「とんかつとんき目黒本店」の予約法や時間を解説!メニューやランチ情報も!

とんかつとんき目黒本店は、目黒で御三家と呼ばれているとんかつ店の1つです。大人気のとんかつ店で、連日たくさんのお客さんが訪れています。ここでは、とんかつとんき目黒本店について紹介します。予約方法やメニュー、ランチ情報などを紹介します。

 「とんかつとんき目黒本店」の予約法や時間を解説!メニューやランチ情報も!のイメージ

目次

  1. 1「とんかつとんき目黒本店」を大特集!
  2. 2「とんかつとんき目黒本店」ってどんなとんかつ店?
  3. 3「とんかつとんき目黒本店」の外観と店内
  4. 4「とんかつとんき目黒本店」のおすすめランチメニュー
  5. 5「とんかつとんき目黒本店」の予約方法
  6. 6「とんかつとんき目黒本店」の口コミ
  7. 7「とんかつとんき目黒本店」の店舗情報とアクセス
  8. 8美味しいとんかつを食べに「とんかつとんき目黒本店」へ行ってみよう!

「とんかつとんき目黒本店」を大特集!

目黒にはとんかつ御三家と呼ばれているお店があります。そのうちの1つがとんかつとんき目黒本店です。御三家と呼ばれているだけあり、かなりの人気があります。目黒はとんかつの激戦区として知られており、その中でも御三家は群を抜いています。ここで紹介するとんかつとんき目黒本店について知ってもらい、ぜひ足を運んでください。

Thumb目黒のとんかつ特集!御三家のおすすめメニューや駅周辺の人気店紹介!
目黒には御三家と言われる、とんかつの名店があります。ここでは、御三家を含めて、目黒のおすすめ...

「とんかつとんき目黒本店」ってどんなとんかつ店?

まずは、とんかつとんき目黒本店がどんなとんかつ店なのかを知っておきましょう。日本にはたくさんのとんかつ店がありますが、どのお店で食べても美味しいと感じる人もいるでしょう。しかし、目黒のとんかつ御三家の味は、今まで食べたことがないとんかつの味だと感じてもらえるに違いありません。わざわざ行く価値は間違いなくあります。

とんかつとんき目黒本店には、多くのリピーターが訪れます。とんかつ激戦区である目黒でリピーターをたくさん獲得しているお店は、長く営業を続けられます。リピーターの人が、他の人を紹介して、さらにその人が他の人を紹介するという良い連鎖が生まれます。

お客さんがお客さんを呼ぶという良い連鎖ができている、とんかつとんき目黒本店がどんなお店なのかを知ってください。

目黒のとんかつ御三家の一つ

目黒でとんかつを食べるならば、まずはとんかつ御三家のことを知っておくことをおすすめします。目黒にはたくさんのとんかつ店が存在しますが、とんかつ御三家の存在を無視することはできません。目黒にはとんかつ御三家のお店で修業をして、独立した人のお店もあります。目黒のとんかつ店は、御三家が牽引し続けています。

目黒のとんかつ御三家とは、とんかつとんき目黒本店の他に、かつ壱、とんかつ大宝の3店舗です。どのお店も特徴を持っており、独自の味やシステムを作りだしています。他のお店にはない独自の味やシステムがあるのは、かなりの強みです。

とんかつとんき目黒本店をはじめとして、目黒のとんかつ御三家のことは知っておいて損はないはずです。

行列ができる人気のとんかつ店

とんかつとんき目黒本店は、あまりの人気のため、行列ができることが多いです。行列はできますが、店内の席数はたくさんあるため、それほど待ち時間なく店内に入ることができるはずです。そのため、行列にわざわざ並ぶ人がたくさんいます。多少の待ち時間はありますが、それ以上に美味しいとんかつが食べられるなら良いでしょう。

とんかつとんき目黒本店に行く場合は、行列に並ぶことはあらかじめ覚悟しておきましょう。多少列が長くても、並ぶ価値は間違いなくあります。行列に並んでまで食べる、とんかつとんきの味は格別なものに違いありません。

とんかつとんきに行く場合は、行列に並んでも良いように、時間に余裕を持って行くようにしましょう。

「とんかつとんき目黒本店」の外観と店内

とんかつとんき目黒本店の外観と店内について紹介します。とんかつとんきの外観をまず紹介します。お店の目印は「とんかつとんき」と白いバックに黒い字で書かれた看板です。そして、入口に掲げられている暖簾です。とんかつとんきは1939年創業のお店ですが、暖簾を見ていると非常に年季が入っていることがわかってもらえるでしょう。

