京都『コリス』は祇園の洋食屋!予約が取りにくい人気店のメニューは?

京都「コリス」といえば知る人ぞ知る、京都祇園に店舗を構える洋食の名店です。ここでは予約が困難とされるほどの人気を誇る街の小さな洋食店・京都「コリス」の料理やロケーションの特徴はもちろん、気になるおすすめメニューに予約状況などを徹底的にご紹介していきます。

京都『コリス』は祇園の洋食屋!予約が取りにくい人気店のメニューは?のイメージ

目次

  1. 1京都「コリス」を徹底的にご紹介!
  2. 2京都「コリス」の特徴が知りたい
  3. 3京都「コリス」の気になる予約情報について
  4. 4京都「コリス」で楽しめる名物バケットをご紹介!
  5. 5京都「コリス」を代表する人気メニューとは?
  6. 6京都「コリス」の人気メニュー1:豚のブルーチーズカツレツ
  7. 7京都「コリス」の人気メニュー2:エスカルゴのガーリックソース
  8. 8京都「コリス」の人気メニュー3:ビフカツサンド
  9. 9京都「コリス」のおすすめランチメニューをご紹介
  10. 10京都「コリス」の人気ランチメニュー1:バターライスとフォアグラのソテー
  11. 11京都「コリス」の人気ランチメニュー2:ハンバーグとサーモンフライ
  12. 12京都「コリス」の人気ランチメニュー3:ホタルイカのリゾット
  13. 13京都「コリス」の人気ランチメニュー4:マグロのタルタル
  14. 14京都「コリス」の絶品デザートメニューの数々をご紹介!
  15. 15京都「コリス」のデザートメニュー1:バターケーキ
  16. 16京都「コリス」のデザートメニュー2:アイスクリーム
  17. 17京都「コリス」の基本情報のご紹介
  18. 18京都「コリス」の店舗情報
  19. 19京都「コリス」のアクセスについて
  20. 20京都「コリス」へ美味しい洋食を食べに行こう!

京都「コリス」を徹底的にご紹介!

京都にある洋食店コリスといえば、京都における美食家の間で「伝説の洋食店」「幻のお店」とも噂されるほどの名店です。

日本を代表するといっても過言ではない「和」の聖地である京都市祇園において、あえて洋食で勝負をしながらも圧倒的な存在感を放つ京都コリスは、知る人ぞ知る正真正銘の名店です。

ここでは京都コリスの絶品の料理の数々に、訪れた方でなければ知ることのできないランチメニュー、そして店舗情報やアクセス情報といった基本的な店舗情報を徹底的にご紹介していきます。

京都「コリス」とは

また京都コリスといえば基本的に予約による入店しか承っておらず、その予約を取るにも一苦労させられるほどの人気店ということでも知られます。

ここではそんな京都コリスにおける予約のとり方についてもおさらいをしていきますので、これから訪れる予定だった方にはとくに必須の情報ばかりです。

京都「コリス」の特徴が知りたい

京都コリスといえばシンプルな洋食を楽しめることで知られます。シンプルだからこそ素材の味わいにごまかしの効かない料理の数々は、京都はもちろん全国の美食家たちをも唸らせ続けています。

そんな京都コリスですが、料理を作るお母さんに娘さんがわずかひとりという計2名体制によって切り盛りされるというのだからおどろきです。

それにも関わらず食べ終わりすこしすれば待たせることなく運ばれる料理のタイミングが心地よく、とても2名体制で営業しているとは思えないサービス内容の充実ぶりです。

京都「コリス」の店内と外観の特徴

外観はいたってシンプルな街の喫茶店といった雰囲気すら漂う京都コリス。京都コリスの文字がなければ思わず通り過ぎてしまうほどにシンプルな外観を持つ京都コリスですが、その店内は一歩踏み入れるだけで昭和にタイムスリップした可能ようです。

