沖縄・だるま食堂のランチがボリューム満点で美味しい!人気の料理メニューは?

安い価格で美味しいランチがおなかいっぱい食べられると人気の沖縄の「だるま食堂」をご紹介。美味しい!ボリューム満点!そして安い!の3拍子が揃う人気のお店。沖縄のご当地グルメを安い値段でおなか一杯食べられるランチにおすすめの「だるま食堂」へ行ってみよう!

沖縄・だるま食堂のランチがボリューム満点で美味しい!人気の料理メニューは?のイメージ

目次

  1. 1ワンコインランチが人気の「だるま食堂」をご紹介!
  2. 2「だるま食堂」ってどんな食堂?
  3. 3「だるま食堂」のおすすめランチメニュー
  4. 4沖縄の郷土料理の豆知識:なぜ豚肉がたくさん使われるのか
  5. 5「だるま食堂」への口コミ
  6. 6「だるま食堂」のランチの混雑状況
  7. 7「だるま食堂」の店舗情報とアクセス
  8. 8安い値段で食べられる「だるま食堂」へ行ってみよう!

ワンコインランチが人気の「だるま食堂」をご紹介!

沖縄の那覇市にあるだるま食堂は、なんとワンコインという安い価格っで、沖縄のご当地グルメをおなかいっぱい食べられる人気の食堂です。

沖縄で人気の家庭料理を安い価格で提供している、地元人からも親しまれるだるま食堂をご紹介。だるま食堂で注文する沖縄のソウルフードは、コスパ抜群の安い価格!ハズレなし!人気のだるま食堂情報をお届けします。

「だるま食堂」ってどんな食堂?

沖縄の地元で親しまれている人気の食堂のだるま食堂は、沖縄県庁の近くにある昭和時代を思わせるレトロな食堂です。提供されるメニューは沖縄の家庭料理。優しいおふくろの味、ボリューム満点、そしてワンコインで食べられる安い食堂だと人気です。

地元の常連のお客さんでいっぱいで、旅行客はお呼びでないのではと思いきや、何のことはない、旅の疲れを癒してくれるどこか懐かしさを感じるお店。沖縄の優しい家庭料理の味は旅で疲れた胃袋も癒してくれます。特別な食材を使った高級料理ではないけれど、ランチに沖縄のソウルフードがたっぷり食べられ、しかも安いおすすめの食堂です。

沖縄県庁の目の前にある食堂

だるま食堂は沖縄県庁からすぐのところにある人気の食堂。アクセスは沖縄県庁が目印です。市役所側ではなく県庁通り側です。カーナビなどで検索すると沖縄県庁の住所は「泉崎」ですが、だるま食堂の住所は「松尾」。県庁通りを挟んで隣同士の街名です。沖縄県庁といっても敷地が広いので、正確なアクセス方法は店舗情報の項目でご確認ください。

500円のワンコインで食べられる定食が人気

メニューはすべて500円というのがだるま食堂の特徴です。今どき500円の安い定食なんてボリュームが少ないか、味が悪いかなどとマイナーなイメージしか浮かびませんが、食べてみればコスパの良さは一目瞭然!沖縄県庁前という立地上、12時前後の時間帯は、周辺のビジネスマンで大変混雑しています。

コンビニ弁当にドリンクを付けたりサラダを買うだけで1000円でおつりがちょっとというのであるなら、だるま食堂でがっつりランチで腹ごしらえした方がずっと安上がり。味も家庭的な優しい味わいで最高だと人気の食堂です。

「だるま食堂」のおすすめランチメニュー

だるま食堂のメニューは14種類です。注文は店員さんに伝えて注文しますが、お水はセルフサービス。自分で給水機で用意します。店内は昭和時代の映画に出てくるようなレトロな空間ですが、なぜかほっと一息つける雰囲気のあるお店。

