立川の観光スポット厳選11選!人気の名所やおすすめの穴場も紹介!

東京都立川市は多摩地域の中心都市で、ショッピングなどで多くの人が訪れます。しかし立川には魅力的な観光スポットも多く、しかも多様なスポットがあります。そこで近年人気の高いおすすめ観光スポットをいくつか紹介します。立川に行った時にぜひ訪れてみてください。

立川の観光スポット厳選11選!人気の名所やおすすめの穴場も紹介!のイメージ

目次

  1. 1立川の街をのんびり観光
  2. 2立川へのアクセス
  3. 3地元民おすすめの立川の観光スポットをご紹介!
  4. 4立川の人気観光名所5選
  5. 5立川のおすすめ観光スポット3選
  6. 6立川の観光穴場スポット3選
  7. 7立川観光を楽しもう!

立川の街をのんびり観光

東京都立川市は東京都西部、多摩地域の中心都市の一つです。明治時代に鉄道が開業したことなどをきっかけに大きく発展した街で、ショッピングなどでよく訪れるという方も多い人気の場所でもあります。そこで立川のおすすめ観光スポットについて紹介します。いわゆる名所から穴場まで、見どころはたくさんです。

立川へのアクセス

まず、立川へのアクセスから紹介していきましょう。立川のアクセスの中心となるのは「立川」駅です。立川駅にはJR中央本線、南武線、青梅線の3路線が乗り入れており、どの方面からでもアクセスがしやすくなっています。中央線特別快速電車を利用すれば、東京駅からでも40分ほどでアクセスが可能です。

また、もう一つのアクセス方法として多摩都市モノレールがあります。こちらは東京都東大和市と多摩市を結ぶのですが、途中で立川北駅、立川南駅を通ります。立川北駅が立川駅との接続駅となっているので、こちらを利用することも可能です。

観光スポットによってはこのモノレールを利用することで、近くまでアクセスできるところもあります。うまく利用して、観光スポットをいろいろとめぐってみてはいかがでしょうか。

地元民おすすめの立川の観光スポットをご紹介!

立川駅前に降りてみると、モノレールとオフィス街がならんでおり、なんとなく近未来的な雰囲気を感じるかもしれません。しかし立川には緑が豊かな穴場的な観光スポットや、おすすめの施設なども多くあります。またショッピングなどを楽しみたい方におすすめのスポットもあります。

そこで、立川の地元の方がおすすめしている観光スポットや名所を中心にここではおすすめスポットを紹介していきます。地元の方なので、穴場といえる魅力的な場所なども出てくることになるでしょう。

立川の人気観光名所5選

それではさっそく、立川の観光スポットを紹介します。まずはいわゆる観光名所といわれる、人気の場所から紹介します。今から紹介する場所は立川に来たらまずは観光しておきたい有名どころと言っていいでしょうし、また立川に観光に来る場合、こちらをめあてに来る方が多いスポットということになります。

国営昭和記念公園

立川の観光名所というとまず名前があがるのが、「国営昭和記念公園」です。これは昭和天皇御在位五十年記念事業の一環として、立川市、昭島市の両市にまたがる形であった立川基地の跡地に作られました。1978年から整備が行われ、1983年に開園し、その後も施設の整備が行われ現在に至っています。

「緑の回復と人間性の向上」というコンセプトで作られたこの公園は、現在約165.3 ヘクタールもの広さがあり、四季折々の美しい自然が楽しめるほか、レクリエーション施設として人気があります。

春は桜にチューリップ、夏は紫陽花、ひまわり、秋にはコスモスの名所として知られ、多くの観光客が自然の美しさを楽しみます。また冬になるとクリスマスイルミネーション、シャンパングラスツリーなどが美しく飾りつけられ、デートの穴場スポットともなっています。

さらに毎年夏には花火大会が開催されるほか、週末などはグルメ系のフェスなども行われるなど、家族で楽しめるイベントが多く行われています。そしてイベントのない時はのどかな雰囲気がひろがる公園で、のんびりとした時間を過ごす人たちが多く見られます。

国営昭和記念公園は昭和天皇に関係が深い公園なので、2005年に昭和天皇記念館も開館しており、また、昭和の日など年数回入場料が無料になる日があり、その時には多くの人が訪れます。

公園の規模が大きいため、入り口が複数あり、それに伴い最寄り駅も複数あります。駅からのアクセスが近いのはJR青梅線「西立川」駅ですが、改札口が狭いので、やや時間がかかるかもしれません。行く前に行きたいエリアに近い入場口と最寄り駅を確認することをおすすめします。

