池田山公園の見どころ・アクセス・駐車場解説!五反田のパワースポット!

東京の五反田にある「池田山公園」は都内でも有数のパワースポットとして有名です。のんびりと園内を散策・観光すれば、気分もリフレッシュできること間違いなしです。五反田の「池田山公園」のさまざまな情報をピックアップしました。東京・五反田観光の時の参考にしてください。

池田山公園の見どころ・アクセス・駐車場解説!五反田のパワースポット!のイメージ

目次

  1. 1五反田のパワースポット「池田山公園」に行こう!
  2. 2五反田の「池田山公園」とは?
  3. 3五反田の「池田山公園」の公園情報
  4. 4五反田の「池田山公園」に電車でアクセス
  5. 5五反田の「池田山公園」に車でアクセス
  6. 6五反田の「池田山公園」の駐車場情報
  7. 7五反田の「池田山公園」の歴史
  8. 8五反田の「池田山公園」の見どころ1.滝
  9. 9五反田の「池田山公園」の見どころ2.紅葉
  10. 10五反田の「池田山公園」の見どころ3.桜
  11. 11五反田の「池田山公園」の見どころ4.四季の花
  12. 12「池田山公園」とあわせて行こう1.東京都庭園美術館
  13. 13「池田山公園」とあわせて行こう2.マクセル アクアパーク品川
  14. 14「池田山公園」とあわせて行こう3.グリルエフ
  15. 15「池田山公園」でたっぷりパワーを頂こう!

五反田のパワースポット「池田山公園」に行こう!

東京の五反田にある人気急上昇中のパワースポットが「池田山公園」です。心がすっとなる自然豊かな場所であり、多くの人で賑わいます。五反田の「池田山公園」の見どころや、アクセス、駐車場などの観光情報を中心にまとめました。東京や五反田周辺観光・パワースポット巡りの時には是非「池田山公園」にも寄ってみることをおすすめします。

五反田の「池田山公園」とは?

「池田山公園」は自然あふれる見どころたっぷりの公園であり、心の癒しスポットやパワースポットとして大変評判になっている場所です。

品川百景の一つにも選ばれていて、豊かな自然の中にある大きなパワーが頂けるパワースポットとして話題となっています。

もともとは、岡山藩主であった池田家の屋敷があった場所であり、歴史的にも重要な場所として大切にされてきました。

園内の少し高台にある部分は遊戯・休憩ゾーン、少し低い場所にある部分は回遊ゾーンとなっています。

ビルが立ち並ぶ都会の中のオアシスのような場所として、普段の喧騒から離れて非日常感を味わいたい時、気分転換をしたい時などに特におすすめの公園です。

園内の散策路はしっかりと整備されているので、誰もが安心して散策・観光をのんびりと楽しむことができます。

五反田の「池田山公園」の公園情報

「池田公園」は、東京都・品川区の東五反田5丁目にある品川区立の公園です。周辺の人々から愛されていて、心の落ち着く場所であると大変人気のあるスポットです。

開園時間は、7時30分から17時までです。ただし7月・8月のみ7時30分から18時時までと閉園時間が延長されます。12月29日から1月3日までの年末年始は休園日です。

無料で誰もが自由に園内を散策・観光することができます。ルールやマナーをしっかりと守り、節度を持った行動をするように心がけることが大切です。

五反田の「池田山公園」に電車でアクセス

「池田山公園」に電車を利用してアクセスしようと思っている場合は、JRの「五反田駅」で降りると徒歩約15分でアクセスすることができます。また、JRの「目黒駅」で降りても徒歩約15分でアクセスすることができます。

大通りから少し中に入った閑静な住宅街の一角にあるので、小さな子どもの手を引いたり、ベビーカーでのお散歩などにもピッタリの場所です。

五反田の「池田山公園」に車でアクセス

「池田山公園」に車を利用してアクセスしようと思っている場合は、首都高速2号目黒線の「目黒出入口」などで降りるとアクセスすることができます。

高速道路を使わないでアクセスするには、国道1号線である桜田通りを通るとアクセスすることができます。

「池田山公園」の周辺の道路は、細い道路が多く、一方通行の道などもあるので、しっかりと道路案内標識などを確認しながら安全運転でアクセスするようにしましょう。

五反田の「池田山公園」の駐車場情報

「池田山公園」には来園者専用の駐車場はありません。車でのアクセスを考えている場合には、あらかじめ周辺のコインパーキングなどの駐車場情報について調べておくと、その日に慌てることなく行動できるのでおすすめです。

「リパーク東五反田5丁目第4」は、約7台分の駐車場があります。24時間年中無休で営業している駐車場です。駐車場利用料金は、月曜日から土曜日までの8時から20時までが10分200円、20時から翌朝8時までが60分100円、日・祝日の8時から20時までが10分200円、20時から翌朝8時までが60分100円です。

