関東の花火大会おすすめランキング!穴場の場所や日程を詳しくチェック!

関東に限らず、日本の夏の夜空を飾る一大イベントといえば、やはり外せないのが花火大会です。ここでは2019年の関東各地における花火大会の日程や開催場所・さらにはおすすめの穴場情報も含めてランキング形式でその詳細を徹底的にお届けします。

関東の花火大会おすすめランキング!穴場の場所や日程を詳しくチェック!のイメージ

目次

  1. 1関東における花火大会の詳細
  2. 2関東の花火大会ランキングをご紹介!
  3. 3関東の花火大会おすすめランキング・千葉からご紹介!
  4. 4関東の花火大会おすすめランキング・千葉第3位:浦安市花火大会
  5. 5関東の花火大会おすすめランキング・千葉第2位:船橋港親水公園花火大会
  6. 6関東の花火大会おすすめランキング・千葉第1位:幕張ビーチ花火フェスタ
  7. 7関東の花火大会おすすめランキング・埼玉のご紹介!
  8. 8関東の花火大会おすすめランキング・埼玉第3位:西武園ゆうえんち花火大会
  9. 9関東の花火大会おすすめランキング・埼玉第2位:東武動物公園 花火イリュージョン
  10. 10関東の花火大会おすすめランキング・埼玉第1位:さいたま市花火大会
  11. 11関東の花火大会おすすめランキング・神奈川からご紹介!
  12. 12関東の花火大会おすすめランキング・神奈川第3位:サザンビーチちがさき花火大会
  13. 13関東の花火大会おすすめランキング・神奈川第2位:鎌倉花火大会
  14. 14関東の花火大会おすすめランキング・神奈川第1位:久里浜ペリー祭花火大会
  15. 15関東の花火大会おすすめランキング・東京のご紹介!
  16. 16関東の花火大会おすすめランキング・東京第4位:葛飾納涼花火大会
  17. 17関東の花火大会おすすめランキング・東京第3位:八王子花火大会
  18. 18関東の花火大会おすすめランキング・東京第2位:江戸川区花火大会
  19. 19関東の花火大会おすすめランキング・東京第1位:隅田川花火大会
  20. 20関東の花火大会を楽しもう!

関東における花火大会の詳細

例年盛り上がりを見せる関東の花火大会ですが、2019年もそのシーズンが近づくにつれ日程や開催場所といった詳細情報が、じわじわと発表されはじめています。

関東の花火大会といえばやはり東京都が有名ですが、その他の首都圏エリアも負けてはいません。神奈川、埼玉、千葉といった首都圏を中心に、2019年も東京都に負けず劣らずの盛り上がりが期待されています。

関東の花火大会ランキングをご紹介!

ここでは関東において盛り上がる花火大会のおすすめランキングをご紹介していきます。さらには各花火大会のおすすめポイントはもちろん、日程に場所、そして穴場情報についても触れていきます。

関東各所の花火大会に注目をされている方、期間中に関東各所に訪れる方ははやめのチェックをして、万全の体制を整えてから2019年も花火大会を大いに盛り上げましょう。

関東の花火大会おすすめランキング・千葉からご紹介!

まずは千葉県の誇る最大級の花火大会から、3個所の花火会場をご紹介していきます。千葉県の花火大会の特徴といえば何といっても海を背景に壮大な打ち上げ花火を楽しめることで知られますが、近年ではオリジナルのユニークな花火やとくに音楽に合わせて楽しめる花火にも力を入れており、その内容は盛りだくさんです。

従来の花火とは一味違った花火が楽しめるため、コアな花火ファンならずとも遠方からでも足を運びたくなる花火が楽しめるのが千葉県の特徴ということができます。

関東の花火大会おすすめランキング・千葉第3位:浦安市花火大会

千葉県の花火大会おすすめランキング第3位は、ずばり「浦安市花火大会」です。例年花火の光と音によるコラボレーションが浦安市の夜空を彩りますが、2019年で第40回を数える記念すべき大会となるため、盛大かつ特別な大会になることが予想されます。

