(食)ましかは大阪の予約必須イタリアンバル!外観はたばこ屋にしか見えない?

(食)ましかは、大阪の人気イタリアンバルとして人気があります。一見、あのお店にしか見えないユニークなお店ですが、予約困難なほどの人気ぶりです。そんな人気のイタリアンバル(食)ましかでおすすめなメニューや魅力をご紹介します。

(食)ましかは大阪の予約必須イタリアンバル!外観はたばこ屋にしか見えない?のイメージ

目次

  1. 1(食)ましかは大阪で人気のイタリアンバル
  2. 2大阪の人気イタリアンバル!『ましか』をご紹介!
  3. 3『ましか』ってどんなイタリアンバル?
  4. 4『ましか』の外観と内観
  5. 5『ましか』のおすすめメニュー
  6. 6『ましか』の公式ホームページやSNSは要チェック!
  7. 7大阪で人気の『ましか』が福岡にもある?
  8. 8『ましか』の店舗情報とアクセス
  9. 9『ましか』で美味しいイタリアンをご賞味あれ!

(食)ましかは大阪で人気のイタリアンバル

(食)ましかは、大阪で人気のイタリアンバルで、そのユニークな店構えから大阪人の心を掴んで離しません。大阪ならではのユニークさもあるお店で、アットホームなそんなお店です。一瞬、このお店で良いのかと思うほどその店構えはユニークです。

(食)ましかは、イタリアンバルらしからぬいでたちのお店で、しかもアットホームな雰囲気のお店で、大阪のひとたちにも人気のイタリアンバルです。イタリアンだけに囚われないメニュー構成で、それもまた、大阪らしく人気の秘密となっています。

(食)ましかは、イタリアンのおすすめメニューも多く、イタリアン好きの方にもきっと満足してもらえるそんなイタリアンバルです。大阪で人気のイタリアンバル(食)ましかでおすすめなメニューやその魅力をご紹介します。

Thumb大阪のイタリアンおすすめ21選!ランチやディナーが美味しいお店ばかり!
大阪のおすすめ人気イタリアンをご紹介します。大阪には様々なグルメスポットがありますが、イタリ...

大阪の人気イタリアンバル!『ましか』をご紹介!

大阪の人気イタリアンバル「ましか」は、大阪市西区にあるお店で、テラス席もありユニークなお店形態からユニークが好きな大阪人から人気のあるイタリアンバルです。大阪には、イタリアンバルがあちこちにありますが、ここまでユニークなお店はそうはないでしょう。

大阪の人気イタリアンバル「ましか」は、予約がなかなか入らないほどの人気店で、ソムリエもいるので美味しいイタリアンとともにワインも楽しむことができます。おしゃれなお店というよりは、ユニークでアットホームなイタリアンバルです。

ワインと合うイタリアンのメニューも豊富で、ランチやディナータイムを楽しむことができます。イタリアンバルでありながら、朝食として楽しめるサンドイッチなどのメニューもありおすすめです。

「ましか」の歴史を振り返る

ここでは、大阪の人気イタリアンバル「ましか」の歴史について振り返ります。創業されたのは、2011年9月で、今から8年ほど前になります。創業当初は、今の店主であるお母さんが始められたお店で、その後今の息子さんに引き継がれました。

このましかですが、その始まりはなんと、先代が営んでいた印章店だったそうです。お母さんが、手作りサンドイッチ店を始める際に、印章店「真鹿堂(ましかどう)」から一部取って、「ましか」としたそうです。

その後、ソムリエでもある息子さんの今尾とイタリアンシェフの横山さんがタッグを組み、今のイタリアンバル「ましか」が生まれました。美味しいイタリアンメニューとワインを楽しめる人気店がここ大阪で産声を上げました。

『ましか』ってどんなイタリアンバル?

それでは、いよいよ大阪の人気イタリアンバル「ましか」の秘密とその魅力に迫っていきましょう。「ましか」は、意外にも先代は印章店だったということで、とても謎めいたイタリアンバルです。ここまで秘密の多いイタリアンバルはそうはないでしょう。

また、先代の印章店から引き継いだのは、最初はお母さんでサンドイッチを営みお店が今の屋台骨にもなっています。ですので、イタリアンバルではありますが、なんだか温かいそんなお店でもあります。

タバコ店とイタリアンバルが融合

実は、先代が印章店をしていたころから、たばこ店を営んでいたそうです。その名残から、今でもイタリアンバルの一角では、たばこを販売しています。そう、タバコ店とイタリアンバルが融合している不思議なお店なんです。

さらには、お店の奥には、ソムリエでもある現店主が選び抜いた自然派ワインを購入できるスペースもあります。選び抜かれた自然派ワインはお店でももちろん、イタリアンとともに楽しむことができます。