最大料金は、月曜日から土曜日までの8時から20時までが3000円、20時から翌朝8時までが300円、日・祝日の8時から20時までが1100円、20時から翌朝8時までが300円です。最大料金は繰り返し適用となります。

「NTTル・パルク東五反田第2駐車場」は、約37台分の駐車場があります。24時間年中無休で営業している駐車場です。駐車場利用料金は、全日7時から20時までが40分200円、20時から翌朝7時までが60分100円です。最大料金は、全日7時から20時までが1800円、20時から翌朝7時までが400円です。

五反田の「池田山公園」の歴史

「池田山公園」の周辺は江戸時代には、備前国の岡山藩の藩主であった池田家の下屋敷がありました。池田家の下屋敷は寛文8年(1668年)頃に建てられたと言われていて、約3万8千平方メートルもの広大な敷地があり、屋敷内にはカモ場もあったと言われています。遠くには富士山を眺めることもでき、景色の良い場所であったとされています。

明治維新以降も池田家の屋敷(公爵邸)としてしばらくは使われていました。大正時代の末頃となり、次第に宅地として売り出され、邸宅が建ち始め、都内でも有名な高級住宅街となっていきました。

その後、 昭和59年に「池田山公園」 は都市公園として整備され、池を中心とした回遊式の庭園として住宅街の中にあるオアシスのような場所となりました。池は下屋敷の頃に作られたものであるとされていて、湧き水が静かに湧き出ています。現在の「池田公園」がある場所は、下屋敷の奥庭の部分であったと考えられています。

今では見どころ豊富で、都内でもよく知られたパワースポットの一つであり、パワースポット巡りの人でも賑わう公園となっています。

たくさんの自然に囲まれながら、ゆったりと園内を歩いてみれば、心がすっと落ち着くことができるでしょう。是非のんびりと過ごしてみることをおすすめします。

五反田の「池田山公園」の見どころ1.滝

「池田山公園」のおすすめ見どころの一つ目は、「滝」です。「池田山公園」の一番奥の部分にあります。

「池田山公園」の滝は、規模はそれほど大きくはありませんが、日本一の山である富士山からの「気」が流れているとされている龍脈上に位置していて、大変大きなパワーを頂けるパワースポットとして人気があります。

ごつごつとした岩でできた滝であり、さらさらと水が流れる様子を眺めているだけで心が洗われるような気持ちになれる場所です。

何かに悩んだ時、新しいことを始めたい時、より大きなパワーを頂きたい時などには、園内随一のパワースポットである「滝」を見に出かけてみることをおすすめします。

五反田の「池田山公園」の見どころ2.紅葉

「池田山公園」のおすすめ見どころの二つ目は「紅葉」です。園内のあちこちには、約50本のもみじなどの色づく木々がたくさんあり、見頃の時期には迫力満点であると、紅葉スポットとして評判です。

例年の紅葉の見頃の時期は、11月の下旬から12月の上旬頃であり、赤く染まった葉と、日本の美しい庭園のコラボレーションが見事であると人気です。

澄んだ池の水に赤い紅葉が写りこむ様子は幻想的であると撮影スポットしても評判で、カメラを持って訪れる人も大変多いです。

見頃の時期などは年や気候によって変動するので、紅葉状況を確認してから出かけることをおすすめします。

「池田山公園」の紅葉は、動けなくなるほどの人で混雑するということもなく、比較的ゆったりと紅葉狩りができる穴場スポットです。のんびりと歩きながら紅葉を楽しみたい人に特におすすめです。

緑色であった葉がどんどんと赤く色づき、盛りを迎え、そしてはらはらと舞い落ちるという、季節の移り変わりを感じに行くのも楽しいでしょう。

五反田の「池田山公園」の見どころ3.桜

「池田山公園」のおすすめ見どころの三つ目は「桜」です。園内には、ソメイヨシノをはじめ桜の木が豊富にあり、見頃の時期には大変華やかな雰囲気になると人気のスポットです。

例年3月の下旬から4月の上旬頃に見頃を迎え、大変美しい景色を眺めることができると評判です。

夜桜ライトアップや出店などはありませんが、ゆったりのんびりと桜を愛でながら歩いたり、写真を撮ったりできる穴場スポットです。

是非、東京・五反田でそれぞれのペースで花見をしたいと思った時には「池田山公園」に行ってみることをおすすめします。

五反田の「池田山公園」の見どころ4.四季の花

「池田山公園」のおすすめ見どころの四つ目は「四季の花」です。園内では、四季を通じてたくさんの花が美しく咲き誇ります。

2月の中旬から3月中旬頃には梅が咲き春の訪れを感じさせてくれます。2月の下旬から3月頃には椿、4月の中旬から5月中旬頃にはつつじ、5月の下旬から6月の上旬頃には花しょうぶ、梅雨の時期にはあじさいなどが咲き、そして桜や紅葉などが見られ、四季の雰囲気をしっかりと感じることができる場所です。

