日比谷松本楼は明治創業のレストラン!人気メニュー・アクセス・予約方法まとめ!

東京にはたくさんの洋食レストランがありますが、日比谷公園にある日比谷松本楼をご存知でしょうか。モダンガールはモダンボーイに愛された日比谷松本楼のカレーライスは名物料理です。今回はこの東京の日比谷公園の日比谷松本楼のランチやディナーを見ていきます。

日比谷松本楼は明治創業のレストラン!人気メニュー・アクセス・予約方法まとめ!のイメージ

目次

  1. 1日比谷松本楼ってどんなレストラン?
  2. 2日比谷松本楼の歴史について
  3. 3日比谷松本楼レストランのメニューとおすすめディナー
  4. 4日比谷松本楼の予約・問い合わせについて
  5. 5日比谷松本楼の基本情報とアクセス・駐車場
  6. 6日比谷松本楼の周辺でおすすめの駐車場は?
  7. 7日比谷松本楼の洋食レストランで美味しい料理を堪能しよう!

日比谷松本楼ってどんなレストラン?

日比谷松本楼は日比谷公園の中にある創業100年以上の歴史のある洋食のレストランです。100年間の伝統の味の「ハイカラビーフカレー」は日比谷松本楼の人気メニューの一つです。明治36年に初めてオープンした日比谷公園で、同じくオープンした日比谷松本楼は東京のおしゃれな洋食レストランとしての歴史を刻み始めました。

「緑あふれる森のレストラン」洋食 グリル&ガーデンテラスは明治36年創業

日比谷松本楼ができたのは明治36年です。日比谷公園ができたと同時に作られた洋食のレストランで、文人に愛され、小説などの舞台にもなりました。明治時代の文学者たちが文芸活動を通して日比谷松本楼に集まり、作品を作った歴史あるレストランなのです。有名なとこでは、夏目漱石や高村光太郎といった文人です。

美しい公園とガーデンが楽しめる洋食レストラン

日比谷公園の中にありますので美しい季節の植物などの自然を楽しむことができるのがいいところです。日比谷松本楼はテラス席がありますので日比谷公園に向かってテラスでお食事を楽しむことができます。テラスから美しいお庭を眺めることができますので、日比谷松本楼は景色を楽しみながらお食事をすることができる人気のスポットです。

レストランのテラス席は長く愛されてきた昔のながらの味をいただくには最適なレストランで、ランチタイムやティータイムでお食事をするには最適です。四人掛けのテーブル席がありますのでグループでテラスでお食事をすることもできます。

窓側の座席も室内にありますので、窓際の席を取ればお庭を眺めることもできます。また、カップルには最適なソファーの座席などもありますので、座り心地の良いひとりがけソファーが置いてあるテラスの座席を利用するのもおすすめです。

日比谷松本楼の歴史について

日比谷松本楼は日比谷公園からアクセスすることができる公園の中にあるレストランです。日比谷や銀座、霞ヶ関や皇居や東京駅などに近いので、東京の中心地にあるレストランです。創業明治36年で、当時と変わらないメニューを今でも出しています。同時に3階建てのマンサード屋根の建物で、おしゃれでハイカラなお店として人気を呼びました。

日比谷松本楼でカレーを食べてコーヒーを飲むという流れが流行になり、おしゃれな人の間で日比谷松本楼でおしゃべりをすることが人気になったのです。戦時中は日露戦争大祝捷会が行われるなど、演説で使われると言う場面にありました。

昭和46年に1度放火により炎上しますが、再び2年後にオープンすることができ、オープンと同時に10円カレーチャリティーセールなども行われました。現在は平成15年に創業100年を超える、100年を超える東京の老舗のレストランとして知られます。

文化の発信地としてモボやモガに人気を博す

日比谷松本楼といえば明治時代の文人たちやおしゃれに敏感なモボやモガなどに愛されたことでも有名です。モボとモガとは、いわゆるモダンボーイとモダンガールと言った人たちのことです。大正末期から昭和の初期頃にかけて、都内で西洋文化を新しく取り入れた若い男女のことを指して言う言葉です。

文化発信の地として、東京で戦前にできた若者文化ですが、日比谷松本楼はそんなモダンガールとモダンボーイの間でも非常に人気のあったレストランです。近くには銀座などもあることから、おしゃれな人が集まるスポットだったのです。

近代史の舞台ともなった歴史

文芸活動として日比谷松本楼を使った「パンの会」などが開かれたりと、度々近代史の歴史の舞台に登場してくるのが日比谷松本楼です。日比谷松本楼は有名な作家やアーティストの憩いの場として知られ、小説に取り入れられたりと近代史の舞台にもなりました。おしゃれな若者を呼ぶと同時に文化人にも愛されたのです。

平成15年に創業から100年を迎えた

平成15年で意味創業100年を超えた日比谷松本楼です。日比谷松本楼は新装再オープンすることが決まった時に行われた10円セールを、創業80周年を迎えた昭和58年にも行われましたが、創業100年を迎えた平成15年は園内で記念の「桜植樹」が行われました。平成20年には福田康夫総理の主催の夕食会も行われました。

