麻布十番の観光スポット徹底ガイド!人気の名所からおすすめの穴場まで!

東京都港区にある麻布十番、おしゃれでセンスの良い街として知られていますが、観光名所も多く、グルメスポットや穴場観光名所もあります。その、麻布十番のおすすめの観光スポットを今回は紹介します。それぞれのスポットが魅力あふれる観光名所で、ぜひ訪ねてみましょう。

麻布十番の観光スポット徹底ガイド!人気の名所からおすすめの穴場まで!のイメージ

目次

  1. 1麻布十番ってどんな街?
  2. 2麻布十番へのアクセス方法
  3. 3麻布十番で人気な観光名所5選
  4. 4麻布十番のおすすめ雑貨店
  5. 5麻布十番のグルメスポット3選
  6. 6麻布十番のおすすめの穴場
  7. 7麻布十番の定番お土産 
  8. 8麻布十番周辺の観光名所
  9. 9麻布十番で観光を楽しもう!

麻布十番ってどんな街?

東京都港区麻布十番は、麻布の高級住宅地にありながら、一方で今でも下町の風情が残る街並みも残っていて、個性豊かでユニークなブティックやおもしろい飲食店もあります。さらに、雑居ビルや個人商店も多く見かけられる街です。高級住宅地と庶民的な住宅地が共存するのが麻布十番です。 

「麻布十番」の町名で気になる「十番」ですが、「麻布十番」の町名は昭和37年(1962年)に誕生しています。なかでも「十番」の名称ですが、江戸時代にあった町名、十番組屋敷、十番橋などから由来しているそうです。

麻布十番へのアクセス方法

麻布十番は大きな道路が走り、バスの便も良く、主要なバス路線が麻布十番を通っています。しかし、地下鉄が開通していますので、交通渋滞のない地下鉄がおすすめです。

平成12年(2000年)に、地下鉄「麻布十番駅」が完成したことで、地下鉄の南北線と大江戸線が乗り入れて、交通の便は良くなりました。新宿からは地下鉄1本で約14分で着きます。

麻布十番で人気な観光名所5選

麻布十番は、各国大使館や高級住宅地のある元麻布と隣接しています。そのような地理にありながら発展してきたことから、麻布十番には様々な観光名所があります。

なかには国際色が感じられるようなスポットもあり、歴史が感じられる観光スポットもあります。その昔は大名に仕える奉公人も住んでいた街でもあり、観光名所も穴場観光地など様々です。そんな中から5箇所を選んで紹介します。

観光名所(1)きみちゃん像

「赤い靴履いてた女の子ー」で知られた童謡『赤い靴』は、麻布十番に関係があります。大正11年(1922年)に発表された童謡で野口雨情作詞、本居長世作曲で、今でも歌われています。

この童謡は、実在の少女をモデルに書かれたと伝えられています。この童謡のモデルとなった少女は、岩崎かよさんの娘さんで、きみちゃんです。幼い頃に母親と離ればなれとなり、孤児院に預けられて、結核を発症し、母とも再会しないまま、わずか9歳で亡くなってしまったそうです。

本当に悲しい『赤い靴』

母親のかよさんは最愛の娘がアメリカに渡って幸せに暮らしていると思い込んだまま、一生を終わったそうです。その『赤い靴』をイメージしてモチーフとし、制作された像が麻布十番にあります。これこそ、麻布十番の穴場観光地です。

麻布十番商店街の「きみちゃん像」は平成元年(1989年)2月28日に、パティオ十番に建てられました。岩崎きみちゃんの最期を看取った孤児院が、麻布の鳥居坂教会に在ったからです。

住所 東京都港区麻布十番2丁目3-7

観光名所(2)十番稲荷神社

「十番稲荷神社」は、ガマ池伝説ゆかりの神社です。さらに、港七福神「宝船のおやしろ」としても地元で愛されている神社であり、麻布十番の観光地です。

「十番稲荷神社」は大江戸線7番出口を出てすぐ隣にあります。ご祭神は、倉稲魂命(うかのみたまのみこと)、日本武尊(やまとたけるのみこと)、市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)、田心姫命(たぎりひめのみこと)、湍津姫命(たぎつひめのみこと)です。