周囲の木々からはマイナスイオンをたっぷりと浴びられ、心を浄化できる場所としても大変おすすめです。

四季を愛でに、是非「池田山公園」と出かけてみることをおすすめします。何度も行くと、今まで気づかなかったことに気づくことができるかもしれません。

「池田山公園」とあわせて行こう1.東京都庭園美術館

「東京都庭園美術館」は、東京都・港区の白金台にある都立の美術館です。旧朝香宮邸(きゅうあさかのみやてい)とも呼ばれ、大変豪華な宮廷や庭園を眺めることができます。

建物は、当時の人気の建築様式の一つであるアール・デコ様式が用いられていて、大変おしゃれなつくりとなっています。この様式が日本で用いられたのはここだけであると言われています。

建物の中では展示会なども行われ、芝庭・日本庭園・西洋庭園と趣の異なる3つの庭園もあり、さまざまな楽しみ方ができます。

「東京都庭園美術館」に電車でアクセスする場合は、JRの「目黒駅」、または東急目黒線の「目黒駅」で降りると徒歩約7分でアクセスすることができます。または、都営三田線・東京メトロ南北線の「白金台駅」で降りても徒歩約6分でアクセスできます。車の場合は、首都高速2号目黒線の「目黒出入口」などで降りるとアクセスできます。

開館時間は、10時から18時までで、最終入館は17時30分となっています。毎月第2・第4水曜日や年末年始などは休館日となっています。料金は、庭園入園料金が大人が200円、大学生が160円、中・高校生と65歳以上のシニアは100円となっています。

展覧会の開催中は、料金がそれぞれによって異なるので、事前に調べてから行くようにすると良いでしょう。展覧会チケットで、展覧会とあわせて庭園にも入園することができます。

「池田山公園」とあわせて行こう2.マクセル アクアパーク品川

「マクセル アクアパーク品川」は、 東京都・港区の高輪4丁目にある水族館です。品川プリンスホテルの中にあります。

館内は11のエリアに分かれていて、さまざまな海の生き物を間近で見ることができます。迫力満点のイルカショーが特に人気で、昼バージョンと夜バージョンでは雰囲気ががらりと変わり、ウォーターカーテンや光などとともに他の水族館とは一味違うショーを見ることができます。

「イルカにタッチ」や「ワンダーチューブガイドツアー」など人数限定のイベントプログラムもあり、当日の先着順なので、これらに参加したい場合は早めに行くことをおすすめします。

「マクセル アクアパーク品川」に電車でアクセスする場合は、JR、または京急線の「品川駅」で降りると徒歩約2分でアクセスすることができます。車を利用する場合は、首都高速中央環状線の「五反田出口」などで降りるとアクセスすることができます。

営業時間は、基本的には10時から22時までとなっていますが、季節などによって変動することがあるので、行く前に確認をしてからアクセスすることをおすすめします。料金は、高校生以上の大人が2300円、小・中学生が1200円、4歳以上の幼児が700円となっています。何度も行きたい場合は、年間パスポートがあり、お得なのでおすすめです。

「池田山公園」とあわせて行こう3.グリルエフ

「グリルエフ」は、東京都・品川区の東五反田1丁目にある大変歴史のあるレトロ感満載の老舗の洋食店です。

ビーフシチューやカニクリームコロッケ、ハンバーグなどの大変美味しい定番洋食をたっぷり堪能できるお店です。

一番人気のハヤシライスは、絶品であり、今まで食べたことのない素晴らしいハヤシライスであると評判です。

「グリルエフ」に電車でアクセスする場合は、JRの「五反田駅」で降りると徒歩約1分、都営浅草線の「五反田駅」で降りると徒歩約1分などでアクセスすることができます。車でアクセスする場合は、周辺のコインパーキングを利用すると良いです。

営業時間は、ランチタイムが11時から14時30分まででラストオーダーが14時、ディナータイムが17時から21時まででラストオーダーが20時40分となっています。毎週日曜日と祝日は定休日です。必ずここで食事をしたい場合は、事前に予約をしておくと良いでしょう。

「池田山公園」でたっぷりパワーを頂こう!

東京の五反田にある「池田山公園」は東京都内でも大変話題のパワースポットの一つです。豊富な自然の園内をのんびりと自由に巡ってみれば、リラックスした気持ちになれること間違いなしです。東京・五反田周辺観光の時には、是非足を伸ばして「池田山公園」に行ってみることをおすすめします。

関連記事

Original
この記事のライター
mina-a

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