日比谷松本楼レストランのメニューとおすすめディナー

日比谷松本楼のレストランの人気メニューやおすすめのディナーメニューなどを見ていきましょう。ランチタイムやティータイムは予約を受け付けていませんがディナータイムは予約することができますので、デートや家族でお食事する時など日比谷松本楼でおしゃれにお食事を楽しむことができるのです。人気メニューを見ていきましょう。

人気メニュー:『ハイカラビーフカレー』

日比谷松本楼の人気のメニューといったら、百年の歴史を誇るハイカラビーフカレーです。グランドメニューとして用意されており、ランチタイムにも注文することができます。ハイカラビーフカレーのお値段は1100円です。お店のイチオシメニューとして知られており、こちらのビーフカレーは長い歴史の間で著名人にも愛されたメニューです。

ビーフカレーを食べた後にこちらでコーヒーを飲むというのが流行したほどで、モダンガールやモダンボーイなどの間で話題になったカレーです。ちなみにビーフカレーの他にハイカラハヤシカライスもあります。ハイカラハヤシライスは1200円です。

人気メニュー:『ハンバーグステーキ森のレストラン風』

日比谷松本楼はもちろんカレー以外のメニューもありますので是非ともランチやディナーでいただきたいところです。他に人気のあるメニューは「ハンバーグステーキ森のレストラン風」です。ハンバーグステーキですが、デミグラスソースがたっぷりとかかっており、とても贅沢でボリューミーなハンバーグメニューのひとつです。

調理場で手ごねして作られたハンバーグは、テゴネハンバーグのしっかりとした肉厚の感じを楽しむことができるメニューです。きのこやブロッコリーや人参など、洋食らしいトッピングがされているハンバーグステーキです。

人気メニュー:『選べるビッグプレート』

何を注文していいかわからない場合はお店で人気のオムレツライスとハンバーグがセットになっている「選べるビッグプレート」を注文してみてはいかがでしょうか。1922円でいただくことができる「選べるビッグプレート」は、ハンバーグやエビフライやカニクリームなど、好きな組み合わせで選ぶことができます。

日比谷松本楼の人気のメニューであるオムレツライスと一緒にハンバーグも一緒に注文することができるのが良いところです。人気のオムレツライスは2色のお好みソースを選んでいただくことができるメニューですが、こちらも単品で人気です。

人気メニュー:『ダイナミックサラダ』

日比谷松本楼のランチやディナーでいただきたいメニューはまだまだあります。おすすめのランチやディナーのメニューは「ダイナミックサラダ」です。ダイナミックサラダは1620円でいただくことができるメニューで、サラダの上にステーキはたっぷりと乗っかっているその名の通りダイナミックなサラダです。

サラダにたくさんのガーリックフライとソースがかかったステーキが乗っかっているメニューです。しっかりとサラダを食べながらステーキも贅沢にいただくことができてしまうと言う、日比谷松本楼で人気のランチやディナーのメニューです。

人気メニュー:『オムレツライス2色のソース』

ハイカラビーフカレーが人気のあるメニューでしたが、日比谷松本楼ではまだまだランチやディナーでおすすめのメニューがあります。日比谷松本楼では他にも「オムレツライス2色のソース」という人気メニューがあります。2種類のお好みのソースを選んでいただくことができるオムレツライスで、お値段1620円でいただくことができます。

おすすめディナータイムメニュー

日比谷松本楼はランチタイムも営業しておりますがもちろんディナータイムもグランドメニューを注文することができます。定番のハイカラビーフカレーや前からハヤシライスなどの人気メニューもメニューとして登場しています。国産牛を使ったビーフシチューなど3078円でいただくことができたり、オムレツライスやハンバーグステーキもあります。

他にもグランドメニューとして土日限定のホリデースペシャルというメニューもあります。ステーキと一緒にコロッケやフライなどを注文することができる人気の洋食メニューですが、1998円でいただくことができます。

ミックスサンドイッチも1296円でいただくことができビタミンたっぷりサラダプレートも1382円でいただくことができます。ディナータイムもグランドメニューが充実しておりますので夜の21時までディナーをいただくことができます。

日比谷松本楼の予約・問い合わせについて

日比谷松本楼は予約をすることができるのでしょうか。ランチとディナータイムがありますが、ディナータイムは基本的に予約を受け付けております。一階のレストランの洋食グリル&ガーデンテラスと三階のフランスレストランの仏蘭西料理 ボア・ド・ブローニュがありますが、後者も予約してお食事することができます。

洋食レストラン「グリル&ガーデンテラス」の予約と問い合わせ

日比谷松本楼は一階の「洋食グリル&ガーデンテラス」ではランチタイムとティータイムの予約は受け付けておりませんが、17時以降のディナーの予約は受け付けております。ディナーの予約は2週間前から受け付けておりますので予約していくのがおすすめです。営業時間は11時から夜の21時までですのでお間違いなく。