店内の中に入ると大きな厨房が見えてきます。この厨房には、職人がたくさんいます。職人がたくさんいるのは、とんかつを作る過程で、各職人が分業制でやっています。各部門を担当しているため、その部門のスペシャリストになります。

とんかつとんきの職人は、10年修行してやっと一人前になるという昔からの制度でやっています。現在は修行制度を導入しているお店が昔よりは減ってしまいました。昔よりは修行制度は減りましたが、一流の職人になるためには修行をすることは絶対に必要です。とんかつは奥深く、一流のとんかつを作るためには技術を身につけないといけません。

各職人が連携して1つのとんかつを作り上げます。分業制にしているため、たくさんの注文が同時に入っても、きちんと連携していれば、問題なく作りあげられます。カウンター席に座ると、厨房の様子がよくわかります。

各職人がとんかつを流れるように作っていく様子を見ているだけで楽しめるはずです。美味しいとんかつのできあがりを待つ間、楽しみながら待てます。

「とんかつとんき目黒本店」のおすすめランチメニュー

ここからは、とんかつとんきのおすすめランチメニューを紹介します。とんかつとんきがどんなお店なのかを知ってもらったら、とんかつとんきのメニューについて知ってもらいたいです。どんなメニューが出されるのかを知ってもらうと、とんかつとんきに行く目的ができます。目的ができれば、より足を運んでもらいやすくなるでしょう。

老舗のとんかつ店だけあって、提供しているメニューはシンプルなものになっています。いろいろなとんかつメニューを提供しているお店もたくさんありますが、シンプルなメニュー構成だと、メニュー選びが楽になります。

メニュー選びが楽だと、お店に行っても迷わなくて済みます。迷わなくて済むため、それだけお客さんの待ち時間も少なくなります。

「とんかつとんき目黒本店」ではランチ営業はしていない

とんかつとんきでは、ランチ営業はやっていません。昼間の営業はしていないため、必然的にランチメニューはないことになります。ランチメニューでは、通常メニューがお値打ちな料金で食べられるところが多いです。ランチ営業を望む声はありますが、現状ではランチ営業をすることは考えていません。

ランチ営業がなく、夜だけの営業でも、お客さんは行列ができるくらい入っています。職人のことを考えると、ランチ営業がないことは大きいことかもしれません。とんかつとんきでは、ランチ営業をしていないことを知っておきましょう。

おすすめランチメニュー(1) ロースかつ定食

とんかつとんきのロースかつ定食は、初めてお店を訪れた人におすすめしたいメニューです。とんかつで一番オーソドックスなメニューと言えます。ロースかつは脂がネックだと考えている人も少なくないでしょうが、とんかつとんきのロースかつは、夜中に食べても胃もたれしないというくらい、脂っぽくありません。

脂っぽくないですが、ロースかつの脂をうまく活かした調理をしています。女性にも美味しく食べてもらえるロースかつです。

おすすめランチメニュー(2) ヒレかつ定食

とんかつとんきのヒレかつ定食は、とにかく柔らかいということで人気です。ロースかつは脂と肉の美味しさを楽しんでもらえますが、ヒレかつは体に優しくとんかつを食べたい人におすすめです。ヒレかつはロースかつに比べて柔らかく仕上がっていますが、とんかつとんきほど柔らかいヒレかつを提供するお店はほとんどないでしょう。

どうすれば、ヒレかつを柔らかくできるかという技術を持っているからこそ、とにかく柔らかいヒレかつが提供できます。とんかつとんきのヒレかつ定食にも注目してください。

おすすめランチメニュー(3) 串かつ定食

とんかつとんきの串かつ定食は常連さんに人気があります。串かつと言っても、串に刺さっているわけではありません。串に刺さっているような感じのかつを提供しています。串かつの中には、豚肉とネギが入っています。串かつ定食で注目してもらいたいのは、串かつの中に入っているネギです。ネギが入っていることで肉のうまみを引き立てています。

ソースをつけて食べてももちろん美味しいですが、まずはそのまま食べてみてください。肉とネギの美味しさだけで食べられる味になっています。他の定食に串かつを別注でつけることもできるので、ぜひとんかつとんきの串かつを味わってください。

「とんかつとんき目黒本店」の予約方法

とんかつとんき目黒本店の予約方法を紹介します。とんかつとんきでは、席の予約をすることができます。席の予約をしておけば、行列に並ぶことなく店内に入ることができます。席の予約ができることを知らない人が意外と多く、たくさんの人数でお店を訪れ、行列に並んでいる姿もよく見かけます。

予約をしていなかったために、席がバラバラになってしまうという例もあります。予約をしておけば、席がバラバラになることはありません。席が確実に確保されている状況は、お客さんにとっては非常にありがたいはずです。