国立極地研究所 南極・北極科学館

立川市役所の真向かいにある「国立極地研究所 南極・北極科学館」は名前からして、限られた研究者の人だけが出入りする建物だと思ってしまうかもしれません。しかしなんとこちらは入場無料、誰でも入ることができる観光名所なのです。

ここでは歴代の観測船や南極、北極などの極地で実際に使った機材、極地に関する資料などが展示されています。中でも珍しいのは南極から持ち帰った氷や隕石が展示されていて、さらには自分の手でじかに触ることまでさせてくれるのです。

ふだんはテレビなどでしか見る機会がない極地を、身近に感じることができる穴場です。地質学や極地などに興味のある方や子どもたちの理科の勉強にきっと興味を想起してくれることでしょう。

立川防災館

「災害は忘れたころにやってくる」とよく言われます。もちろん災害が来ないことが一番ですが、いざという時に知識があるのとないのとでは大きな違いがありそうです。立川には「立川防災館」があり、防災について家族で学ぶことができます。

まず、来館登録をして、「防災体験カード」というカードをもらいます。このカードを5枚集める、つまり5回来館すると修了証と粗品がもらえます。中には体験室や児童コーナーなどがあり、子どもから大人まで手軽に防災について学べる施設が揃っています。

中でも「地震体験室」や「煙体験室」は実際に地震や火事の状況を体験することができます。どのくらい揺れるのか、どのくらい動けないのかを体験しておくことは、いざという時に冷静に行動するための大切な経験となります。ぜひここで防災について学んでおきましょう。

諏訪神社

立川の「諏訪神社」は立川南口から10分ほどのところにある神社です。811年に信濃国から諏訪大神を勧請したのに始まるといいますから、なんと1200年もの歴史がある、名所中の名所です。建御名方神という軍神と農耕の神を祀っています。

この神様は「古事記」「日本書紀」などで相撲を取った神として知られており、諏訪神社は獅子舞と相撲の名社と言われています。境内には土俵や古武術の鍛錬を行う錬成館などがあり、今でも弓道などを学ぶ人たちが練習をしています。土俵では例祭で奉納相撲が行われるそうです。

阿豆佐味天神社

「阿豆佐味天神社」(あずさみてんじんじゃ)ははっきりした創設年代は不祥ですが、上総介高望王が寛平年間(889年から898年)に再建したと言われています。927年に作られた「延喜式神名帳」という資料にも出てくると言われています。

この神社が近年有名になっているのは「猫返し神社」だと言われているためです。阿豆佐味天神社には境内の中に複数の神社があるのですが、この中の蚕影神社は、もともと養蚕の神様だったのですが、あるアーティストの方の愛猫がいなくなった時、この神社にお参りしたところ帰ってきたことにちなみます。

愛猫を探している時は境内にあるかわいらしい猫の像を撫でるといいと言われます。また、愛猫が返ってくることを願う絵馬などもあります。猫が好きという方にはぜひ一度参拝していただきたい神社の一つです。

Thumb立川のデートスポットおすすめ19選!おしゃれなグルメや穴場もあり!
東京・立川でデートを楽しみたい時におすすめのスポットを19ヶ所ご紹介します。立川の王道のスポ...

立川のおすすめ観光スポット3選

次に紹介するのは、立川の観光スポットの中でも、ショッピングなどを楽しみたい方におすすめの観光スポットです。観光の中にはショッピングや食事なども外せません。ここで紹介する観光スポットは、周辺の地域からも訪れる人が多い、ニーズの高い観光スポットと言えるでしょう。

IKEA立川

家具好きな方ならだれでもその名前を知っているIKEAですが、IKEA立川は2014年に都内初店舗としてオープンしました。北欧の食文化や北欧らしいスタイリッシュな家具や雑貨などがお手頃に手に入れられるということで人気が高いお店です。

IKEAは基本的にはインテリア、雑貨の店ですが、小ぶりでおしゃれな雑貨も多く、気軽に購入することができます。またミートボール、サーモンといった北欧の料理をリーズナブルに楽しめるということで、食文化に興味がある方にもおすすめです。

IKEA立川は立川駅からは距離がすこしあるので、北口バス乗り場からバスを利用して行くのがおすすめです。土日は混雑するので、ゆっくり見たい方は夕方以降に行くと少しすいているのでおすすめです。

ららぽーと立川立飛

立川にはららぽーともあります。ららぽーとというと大規模なショッピングセンターをイメージしますが、こちらもその通りで、ショッピングは外せないという方には人気のスポットです。2015年に開業しました。多摩都市モノレール「立飛」駅前にあります。

