「鳳凛」は福岡で大人気のラーメン屋!辛味ダレのとんこつが超おすすめ!

とんこつラーメンといえば、福岡のご当地グルメの代表格です。そのとんこつラーメンに唐辛子を入れた唐辛子入りラーメンの大人気店「鳳凛」についてご紹介!「鳳凛」の辛味ダレのとんこつラーメンは超おすすめの人気のラーメン。これを食べずに福岡のラーメンは語れません!

「鳳凛」は福岡で大人気のラーメン屋!辛味ダレのとんこつが超おすすめ!のイメージ

目次

  1. 1福岡で大人気ラーメン屋「鳳凛」をご紹介!
  2. 2「鳳凛」ってどんなラーメン屋?
  3. 3「鳳凛」の店舗の外観と内観
  4. 4「風凛」のラーメンへのこだわりはここにあり!
  5. 5「鳳凛」のおすすめラーメンメニュー
  6. 6「鳳凛」の店舗情報とアクセス
  7. 7伝説のとんこつラーメンを食べに「鳳凛」へ行ってみよう!

福岡で大人気ラーメン屋「鳳凛」をご紹介!

今、福岡で大人気のラーメン屋「鳳凛」についてご紹介!とんこつラーメンだけれど、「さっぱりした味わいで女性からも大人気」というフレーズは、ほかのラーメン屋でもよくある話ですが、唐辛子を入れたのはとんこつラーメンは「鳳凛」だけの味わい。今、「鳳凛」のラーメンを食べずに福岡のラーメンは語れません!

「鳳凛」ってどんなラーメン屋?

福岡のラーメン屋の「鳳凛」は福岡市内に4店舗の店を構える、今超人気のラーメン屋。生粋のとんこつスープのとんこつラーメンですが、とんこつラーメンに唐辛子で作った特製のタレを入れたラーメンが人気のお店です。

時はさかのぼり昭和時代も半ばを過ぎた昭和41(1956)年、福岡県南部に位置する小郡市で唐辛子入りとんこつラーメンが誕生。当時、全国から客足が絶えないほどの人気でしたが創業者が高齢のために廃業。そしてその味の復活を果たしたのこの「鳳凛」です。

廃業後10年目に新屋号に改めて、今は亡き創業者の味を復活させると同時に、たちまち大人気店となって現在では福岡に4店舗の店を構えています。毎日手作りする「だし」や「たれ」はその時の気候や季節によって調整しながら味を決めるこだわりの味です。

とんこつスープでありながらあっさりとした口当たりの良いスープは、唐辛子入りラーメンの生みの親である創業者が、和食を研究追求していた結果が生んだ味わいです。食べ終わってもとんこつならではの脂っぽさが残らず、また食べたいと客に思わせる味の追及の結果は今も「鳳凛」のスープに引き継がれています。

かつて行列ができるほど人気であった「唐辛子入りラーメン」の味を、その人気とともに復活させたのが、福岡のラーメン屋「鳳凛」なのです。福岡で大人気のラーメン屋である「鳳凛」の味を知らずに福岡のラーメンを食べた気でいるのは、今や時代遅れの話です。

一蘭と同じ辛味ダレが特徴のとんこつラーメン

そもそも福岡の小郡市にあった唐辛子入りラーメンの発祥店は、現在福岡の博多に本店を構える「一蘭」と同名店。現在博多にある「一蘭」は唐辛子入りラーメンの発祥店の「一蘭」とは経営者ものれん分けしたわけ店でもありません。

小郡市の今はなき「一蘭」の従業員が、小郡市の「一蘭」が閉店した後に博多に「一蘭」という名称でとんこつラーメン屋を開業した店が博多の「一蘭」です。ですから博多の「一蘭」は「唐辛子入りラーメン」の味を復活させたわけではありません。

当時の「一蘭」の味をそのまま復活させたのは、現在の「鳳凛」です。ラーメン通の人に言わせると、博多を本店とする「一蘭」とこの「鳳凛」の味はどことなく似ているといいます。それもそのはず、元は同じ小郡市にあった「一蘭」で働いていた者同士なのだから、味の原点は一緒なのかもしれません。

しかし今はなき小郡市の「一蘭」の唐辛子ダレを使用しているは、屋号は変わりましたがこの「鳳凛」で、「鳳凛」の特製辛味ダレの元は、昔の「一蘭」の唐辛子ダレをベースにしたもので昔の「一蘭」の味です。名前こそ違いますが、昔小郡市で人気を博した「一欄」の味を再現したラーメン屋はこの「鳳凛」なのです。

伝説の会員制ラーメン店が復活!