そこで提供されるメニューの数々も、たとえば旅行で初めて食べる沖縄料理でありながら、お母さんが作ったような優しいどこか懐かしい味わいです。

おすすめランチメニュー(1) ゴーヤチャンプルー定食

沖縄の庶民の味で外せないゴーヤチャンプル!だるま食堂でもおすすめ人気の定食です。お皿にてんこ盛りに盛られたゴーヤチャンプルに、ご飯に、うどんのような麺が入ったお吸い物が付いています。

ゴーヤチャンプルはたっぷりのゴーヤに、ポークハム、豆腐の入った本場沖縄のおふくろの味のチャンプル。ご飯がどんどん進みます。沖縄の地元の人は地元沖縄の唐辛子の調味料のコーレーグスをかけて食べるのが定番の食べ方なのだとか。

食卓調味料のところ準備されていますが、コーレーグスとは島唐辛子を泡盛に付け込んだ沖縄ならではの調味料です。もちろんピリッと辛さを加える調味料。泡盛漬けとはなんだか酔ってしまいそうですが、これが病みつきになる味わいだそうです。

おすすめランチメニュー(2) なんこつソーキそば

沖縄だるま食堂のランチの麺類の人気メニューのなんこつソーキそば。沖縄で一番おいしいといわれる人気のメニューです。澄んだ汁はでしゃばらな味わいで、うどんのような麺と相性抜群。ソーキというのは豚のスペアリブ(あばら肉)の部位です。

だるま食堂のソーキそばは軟骨を含んでいるスペアリブを使用。がっつり食べた気になれる1杯です。それでこれも500円とは安い!この安さで美味しいし、しっかり腹を満たしてくれるとは何ともうれしい食堂です。

おすすめランチメニュー(3) みそ汁

沖縄のおふくろの作るみそ汁は、そもそもおかずになるほど具沢山なのが特徴ですが、だるま食堂のみそ汁もこれでもかというほど具だくさんのみそ汁です。みそ汁だけのおかずでおなかは満腹。しかも500円なんて安い!味は白みそ仕立ての優しい味です。

豆腐、ポークハム、ちくわ、干し椎茸、人参、青菜、大根、キャベツ、もやし、ホウレン草、シメジと盛りだくさんの具。また沖縄のみそ汁には生卵が入っているのが一般的。見た目には見えませんが、だるま食堂のみそ汁の中にもちゃんと入っています。

生卵と一緒に中を探るとわかめもたくさん入っています。島唐辛子のコーレーグスをかけるのも沖縄では定番の食べ方です。お椀じゃなくてどんぶりで提供されるみそ汁。みそ汁は日本人のソウルフード。だるま食堂のみそ汁は沖縄県民のソウルフードです。沖縄の滋味あふれるおふくろの味わいはランチにおすすめ人気のメニューです。

おすすめランチメニュー(4) 焼肉定食

がっつりお肉が食べられるだるま食堂の焼肉定食。お肉は豚肉を使用して、玉ねぎと一緒に炒めた一皿。キャベツの千切りもモリモリに盛られて付いてきます。焼肉の味は甘じょっぱい醤油味。濃い目の味付けはご飯がすすみます。沖縄で味わえるおふくろの味!胃に優しい家庭料理の味わいです。旅で疲れた胃袋にもおすすめのメニューの一つです。

定食はこの焼肉のほかに、島豆腐の冷ややっことお味噌汁、ごはんが付いて500円。冷ややっこの上にはねぎと生姜と鰹節がかかっています。

つるんとしたのど越しが、濃い目に味付けられた焼肉の箸休めにちょうどいい感じです。お味噌汁はたくさん具が入ったものではありませんが、沖縄ならではの島豆腐入りのみそ汁です。

