「田そば」は那覇で人気の沖縄そば店!名物の巨大三枚肉そばは売切必至メニュー!

沖縄へ行ったらぜひいただきたいのが沖縄そば。この沖縄そばの限定メニューで人気の店が田そばです。名物の三枚肉そばは絶対にいただきたいおすすめメニュー。いったいどんなシロモノなのか、今回は、沖縄は那覇で人気の沖縄そば店、田そばをご紹介します。

「田そば」は那覇で人気の沖縄そば店!名物の巨大三枚肉そばは売切必至メニュー!のイメージ

目次

  1. 1沖縄の「田そば」はどんなお店?
  2. 2沖縄・田そばには巨大三枚肉そばがある!
  3. 3沖縄・田そばの巨大『三枚肉そば』誕生秘話
  4. 4沖縄・田そばの人気メニューと調味料
  5. 5田そばの基本情報とアクセス・駐車場
  6. 6沖縄でおすすめの沖縄そば人気店は?
  7. 7沖縄の田そばで巨大『三枚肉そば』にチャレンジしてみよう!

沖縄の「田そば」はどんなお店?

人気の限定メニューの沖縄そばは売り切れてしまうためなかなか食べられない

沖縄の那覇市の少し郊外にあって、限定メニューの三枚肉そばが開店して1時間ほどで売り切れてしまうほどの人気という「田そば」。沖縄へ旅行したら、ぜひ滞在中に立ち寄りたい人気店のひとつです。

「田そば」と書いて「でんそば」と読む、今回はそんな田そばのおすすめの人気限定メニューなどについてご紹介します。

沖縄そばが食べられる有名なお店

沖縄そばの有名店が田そば

沖縄のご当地グルメと言えば、ゴーヤーチャンプル、ジューシー、ミミガー、ラフティーと、数え上げたらきりがありませんが、沖縄そばは絶対に外せない逸品です。現在ではどこでも食べられるようになったものの、現地の評判の店で食べる沖縄そばは、比較にならないほど美味。田そばは、そんな沖縄そばで有名です。

沖縄・田そばには巨大三枚肉そばがある!

大きな三枚の肉がまるでふたのように器を覆う

沖縄の田そばを有名たらしめる所以が、巨大の三枚肉そばです。三枚肉は、甘辛く味つけした豚肉が載ったそばですが、その大きさ、器に入りきらないほどの大きさで、そばの上にトッピングされたというよりも、蓋のようにそばを覆うトッピングといった様相で、ビックリすること間違いなしの存在感をアピールしています。

1日10食限定なので売り切れる可能性も

限定メニューなので食べられない可能性も

しかもこの巨大三枚肉そば、1日10食という限定メニューとなっているため、売り切れる可能性が高いのです。

事実、この人気メニューをいただくため、田そばを訪れたものの、食べられなかったという口コミも数多くあります。だからこそますます食べたくなる三枚肉そばの味、かなりの時間をかけて作っているそうです。

三枚の肉の大きさに驚愕!

ボリュームのある豚のバラ肉が嬉しい

このおすすめの限定メニューの三枚肉そば、三枚肉の大きさはいかほどかというと、女性の顔の長さよりも大きいというから驚きます。そんな三枚の肉が器を覆うように並ぶ沖縄そば、沖縄を訪れたら食べないわけにはいきません。何があってもぜひいただきたいご当地グルメです。

沖縄・田そばの巨大『三枚肉そば』誕生秘話

三枚肉が好きな常連のための裏メニュー

田そばの限定人気メニューである三枚肉そば。いまでこそ1日10食のおすすめの人気メニューですが、そもそもは三枚肉が好きな常連のための裏メニューだったのだとか。この裏メニューが人気に火をつけ、数年後にはメニューのひとつとなり、いまや看板メニューとなりました。

しかもすぐに売り切れてしまうため、開店前から並ばないと、その姿を見ることもできません。絶対にいただきたいという方は、開店前から並ぶ覚悟で田そばへ向かうことをおすすめします。

沖縄・田そばの人気メニューと調味料

気になる調味料などでトッピングも楽しい

沖縄の那覇市にある田そば。三枚肉そばで有名ですが、ほかにもおすすめのメニューがいろいろあります。さらに、トッピングで取り入れたい調味料などもありますので、ぜひご参照ください。

