「屋内・冒険の島ドコドコ」攻略!混雑状況や料金・おすすめの遊具を徹底紹介!

東京の立川エリアで子供さんが楽しく遊べるアミューズメントパークということで人気となっている、「屋内・冒険の島ドコドコ」のおすすめ情報をご紹介していきます。屋内・冒険の島ドコドコの混雑情報や、おすすめの遊具や料金の情報についても詳しくまとめています。

「屋内・冒険の島ドコドコ」攻略!混雑状況や料金・おすすめの遊具を徹底紹介!のイメージ

目次

  1. 1「屋内・冒険の島ドコドコ」は夢満載のレジャースポット!
  2. 2立川の「屋内・冒険の島ドコドコ」ってどんなところ?
  3. 3「屋内・冒険の島ドコドコ」の特徴と魅力
  4. 4「屋内・冒険の島ドコドコ」の見どころと遊具
  5. 5「屋内・冒険の島ドコドコ」での休憩場所
  6. 6「屋内・冒険の島ドコドコ」の混雑状況とおすすめの時間帯
  7. 7「屋内・冒険の島ドコドコ」の基本情報と料金とアクセス・駐車場
  8. 8「屋内・冒険の島ドコドコ」で子供の冒険に出かけよう!

「屋内・冒険の島ドコドコ」は夢満載のレジャースポット!

東京の立川と聞いて、皆さんはどんなイメージがありますでしょうか。立川というと首都圏からは少し離れて住みやすい街となっていて、ショッピング施設や飲食店も充実したバランスの良いところです。そんな立川にはなどで実はお子さん連れにピッタリのレジャースポットがあります。立川の「屋内・冒険の島ドコドコ」をご紹介します。

Thumb立川の遊び場人気11選!子供も大人も楽しめるおすすめスポットを紹介!
東京都立川市には人気の遊び場が数多くあります。自然豊かな光景が楽しめ、大人から子供まで有意義...

立川の「屋内・冒険の島ドコドコ」ってどんなところ?

東京の立川エリアでお子さん連れのファミリーにも人気となっている屋内・冒険の島ドコドコですが、そんな屋内・冒険の島ドコドコがどんな施設がイメージが湧かないという人も多いはずです。そんな人にもわかりやすく、冒険の島ドコドコを解説します。

屋内・冒険の島ドコドコは、東京の立川に位置しているテーマパークで、たくさんの親子で連日大盛況となっているスポットです。屋内・冒険の島ドコドコはユニークな遊具やアトラクションがあって、小さなお子さんでも安心して楽しむことができるスポットです。屋内・冒険の島ドコドコは土日のお出かけにもピッタリです。

立川髙島屋S.C. 8階にある子供が喜ぶアミューズメントパーク

屋内・冒険の島ドコドコがあるのは立川の高島屋野中となっています。高島屋といえば、言わずと知れた老舗の有名なスポットで、ショッピングにもおすすめですが、屋内・冒険の島ドコドコは、そんな立川髙島屋S.C. 8階にあるレジャー施設です。

立川の髙島屋S.C.にショッピングやお食事に行くという人も多いのではないでしょうか。屋内・冒険の島ドコドコは立川の地元の人にも人気が高まっていて、立川でも屈指の注目スポットです。立川に周辺に住まいの人はもちろんですが、都内や関東圏内の人も、屋内・冒険の島ドコドコに子供さんと遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

「屋内・冒険の島ドコドコ」の特徴と魅力

立川でどんどん人気が高まってきているという屋内・冒険の島ドコドコですが、そんな屋内・冒険の島ドコドコのおすすめ情報として次にご紹介していきたいのが、施設の特徴と魅力についてです。どんな特徴を持っているのか、チェックしてみて下さい。

屋内・冒険の島ドコドコは、魅力がいっぱいのアミューズメントパークで、一言では語りつくせないほどの可能性を秘めているスポットです。屋内・冒険の島ドコドコは一般的な遊園地などのテーマパークとは少し違っていて、独自の遊具やアトラクションがあるスポットです。

バンダイナムコアミューズメントが運営し最先端のデジタル技術を駆使

立川の屋内・冒険の島ドコドコの特徴・魅力としてまずご紹介しておきたいポイントが、屋内・冒険の島ドコドコはバンダイナムコアミューズメントが運営をしているということです。バンダイナムコがこだわりを持って作り上げたレジャー施設です。