今はもう存在していない小郡市にあった「一蘭」は「唐辛子入りラーメン」の生みの親。超人気のラーメン店だったそうです。残念ながら店主が高齢ということで廃業すると決めたにもかかわらず、当時の常連客から大変惜しまれ、常連客を会員とした会員制のラーメン屋としてしばらく営業していました。

「会員制のラーメン屋!」とはラーメン通の人が全国のラーメンを食べ歩いてもめったに、いや、ここしかないといっても過言ではないラーメン屋であった小郡市の「一蘭」。その味を「鳳凛」が小郡市の「一蘭」廃業後10年目にして再現したのです。

「鳳凛」の店舗の外観と内観

福岡市内にある鳳凛の店舗はそれぞれ外観は違いますが、店内はカウンターの作りやテーブル、いすはどの店舗も同じデザインのものを使用。ラーメン屋にしては比較的店内はどの店舗もゆとりのあるスペースです。

モダンな空間ではありませんが清潔感のある店内。テーブルの端を見ると洒落デザインに目がとまります。シンプルな店内、テーブルの上も必要なもの以外はのっていません。

他のラーメン店とは少し違う外観

福岡市内に4店舗ある鳳凛の外観はそれぞれ違いますが、トレードマークは「ラーメン屋 鳳琳」という文字の「鳳凛」の文字の下に筆でなぞったようなシュッとした赤いラインです。

春吉店の外見はプレハブのような外見で、入り口は木材であしらわれた入口。ラーメン屋さんには思えないちょっとお洒落な入口です。入り口の上にはこれも木材を地にした看板が掲げられています。店舗前には白地と赤字ののぼりがそれぞれ二旗立っています。

那珂川店と長丘店の外観は似たような外観です。入り口の上には白地に「らーめん屋 鳳凛」と書かれトレードマークの赤いラインが鳳凛の文字の下に入っています。筑紫野店はやはりプレハブのお洒落な外観です。

シンプルなテーブルとカウンターの内観

鳳凛の内観はモダン系ではなく、どちらかというレトロ系の空間です。黒を基調にしたシンプルなテーブルは、中央に大きな長テーブルのほかに壁側に4人掛けのテーブルがある店舗もあります。椅子は黒張りの背もたれのない丸椅子。ハイカラな感じではありませんが清潔感のある店内です。

オープンキッチンの前にはカウンター席が用意されています。テーブルの上にはメニューと割り箸の入った箸立てと、レンゲ、ティッシュペーパーのボックス。調味料は餃子のたれ以外置いていません。

「風凛」のラーメンへのこだわりはここにあり!

小郡市で人気の頂点であった「一蘭」の味を引き継いだ「鳳凛」のラーメンへのこだわりは、麺、スープ、タレを軸に、シャーシュー、ネギに至るまで丁寧に調理して1杯のラーメンを提供することです。麺は味、スープとの相性などのバランスを考えた生麺を使用。研究を重ねて作られたプレミアム生麺はストレートな極細麺です。

コシがありしっかりした食感でありながらのど越しの良い麺は、注文の際に、麺の硬さを選べるこだわり。「超かた、かた、基本、やわ」の4タイプの中から麺の硬さを選んで注文できます。メニューにも記載してあります。

スープは豚骨のみを使用

ラーメンといえばスープは命。ここのスープは丁寧に処理された豚骨だけでとったスープを使用。豚骨からおエキスがたっぷりと出たスープはコクとうま味の強さがありながらも、あっさりとした口当たりの良い優しいスープが自慢です。

スープとともに欠かせないタレは、もちろん創業者から引き継いだ味。その日によって味の調整をしながら毎日手作りするタレは日本人の口に合った味わいです。

この店の代名詞である特製辛味ダレは唐辛子をベースにしたタレで、スープに少しずつ溶け出すことでうまみが増して最後まで飽きずに1杯のラーメンを楽しめるのが「鳳凛」のラーメンです。