沖縄の地元の人たちがいただいている食文化をいっしょに楽しむのも旅の醍醐味です。食べたことがないものであっても、いろいろと冒険してみましょう。

人気メニュー:『三枚肉そば』10食限定

巨大サイズの三枚肉が入った沖縄そば

田そばでおすすめの人気メニューは、何といっても限定メニューの三枚肉そばです。沖縄の地元の方々からも人気が高く、もちろん旅行者からの評判もよく、おすすめの人気メニューとして君臨している逸品です。どうしてもという方は、このおすすめのメニューを食べることを最優先に、開店前に田そばに向かって、限定10食をゲットしましょう。

人気メニュー:『田そば』おすすめ!

かまぼこやネギのトッピングも美味

店名が由来の田そばも、人気メニューのひとつです。オーソドックスなメニューですが、だからこそ店の味がわかるというもの。

ベースの沖縄そばは、日本そばとはちがって、小麦粉を使ったそば。かまぼこやネギが並び、甘辛く味つけされたスライスした豚の角煮がトッピングされています。

人気メニュー:『フーチバー』トッピング用

フーチバーは琉球ヨモギのこと

田そばでトッピングとして注文することのできるフーチバー。琉球ヨモギのことで、沖縄では薬草などとして使われることもありますが、本島ではお菓子の材料として使われることも多い野菜です。

神経痛、風邪予防など、さまざまな効能が期待できる野菜なので、トッピングにぜひ摂り入れると、健康食としてもおすすめです。

人気メニュー:セルフサービスの『アイスコーヒー』

食後にいただきたいアイスコーヒーもどうぞ

食後にいただきたいコーヒーが、セルフサービスで用意してあるのも魅力です。しかも無料なので、おすすめの人気メニューをいただいた後、その余韻に浸りながらコーヒーでお口直しをすることができるのです。このおもてなしの心、かなり嬉しいです。ぜひ食後にいただきましょう。

調味料は『コーレーグース』

島とうがらしを泡盛に漬けたコーレーグス

沖縄の激辛調味料といえばこれ、コーレーグース。島とうがらしを泡盛に漬けて作られた調味料のことで、コーレーグスとは沖縄の方言で調味料を意味します。

沖縄の食堂などではおなじみの調味料で、チャンプルなどの料理に使う人もいるのだとか。ただし、かなりの辛味なのではじめて使う方は慎重に。

もちろんソーキそばもいただける

ソーキそばも沖縄を代表するソウルフード

沖縄そばといっしょに扱われることもあるソーキそば。田そばでは、もちろん、沖縄を代表するソーキそばもいただくことができます。ソーキとは沖縄の方言でスペアリブのこと。つまり、ソーキそばとは、三枚肉ではなく、スペアリブが載ったそばのことです。

沖縄でご当地グルメをいただく際、沖縄そばは必須メニューですが、ソーキそばと食べ比べてみると、また不思議な出会いをすることができます。人気の三枚肉そばは限定メニューのためいただくことができない可能性もあるため、次の候補としてソーキそばも念頭においておくと、旅のグルメが充実します。

田そばの基本情報とアクセス・駐車場

那覇空港から田そばまでどうやってアクセスすればいいのだろうか

限定メニューで人気の田そば。那覇市の郊外にある店舗ですが、ぜひ行ってみたい沖縄料理屋のひとつです。営業時間やアクセス方法などはしっかりとおさえ、間違いのないように向かいましょう。

ましてや限定メニュー狙いで訪れる場合は、開店前から並ぶ覚悟でGO。せっかくなので絶対にいただきましょう。

田そばの基本情報

庶民的な食堂を思わせる店内はホッとできる

田そばは、テーブル席と座敷席がある食堂で、限定メニューがあったり、世界中からその味を体感しに訪れたりするものの、地元の家族連れの利用も多く、庶民的な印象を与えます。メニューは店内に貼ってあり、わりとシンプルなメニューとなっているため、楽しくゆっくりと選びたいです。