バンダイナムコアミューズメントが運営をしている屋内・冒険の島ドコドコは、最先端の技術を使っているアミューズメントスポットです。最新のでデジタル技術をたっぷりと使っていてどの遊具も最新のサービスを体験できる楽しいものばかりです。最新のデジタル技術をフル活用しているので、新感覚の遊びが楽しめます。

最先端のデジタル技術とアナログの融合

最新のデジタル技術を使った遊具・アトラクションが楽しい屋内・冒険の島ドコドコですが、そんな屋内・冒険の島ドコドコはただ単にデジタル技術を使っているテーマパークというだけではなくて、アナログの遊びも融合させた楽しいパークとなっています。

デジタル技術を使ったアミューズメントパークと聞くと、デジタル映像を見たり、ボタンを押したりするだけのアトラクションをイメージしがちですが、屋内・冒険の島ドコドコの場合はアナログな体験をベースとして、そこにデジタルの要素をミックスさせているので、身体を動かして全身で感じながら遊ぶことができるスポットです。

不思議な世界で冒険を体験

立川の屋内・冒険の島ドコドコの特徴・魅力として次にご紹介しておきたいポイントが、屋内・冒険の島ドコドコは不思議な世界観を持っているテーマパークであるということです。日常とは違った体験をすることができて、大人気の遊び場です。

屋内・冒険の島ドコドコは、最新デジタル技術とアナログの体験も使った新感覚のアミューズメント施設ということで、今までにはなかった体験をすることができるスポットです。昔の時代では想像できなかったような不思議な体験もできて、まるで他の世界に入りこんでしまったかのような体験ができます。

「屋内・冒険の島ドコドコ」の見どころと遊具

不思議な体験もできて小さなお子さんにも人気となっている屋内・冒険の島ドコドコですが、そんな立川の屋内・冒険の島ドコドコのおすすめ情報として次にご紹介しておきたいのが、屋内・冒険の島ドコドコの気になる見どころと遊具の情報です。どんな見どころがあるのかしっかりとチェックしてみて下さい。

草原エリア

立川の屋内・冒険の島ドコドコの気になる遊具・見どころの情報として、まずご紹介しておきたいのが「草原エリア」です。屋内・冒険の島ドコドコの草原エリアは、いくつかあるエリアの中の一つで、草原をテーマとしている人気のエリアです。

屋内・冒険の島ドコドコの草原エリアは、キノコの不思議な妖精が住んでいる草原をイメージしているそうで、キノコをコンセプトとしている遊具もあって楽しいエリアです。屋内・冒険の島ドコドコの草原エリアは、小さなお子さんでも楽しめるようなたくさんの見どころがあります。

見どころ『きのこのき』

立川の屋内・冒険の島ドコドコの草原エリアの中の見どころスポットとしてご紹介しておきたいのが、「きのこのき」です。草原エリアのきのこのきは、不思議な妖精さんとお話ができてしまうという、新感覚の楽しいアトラクションとなっています。

屋内・冒険の島ドコドコの草原エリアのきのこのきは、妖精とお話をして不思議な会話を体験できる遊具です。キノコをモチーフにしているという可愛いキャラクターとお話ができるということで、女の子のお子さんにもおすすめしたいスポットです。

見どころ『はらぺこキッチン』

立川の屋内・冒険の島ドコドコの草原エリアの中の見どころスポットとして次にご紹介しておきたいのが、「はらぺこキッチン」です。草原エリアのはらぺこキッチンは、草原のレストランをイメージしていて、料理体験ができるアトラクションです。

屋内・冒険の島ドコドコの草原エリアのはらぺこキッチンは、料理がテーマということで、お料理などがお好きなお子さんにはピッタリのスポットです。普段はハードルが高めのクッキングも、草原エリアのはらぺこキッチンなら、子供たちの自由にお料理遊びができます。

見どころ『きのこのツリーデッキ』遊具

立川の屋内・冒険の島ドコドコの草原エリアの中の見どころスポットとして次にご紹介しておきたいのが、「きのこのツリーデッキ」です。草原エリアのきのこのツリーデッキは、ツリーをモチーフにしている体験型の遊具です。