浦安市花火大会では約6,600発の花火に加え、40周年限定の「文字仕掛け花火」を楽しめる予定となっておりまさに特別感が満載。

今年しか楽しめないであろう2019年の浦安市花火大会では、地元民だけではなく遠方からも多くの観光客が訪れることが予想されます。日程は7月27日の土曜日を予定しており、7時30分から1時間の打ち上げ予定となります。

関東の花火大会おすすめランキング・千葉第2位:船橋港親水公園花火大会

続いてご紹介をするのは、「ふなばし市民まつり」と併行した形で開催される「船橋港親水公園花火大会」です。

都内からのアクセスもよくと会でありながらも自然の豊かさも同時に楽しめるとあって人気の街・船橋において、約8,000発もの花火が打ちあがるとあって例年多くの観客が訪れます。

他の花火大会ではお目にかかれないようなユニークな花火に、音楽と花火によるコラボレーションも楽しむことができるため、花火好きの方にも必見です。

他会場の例に漏れず非常に混雑を極めることでも知られる船橋港親水公園花火大会の穴場スポットといえば、なんといってもIKEATokyo-Bayにある屋上駐車場からの景観です。こちらは旧IKEA船橋店ですが、2019年も例年通りであれば無料で開放されます。

船橋港親水公園花火大会には数多くの穴場がありますが、IKEATokyo-Bayの屋上駐車場はその場所柄まだあまり多くの人に知られていない、知る人ぞ知る穴場のひとつです。

IKEATokyo-Bayは「南船橋駅」から徒歩にておよそ6分というアクセスの良さもおすすめのポイントのためでぜひとも参考にしてみてください。

船橋港親水公園花火大会の開催日程は2019年7月31日の水曜日の19時30分から20時30分までであり、平日なのがやや残念ではありますがそれでも例年非常に多くの人が訪れる千葉県を代表する人気の花火大会です。悪天候などによる中止の際には翌日である2019年8月1日の木曜日に開催されます。

関東の花火大会おすすめランキング・千葉第1位:幕張ビーチ花火フェスタ

千葉県ならではの海を活かした花火大会として有名な「幕張ビーチ花火フェスタ」についてここではご紹介していきます。

噴水のように火花が沸き上がる「ファイアーファウンテン」が最大の目玉であり、会場を大いに沸かせます。また花火との掛け合いもよい音楽も最高潮に会場を盛り上げることから、近年では海の魅力だけにとどまらないことを裏付けしています。

そしてなんといってもわずか1時間の間に上がる花火の総発数が23,000発と国内でも最大規模の花火大会であり、幕張海浜公園というアクセスの良さも加えて例年30万人にも及ぶといわれる人々とその熱気で会場は埋め尽くされます。

開催の日程については2019年8月3日の土曜日、そして時間も19時30分から20時30分までと多くの方にとってはまさにベストタイムということができるのではないでしょうか。

それだけに悪天候などによる中止の際が気になりますが、幕張ビーチ花火フェスタ2019では予備の日程がなく8月3日の土曜日が中止となればその年は再度執り行うことをしません。

8月の3日土曜日に開催されることを心待ちに、そして天候に恵まれ開催された際には他の花火会場の何倍も満喫してしまいましょう。穴場情報に関しては、やはり海沿いで行われる花火大会だけあり場所よりも重要なのが風向きにあります。

周囲には三原氏もよく人混みを避けれるいわゆる穴場スポットが点在しますので、当日は臨機応変に大量の煙に巻き込まれないための風向きに合わせた場所取りが肝心となってきます。

関東の花火大会おすすめランキング・埼玉のご紹介!

続いては、埼玉県の花火会場を3つご紹介していきます。関東においては花火のイメージがあまりない埼玉県ですが、じつは海がないからこそ趣向を凝らした最新の花火を楽しめる有名な花火大会を数々有しています。

また都内からのアクセスも比較的良いことから、いま関東においてはもっとも注目されている花火会場のひとつともいわれています。

関東の花火大会おすすめランキング・埼玉第3位:西武園ゆうえんち花火大会

所沢市において人気の「西武園ゆうえんち」において開催される花火イベント「西武園ゆうえんち花火大会」が、埼玉県のおすすめ花火大会ランキング第3位です。

開催期間である2019年7月27日の土曜日からの約2週間、いうまでもなく日中は遊園地として、夜は花火大会会場としても利用できるという楽しみがあります。

それに加え、25分間というわずかな時間に打ち上げられる2,000発もの花火は迫力スケールともにテーマパークにおける花火大会とは思えない最大クラスのものです。

期間中はビアガーデンも楽しむことができるため、開放感抜群のなかで頼めるビールがまた格別です。東京都の主要な駅とのアクセスが抜群の西武園ゆうえんちにおいて、気軽にかつリッチに2019年の花火大会を満喫してみましょう。