電話番号から直通でお電話して予約することができます。しかしオンライン予約があるので、公式ホームページからオンライン予約もすることができます。フランス料理のレストランではコース料理のランチも予約できます。

日にちを指定してレストランでお食事する人数と時間帯を選択してプランを選んで予約するという形です。時間があるときはあらかじめオンライン予約をしておくといいでしょう。当日アクセスする場合は電話で予約することができるか確認してみるといいです。

日比谷松本楼の基本情報とアクセス・駐車場

日比谷松本楼はランチとディナーを楽しむことができるおすすめの東京の日比谷にあるレストランでした。夜もテラス席がありますのでそちらでキャンドルがセットされてデートなどでお食事を楽しむことができます。イベントなどが開かれると10円カレーチャリティなどのカレーセールが行われたりもします。

テラス席が40席あり、秋の季節にはそちらから美しい紅葉を見ながらお食事を楽しむことができます。テラス席の他に店内にもテーブル席がありますので店内でも食事をすることができます。建物の3階はフランス料理レストランになっています。

日比谷松本楼の基本情報

日比谷松本楼は月曜日から日曜日まで無休でレストランが営業しております。祝日などもお休みなくレストランでお食事をすることができます。営業時間は11時から夜の21時までです。ラストオーダーは20時30分までですのでお間違いなく。1階のグリル&ガーデンテラスではディナータイムの17時以降のみ予約可能になっています。

日比谷松本楼へのアクセス

最寄り駅は東京メトロ日比谷駅のA14出口から歩いて2分ほどのところにあります。日比谷駅から駅構内を歩いて行き、日比谷公園の目の前の出口があるので、そちらから降りていくといいでしょう。霞ヶ関駅からも歩いて2分でアクセスすることができますので、こちらからもおすすめです。

東京メトロの丸ノ内線と千代田線の二つの路線で霞ヶ関までアクセスすることができます。東京メトロ日比谷線と千代田線で日比谷駅までアクセスすることができるので、電車でのアクセスはメトロがおすすめです。それぞれ駅から徒歩でアクセスできます。

日比谷や有楽町方面から歩いてアクセスする場合は、東京ミッドタウン日比谷の裏まで歩くのがおすすめです。宝塚劇場などのビルの裏側に横断歩道があるので、そちらの横断歩道を渡って入り口をまっすぐ進んだところが日比谷松本楼です。

日比谷松本楼の駐車場について

日比谷松本楼の専用の駐車場というものがありませんが、 日比谷公園の周辺で利用しやすい駐車場がありますので、車でアクセスする場合は周辺の駐車場を探しておくと良いでしょう。駐車場のお勧めとしては日比谷か銀座あたりのコイン駐車場を探すことです。また、日比谷通りに公共有料駐車場があるのでそちらがおすすめです。

Thumb日比谷公園の楽しみ方!デートコース・周辺の食事スポット・喫煙所も紹介!
東京の中心部にある日比谷公園、日本では良く知られた公園です。今回は日比谷公園の見どころを紹介...

日比谷松本楼の周辺でおすすめの駐車場は?

日比谷公園の周辺の駐車場を探すのがもっともアクセスしやすいのでおすすめです。日比谷公園周辺でお得に利用することができる駐車場がありますので、今度は日比谷公園周辺にある日比谷松本楼でランチやディナーをするときに使うことができる駐車場を見ていきましょう。まずは日比谷駐車場がおすすめです。

日比谷駐車場

日比谷通りにあるタイムズ(NEXCO)日比谷駐車場です。タイムズ系列の駐車場ですので利用しやすい駐車場です。日比谷公園の目の前にあり、収容台数も400台以上で30分300円で利用することができます。最大料金の設定もあり、2700円で利用することができますので周辺観光で利用しやすい駐車場の一つです。

日比谷シティパーキング

日比谷公園周辺で有名な大型の駐車場ですが、収容台数は700台近くあります。30分300円で時間制の料金は大体同じですが、こちらは最大料金2400円で利用することができますので比較的最大料金の安い駐車場です。周辺の店舗を利用すると割引サービスを受けることができますので、提携しているショッピングスポットの利用もおすすめです。

Thumb日比谷公園の駐車場を攻略!混雑状況や周辺の安い駐車場もリサーチ!
日比谷公園は都会の中にあるオアシス的な存在です。日比谷公園内にはいろいろな施設があり、休日を...

日比谷松本楼の洋食レストランで美味しい料理を堪能しよう!

日比谷公園には日比谷松本楼という100年以上の歴史のある老舗のレストランがありました。東京には老舗の洋食レストランなるものがたくさんありますが、日比谷松本楼は東京でも非常に有名なランチとディナーを楽しむことができるレストランです。東京の歴史を見つけに、はいからカレーライスを食べに来てみてはいかがでしょうか。

関連記事

Original
この記事のライター
tabito

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