店内で楽しんだワインを購入して自宅でも楽しむことができるのでおすすめです。たばこ店とイタリアンバル、さらにはワインショップが融合した最高のお店です。

アットホームな雰囲気が人気のイタリアンバル

大阪で人気の「ましか」は、アットホームな雰囲気が人気のイタリアンバルです。なぜ、アットホームかと言えば、現店主のお母さんがサンドイッチ店として、先代から引き継いだこともあり、今でも看板には、手作りサンドイッチの文字が。

そう、今でも手作りのサンドイッチも楽しむことができるお店としても人気なんです。手作りという温かみのあるお店で、店内の雰囲気もとてもアットホームでおすすめです。

天候の良い日には、外にも席が用意されて屋台のような雰囲気さえ感じることのできるおすすめのイタリアンバルです。家族経営という強みを生かしたアットホームさが、魅力のひとつにもなっています。

『ましか』の外観と内観

ここでは、『ましか』の外観と内観についてご紹介しましょう。イタリアンバルというと皆さんの印象ってどんな感じでしょうか。やはり、おしゃれな雰囲気で、モダンなイメージでしょうか。ここ、ましかは、他とは違うイメージになります。

また、店内についてもご紹介しますが、アットホームな雰囲気を感じることのできる店内で、ひとりでもグループでも利用しやすいお店です。

一見タバコ屋に見える不思議な外観

ましかの外観については、さきほどもご紹介した通り、イタリアンバルなのにタバコ屋さんも併設されています。外観から見ると、併設というよりももうタバコ屋さんにしか見えないそんな不思議な外観です。

注意してみておかないと、ここがイタリアンバルとは気づかないそんな店構えでもあります。昼間には、黄色いテントに「お昼はカレーやってます」のサインが目立つので見過ごすことはなさそうです。

夜になると、天候の良い日には、フルオープンになり外にも席が設けられて外に明かりが漏れて雰囲気の良い感じになっています。

広々とした内観

店内に入ると、実はカウンター席が中心のこじんまりとしたお店ではあるのですが、意外にも広く感じる店内です。天気の良い日にはフルオープンにもなるので、さらに広々とした感じにはなります。

カウンター席中心のお店ということもあり、店主やスタッフとの方々とのコミュニケーションも楽しむことができるのでおすすめです。美味しいワインとイタリアンをアットホームな雰囲気の中で楽しむことができます。

『ましか』のおすすめメニュー

ここでは、『ましか』のおすすめメニューについていくつかご紹介しましょう。ましかでは、朝にはサンドイッチを、ランチにはキーマカレーやグリーンカレー、週替わりカレーなどのオリジナルのカレーを楽しむことができます。

夜の部では、軽く燻製したもち豚のパテやサバのきずし、ちくわの磯辺揚げ、なにわ黒牛の炭火焼きなどのイタリアンの創作料理を楽しめて、パスタなどもおすすめです。

おすすめメニュー(1) ネロパルマのソーセージ

最初にご紹介する『ましか』のおすすめメニューは、「ネロパルマのソーセージ」です。ネロパルマのソーセージは、自然派ワインにもぴったりなおつまみ的なメニューで人気があります。ましかはソーセージメニューが多いですが、一押しのメニューがこの「ネロパルマのソーセージ」です。

「パキン」と音がするような食感を楽しめるソーセージで、ワインとともにおすすめしたい一品です。

おすすめメニュー(2) かるく燻製したもち豚のパテ

次にご紹介する『ましか』のおすすめメニューは、「かるく燻製したもち豚のパテ」です。かるく燻製したもち豚のパテは、ワンコインで提供しているおすすめのメニューです。ワインにも合う料理で人気があります。

一度食べたら、癖になるそんな料理で、しっとり感を味わうことができるのでおすすめです。燻製の良い香りも楽しむことができるメニューです。

おすすめメニュー(3) ムール貝とズッキーニのバベッティーニ

次にご紹介する『ましか』のおすすめメニューは、「ムール貝とズッキーニのバベッティーニ」です。ムール貝とズッキーニのバベッティーニは、パスタなのか、はたまたムール貝のイタリアン料理なのか判別が難しいほど具沢山のメニューです。

ムール貝やズッキーニだけの料理かと思いきや、なんとその下にはパスタが埋まっているではありませんか。とってもボリュームがあるので、ひとりで食べるというよりは、みんなでワイワイとつつきながら楽しむ料理です。

ムール貝とズッキーニのバベッティーニは、バジルの風味ということもありますが、食欲がわくそんな一品となっています。ワインとともに楽しむことができる料理でもあります。

『ましか』の公式ホームページやSNSは要チェック!