関東の花火大会おすすめランキング・埼玉第2位:東武動物公園 花火イリュージョン

続いてご紹介をしたい埼玉県のおすすめ花火大会ランキングは、第2位の「東武動物公園 花火イリュージョン」です。

2019年8月3日の土曜日から2週間にわたって開催される東武動物公園 花火イリュージョンでは、他の花火大会では楽しめない雰囲気を味わうことができると若者層、家族層を問わず多くの人気を集めています。

ジェットコースターや観覧車を背景に打ちあがる「ナイアガラ」や「水中花火」は、花火好きな方もちろん、テーマパーク好きや動物好きの方にも必見でありまさにここでしか楽しめないコラボレーションを実現しています。

開催時間については19時30分から19時50分までのわずか20分の間とやや短いですが、その間にも約2,000発打ち上げられる花火やスターマインの数々には圧倒されます。

関東の花火大会おすすめランキング・埼玉第1位:さいたま市花火大会

最後にご紹介をしたい関東の花火大会は「さいたま市花火大会」です。「大和田公園会場」にて行われるさいたま花火大会は、年々盛り上がり続ける知る人ぞ知る関東の穴場的な花火大会のひとつです。

東京都内において行われる花火大会とは異なり、周囲を高い建物に囲われていない場所にて開催されることが功を奏し、どの場所からでも抜群の展望にて幻想的な花火を楽しむことができます。

そのため例年多くの観客でにぎわい、2018年度の観客数は関東各所の有名花火会場に引けを取らない約10万人もの人々が訪れています。例年5,000初物花火が打ちあがることに加えて、約400もの露店がずらりと並ぶ光景も見事です。

さいたま市花火大会は名物の「早打ち」やスターマインの数々で観客を魅了するだけではなく、同時に夏祭り会場のような雰囲気を楽しめながら、リーズナブルな有料特別観覧席もあったりと各々のスタイルに合わせた楽しみ方ができることも人気の理由のひとつとなっています。

またさいたま市花火大会となる会場には、浦和地区や岩槻地区においても開催されており、いずれも負けず劣らずの人気と規模を誇る埼玉県を代表する花火大会となっています。

このさいたま市花火大会の大和田会場の開催の日程については、2019年7月28日の日曜日となっており、また時間については19時30分からを予定しています。

悪天候などによる中止の際には別日程を設けており、その際には翌日の2019年7月29日ですが、月曜日となるため近郊にお住まいの方以外はどうしても訪れることが難しくなります。7月28日の日曜日の天候が優れることを期待しましょう。

Thumb大和田花火大会の日程・時間&穴場完全ガイド!混雑状況や屋台もリサーチ!
大和田公園の花火大会は、さいたま市で開催される「さいたま市花火大会」の開催日程のうちの1つで...

関東の花火大会おすすめランキング・神奈川からご紹介!

続いては海をはじめとした観光スポットにも事欠かない神奈川県において人気を博す花火をご紹介していきます。

海辺近郊での花火大会の美しさは関東でも屈指であり、また昼間にも数多くの観光スポットを有する神奈川県は一日を通じて楽しみが盛りだくさんです。そのためデートの際などにふらっと訪れることができるのが神奈川県の花火大会の特徴ということができます。

関東の花火大会おすすめランキング・神奈川第3位:サザンビーチちがさき花火大会

はじめにご紹介する神奈川の花火大会は、ビーチとしても有名なサザンビーチにおいて行われる「サザンビーチちがさき花火大会」です。

水中に投げ込む「花火玉」による「水中孔雀花火」が最大のウリのひとつであり、非常に珍しいことから花火好きの方には必見です。神川の夏の風物詩のひとつである水中孔雀花火を見ようと、毎年20万人前後もの人々が足を運ぶため周囲は大混雑します。

そのため穴場である「ヘッドランド」に移動し、近辺にある屋台とともに約3,000発の花火を楽しむことがおすすめの過ごし方です。

Thumb茅ヶ崎花火大会2018完全ガイド!混雑状況・駐車場・穴場スポットも!
茅ヶ崎花火大会(サザンビーチちがさき花火大会)は、神奈川県の湘南地域で人気の花火大会です。2...

