銀座マルキーズ特集!お土産に人気の焼き菓子やエクレアなどメニュー紹介!

「銀座マルキーズ」といえば、看板メニューであるロールケーキをはじめとしたスイーツが数々のメディアに取り上げられたことで人気が爆発した有名パティスリーです。ここではおすすめメニューはもちろん、お土産や予約といった「銀座マルキーズ」の基本情報をもとにご紹介します。

銀座マルキーズ特集!お土産に人気の焼き菓子やエクレアなどメニュー紹介!のイメージ

目次

  1. 1人気のスイーツ店『銀座マルキーズ』をご紹介!
  2. 2『銀座マルキーズ』ってどんなお店?
  3. 3『銀座マルキーズ』のおすすめケーキメニュー
  4. 4『銀座マルキーズ』のおすすめ焼き菓子メニュー
  5. 5『銀座マルキーズ』の予約方法
  6. 6『銀座マルキーズ』の店舗情報とアクセス
  7. 7銀座マルキーズの駐車場情報
  8. 8人気のスイーツ店『銀座マルキーズ』へ行ってみよう!

人気のスイーツ店『銀座マルキーズ』をご紹介!

2007年に銀座にオープンして以降、銀座で働く女性を中心に、銀座スイーツに君臨し続けている「銀座マルキーズ」。

お土産としてはもちろん、自分へのご褒美にも最適なスイーツメニューの数々は、各メディアに紹介されてからというもの飛躍的に知名度が上昇し、一躍銀座のスイーツシーンを代表するお店へと成長を遂げました。

『銀座マルキーズ』ってどんなお店?

常時25種類のスイーツメニューが揃う店内は、いずれも可愛らしいカラフルな色合いにちりばめられたフルーツや装飾の数々が特徴的で、目移りしそうなビジュアルのスイーツばかりが並びます。

いずれのメニューにも根強いファンを持つ銀座マルキーズですが、とくにはじめての来店の際にはどれを選んでよいのかわからなくなってしまわないよう、ここでは人気のケーキメニューや焼き菓子メニューをそれぞれ3種類ずつご紹介していきます。

また知っておくと得をするお土産情報に予約方法、営業時間やアクセス情報さらには駐車場情報など銀座マルキーズの店舗情報も徹底的にご紹介していきます。

銀座で働く女性から大人気のケーキ屋

銀座マルキーズはそのおしゃれな外観や内装だけではなく、可愛らしいビジュアルをもつスイーツメニューの数々に銀座で働く女性からの支持が止みません。

世界大会での受賞歴も持つ野島茂氏により手掛けられた銀座マルキーズのスイーツの数々は、ビジュアルだけではなく本物を知る銀座の人々に裏付けされた実力派です。

スイーツの激戦区でもある銀座において、創業以来衰えることのない人気の理由の数々が銀座マルキーズにはあります。

新感覚のロールケーキやエクレアが大人気

銀座マルキーズを代表するのは、あえてスイーツの定番である「ロールケーキ」や「エクレア」といったブームの最先端というわけではないスイーツの数々です。

いずれもシンプルだからこそ素材や品質などにごまかしの効かないスイーツであり、銀座という場所において原点ともいえるスイーツにて勝負するには、それ相応の実力がなければ生き残ることができません。

ここでは銀座マルキーズの魅惑のケーキメニューをしっかりとご紹介していきますので、まだ未体験の方はぜひとも参考にしていただきスイーツ選びの際のお役に立ててみてください。

お土産として使える焼き菓子も!

銀座マルキーズの名物として忘れてはならないのは、「焼き菓子」メニューの数々にもあります。こちらもシンプルだからこそ味の違いがはっきりと浮き彫りになる商品だけに、銀座マルキーズにて定番メニューとして残り続ける焼き菓子メニューには、やはりひとつひとつに深い意味と歴史があります。

ここではもちろん、銀座マルキーズの名物のひとつである焼き菓子メニューもしっかりとご紹介をしていきます。

Thumb銀座土産の人気お菓子やスイーツを厳選ランキング!有名な老舗や限定品も!
銀座と言えば高級感にあふれ、海外ブランドのお店が立ち並ぶ大人の街というイメージです。銀座には...
Thumb銀座の人気スイーツを完全網羅!お土産に人気のお店や有名なビュッフェなど!
優雅な大人の街「銀座」には、世界各国の有名ブランドを扱うショッピングスポットや高級グルメが満...