屋内・冒険の島ドコドコの草原エリアのきのこのツリーデッキは、体験型のアスレチック風の遊具となっていて、身体を使って遊べる遊具です。アスレチックや公園の遊具などがお好きなお子さんにおすすめです。全身で楽しんでみて下さい。

ジャングルエリア

立川の屋内・冒険の島ドコドコの気になる遊具・見どころの情報として、次にご紹介しておきたいのが「ジャングルエリア」です。屋内・冒険の島ドコドコのジャングルエリアです。屋内・冒険の島ドコドコのジャングルエリアは、不思議なジャングル体験ができます。

見どころ『どろんこジャングル』

立川の屋内・冒険の島ドコドコのジャングルエリアの見どころポイントとしてご紹介しておきたいのが、「どろんこジャングル」です。ジャングルエリアのどろんこジャングルは、ゾウやカバと遊べます。

屋内・冒険の島ドコドコのジャングルエリアのどろんこジャングルは、カバなどの動物にどろんこをかけてあげたりするアトラクションで、映像ベースなので泥で汚れずに遊べます。

みどころ『ドドドの滝』

立川の屋内・冒険の島ドコドコのジャングルエリアの見どころポイントとして次にご紹介しておきたいのが、「ドドドの滝」です。ジャングルエリアのドドドの滝は、森の滝をイメージしています。

冒険の島ドコドコのジャングルエリアのドドドの滝は、デジタル映像を使っている滝で、実際の水を使っていないので、服を着たまま楽しめる滝です。滑り台のように楽しめる人気の遊具です。

雲の上エリア

立川の屋内・冒険の島ドコドコの気になる遊具・見どころの情報として、次にご紹介しておきたいのが「雲の上エリア」です。屋内・冒険の島ドコドコのジャングルエリアです。屋内・冒険の島ドコドコの雲の上エリアは、雲の上で遊べる夢いっぱいのアミューズメントエリアです。

みどころ『ふわふわ雲の上』

立川の屋内・冒険の島ドコドコの雲の上エリアの見どころポイントとしてご紹介しておきたいのが、「ふわふわ雲の上」です。雲の上エリアのふわふわ雲の上は、雲と触れ合える遊具です。

普段は空の上にあって、なかなか触ることなんてできない雲ですが、雲の上エリアのふわふわ雲の上のアトラクションなら、まるで雲に乗っているかのような感覚で遊ぶことができます。

みどころ『コロコロさかみち』

立川の屋内・冒険の島ドコドコの雲の上エリアの見どころポイントとして次にご紹介しておきたいのが、「コロコロさかみち」です。雲の上エリアのコロコロさかみちは、小さな球を使った遊具です。

冒険の島ドコドコの雲の上エリアのコロコロさかみちは、坂道のコースを転がっていく球をみて楽しめるアトラクションです。ピタゴラスイッチのような楽しみ方もできて、人気となっています。

海岸エリア

立川の屋内・冒険の島ドコドコの気になる遊具・見どころの情報として、次にご紹介しておきたいのが「海岸エリア」です。屋内・冒険の島ドコドコの海岸エリアは海岸や砂浜をイメージしているエリアとなっていて、海がお好きなお子さんにおすすめしたいスポットです。

みどころ『ちいさな砂浜』

立川の屋内・冒険の島ドコドコの海岸エリアの見どころポイントとして次にご紹介しておきたいのが、「コロコロさかみち」です。海岸エリアのちいさな砂浜は、まるで海の砂浜に行ったかのような体験ができます。

冒険の島ドコドコの海岸エリアのちいさな砂浜は、人工的に作られた砂浜ですが、実際の砂を使っているわけではないので、汚れずに気軽に砂浜体験ができるスポットです。

「屋内・冒険の島ドコドコ」での休憩場所

立川の屋内・冒険の島ドコドコのおすすめ情報として次にご紹介しておきたいのが、屋内・冒険の島ドコドコの休憩場所の情報です。屋内・冒険の島ドコドコでアトラクションを遊んだ後に休憩したいと思った時におすすめのスポットについて詳しく解説をしていきます。