シンプルながらも清潔感に溢れた店内はまったく年季を感じさせることがなく、またズラリとならんだワインの数々はお酒が好きな方のテンションを一層高めてくれます。

またアンティークのようにお店のロケーションに見事に溶け込んだ黒板による手書きのメニューも、訪れる人々の目を楽しませてくれます。

京都「コリス」の気になる予約情報について

ここでは全国の美食家たちが競うようにして取り合う京都コリスの予約についてご紹介をしていきます。京都コリスの予約に関しては毎月末日までに、翌月の末日までの分を受付けています。

つまり最長ではほぼ2ヵ月前からの予約が可能であることを意味し、また誰もが京都コリスへの予約と入店のチャンスがあるということになります。

ディナーはもちろんのこと、ランチですら予約の取れないことでおなじみとなりつつある京都コリスは、その人気から年々予約を取りづらくなっていることでも知られます。

メディアへの露出を控える京都コリスはじわじわと人気を伸ばしていくタイプのお店であることから、ある日突然爆発的な人気による予約が取れなくなるようなことこそ滅多にありません。

しかしながら以前より京都コリスに興味を持っていたという方は、ランチ・ディナーに関わらずこの機会にできる限り速やかに予約をされることをおすすめします。

また京都コリスへの予約は基本的に電話からのみの受け付けとなっています。当然ながら週末にかけて予約が週集中する傾向にあるため、土日祝日にて予約をお考えであればとにかく早めの連絡と、また日によってはすでに満席になっている可能性を考慮する必要があります。

京都「コリス」で楽しめる名物バケットをご紹介!

京都コリスでは洋食店らしく、まるでイタリアンやフレンチのように絶品のバケットがたっぷりと運ばれてくるシステムです。

厚切りで食べ応えのあるバケットは、バケットとの相性がたまらないオリーブのペースト、そして珍しいトマトのペースト、ジャガイモのペーストとともにこれだけでもワインをはじめとしたアルコールと十分に楽しめる豪華な内容です。

美食家の間でもあまりに美味しいことで知られる京都コリスのバケットだけに、メインディッシュを食べる前にはもちろんのこと、その後のデザートをいただく際のお腹にも支障のないようしっかりと計算したうえで楽しむ工夫が必要なほどです。

また京都コリスではワインを楽しむと自動的に登場するのが、ガーリックの効いたマッシュポテトとドライトマトが絶品のバケットです。付け合わせで登場するサラダも十分なボリュームにて登場しますので、それらを考慮しながら食べ進めましょう。

Thumb京都の洋食屋おすすめ21選!老舗有名店から人気ランチまで紹介!
京都は、日本でも随一の人気観光スポットで、ランチには和食から中華、洋食までジャンルを問わず楽...

京都「コリス」を代表する人気メニューとは?

予約をしてでも、そして京都市祇園にわざわざ足を運んででも堪能したくなるリピーターが続出する、京都コリスの絶品の料理の数々をご紹介していきます。

挙げればきりがないほどに人気のある品々ばかりの京都コリスのメニューのため、ここでご紹介するのはごく一部ではありますが、とくにおすすめしたいのは以下の3品です。

京都「コリス」の人気メニュー1:豚のブルーチーズカツレツ

臭みや癖がほとんどないブルーチーズがたっぷりと溢れるカツレツが堪能できる、京都コリスの名物のひとつといってもよい人気メニューである「豚のブルーチーズカツレツ」をご紹介していきます。

この豚のブルーチーズカツレツで特筆すべきなのは、登場の段階でわかるほどの圧倒的なボリュームにあります。たっぷりの豚肉の間に、こちらもたっぷりとそして丁寧に挟まれたブルーチーズがナイフを入れるだけであふれ出します。

ブルーチーズによる濃厚な旨味は、絶妙な塩加減と特製の深みのあるデミグラスの酸味によってしつこくなることなく食べ進めることができるだけではなく、もちろんバケットをはじめとしたパン各種との相性がとにかく抜群で知られます。

衣のサクサク具合も中毒性が高く、ブルーチーズ好きな方はもちろんのこと、ブルーチーズが苦手な方、ワインを楽しんでいる方にこそおすすめをしたい京都コリスの名物メニューです。

