道街に並ぶとり平のグループ店舗

大阪市の梅田にある人気焼鳥屋「とり平」は、新梅田食道街に店舗が集中しています。なんと新梅田食道街だけで、とり平の店舗が4つもあるんです。

新梅田食道街だけで店舗が4つもあるのでしたら、大阪駅や梅田駅で下りたとき、容易に焼鳥屋で美味しい串焼きとお酒を楽しめます。大阪市で美味しい焼鳥を食べたいと思っている人は、大阪駅か梅田駅に電車で行けば、とりあえず問題ありません。

とり平の外観・内観

大阪市の梅田にある人気焼鳥屋「とり平」のおすすめメニューを紹介する前に、まずはとり平のお店の様子からお話しします。

美味しい料理はまずお店の雰囲気から。とり平は、お店の外観と内観の両方が、焼鳥メニューと非常にマッチしていました。

というわけで、こちらでは、とり平の外観と内観を項目別にわかりやすく紹介します。とり平には店舗がいくつかありますが、基本的にどこも外観と内観が同じです。なので、どのとり平の店舗へ行っても、お店の雰囲気は変わりません。

外観

まずはじめに、大阪市の梅田にある人気焼鳥屋「とり平」の外観からお話しします。新梅田食道街にあるとり平は、その食道街の景観をくずさず、かつ焼鳥屋らしいステキな外観をしていました。

とり平の外観は「赤ちょうちん」が目に入ります。「とり平」「焼き鳥」と書かれた赤ちょうちんは、一瞬でとり平のお店だと理解させてくれます。

とり平は基本的に扉が開放されていますので、お店の前を歩くと焼鳥の良い香りがします。とり平の焼鳥の香りを嗅ぐと、足を止めないではいられません。

内観・メニュー

続いて、大阪市の梅田にある人気焼鳥屋「とり平」の内観について。とり平の内観は、焼鳥屋らしい、居酒屋らしい雰囲気が流れていました。

基本的にカウンター席しかないのが、とり平の内観の特徴です。カウンター席なので、お店で知り合った人と楽しく飲み食いできるのも、とり平の醍醐味でしょう。温もりを感じられる灯りのなか食べる焼鳥は、家で食べるより美味しく感じます。

とり平のおすすめ人気メニュー3選

それでは、本記事を開いた多くの人が気になっているであろう、「とり平」のおすすめ人気メニューを紹介します。この項目を読めば、大阪市梅田の人気焼鳥屋・とり平のおすすめメニューがばっちりわかります。

とり平のおすすめ人気メニューは、基本的に焼鳥メニューでした。その焼鳥メニューとは次の3品です。「ネオドンドン」「ネオゴールドダイヤ」「ネオネオホルモン」です。

とり平で美味しい焼鳥を食べたい人は、ネオドンドンを始めとした、これら3品を注文するのがおすすめです。それぞれの焼鳥メニューの特徴については、各項目を読めばわかります。まずは、1品目のおすすめ人気メニューである「ネオドンドン」からどうぞ。

ネオドンドン 450円

大阪市の梅田にある人気焼鳥屋・とり平のおすすめ人気メニュー、1品目は「ネオドンドン」です。ネオドンドンを簡単に説明しますと、「鶏の心臓」のことです。

ネオドンドンは、とり平の代表的なメニューです。とり平に訪れましたら、このネオドンドンを絶対に注文してみてください。

そんなとり平のネオドンドンは、鶏の心臓を強い火力でサッと焼き上げるのが特徴です。サッと焼き上げることで、絶妙な食感の鶏肉メニューができあがります。

クセになる食感と味わいのネオドンドンは、1度食べたら病みつきになります。気になるとり平のネオドンドンの価格ですが、ひと皿450円と判明しました。

ネオゴールドダイヤ 500円

大阪市の梅田にある人気焼鳥屋・とり平のおすすめ人気メニュー、2品目は「ネオゴールドダイヤ」です。ネオゴールドダイヤのゴールドは、鶏のお腹の中に入っている「産まれる前の卵」のこと。そして、ダイヤとは「うずらの卵」のことです。