関東の花火大会おすすめランキング・神奈川第2位:鎌倉花火大会

はじめにご紹介をしたい関東の花火大会ランキング第2位は、ずはり「鎌倉花火大会」です。鎌倉といえば神奈川を代表する人気観光地として知られますが、実は花火大会としても有名です。

打ち上げ数は去年の4,000発よりやや少ない2,500発を予定しており、去年の観客数は推定15万人とされているため今年もかなりの混雑が予想されています。打ち上げ場所には鎌倉の海岸といえばココ!という「由比ヶ浜海岸」に「材木座海岸」となります。

全国的にも名を知られた花火の業者によって手掛けられたメッセージ付きの演出が込められた花火にスターマインが、歴史ある鎌倉の夜空を彩ります。また500席もの有料特別観覧席も用意されているためデートなどにもピッタリの花火大会です。

鎌倉花火大会の最大の見どころのひとつでもある「水中花火」をご覧になりたい時には、混雑を極める滑川付近からではなく穴場スポットである由比ヶ浜海岸や材木座海岸からご覧になることをおすすめします。

昼間は鎌倉でのデートに夜はそのまま花火大会をと、まさに一日中鎌倉を満喫できる7月10日についてはかなりの混雑が予想されるため、お早めの到着とそれなりの場所の確保、穴場情報についての情報収集は必須といえるかもしれません。

開催日程としては2019年7月10日水曜日の19時20分からであり、20時10分までを予定しています。残念ながら開催はこの日程のみの予定であり、雨天時や高波、悪天候時などによる中止の際には今年は中止となってしまいます。

関東の花火大会おすすめランキング・神奈川第1位:久里浜ペリー祭花火大会

続いてご紹介をしたい神奈川の花火ランキング第1位は、こちらも神奈川の有名な花火大会のひとつ「久里浜ペリー祭花火大会」です。

久里浜ペリー祭花火大会とはその名の通り、横須賀市久里浜において開催されている歴史あるお祭り「久里浜ペリー祭」のフィナーレを飾る花火大会です。

日程は2019年の7月13日の土曜日であり、19時から20時10分であり、約3,500発もの花火が海岸に映し出される光景は思わず息をのむ美しさです。開催場所は、久里浜公園はもちろんのこと、ペリー公園や旧ニチロ岸壁なども含まれます。

この花火大会の知る人ぞ知る穴場情報としては「くりはま花の国・展望台」や「芝生広場」といったやや高い位置にある場所にあるスポットです。

この2つの場所からだと久里浜港が一望できる景観に加えて、人も少ないため非常におすすめすることのできるまさに穴場スポットといえます。

また有料席も1,500円とリーズナブルでありながらも最高の場所から楽しめることから利用者も多く人気があります。

約10万人もの人が押し寄せる久里浜ペリー祭では、開国パレードや巨大黒船フロートによる圧巻のパフォーマンスに加え、異国情緒あるバザールなども並行して行われていることからとにかく見どころがたくさんです。

Thumb神奈川県・花火大会人気ランキング!日程やおすすめの穴場・混雑状況は?
夏の夜空を彩る花火大会は、誰もが待ち焦がれる夏の風物詩です。神奈川県下では様々な場所で花火大...

関東の花火大会おすすめランキング・東京のご紹介!