電話にて予約

とんかつとんきの予約は電話による方法のみとなっています。電話での予約のメリットは、席の空き状況がすぐにわかる点です。すぐに席の空き状況わかれば、そのまま席の予約をすることができます。電話による予約の注意点は、お店が忙しい時間帯にかけるのは止めましょう。お店が忙しいと判断できる場合は、電話がなかなかつながらない時です。

電話がなかなかつながらなかったら、何回も連続でかけるのではなく、時間を置いてからかけるようにしましょう。電話がすぐにつながらなかったといって、予約状況にはほとんど変化はありません。お店が落ち着いた時の方が、相手方も気持ちよく対応ができます。

とんかつとんきの予約をする時は、電話による方法のみということを知っておきましょう。一番シンプルな方法です。

予約は4名以上で受付

とんかつとんきの予約は4名以上からとなっています。4名以上でとんかつとんきを訪れる場合は、予約をすることをおすすめします。4名以上が行列に並んで入場待ちをしている場合、前述したように席がバラバラになってしまうことがあります。席がバラバラになってしまうと、せっかく一緒に来たのに、寂しい思いをすることになります。

人数が多い場合は、個室を用意してくれることもあります。予約の時に個室がとれるかどうかを質問してみましょう。大人数になると、個室の方がゆっくりと過ごすことができるのでおすすめです。予約は4名以上からということを知っておきましょう。

「とんかつとんき目黒本店」の口コミ

とんかつとんき目黒本店の口コミを紹介します。口コミでは、何度も足を運んでいる人の多さがわかります。何度食べても美味しいという声がたくさんあります。飲食店で一番大切なことは、何度でも足を運んでもらうことです。とんかつとんきに一度来て、美味しいとんかつを食べたら、何度でも足を運びたくなるのでしょう。

とんかつとんきのいろいろな点を評価している声がたくさんあります。全体的に高評価ばかりなので、とんかつとんきに行く前に、口コミを参考にしてもらうのも良いでしょう。

「とんかつとんき目黒本店」の店舗情報とアクセス

とんかつとんき目黒本店の店舗情報とアクセス方法を紹介します。とんかつとんきのお店についてやおすすめメニューなどを紹介しましたが、肝心の店舗情報やアクセス方法がわからなければ、お店に行くことができません。お店に行くことができなければ、ここまで紹介した情報が意味がなくなってしまいます。

とんかつとんきに行く場合は、何よりも店舗情報とアクセス方法を知っておきましょう。アクセス方法では、目黒駅からのアクセス方法、車でのアクセス方法を紹介します。また、車でアクセスする人のために駐車場の情報も紹介します。

店舗情報

とんかつとんき目黒本店の店舗情報を紹介します。とんかつとんきの店内の席数は、カウンター席30席、その他ボックス席と座敷席あわせて90席となっています。定休日は毎週火曜日と第3月曜日になっています。営業時間は16時から22時45分までとなっています。営業時間開始前の16時前から行列ができていることが多いです。

住所 東京都目黒区下目黒1-1-2
電話番号 03-3491-9928

目黒駅からのアクセス

とんかつとんき目黒本店への目黒駅からのアクセスです。JR山手線の目黒駅西口から徒歩2分くらいで到着します。東急目黒線・都営地下鉄三田線・東京メトロ南北線の目黒駅から徒歩3分くらいで到着します。目黒駅から近いところにあるのは、大きなメリットです。東京は電車を利用する人がたくさんいるため、駅周辺にあるのは有利です。

車でのアクセスと駐車場

とんかつとんき目黒本店への車でのアクセスです。とんかつとんきへの最寄りのインターは、首都高速2号目黒線の目黒出口です。目黒出口で降りて、上大崎交差点を右折して、都道312号線に入ります。都道312号線に入ったら道なりに進み、目黒駅を過ぎたところにある信号の、次の交差点を左折すると到着です。

とんかつとんきの前の道は細くなっているので注意してください。とんかつとんきには専用の駐車場がないため、周辺のコインパーキングを利用してください。周辺にはたくさんコインパーキングあるので、駐車場に困ることはないはずです。

美味しいとんかつを食べに「とんかつとんき目黒本店」へ行ってみよう!

とんかつとんき目黒本店を紹介しましたが、行ってみたいと思ってもらえたら幸いです。目黒のとんかつ御三家の1つであり、目黒で初めてとんかつを食べるならば、とんかつとんきをおすすめします。とんかつの真髄がわかるはずです。おすすめメニューを参考にしてもらい、あらかじめメニューを決めておくと良いでしょう。

関連記事

Original
この記事のライター
ベロニカ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