京都「コリス」の人気メニュー2:エスカルゴのガーリックソース

ニンニクとバジルの香りがバケットとの相性も抜群の「エスカルゴのガーリックソース」をご紹介します。

癖のないアツアツもっちもちのエスカルゴは、たっぷりのキノコとともに楽しむことができるためこちらもやはりワインをはじめとしたアルコールが欲しくなる一皿です。

グツグツと湧きたつほどに温められたお皿に敷かれたガーリックソースは、サービスで提供されるバケットとの相性が抜群です。

こちらも豚のブルーチーズカツレツと同様、もちろんバケットをはじめとしたパン各種との相性が抜群です。ぜひ残ったガーリックソースはちぎったパンで丁寧にふき取りしみ込ませたうえで、最後まで存分に味わってみてください。

京都「コリス」の人気メニュー3:ビフカツサンド

とくに熱の通し方など非細部にまでこだわりがあるため、完成までの時間が25分ほどと通常のメニューよりもやや時間のかかる絶品のメニュー「ビフカツサンド」をご紹介します。

使用されているのはフィレ肉ですが、繊維がほどけるように柔らかく中毒性のあるジューシーな味わいであり、とくにマスタードをはじめとした調味料との相性が抜群の一品です。

もちろんシェアする際には最適なメニューでありながら、ビフカツサンドにも負けない美味しさで称される「ステーキサンド」も同様の人気があるため、京都コリスに訪れた際にはぜひそのうちのどちらかは抑えておきたい人気のメニューです。

京都「コリス」のおすすめランチメニューをご紹介

京都コリスのおすすめメニューをまだまだご紹介していきます。今度はランチの際にぜひとも抑えておきたい、祇園における洋食の名店を楽しむという滅多にない日だからこそ楽しみたい贅沢メニューが続きます。

ワインとの相性が良いメニューばかりのため、お昼から贅沢なランチを楽しみたい方も必見のランチメニューばかりです。おすすめしたいランチメニューは以下の4品です。

京都「コリス」の人気ランチメニュー1:バターライスとフォアグラのソテー

ただでさえランチにおいてはなかなか楽しむ機会がないであろうフォアグラを、これでもかとたっぷりと堪能することのできる人気メニュー「バターライスとフォアグラのソテー」からのご紹介です。

バターライスとフォアグラのソテーでは、濃厚でクリーミーなフォアグラが他店では決して味わうことのできないようなボリュームにてゴロゴロと登場します。

また添えられるバターライスもフォアグラの風味をより一層引き立てるのに一躍買い、濃い目かつ硬めに炊きあげられた一粒一粒がフォアグラと絶妙に絡み合い、お互いを引き立てあいます。

京都コリスに訪れたからには名物の外がカリカリ、中がトロっとしたフォアグラをたっぷりと堪能することのできるバターライスとフォアグラのソテーをぜひ楽しみましょう。

京都「コリス」の人気ランチメニュー2:ハンバーグとサーモンフライ

続いてご紹介するのはランチだからこそボリュームのある一品を、と考える方にぜひおすすめしたい逸品「ハンバーグとサーモンフライ」です。

濃厚で深みととろみの生まれたデミグラスソースと、特製のタルタルソースにて楽しむことのできるハンバーグとサーモンフライは、その豪快なビジュアルからは想像もできないほどに繊細な味わいも兼ね備えています。

洋食店らしく京都コリスの看板メニューのひとつに数えられるハンバーグですが、そんなハンバーグを脇に置くほどの存在感にて登場するサーモンフライは、珍しいほどに大振りの「長方形」にて提供されるためインパクトも絶大です。

どちらも他の洋食店では味わうことのできない素材による香りの良さを楽しむことがででき、味付けに関してはやや優しめのため、京都コリスの数あるメニューのなかでもワインとの相性がとくに良い人気のメニューです。

京都「コリス」の人気ランチメニュー3:ホタルイカのリゾット

続いてご紹介するのは、昼間に京都市の祇園にてワインを飲むという贅沢が許されている方にこそぜひ楽しんでいただきたい「ホタルイカのリゾット」によるマリアージュです。

新鮮で濃厚な魚介類をたっぷりと使用しているからこそ楽しみたいアルコールメニューは、やはり白ワインです。ホタルイカの濃厚な旨味を増大させ、かつキリッと洗い流してくれる白ワインにはぜひ辛口をチョイスしましょう。