おすすめランチメニュー(5) 沖縄そば

沖縄そばは外せないメニューです。舌のこえた地元人もおすすめするだるま食堂の沖縄そば。基本のだしは企業秘密のようで明かされておりませんが、どうやら沖縄そばの基本通りの豚と鰹から取っただしらしき味わい。トッピングは三枚肉、かまぼこ、島ねぎ、そして生姜です。これにコーレーグスをかけて食べるのが沖縄流の食べ方です。

沖縄人のソウルフードである沖縄そばは麺、だし、具材はそのお店独自の味をどの店も提供しています。人気のメニューに上がるだるま食堂の沖縄そばも、まずは食べてみなければその美味しさは語れません。

でも「ハズレはなし!」なぜならだるま食堂のメニューはすべて美味しいと評判だからです。ちなみに沖縄そばは400円です。

おすすめランチメニュー(6)てびち汁

てびちとは豚足のことです。沖縄では豚肉を使った料理が多いのですが、その中でもてびちを使った料理は、沖縄のご当地グルメの代表的な料理です。だるま食堂ではてびちの煮つけのほかに、てびち汁がおすすめ人気のメニューです。下茹でしたてびちを結んだ昆布と大根と一緒に煮た汁ものです。

ゼラチン質が多いてびちはプリン&トロンの二つの食感と舌触りが絶品。美容効果も期待ができ、沖縄の女性からも人気のメニューです。

てびちの正体が豚足だと聞くと、引いてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、沖縄のソウルフード、美味しく調理されていますので、だるま食堂で豚足にトライしてみてください。

おすすめランチメニュー(7)中味汁

旅行者には意味不明なメニューですが、地元の人にはお馴染みの沖縄の郷土料理。沖縄のおふくろの味の代表格ともいわれる料理です。豚の内臓、主に胃腸の部分を鰹だしをベースに汁にしたメニューです。

沖縄では、豚は鳴き声以外は全部食べるといわれるほど、良く料理に利用されます。とくに内臓は良質なたんぱく質をたくさん含んいるにも関わらず脂肪が少ない部分。その上鉄などのミネラルや、ビタミンAやDが豊富に含まれているので滋養食にもなります。

胃腸に優しく活力補給にも最適なメニューです。疲れ気味の地元のビジネスマンから人気のメニュー。旅の疲れにも効果的なメニューです。味わいは臭みもなくあっさりとした味わいです。

沖縄の郷土料理の豆知識:なぜ豚肉がたくさん使われるのか

豚肉は残すことなく調理に使う沖縄。「鳴き声とひづめ以外は全部食べる」という沖縄では確かに、肉身はもちろん内臓も足も血さえも料理に利用します。しかし昔からそうであったわけではありません。大昔は沖縄でも牛が最高級の食材でした。ところが牛は食用なだけではなく畑を耕すことにも利用されていた動物。

江戸時代に入り琉球王国内の経営改革によって、農耕に役立つ牛が食べられなくなり、代わりに豚肉を食べるようになっていったことに加え、琉球王朝時代に、貿易の相手国であった中国からの使節団をもてなすために、彼らの食文化であった豚を使ってもてなし料理を作るため、そのため養豚が盛んになりました。

同時に豚の餌であるさつまいもの普及が後押しとなって一気に庶民の間にも豚肉の食文化が広がったのでした。今では定着している沖縄の豚肉の食文化は、沖縄の歴史とともに根付いたものなのです。

沖縄の家庭料理に当たり前のように使われる豚肉には、そんな沖縄の歴史があったからなのだという知識、グルメのあなたの記憶のポケットに加えておいてください。

「だるま食堂」への口コミ

沖縄県庁前にあるだるま食堂にはたくさんの口コミが寄せられています。地元住人から親しまれているだるま食堂は、たとえば沖縄に単身赴任してきたビジネスマンからも親しまれており、おふくろの味を楽しみに足を運ぶ人もいるのだとか。

メニューの味もさることながら、店内の雰囲気も決してスタイリッシュとかモダンなどいう空間ではないけれど、家に帰ってきたようにほっと一息つけるお店だと口コミが上がっています。またメニューの数が多くないことも選びやすいなどという口コミもありました。