『銀座マルキーズ』のおすすめケーキメニュー

ここでは銀座マルキーズで抑えておくべき絶品のケーキのなかでも、とくに人気の高いおすすめメニューを厳選して3品ご紹介していきます。

いずれも銀座マルキーズを代表するケーキメニューばかりのため、ケーキメニュー選びに迷われた際には迷わずこちらの3商品をおすすめします。

おすすめケーキメニュー(1) ルーラード マルキー

はじめにご紹介したいケーキメニューは、お店の看板メニューのひとつともいえる絶品のロールケーキ「ルーラード マルキー」です。もち米と米粉のみを使用したこちらのロールケーキは、弾力のあるモチモチ食感がクセになる中毒性の高い一品です。

クリームとして使用されるのは、生クリームとカスタードによるダブルの風味と優しい味わい、それぞれ違った個性のある生乳感と卵による濃厚さです。

ロールケーキメニューのなかでもっともシンプルなため1本1,500円というもっともリーズナブルな金額設定でありお土産にも最適なため、銀座マルキーズをはじめて利用される際には真っ先に楽しむべき一品ということができます。

おすすめケーキメニュー(2) エクレール ベリー

続いてご紹介したいケーキメニューはエクレアメニューのひとつ「エクレール ベリー」です。銀座マルキーズの名物のひとつであるエクレアですが、通常のエクレアとは外見も味わいも全くの別物なのが、銀座マルキーズのエクレアです。

銀座マルキーズでは、いずれのエクレアも1本税込価格600円というリーズナブルさからは想像もできないクオリティを誇ります。

エクレール ベリーは濃厚で独特の食感を持つエクレア生地に、イチゴやブルーベリーといったいわゆるベリー系のフルーツがしっかりと乗ることで、高級感に溢れ甘さ控えめのエクレアがより引き立つ一品です。

おすすめケーキメニュー(3) プレミアムガトーフレーズ

最後にご紹介するのは、イチゴをたっぷりと使用した絶品のケーキメニュー「プレミアムガトーフレーズ」です。

濃厚な味わいを彷彿とさせるガトーフレーズですが、たっぷりと使用されたイチゴも手伝って全体的にかなりさっぱりした味わいを楽しめるのがこちらのケーキメニューです。

スポンジとクリームの層がふわふわと独特の食感であり、生クリームは甘さ控えめで単体でも軽めであり、甘いもの好きな方にはホールごと食べられてしまいたくなるほどの絶品メニューです。

甘さを抑えたい方へのお土産屋、フルーツ感を求める方は必食のメニューということができます。税込価格780円とクオリティを考えるとやはり大変にリーズナブルということができます。

『銀座マルキーズ』のおすすめ焼き菓子メニュー

ここからは銀座マルキーズのもうひとつの名物ともいうべき焼き菓子メニューをご紹介していきます。日持ちすることもあって、やはりスイーツ店のお土産といえば外せないのが焼き菓子です。

銀座マルキーズにおいて楽しむことができる焼き菓子の特徴は、地味になってしまいがちな焼き菓子の数々を最高にフォトジェネリックな姿に彩ってくれていること。

そしてなによりも時にパサつきがちな焼き菓子を、高級感を感じられるほどにしっとりと仕上げてくれている点にあります。

ここでは銀座マルキーズを代表する焼き菓子メニューのなかでもとくに楽しむべき3つの焼き菓子メニューに焦点を絞っていきます。

おすすめ焼き菓子メニュー(1) マドレーヌ

まずは焼き菓子といえば大定番であり、銀座マルキーズの焼き菓子メニューにおいても不動の存在といえる「マドレーヌ」をご紹介していきます。銀座マルキーズのマドレーヌは香り高く大人の味わいのマドレーヌを楽しむことができることで知られます。

その香り高さの秘密はオレンジリキュールであり、通常のマドレーヌの香りと風味付けの定番ともいえるレモンとはまた一味違った味わいを楽しむことができます。

単体のマドレーヌは税込価格1個200円、マドレーヌ詰め合わせは5個入りで税込価格1,050円と非常にリーズナブルで、日持ちもするためお土産に最適な一品ということができます。    

おすすめ焼き菓子メニュー(2) フィナンシェ

続いてはまたしても焼き菓子メニューの定番にして、銀座マルキーズでもおすすめすることのできる「フィナンシェ」をご紹介します。

銀座マルキーズのフィナンシェは、同じ焼き菓子メニューのなかでもとくにしっとりとした高級感のある食感を楽しめることで知られます。

バターの風味がしっかりと聞いたシンプルなフィナンシェはもちろん、フォトジェネリックが楽しい「ハートフィナンシェ」に「ハートフィナンシェ ショコラ」とバラエティに富んだ焼き菓子メニューが揃い、いずれも1個の税込価格が200円であることからも人気を博します。

おすすめ焼き菓子メニュー(3) ダックワーズ

最後にご紹介する銀座マルキーズの焼き菓子メニューは、日本のモナカをヒントに考案されたという洋菓子「ダックワーズ」です。

銀座マルキーズにおいて楽しめるダックワーズは、もともとが和菓子をイメージして作られたダックワーズだけにお茶とともに楽しみたくなってしまうような、質素で強調がすくない控えめな味わいを楽しめます。

ただそれだけではなく、ピーナッツバターが挟まれることで生まれるサクサクの食感が楽しく、アクセントとなってくれるためつい何個も口に運んでしまいそうになる中毒性も併せ持ちます。