テラスエリアでひとときの休憩

屋内・冒険の島ドコドコで休憩をしたい時におすすめなのが、屋内・冒険の島ドコドコのエリアの一つのテラスエリアです。

冒険の島ドコドコのテラスエリアは、ちょっとした休憩スペースとなっていて、誰でも気軽に利用することができます。疲れたらテラスエリアに行ってみて下さい。

ジュースの自販機とアイスの自販機あり

冒険の島ドコドコのテラスエリアにはテーブルや椅子があって、休憩をすることができますが、そんな冒険の島ドコドコのテラスエリアにはジュースの自販機とアイスの自販機が設置されています。冷たいジュースを飲んだり、美味しいアイスクリームを買ってみてください。

「屋内・冒険の島ドコドコ」の混雑状況とおすすめの時間帯

立川の屋内・冒険の島ドコドコのおすすめ情報として次にご紹介していきたいのが、屋内・冒険の島ドコドコの混雑情報です。大人気のアミューズメントパークということで混雑することも多いようです。遊びにいく前に、しっかりと混雑情報をチェックしてみてください。

「屋内・冒険の島ドコドコ」の混雑状況は?

立川の屋内・冒険の島ドコドコの実際の混雑状況ですが、日によっても時間帯によっても混雑具合は大きく違うようです。

屋内・冒険の島ドコドコでとても混雑が予想されるのはオープン当初や、土日となっています。土日の場合は、入り口の行列ができることも多いので混雑には要注意です。

「屋内・冒険の島ドコドコ」のおすすめの時間帯

屋内・冒険の島ドコドコで混雑を避けるのにおすすめの時間帯の情報をご紹介していきます。屋内・冒険の島ドコドコでできるだけ混雑を避けたい人は、まずは平日に行くのがおすすめです。混雑が少ないのは午前中の混雑が落ち着いたお昼頃という口コミ情報もあります。

「屋内・冒険の島ドコドコ」の基本情報と料金とアクセス・駐車場

土日はたくさんのお客さんで混雑することも多いほど人気の屋内・冒険の島ドコドコですが、そんな屋内・冒険の島ドコドコのおすすめ情報として次にご紹介していきたいのが、屋内・冒険の島ドコドコの気になる基本情報と料金とアクセス・駐車場などについての情報です。

「屋内・冒険の島ドコドコ」の基本情報

屋内・冒険の島ドコドコの基本情報をご紹介していきます。屋内・冒険の島ドコドコは2018年にオープンしたばかりの新しいアミューズメントスポットとなっていて、立川髙島屋S.C. 8階にあります。屋内・冒険の島ドコドコの営業時間は、基本的に10時から19時までとなっています。

「屋内・冒険の島ドコドコ」の料金

立川の屋内・冒険の島ドコドコの料金情報をご紹介していきます。屋内・冒険の島ドコドコの料金が気になっている人も多いのではないでしょうか。実は料金がとてもリーズナブルなスポットです。

屋内・冒険の島ドコドコの料金ですが、基本的に最初の60分間の料金が大人650円、子供1300円、幼児が850円の料金で、60分以上は30分ごとに追加の料金がかかっていく料金システムです。ただ、平日の場合は子供さんがフリータイムで1800円、大人が650円の料金システムがあります。

「屋内・冒険の島ドコドコ」へのアクセス

東京の立川の屋内・冒険の島ドコドコへのアクセスをご紹介していきますので、チェックしてみてください。屋内・冒険の島ドコドコは電車でも車でもアクセスすることができます。屋内・冒険の島ドコドコに電車で行く場合は、立川駅から徒歩で3分程度のアクセスです。

「屋内・冒険の島ドコドコ」の駐車場

立川の屋内・冒険の島ドコドコの駐車場の情報をご紹介していきます。屋内・冒険の島ドコドコに車で行こうと思っていうる人は要チェックです。

屋内・冒険の島ドコドコの駐車場ですが、基本的には高島屋の駐車場を使うのがおすすめです。駐車場は他にもいくつかあって、「立川市北口第1駐車場」や、「モノレール立川南駅前駐車場」などもおすすめです。

「屋内・冒険の島ドコドコ」で子供の冒険に出かけよう!

東京の立川でファミリーにも大人気となっている、屋内・冒険の島ドコドコのおすすめ情報は、いかがでしたでしょうか。屋内・冒険の島ドコドコはデジタルとアナログをミックしたアトラクションが大人気のスポットです。お子さんと一緒に屋内・冒険の島ドコドコに行ってみてください。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
kazuki.svsvsv@gmail.com

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