ホタルイカ以外にも様々な魚介の風味と香りを隠し持つホタルイカのリゾットを楽しむ際、お供に選ぶのは京都コリス自慢の白ワインに決まりです。

京都「コリス」の人気ランチメニュー4:マグロのタルタル

最後にご紹介したい贅沢ランチメニューは、続いても魚介による一皿のためぜひとも白ワインと楽しんでいただきたい「マグロのタルタル」です。

インスタ映えにも最高のビジュアルで登場する高級感に溢れたマグロのタルタルは、意外にもさっぱりといただくことができることからお口直しの注文も多い一品です。

まろやかで角のない新鮮な味わいを楽しめるマグロは、提供されるバケットとの相性がとにかくよい一品です。そのためバケットとマグロのタルタルだけでも十分に満足してしまうという方が現れてしまうほどにまで満足度の高い一皿です。

京都「コリス」の絶品デザートメニューの数々をご紹介!

今回ご紹介しているおすすめメニューから最後にご紹介したいのは、イタリアンやフレンチをはじめとした洋食屋さんではやはり外すことのできないデザートメニューです。

お口直しどころかはじめからデザートを楽しみに来店される方も多いといわれるほどに充実した京都コリスのデザートメニューの数々は、甘党の方でなくとも是非とも味わっていただきたいおすすめのスイーツばかり。

ここでは厳選した2品をご紹介していきますが、プリンやパンナコッタといったイタリアンやフレンチにおける定番デザートを差し置いておすすめしたい2品はどちらも京都コリスの名物のひとつとなりつつあります。

京都「コリス」のデザートメニュー1:バターケーキ

最初にご紹介したい「バターケーキ」は、京都コリスのデザートメニューを代表するおすすめの一品です。

フランボワーズクリームとバタークリームの相性がたまらないバターケーキは、バナナジュースが一緒に提供されるため、やはり他の京都コリスのメニューと同様サービス精神に溢れており嬉しい反面注意が必要かもしれません。

食後のデザートとしてはボリュームがたっぷりのため嬉しい悲鳴があがりそうなバターケーキとバナナジュースによるセットですが、一緒に楽しむだけではなくバナナジュースにケーキを浸しながら食べることで完成する味わいということもできます。

そうすることによりスイスイと食べ進めることができるようになるため、とくに満腹状態の方にはぜひともおすすめしたい食べ方です。

京都コリスにおいて頼めるケーキメニューは、ご紹介したバターケーキ以外にもティラミスをはじめとした充実のケーキメニューが揃います。

京都「コリス」のデザートメニュー2:アイスクリーム

続いては、やや高価なイメージのある京都コリスのデザートメニューのなかからあえて気軽に楽しむことのできるスイーツ「アイスクリーム」のご紹介です。

なかでもとくにピスタチオ味やラムレーズンのアイスクリームに人気が集まるアイスクリームですが、女性にも男性にも、そしてアルコールを楽しんだ後のシメにも最高です。

もちろんバケットをはじめとしたパン各種との相性も最高です。京都コリスはご紹介のように2名体制による営業を続けているに関わらず、アイスクリーム各種の注文が入るたびにひとつひとつ丁寧にアイスクリームマシンで作るというこだわりをみせます。

注文が入ると同時になり始める懐かしいアイスクリームマシンによる独特の音響は、京都コリスの小さな名物ともなりつつあります。

京都「コリス」の基本情報のご紹介

ここからは京都コリスの基本となる情報、とくに初めて来店される際には気になる営業時間やアクセスといった情報の詳細をご紹介していきます。

また京都コリスをご利用の際に補足となる情報の数々もご紹介していきますのでこれから訪れるという方はぜひ最後までご覧ください。

京都「コリス」の店舗情報

ここでは京都コリスの店舗情報についてご紹介をしていきます。予約に関してはさきほどご紹介したように、毎月末日までに翌月末日までの予約を受付けています。

店内はこじんまりとした外観から予想される通りの決して広いとはいえない空間であり、全12席による店内構成は2人掛けのテーブル席が4つに、4人から5人程度で座ることのできる席が1つのみ、店内は完全禁煙です。