約240店の店舗が軒を連ねており、ふだん使いのものからちょっとおしゃれだったり、高級だったりするものまで揃います。ギフトなどを探す方にも人気で、さまざまなニーズに対応できる店舗として人気です。

また、子ども連れの方に優しいのもここの魅力の一つです。子どもが遊ぶことができるエリアやベビー休憩所などがあちこちにあるため、家族連れで訪れた場合でも安心です。大人も子どもも安心して楽しめるのが人気の秘密なのでしょう。

ラーメンスクエア

ラーメンが好きという方は多いのではないでしょうか。美味しいラーメンを探してラーメン店めぐりを楽しんでいる方もいるでしょう。立川駅南口ペデストリアンデッキ直結の「アレアレア2」の3階にある「ラーメンスクエア」はそんな方にとっては名所と言えるでしょう。

各地の有名なラーメン店が7店出店し、期間ごとに入れ替わっています。定番のものから他では食べられないような珍しいものまで、いつ行っても目を引くお店が並びます。どんな店があるかは公式サイトで確認するとよいでしょう。

Thumb立川アウトレット「ららぽーと立川立飛」を攻略!人気ブランドも紹介!
立川にある「ららぽーと立川立飛」を皆さんはご存知でしょうか。あのアウトレットで有名な三井アウ...

立川の観光穴場スポット3選

次に紹介する観光スポットは、どちらかというと穴場と言われる場所です。穴場というくらいですから、魅力的な場所ではあるものの、それほど有名ではないということで、立川にふだん来る機会がある方でもあまり知らないという方も多い観光スポットと言えるかもしれません。

立川公園

「立川公園」は約1.3キロの根川緑道を中心にして、周辺に体育館や野球場などのスポーツ施設がならぶ公園です。全体は4つのゾーンに分けられており、それぞれのゾーンごとに水と緑豊かな景観づくりが行われ、水の広場や四阿などがあります。

立川駅からアクセスすることもできますが、徒歩で15分ほどかかります。ちょうど根川緑道の間を多摩都市モノレールが走っており、「柴崎体育館駅」からだとすぐにアクセスすることができます。

特におすすめなのは、春の桜の時期です。立川公園には古木となったソメイヨシノがあり、春になると美しい桜並木となります。花見を楽しみながらゆっくりと散策を楽しみたい方にはぜひおすすめしたい公園です。

ファーレ立川アート

「ファーレ立川アート」はまさに穴場中の穴場と言ってもいいかもしれません。なぜならば「ファーレ立川アート」という名前の建物があるのではなく、その周辺一帯が「ファーレ立川アート」だからです。「ファーレ」はイタリア語の「FARE」(創造する)に、立川の「T」をつけたものです。

1994年に発足したプロジェクトで、街には36ヶ国92人のアーティストの手になる作品が109点置かれています。車止め、ベンチなど街の機能も持つため、意外なところにもアートがあるのです。探検するような気分で鑑賞するのが人気です。

中には美術の教科書などにも出てくる有名アーティストの作品もあり、立川の学校ではアート散策を授業で行うこともあるのだそうです。昼はもちろん、夜のライトアップされた姿も人気なので、ぜひ昼だけでなく、夜も観光してみてください。

立川まんがぱーく

アニメやマンガは日本の世界に誇るべき文化の一つです。マンガが大好きという方にはまさに穴場中の穴場と言えるのが「立川まんがぱーく」です。2012年、立川市子ども未来センターの2階に誕生しました。

そもそも立川はアニメやマンガのロケ地や舞台になることが多い「聖地」とも言えるところです。その点から言うとマンガそのものが立川の名所の一つと言えるかもしれません。なんと4万冊以上のマンガがあり、一日のんびりくつろいで楽しむことができます。子どもはもちろん、大人にとっても懐かしく魅力的なスポットと言えるでしょう。

ちなみにこの施設の目の前にある広場では冬になるとイルミネーションがともります。とてもかわいいイルミネーションと人気で、クリスマスの名所の一つともなっているそうです。ぜひこの時期に行ってみましょう。

Thumb「立川まんがぱーく」は1日中遊べる!アクセスや料金・混雑状況を調査!
立川にある人気の施設「立川まんがぱーく」をご存知でしょうか。子供から大人まで楽しむことができ...

立川観光を楽しもう!

美しい自然や寺社、大規模なショッピングセンター、学びができる場所やマンガなどを楽しむことができる場所と、立川の観光スポットは多様で、どんな方でも楽しめる場所が揃っています。季節によっても見どころが変わるので、ぜひいろいろな季節に立川で観光を楽しんでみてください。

関連記事

Noimage
この記事のライター
茉莉花

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