料理については、旅行で訪れた人より、沖縄ならではの調味料であるコーレーグスは、さすが沖縄の調味料だけあり、沖縄の家庭料理である定食にもよく合う調味料だと口コミが上がっています。たとえばみそ汁定食のみそ汁にコーレーグスを加えると、味がひと味かわる。

そして卵の黄身を箸でつぶすとまた味がかわる、みそ汁定食はコーレーグスを使うことで3つの味が楽しめると口コミされています。沖縄ならではの調味料も沖縄の家庭料理で試してみてください。きっと病みつきになるはずです。

「だるま食堂」のランチの混雑状況

ランチタイムしか営業していない人気のだるま食堂の混雑状況は、日によっても違いますが、12時前後の時間帯は周辺のサラリーマンが多く利用するので混雑します。オフィスの休憩時間を外した時間がねらい目です。1時過ぎると比較的に混雑していないと口コミされます。ただ回転はよいので、何時間も待たなければならないことはないようです。

「だるま食堂」の店舗情報とアクセス

だるま食堂は夜の営業はしていません。ランチのみの食堂です。アクセスは那覇空港と那覇市内をつなぐ沖縄都市モノレール「ゆいレール」をご利用ください。

アクセスの目印は沖縄県庁です。だるま食堂は沖縄県庁の県庁前通りの県庁北口と県庁南口の交差点の中間くらいにあります。

店舗情報

ランチのみ営業しているだるま食堂の営業時間は午前11時から午後2時30分までです。定休日は土曜日、日曜日、祝日。ただし営業時間と定休日は変わることもありますので、だるま食堂を目的で足を運ばれる方は、ご来店の際に、電話にてご確認の上、ご来店されることをおすすめします。

住所 沖縄県那覇市松尾1-10-1 1F
電話番号 098-866-6526

ゆいレール 県庁前駅からのアクセス

沖縄の玄関口である那覇空港と古都首里城のある首里駅までをつなぐ、沖縄都市モノレール「ゆいレール」でアクセスする場合は、「県庁前」駅で下車し、徒歩約5分でアクセスできます。

駅を出たら駅を背中にして県庁前通り(国道42号線)を直進し、「県庁北口」の信号を渡ります。「県庁北口」の信号を渡った左手はホテルロコアナハです。ホテルロコアナハを左手に見ながらさらに直進して、2つ目の信号を左折してすぐ目にすることができます。

車でのアクセスと駐車場

那覇空港から車でアクセスされる場は国道332号線から国道331号線へアクセスして明治橋を渡り国道58号線にアクセスして県庁方面へ向かいます。「久蔵地」の信号を右折し直進。3つ目の信号が「県庁北口」の信号です。

だるま食堂へ車でアクセスされる方は、駐車場の用意がありません。車でアクセスされる方は駅周辺の有料駐車場をご利用ください。おすすめの駐車場はゆいレール「県庁前」駅交差点近くにある県民広場地下駐車場がおすすめです。222台駐車可能。1時間300円30分ごとに100円。

そのほか県民地下駐車場からほど近くに30台駐車可能のタイムズがあります。こちらは30分200円、土日祝日は300円です(料金は2019年7月11日現在の金額)。県庁前に行くとリパークなどのコインパーキングがたくさんあります。

安い値段で食べられる「だるま食堂」へ行ってみよう!

沖縄の家庭料理の定食を500円で食べられるだるま食堂。お店は昭和のレトロな雰囲気のまさに定食屋さんですが、どこか安心して食事ができる雰囲気にリピーターは絶えません。

料理の味はまさに沖縄のおふくろの味!まるで沖縄の実家に帰ってきたような味わいです。沖縄に足を運んだ際はぜひワンコインで沖縄のおふくろの味をご堪能あれ!

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
TinkerBell

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