また京都コリスは2名体制での営業を続ける店舗だけに、混雑時には多少待ち時間が発生する可能性があります。

住所 京都府京都市東山区松原通大和大路東入2丁目轆轤町101
電話番号 075-561-9281

京都「コリス」の営業時間

ここでは京都コリスの営業時間についてご紹介をしていきます。京都コリスの営業時間は11時30分から21時までとなっています。

またじっくりと楽しめる店内とお料理に特徴のある京都コリスでは、ラストオーダーに関してはかなりゆとりを持った設定をしており、営業終了時間である21時の2時間前、19時をラストオーダーとしています。

定休日に関しては基本的に週に一度、火曜日のみのお休みとなっています。京都コリスの営業はご紹介のように2名体制のため、予約の際にはあらかじめこれらを考慮したうえで予約の連絡を入れることが望ましいといえます。

京都「コリス」のアクセスについて

ここからは京都コリスに足を運ぶ際に必要なアクセスに関する情報をご紹介していきますが、やはり京都コリスへ初めて訪れるという方にはとくに必見の情報です。

最寄りのバス停から京都コリスへのアクセスは徒歩3分ほどのため、やはりおすすめのアクセス方法はやはりバスですが、その他にも電車と車によるアクセスの際、とくに駐車場に関する情報もご紹介していきます。

電車によるアクセス

まずは京都コリスへ電車によるアクセスの際に必須となる、最寄り駅のご紹介です。京都コリスの最寄り駅は京阪電気鉄道京阪本線「清水五条駅」です。清水五条駅を出たらすぐ左手「川端通」をまっすぐ進みます。

すると見えてくる「松原通」と交わったら今度は右手に曲がりひたすらまっすぐ進めば京都コリスへと到着です。京都コリスへの電車によるアクセスの所要時間は、電車を降りてから約10分以上必要といわれています。

バスによるアクセス

続いてご紹介するアクセス方法は、もっともおすすめのアクセス方法のひとつであるバスの最寄り停留所と下車後の所要時間です。

京都コリスから最寄りのバス停留所である京阪バス「清水道」にて下車すれば徒歩5分ほどの所要時間にてアクセスが可能です。また次いで近い京都バス「東山五条」のバス停留所で下車をすれば徒歩6分ほどの距離に京都コリスはお店を構えています。

駐車場情報

最後にご紹介するのは車によるアクセスの際に必要な駐車場情報です。京都コリスには残念ながら、専用の駐車場を設けていません。車によるアクセスの際にはコインパーキングにて駐車後に、歩いて京都コリスに向かう必要があります。

ここでは京都コリスの周囲にあるおすすめのコインパーキングをご紹介します。京都コリスから約30メートルとすぐに広がる、周囲のコインパーキングのなかでは比較的広めの「タイムズ松原大和大路」は、平日であれば30分ごとの駐車料金300円、土日祝日であっても20分ごとに300円の駐車料金にて駐車が可能です。

収納台数も9台でありながら最寄りのコインパーキングであるため、京都コリスに車にて来店される際には真っ先におすすめするべきコインパーキングとなります。

京都「コリス」へ美味しい洋食を食べに行こう!

京都市において意外にも洋食を楽しめるという希少なお店であるだけではなく、単に奇をてらったものではなくしっかりとした実力に裏付けされた料理の数々で魅了する、京都コリスについて徹底的にご紹介をしてきました。

京都市祇園に訪れた際にはもちろん、洋食ファンであればわざわざ足を運んででもぜひとも一度は訪れたい京都コリスは、メディアへの露出がないにも口コミにより広がり、年々より予約が取り辛くなっています。

これまで気になっていたという方はもちろん、京都市において絶品のグルメを堪能したい方、フレンチやイタリアンといった洋食お好きな方はぜひともこの機会に京都コリスに早めに訪れてみましょう。京都祇園の洋食はランチ・ディナー問わず京都コリスに決まりです。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
ピーナッツ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