銀座マルキーズのダックワーズは単体での取り扱いがなく、詰め合わせのみの販売となります。カラフルなダックワーズが5つセットになったダックワーズ詰め合わせは、見た目にも楽しく税込価格1,300円とやはりリーズナブルであることから、銀座マルキーズのお土産メニューとしても定番です。

『銀座マルキーズ』の予約方法

ここからは銀座マルキーズの気になる予約方法をはじめとした、予約情報についてご紹介をしていきます。ホールでケーキメニューを注文したい際などには、やはり確実に予約をしたうえで来店されることをおすすめします。

銀座マルキーズにおける予約方法は基本的に電話による予約がやはり確実であり一般的ですが、公式ホームページからの予約も行っていますので併せてご利用ください。

オーダーメイドケーキが予約可能!

また銀座マルキーズでは、常時展示している一般販売用のケーキメニューだけではなく、世界にただ一つしかないオリジナルのオーダーメイドケーキの予約も常時受け付けています。

クリスマスシーズンをはじめとしたイベント時にはもちろん、ちょっとしたお祝い事や記念日にも最適な銀座マルキーズのオーダーメイドケーキは、サプライズや自分へのご褒美にも最適です。

銀座マルキーズのエグゼクティブシェフである野島茂氏の実力をこの上なく堪能することができるため、銀座マルキーズにおいてももっとも贅沢な一品であることは間違いありません。

『銀座マルキーズ』の店舗情報とアクセス

ここでは銀座マルキーズの気になる営業時間やアクセス情報、そして駐車場についての情報をご紹介していきます。営業時間にとくに特徴のある銀座マルキーズは、深夜の売れ行きがスイーツ店ナンバーワンとの呼び声も高いほどに人気のある店舗です。

銀座マルキーズに訪れる方は立地の良さから基本的に電車によるアクセスを好みますが、ここでは車によるアクセスの際に非常に重要となる駐車場情報についてもご紹介をしていきますので、銀座マルキーズに訪れる際の参考にしてください。

店舗情報

銀座マルキーズはエクレアやケーキ、焼き菓子といったお土産のテイクアウト専門店となるため、店内にイートインスペースをはじめとした座席空間をご用意していません。

営業時間ついては月曜日から金曜日までの平日が14時から翌1時までと非常に遅くまで営業をしている、スイーツ店としては非常に珍しい時間形態ということができます。

土曜日の営業に関しては14時から21時までですが、十分すぎるほどにお得まで営業を続けてくれています。なお日曜日に関してはお休みとなりますのでご注意ください。

住所 東京都中央区銀座8-4-21 保坂ビル1階
電話番号 03-5537-2522

銀座駅からのアクセス

ここからは銀座マルキーズへのアクセス方法についてご紹介をしていきます。まずは東京メトロ銀座線の銀座駅からのアクセスについてですが、銀座駅の「C3」出口から地上に出ると目の前に広がる「外堀通り」をただまっすぐ歩き、4分ほどした場所の左手に銀座マルキーズはお店を構えています。

新橋駅からのアクセス

続いては銀座マルキーズへの新橋駅からのアクセス方法についてご紹介をしていきます。東京メトロ銀座駅の「銀座口」からやはり目の前に広がる外堀通りを左手に進み、2分から3分ほど進むと右手に銀座マルキーズは見えてきます。

新橋駅は銀座マルキーズからの最寄り駅であるため、銀座マルキーズへ電車にてお越しの際には新橋駅をご利用されることをおすすめします。

銀座マルキーズの駐車場情報

銀座マルキーズに車にてアクセスをお考えの方へ、銀座マルキーズの駐車場情報をここではご紹介します。銀座マルキーズでは無料の専用駐車場を設けておらず、車にてお越しの方は付近にあるコインパーキングをご利用の上、徒歩にてご来店いただく必要があります。

そんな時におすすめしたいコインパーキングが、「西銀座駐車場」別名「NTT銀座ビル入口」です。曜日に関わらずはじめの6時間の間であれば30分ごとの駐車料金が310円と、銀座マルキーズ周辺に点在するコインパーキングの料金相場を圧倒する安さです。

銀座マルキーズから約80メートルという距離に加え、最大料金の設定もあります。地下駐車場だけあり収納台数も800台という圧倒的なスペースを有するため、銀座マルキーズへ車にてお越しの際にはいちおしのコインパーキングです。

人気のスイーツ店『銀座マルキーズ』へ行ってみよう!

ここでは銀座マルキーズのエクレアをはじめとしたケーキメニューや焼き菓子のご案内に加え、営業時間やアクセス情報、予約方法についてご紹介をしてきました。

深夜にまで渡って営業を続けながら飛ぶように商品が売れていく銀座マルキーズに訪れる際には、どれも必見の情報ばかりです。ぜひ銀座マルキーズに足を運ぶ際の参考にしていただければと思います。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
小松

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