田そばの営業時間は11時~19時までとなっています。定休日は火曜日ですので、おまちがえないように向かいましょう。

住所 沖縄県那覇市真嘉比3-5-6
電話 098-884-5150

田そばへのアクセス

ゆいレールでアクセスできる

田そばへのアクセスは、那覇空港と首里城を結んでいる沖縄都市モノレール、ゆいレールを利用するのが便利。

田そばの最寄り駅は古島(ふるじま)駅で、モノレールを降りてから徒歩10分弱で田そばに到着します。駅からの道中は住宅街となっていますが、スーパーなどもありますので、のぞいてみると沖縄ならではのグッズと出会えるかも。

田そばの駐車場

駐車場もあるので安心

店舗の前には黄色いのぼりが立っていて、はるばるたどり着いた印象をよくしてくれます。駐車場は店舗の裏手に位置し、10台程度を駐車することができます。このため、沖縄島内をレンタカーなどで移動する場合も、安心して向かうことができます。田そばへのアクセスは心配することはなさそうです。

Thumb沖縄・モノレール『ゆいレール』まとめ!駅の観光スポットや所要時間・運賃など!
沖縄のモノレール「ゆいレール」に乗って那覇観光を楽しみませんか?ゆいレールは、那覇空港から那...

沖縄でおすすめの沖縄そば人気店は?

沖縄そばの人気店とは?

那覇市郊外にある田そばのほかにも、沖縄そばで人気の店はいくつかあります。田そばで限定メニューをいただいたら、ほかの店と食べ比べしてみましょう。食文化を知ることは、旅のだいご味のひとつでもあります。ぜひいろいろな店で沖縄そばを挑戦し、お気に入りの店を見つけましょう。

海が見えるそば家

海を見ながら沖縄そばをいただきたい方はぜひ

嘉手納町の海のそばにある食事処、海が見えるそば家。もともとはフレンチレストランを経営していたというオーナーが、沖縄そばを極めるために転身、現在に至るといいます。自然の素材を存分に生かし、10時間以上煮込んだスープを使用。コシのある中細麺で歯ごたえのいい味を楽しむことができます。

軟骨ソーキ、三枚肉などの定番の沖縄そばのほか、たまごそばや千切りこんぶそばなどもあるため、ベジタリアンの方も安心です。

店舗は空港から40分、定休日は月曜日と木曜日で、11時~18時まで営業。海を眺めながら沖縄そばを満喫できる当店へめんそ~れ。

沖縄そばAjazz(あじゃず)

南国のコテージ風の店舗がおしゃれ

古民家風の店内で、雰囲気たっぷりの沖縄そばAjazz(あじゃず)。店内ではジャズに耳を傾けながら、沖縄そばをいただくことができる隠れ家的な店です。オリジナルの細麺に、さっぱり風味のスープ、じっくりと煮込まれたソーキや三枚肉と、深みがあって人気です。

ヨモギ風味が人気のフーチバーそば、あっさりとしていながら体にやさしいゆし豆腐そばなど、気になるメニューもいろいろあります。また、食後にはぜんざいの甘味、コーヒーやジュースなどの飲み物でゆったりとくつろぎたくなります。

営業時間は10時半~17時まで、年中無休となっています。お座敷もあるので、のんびり過ごしたいファミリーやグループなどもOK。駐車場もあるので、安心して利用できます。

OKINAWA SOBA EIBUN

国際通りの近くにある有名店

那覇市の中心街である国際通りの近くにあるOKINAWA SOBA EIBUN。口コミで絶大なる人気を誇り、スープがなくなることもあるという有名店です。

人気メニューはBUNBUNそば。沖縄そばのバリエーションで、三枚肉と軟骨ソーキなどの肉がたっぷり入った絶品です。また、パクチーが山盛りに載った牛もやしそばパクチーまみれなど、ここでしか味わうことのできないメニューがいろいろあります。

営業時間は11時半~17時までですが、スープがなくなり次第終了となります。定休日は水曜日です。沖縄滞在中にぜひ立ち寄りたい店舗のひとつ。

沖縄そば懐石尊尊我無

懐石風の沖縄料理を堪能しよう

沖縄のご当地メニューである沖縄そばを懐石としていただくことができる尊尊我無(とうとがなし)。沖縄の食材を日本料理とコラボさせ、深みのある懐石料理へと昇華させたメニューを堪能できます。