とり平のネオゴールドダイヤで注目すべきはゴールドの部分、つまり産まれる前の卵です。この卵が非常に美味しいと評判なんです。半熟の卵が口いっぱいに広がるのがゴールドの特徴で、ゴールドの味に魅了されて何本も頼む人もいます。

ネオゴールドダイヤのゴールドは、他の焼鳥メニュー、焼鳥屋では決して味わえない味となっております。とり平に行かれましたら、ネオドンドンとセットで、ぜひネオゴールドダイヤも注文してみてください。ちなみにネオゴールドダイヤの価格は500円です。

ネオネオホルモン 500円

大阪市の梅田にある人気焼鳥屋・とり平のおすすめ人気メニュー、3品目は「ネオネオホルモン」です。ネオネオホルモンは、非常に脂が乗っていて男性に人気の一品です。

ネオネオホルモンとは、鴨の下腹のことを指しています。下腹の部分ですので、ちょうど水に浸っていて、脂が乗っています。旨みが凝縮している部分でもありますので、食べごたえがあります。仕事で疲れた男性に、ぜひ食べてほしいメニューです。

ネオネオホルモンの旨みを最大まで高めているのが、とり平自慢のタレです。とり平の秘伝のタレをネオネオホルモンにつけることで、より濃く、より美味しい味わいとなっております。ネオゴールドダイヤと同じで、病みつきになる美味しさです。

なお、ネオネオホルモンの価格ですが、ひと皿500円とわかりました。ネオゴールドダイヤと同じ価格設定です。500円支払うだけの価値はある焼鳥メニューです。

とり平のおまかせコース

大阪市の梅田にある人気焼鳥屋「とり平」に行きましたら、上記で紹介したおすすめ人気メニューを注文すると良いでしょう。おすすめ人気メニューも良いですが、とり平で焼鳥をガッツリ食べるのでしたら、更におすすめのメニューがあります。

そのおすすめメニューとは、とり平の「おまかせコース」です。おまかせコースとは、その名前のとおり、鶏肉や野菜の串焼きがおまかせで出てくるコースのことです。

リーズナブルな価格でたくさん串焼きを食べられるのが、とり平のおまかせコースの良いところです。とり平でガッツリ食べたい人は、おまかせコースを注文するのがおすすめです。なお、とり平には、おまかせコースが2通りありました。

コース内容

大阪市の梅田にある人気焼鳥屋「とり平」には、おまかせコースが2種類あります。そのおまかせコースとは、「おまかせAコース」と「おまかせBコース」の2種類です。

おまかせAコースとおまかせBコースでは、出てくるメニューが少し違います。まず、とり平のおまかせAコースのコース内容は、次のように設定されていました。

鶏の串焼きが7本、野菜の串焼きが1本、大根サラダ、これがとり平のおまかせAコースのコース内容です。これらのメニューが出て、価格は1700円となっていました。

次にとり平のおまかせBコースのコース内容ですが、鶏の串焼き5本、野菜の串焼き1本、漬物付きの焼きおにぎり、鶏がらスープのラインナップです。

これら8品が、とり平のおまかせBコースのコース内容となっております。おまかせBコースの価格も1700円ですので、お好きな方を注文してみましょう。

とり平の店舗情報

ここまでの間で、大阪市の梅田にある人気焼鳥屋「とり平」のおすすめメニューを解説しました。続きましては、とり平の店舗情報について紹介していきます。

先に言っておきますと、とり平の店舗は1軒だけではありません。とり平は、本店いがいにも店舗を展開していました。というわけで、この記事では、とり平の店舗の店舗情報を合計で3軒紹介します。気になるその3軒とは、次のとおりです。

人気焼鳥屋であるとり平の店舗は、「とり平・総本店」「とり平・北店」「とり平・本店」の3軒です。本記事では、これら3軒のとり平の店舗情報をじっくりお話しします。

店舗情報といいますと、営業時間や定休日、座席数などのことを指しています。とり平に行く前に店舗情報を把握していれば、どのとり平の店舗に行けばよいのか検討できます。それではまず、「とり平・総本店」の店舗情報から見ていきましょう。