日本においても最大規模と観客動員数の花火大会を有する東京なくして、やはり関東の花火大会は語ることができません。

ここからはいよいよ、東京を会場に持つ花火大会についてのご紹介です。厳選した東京の4会場による花火大会をご紹介していきます。

関東の花火大会おすすめランキング・東京第4位:葛飾納涼花火大会

東京におけるおすすめの花火ランキング第4位は「葛飾納涼花火大会」です。江戸川の河川敷を打ち上げ場所に持つ葛飾納涼花火大会では、他の花火会場よりも近距離にて楽しめる大迫力の花火がウリです。

お腹の芯にまで響くような重低音と、それによる花火のフラッシュは他の花火会場では味わうことのできないスリルを楽しむことがでいます。また都内からはもちろん千葉県方面をはじめとした関東からのアクセスの良さも人気の理由です。

日程については7月23日の火曜日となり、19時20分から20時20分までとほどよく会場場所は「葛飾区柴又野球場」となり、普段とは異なった雰囲気のなかで楽しめる景観にも注目です。

関東の花火大会おすすめランキング・東京第3位:八王子花火大会

続いては、有名な「八王子まつり」の一環として催される「八王子花火大会」のご紹介です。八王子まつりにて楽しめる露店はもちろんのこと、毎年異なった趣向によって繰り広げられる花火の数々には、例年押し掛ける約70万人もの人々も息をのみます。

日程については、2019年は7月27日の土曜日を予定しており、19時から20時30分までの間と関東の花火大会としては非常に長い時間に渡って執り行われることもおすすめしたいポイントのひとつです。

観光としても有名で十分に楽しめる「浅間神社」が穴場スポットです。ここはあまり混雑をしないことと、神社ならではの風情ある夏の夜空と花火のコラボレーションを楽しめることから、非常におすすめすることのできる穴場スポットです。

関東の花火大会おすすめランキング・東京第2位:江戸川区花火大会

続いてご紹介をしたいのは、「日本三大花火大会」のひとつといわれる「江戸川区花火大会」です。江戸川の河川敷を舞台に、江戸川区側と対岸にある千葉県側による共同開催の花火大会であることからもわかる通り、都内でも有数の大規模な一大イベントとなっています。

観客動員数は日本一ともいわれており、14,000発もの花火がわずか1時間15分の間に打ちあがる姿はまさに圧巻です。江戸川区花火大会の日程については2019年8月3日の土曜日であり、悪天候時については翌日の4日に変更となります。

「エキサイティング花火」とも称される、他とは一味異なる花火大会を楽しみにぜひ、打ち上げ場所となる江戸川河川敷に足を運んでみましょう。

関東の花火大会おすすめランキング・東京第1位:隅田川花火大会

最後にご紹介をしたい東京の花火大会は、いわずと知れた関東を代表する花火大会のひとつ「隅田川花火大会」です。

「江戸川区花火大会」や「東京湾大華火祭」と並んで日本三大花火大会に数えられるほどの規模を誇る隅田川花火大会は、毎年20,000発の花火・スターマインに約90万人もの人々が訪れるという関東屈指の一大花火イベントです。

それほど大きくはない規模の場所に非常に大勢の観客が訪れるとあって、メインとなる会場である桜橋下流付近や駒形橋下流付近からの観覧はあまりおすすめできません。

荒川区内における最大規模の公園「汐入公園」からであれば人もそこまで多くはなく、展望も抜群のため穴場スポットのひとつということができそうです。

汐入公園への入園はもちろん無料であり、家族連れなどであれば一日中でも遊ぶことのできるスポットなので、昼は公園で子供と遊び、夜は抜群の展望の中隅田川花火大会を楽しめるとまさにおすすめの穴場スポットです。

隅田川花火大会の日程については2019年7月27日の土曜日であり、19時から20時30分と多くの方にとっては非常にありがたい時間帯であることも人気の理由のひとつとなっていることも間違いありません。

悪天候時などによる延期の際の日程も設けており至れり尽くせりですが、その際には翌日の2019年7月28日の日曜日に改めて開催されます。

なおどちらの日程も悪天候などに見舞われた際には、残念ながら2019年度における隅田川花火大会は中止となりますのでご注意ください。

関東の花火大会を楽しもう!

日本の夏の風物詩である花火大会を、関東にて楽しめるおすすめの会場を13か所にわたりご紹介をしてきました。関東における花火大会の開催数は年々上昇をしており、夏の夜空は例年以上ににぎやかな装いをみせます。

関東にお住まいの方も、遠方からお越しの方もぜひここでご紹介をした花火会場をもとに、関東の誇る花火大会の数々に酔いしれてみてはいかがでしょうか。

関連記事

Original
この記事のライター
小松

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