「鳳凛」のおすすめラーメンメニュー

小郡市の「一蘭」のラーメンの味を再現した「鳳凛」のラーメンは毎日手作りするダシやタレは、その日の状況に合わせ微調整するこだわりの味。とんこつラーメンに、唐辛子をベースにして作った特製辛味ダレをラーメンの真ん中にトッピングしたその味は、辛味ダレが徐々にスープに溶けうま味が増して、食べているうちに徐々に味も変わるのだとか。
 

ストレートの極細麺がさっぱりとしたとんこつスープによくからむ「鳳凛」のラーメン。鳳凛の看板である特製辛味ダレはもちろん、でしゃばらないチャーシューの味と、柔らかでスープの味を損なわない香りのよいねぎをトッピングした「鳳凛」のおすすめ人気のメニューをいくつかご紹介します。

おすすめラーメンメニュー(1) らーめん

鳳凛のおすすめ人気メニューは、やはり定番の「らーめん」。シンプルなラーメンですが、おすすめ人気のメニューです。鳳凛の味をそのまんま味わえる絶品。ストレート極細麺、さっぱりとしたとんこつスープ、チャーシュー、ネギに特製辛味ダレをのせたラーメンです。

特製辛味ダレととんこつだけでとったスープの味をそのまんま味わえるおすすめ人気の定番メニュー。1杯650円。春吉店は690円です。どちらの店舗でも替玉は100円。小替玉は60円です。(価格は2019年7月19日現在の価格です。以下同様)

おすすめラーメンメニュー(2) 味玉らーめん

定番のラーメンに味付け玉子をトッピングした人気のメニュー「味玉ラーメン」もおすすめです。味付け玉子が半分にカットされてトッピングされています。黄身は半熟より少し固めですが柔らかくとろみが残るくらいの味わいです。

味付け加減も主張しすぎない味わい。スープと特製辛味ダレとの相性も抜群。人気No1のトッピングに選らべれています。1杯750円。春吉店は790円です。

おすすめラーメンメニュー(3) 特製らーめん

「鳳凛」のボリューム満点のおすすめ人気のラーメンです。麺は普通のラーメンの1.5倍、チャーシュー4枚、味付け玉子、もやし、ネギ、特製辛いダレがのっています。スープや味付け玉子もおすすめですが、「鳳凛」のチャーシューは柔らかすぎず硬すぎない程よい食感と、でしゃばらない味わいが人気です。

そのチャーシューが定番のラーメンより2枚多く入っています。麺の量も多いのでボリュームを求める人におすすめです。麺の量は少なくても良いけれどチャーシューはもう少し食べたいという方には、定番のラーメンにチャーシューのトッピングをおすすめします。

特製ラーメンは1杯900円。春吉店は960円です。単純に計算して定番メニューのラーメンにチャーシュー(トッピング料金1枚150円)を2枚追加し、もやし(100円)、味付け玉子(100円)、追加ねぎ(100円)のトッピングを頼めば料金は1250円。しかも特製ラーメンは1.5倍の麺の量。価格もお得なおすすめのメニューです。

「鳳凛」の店舗情報とアクセス

「鳳凛」は福岡に4店舗、そして2018年の秋にカナダのバンクーバーにも出店しました。バンクーバーは日本人をはじめアジア系の移住者が多く、ラーメン屋や日系の居酒屋などの多い街です。

「鳳凛」が店を構えたエリアは、カナダのウエストエンドエリア。老舗のラーメン店や居酒屋レストランの激戦区ともいえるグルメスポットの進出を果たした「鳳凛」の唐辛子ダレ入りのラーメンは、現地でも人気だと現地のレポーターから声が届いたいます。

春吉店の店舗情報

「鳳凛」春吉店の営業時間は月曜日~木曜日までは午前11時~翌朝午前5時まで。金・土・祝日前日は翌日午前6時まで営業しています。春吉店では平日の午前11時~午後2時までランチタイムサービスで、通常は替玉100円、小替玉60円のところを30円で提供。