『ましか』には公式ホームページやフェイスブック・インスタグラムなどのSNSがあり、情報発信をしています。公式ホームページには、ましかの歴史やおすすめメニューなどが掲載されています。

フェイスブック・インスタグラムなどのSNSでは、最新の情報も掲載されていますので、来店前にはチェックすることをおすすめします。新メニューやお店の方々の写真も掲載されているので親近感もわきます。

フェイスブックでは、その日の席の空き具合などもコメントがあるので、来店前には要チェックです。酒)ましかの葡萄酒きき酒販売会などのイベント情報も盛りだくさんです。

大阪で人気の『ましか』が福岡にもある?

大阪で人気の『ましか』ですが、実は、2017年9月に九州の繁華街である福岡に新規オープンしています。グルメの街である福岡天神に二号店としてオープンしていて、福岡天神で今や人気のイタリアンバルとなっています。

福岡天神のお店は、居酒屋風ワインバーということで、気軽にイタリアンとワインを楽しむことができます。大阪のましか同様に、自然派ワインが売りのお店になっています。

福岡天神のお店には、さすがにタバコ屋さんはありませんが、大阪で人気のメニューを楽しむことができるのでおすすめです。店内に入ると、おしゃれな雰囲気ですが、アットホームさは大阪同様に感じられるお店です。

『ましか』の店舗情報とアクセス

ここでは、『ましか』の店舗情報とアクセスについてご紹介しましょう。『ましか』の店舗情報では、定休日や営業時間などをご紹介します。営業時間は、朝の部と昼の部、夜の部に分かれています。それぞれで、休みも違うので注意が必要です。

『ましか』のアクセスですが、公共交通機関でのアクセスと車でのアクセスについてご紹介します。車でのアクセスの際には、駐車場についても気になるところですので、ご紹介します。

店舗情報

『ましか』の店舗情報ですが、月から土は朝の部が9時から売り切れまでで、昼の部が11時30分から14時30分でラストオーダーは14時です。夜の部は、17時から24時でラストオーダーはフードが23時で、ドリンクが23時30分です。

定休日ですが、朝の部・昼の部は土日祝休みで、夜の部は日祝定休です。朝の部と昼の部、夜の部で休みが変わるので覚えておきましょう。定休日や営業時間は変更になることもあるので、来店前には確認をするようにしましょう。

店内では21時30分までは禁煙となっていますが、21時30分以降は喫煙可能となるので、喫煙される方は21時30分以降の利用がおすすめです。お店は、一軒家の隠家的な雰囲気のお店で人気があります。

肥後橋駅からのアクセス

『ましか』のアクセスですが、肥後橋駅からのアクセスは、大阪市営地下鉄四つ橋線肥後橋駅7番出口から徒歩5分ほどの場所にあります。肥後橋駅7番出口を出ましたら、西へと歩いていただき、明治安田生命のところを左折してください。

明治安田生命のところを左折しましたら、しばらく歩いていただいて突き当たりましたら、右折してください。右折した後はしばらく道なりに歩いていくと、大衆ビストロ 原田屋が見えてきます。

大衆ビストロ 原田屋が見えてきたら、その手前を左折してください。しばらく歩いていくと、左手にお店が出てきます。

車でのアクセスと駐車場

ここでは、公共交通機関以外の車でのアクセスと駐車場についてご紹介ひましょう。車でのアクセスは、梅田駅からは南方向に国道176号を進んでください。梅田新道(交差点)を直進して御堂筋の国道25号へと進みます。

その後、淀屋橋(交差点) を右折したら、土佐堀通に入って土佐堀1東(交差点)を左折すると左手にお店が見えてきます。梅田駅からは車でおよそ6分ほどです。

ましかの専用駐車場ですが、残念ながら用意がありませんので、近隣のコインパーキングなどの有料駐車場をご利用ください。

『ましか』で美味しいイタリアンをご賞味あれ!

大阪で人気のイタリアンバル「ましか」のすべてを余すことなくご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。一見、タバコ屋さんにしか見えないお店は、店内に入ると、毎日、常連客や一見さんのお客さんで賑やかです。

予約もなかなか取りづらい人気店としても知られています。朝は手作りのサンドイッチから、ランチにはカレー、夜にはイタリアンとワインを楽しむことのできるイタリアンバルです。2017年には福岡天神にも二店舗目をオープンしています。

店内はカウンター席中心のお店ではありますが、意外にも広くカップルから友人同士での食事にもおすすめです。ワインも自然派のものを選りすぐり提供しています。大阪にお越しの際には、ちょっと足を延ばして「ましか」でイタリアンを楽しみませんか。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
phoophiang

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