総本店

大阪市の梅田にある人気焼鳥屋・とり平の店舗情報、1軒目は「とり平・総本店」です。とり平・総本店は、梅田駅からわずか60メートルしか離れていません。

とり平・総本店の営業時間は、平日はランチ過ぎから、休日はランチタイムから営業していました。平日は15時30分から22時、休日は12時から22時までが、とり平・総本店の営業時間です。休日に行けば、お店でランチを頂くことができます。

次にとり平・総本店の定休日について。先に言っておきますと、とり平・総本店には定休日が設定されていました。とり平・総本店は、毎週日曜日が定休日に設定されています。日曜日は決まってお休みですので、休日に行くなら土曜日か祝日となります。

最後にとり平・総本店の座席数ですが、全部あわせて15席とわかりました。座席の数はあまり多くありませんが、充実した時間を過ごすことができます。

北店

大阪市の梅田にある人気焼鳥屋・とり平の店舗情報、2軒目は「とり平・北店」です。とり平・北店は梅田駅から70メートルしか離れておらず、駅から徒歩1分でいけます。

まず、とり平・北店の営業時間を調べてみたところ、上で紹介した総本店とほとんど同じでした。とり平・北店は、平日だと15時30分のランチ過ぎからお店を開け、22時30分まで営業します。そして休日ですと、ランチタイムの12時から営業していました。

とり平・北店の定休日ですが、総本店とまったく同じでした。とり平・北店は、毎週日曜日が定休日に設定されています。日曜日が定休日ということで、平日は基本的にまいにち営業しています。平日がまいにち営業しているのなら、仕事終わりに行きやすいです。

とり平・北店の座席数は、総本店より3席すくない12席と判明しました。12席とあまり多くありませんが、お店の温かい雰囲気で食事を楽しめます。

とり平本店

大阪市の梅田にある人気焼鳥屋・とり平の店舗情報、3軒目は「とり平・本店」です。とり平・本店は、梅田駅から79メートルの場所にあり、歩いてアクセスできます。

基本的に、とり平は営業時間と定休日が共通のようです。とり平・本店の営業時間は、平日はランチ過ぎの15時30分から22時30分まで、休日は12時から22時までとなっていました。夜も営業していますが、深夜までは営業していないので注意しましょう。

とり平・本店の定休日は、ほか2軒と共通でした。とり平・本店は、日曜日が決まってお休みとなっていました。日曜日が定休日ですので、休日は土曜日、もしくは祝日にアクセスすることをおすすめします。

最後にとり平・本店の座席数を調べてみたところ、合計で10席しかないことがわかりました。たったの10席で、お店にはカウンター席しかないようです。

とり平へのアクセス方法

最後に、大阪市の梅田にある人気焼鳥屋「とり平」へのアクセス方法を解説しておわりにします。いくらとり平のおすすめ人気メニューや店舗情報を知っていても、肝心の行き方を知らなければ本末転倒です。こちらの項目で、アクセス方法を把握しておきましょう。

本項目で解説するアクセス方法は、「とり平・総本店」へのアクセス方法です。梅田食道街にお店を構えるとり平・総本店へは、どういった方法でアクセスできるのでしょうか。

調べてみたところ、とり平・総本店へのおすすめのアクセス方法は「電車」という結論に達しました。とり平・総本店へは、電車に乗ってアクセスすると、非常にスムーズにアクセスできます。とり平・総本店の最寄り駅は、「大阪駅」「梅田駅」の2つでした。

大阪駅と梅田駅のどちらかで下車すれば、とり平・総本店にはわずか徒歩1分でアクセスできます。新梅田食道街が、2つの駅から徒歩1分ほどの場所にあるからです。

Thumb新梅田食道街のおすすめグルメ11選!串カツやおでんなど人気店を紹介!
大都会・大阪府大阪市でひっそりと営業を続ける「新梅田食道街」をご存知でしょうか。駅からもほど...

とり平のこだわりの焼鳥を食べよう

大阪府の梅田に本店を置いている焼鳥屋「とり平」の魅力、お分かりいただけた、でしょうか。仕事終わりに、お酒と焼鳥でぜいたくな時間を過ごしたい人に、こことり平は非常におすすめです。とり平に行ったら、ぜひ「ネオドンドン」を始めとした人気メニューを注文してみてください。あなたが、とり平で充実した時間を過ごせましたら幸いです。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
ぐりむくん

新着一覧

最近公開されたまとめ