また平日午後5時~午後9時まで、通常生ビール(中)を1杯550円をタイムサービスで300円で提供しています。お見逃しなく!定休日は不定休です。

住所 福岡県福岡市中央区春吉3-21-15
電話番号 092-716-6755

春吉店へのアクセス

春吉店へのアクセスは地下鉄七隈線「天神南」駅下車、徒歩2分でアクセスできます。もしくは西鉄電車大牟田線「西鉄福岡」駅下車、徒歩5分です。車でアクセスされる方は、春吉店には駐車場の用意がありませんので、近隣の有料駐駐車場をご利用ください。

おすすめのパーキングは、トラストパーク春吉3丁目3(春吉3-21-24)は19台駐車可能40分200円。トラストパーク春吉3丁目(春吉3-14-9)は24台駐車可能60分300円です。

筑紫野店の店舗情報

「鳳凛」筑紫野店の営業時間は月曜日~木曜日及び日曜日は午前11時~翌日午前3時まで。金・土・祝日の前日は翌日午前4時まで営業しています。定休日は不定休。

平日の午前11時~午後2時までランチタイム限定セットでごはんかおにぎり2個プラス替え玉1個を各ラーメンにセットで付けられます。

ランチタイムでは特製ラーメンに餃子6個を付けるセットもあります。また平日午後2時~午後10時まではタイムサービスで替玉及び小替玉が1つ30円で提供されます。

住所 福岡県筑紫野市武蔵4-1-56
電話番号 092-929-5444

筑紫野店へのアクセス

筑紫野店へのアクセスはJR鹿児島本線「二日市」駅下車、徒歩12分。西鉄天神大牟田線「紫」駅下車、徒歩17分または「西鉄二日市」駅下車、徒歩20分です。バスを利用される方は西鉄バス二日市バス3「済生会病院」停留場より徒歩3分でアクセスできます。車でアクセスされる方は、筑紫野店専用駐車場をご利用ください。31台駐車可能です。

那珂川店の店舗情報

「鳳凛」那珂川店の営業時間は午前11時~翌日午前3時までです。定休日は不定休。どちらの店舗も同様ですが3か月に一度、店内のメンテナンスを行うために1日休日となります。定休日については電話にてご確認ください。2018年の冬時期の口コミでは会計の後に次回100円の割引券をもらえると口コミで紹介されています。

住所 福岡県筑紫郡那珂川町片縄10-4-1
電話番号 092-710-1322

那珂川店へのアクセス

那珂川店へのアクセスは、JR博多南線「博多南」駅下車、徒歩19分。バスを利用される方は西日本鉄道162「観音堂」停留場下車、徒歩1分。もしくは「片縄」停留場下車、徒歩5分、もしくは「福岡女子工業前」停留場下車、徒歩5分でアクセスできます。車をご利用の方は那珂川店専用の駐車場をご利用ください。8台駐車可能です。
 

長丘店の店舗情報

「鳳凛」長丘店の営業時間は午前11時~翌日午前1時までです。定休日は不定休ですので、多店舗同様に定休日については電話にてご確認ください。たとえば春吉店が定休日だから長丘店も定休日だとは限りません。またその反対に他店が営業しているから長丘店も定休日ではないとは限りませんのでご注意ください。

住所 福岡県福岡市南区長丘5-16-4
電話番号 092-408-5599

長丘店へのアクセス

長丘店へのアクセスは、福岡市営地下鉄七隈線「桜坂」駅下車、「茶山」駅下車、「七隈」駅下車、徒歩30分どちらの駅からもおよそ3kmです。

バスを利用してアクセスされる場合は西日本鉄道56「長丘五丁目」停留場下車徒歩2分。西日本鉄道64「長尾変電所」停留所下車、徒歩5分です。車でアクセスされる方は、長丘店専用の駐車場を利用してください。13台駐車可能です。

Thumb博多のとんこつラーメンおすすめまとめ!美味しい有名店を厳選!
とんこつラーメンの本場である「博多」。博多にはこってりとした人気のとんこつラーメン店が数多く...

伝説のとんこつラーメンを食べに「鳳凛」へ行ってみよう!

かつて福岡の小郡市で人気であった唐辛子入りのとんこつラーメン発祥のラーメン屋の味を再現した「鳳凛」のラーメンは、あっさりとしたとんこつスープに特製辛味ダレがじわじわとうま味を出して最後まで飽きずに1杯のラーメンを味わえると人気です。唐辛子ととんこつラーメンのコラボ!ぜひご堪能してみてください。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
toshi_suzu

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