ランチ懐石は3000円~5000円、ディナーは8000円のメニューで、前日まで予約をしなければなりません。ぜいたくな沖縄料理を楽しみたい方、最後の晩餐を満喫したい方、ぜひ当店で懐石料理をいただきましょう。

営業時間は、ランチ11時~15時、ディナーは予約のみ18時~22時までとなっています。定休日は水曜日、駐車場は7台まで可能です。

沖縄そばと海産物料理の店 楚辺(そべ)

民家を改築した雰囲気のある店内が魅力

民家を改築したお店で、天井が吹き抜けになり、シャンデリアが美しく飾られた沖縄そばと海産物料理の店、楚辺。アメリカのオールディーズがBGMでかかり、懐かしさと新しさが気持ちよく混ざり合った空間で、沖縄のソウルフードをいただくことが可能です。

沖縄そばのスープはあっさり味。じっくりと煮込まれた肉との相性がよく、定番の三枚肉、ソーキ、てびちなどそばのバリエーションがうれしいです。また、海鮮丼をはじめとした丼ものも種類が豊富。夜には抵触メニューもあるので、何度も通いたくなる食事処です。

営業時間は11時半~21時まで。年末年始、旧盆を除く年中無休となっています。テーブル10席、お座敷80席あり。無料駐車場も完備しています。

沖縄そば処 はなきなぁ~

美しい風景を楽しみながら地元のソウルフードを堪能

沖縄で一番長めのよい沖縄そばの専門店を自称する店舗といえばここ、沖縄そば処はなきなぁ~。広くて落ち着ける店内には、大きな窓が一面に広がり、沖縄の海や街並みが一望できます。夜景もきれいなので、最後の晩餐に選ぶのもおすすめです。

麺は中太のちぢれ麺で、沖縄産の豚アグーとカツオの出汁を使い、あっさりとしていながらも深みのある風味となっています。人気のソーキは柔らかくてジューシーなので、ぜひいただきたいメニューのひとつです。セットメニューを注文すれば、そば以外のメニューも味わうことができます。食後のドリンクでは無料サービスコーナーを利用するのも手。

営業時間は11時~21時、水曜日は15時半までとなっています。店舗は宜野湾市に位置し、ウォータースポーツをはじめ、さまざまな観光ができる名所のひとつとなっています。

金月(きんちち)そば 国際通りむつみ食堂店

懐かしい雰囲気の中で沖縄料理に腹鼓

創業60年近くもたつ老舗の沖縄そば屋、金月(きんちち)そば国際通りむつみ食堂店。自家製の麺で有名な読谷にある沖縄そばの専門店の3店舗目で、何となく懐かしい店内の雰囲気がホッとする食事処のひとつです。

人気メニューは沖縄そばジューシーセットで、揚げ豆腐がトッピングされた沖縄そばに、沖縄の方言で炊き込みご飯を意味するジューシーがひとつになった逸品です。ほかの店舗よりもいささか濃い味付けですが、あっさりとした風味のジューシーとちょうどいいと評判です。

営業時間は11時~17時、月曜日が低級となっています。国際通りのそばなのでアクセスはよいものの、駐車場はないため、車でのアクセスの場合は、近くのパーキングを利用しましょう。食後のフラッと観光できるのも魅力のひとつです。

Thumb沖縄の郷土料理まとめ!珍しいご当地グルメや食べ物を一挙紹介!
皆んさんは、一度は沖縄に行かれたことはありますでしょうか。沖縄に行くと沖縄の郷土料理を楽しむ...

沖縄の田そばで巨大『三枚肉そば』にチャレンジしてみよう!

食文化を知って沖縄の観光を存分に満喫しよう

沖縄は那覇市郊外にある田そば。知る人ぞ知る沖縄そばの名店です。限定10食という人気メニューの三枚肉そばにぜひ挑戦し、沖縄の旅を実りあるものにしましょう。また、ほかの沖縄そばの店をはしごして、食べ歩きするのもおすすめです。美しい海、おいしい泡盛、心地よい琉球音楽、さまざまな観光名所とともに、ソウルフードにも触れてみて。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
水木まこ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