「十番稲荷神社」は、以前この地区にあった末広神社および竹長稲荷神社が、昭和20年(1945年)4月の戦災で焼失したために、戦後、境内地を現在の場所に換地され、2社が合併して「十番稲荷神社」と改称しています。十番稲荷神社には御朱印もあります。

住所 東京都港区麻布十番1丁目4-6
電話番号 03-3583-6250

観光名所(3)かえるさん石像

十番稲荷神社の階段の下には、「かえるさん石像」があります。麻布には、麻布七不思議・がま池の伝説があります。

手短な説明ですが、現在もあります「がま池」に住む大がまが、助けてもらった家主のために、大火の時に、口から水を噴いて家主の家の延焼を防いだそうです。

そこから十番稲荷神社では、火災予防のご利益や、「かえるお守」があり、無地にかえる旅行安全、又、病気から元気にかえる、出ていったお金がかえる、このようなご利益があるそうです。

観光名所(4)麻布十番商店街

麻布十番にも商店街があります。しかも、麻布十番商店街は江戸時代から300年以上続く、歴史のある商店街です。

麻布十番は、麻布山善福寺の門前町であり、交通の要所だったこともあって、馬市や馬場もありました。多くの大名の下屋敷があり、その家臣の住まいもあり、町人の町、庶民の町が出来上がっていったようです。

観光名所(5)大黒坂

大黒坂(だいこくざか)は、大国坂とも書きます。港区元麻布1丁目から麻布十番2丁目の間の坂です。長さが約150メートルあり、高低差が7メートルあり、傾斜もやや急な坂です。

大黒坂は坂の中頃の北側に、港区七福神のひとつ大黒天をまつる大法寺があったことから、そのように呼んだ坂名です。

麻布十番のおすすめ雑貨店

麻布十番には、ユニークなお店もたくさんあります。この地でしか見られないようなお店があります。インテリア雑貨やキッチン小物など、思わず衝動買いするような便利で可愛い雑貨が並ぶお店がたくさんあります。贈り物としてもよろこばれる雑貨が並ぶ、麻布十番でおすすめの雑貨店の紹介です。

万華鏡専門店カレイドスコープ昔館

平成6年(1994年)に、万華鏡のみを扱う専門店として、麻布十番に「カレイドスコープ昔館」がオープンしています。そこで、アメリカン・カレイドスコープを紹介しています。穴場的な魅力のあるお店です。

万華鏡は「子供の玩具」としてだけでない、大人が楽しめるファンタジーな世界が覗ける道具として再評価されています。19世紀にイギリスで誕生し、20世紀にアメリカで発展したカレイドスコープを楽しみましょう。

住所 東京都港区麻布十番2丁目13-8 COCOハウス1階
電話番号 03-3453-4415

麻布 香雅堂

香木や香料を主に扱う香道具専門店として、麻布十番で30年以上の歴史があります。京都の老舗「山田松香木店」七代目の次男が独立してい開いたお店です。

麻布という多様な人々が集まる場所で、伝統と革新がみごとに共存しているお店で、地域に愛されているお店になっています。

住所 東京都港区麻布十番3丁目3-5
電話番号 03-3452-0351

和風雑貨 Blue & White

和の青と白をメインにした雑貨屋さんです。藍染め中心の和風雑貨店として35年以上続いています。手作りのぬくもりがある日本藍染めの製品や、渋く重厚な陶器等を扱っています。日本の伝統美が残り、温かで少し遊び心もあるセンスの良い商品が店内にたくさん並んでいます。

住所 東京都港区麻布十番2-9-2
電話番号 03-3451-0537

麻の葉

最近増加している外国人観光客が喜んで購入する日本土産の一つが手ぬぐいです。麻布十番商店街に手ぬぐいの専門店「麻の葉」があります。店内には日本らしい浮世絵や歌舞伎、浮世絵風の風景などの手ぬぐいが、展示されています。

「麻の葉」の店内にはオリジナルの絵手ぬぐいが300点以上あります。その他にも、日本人の知恵の結晶、風呂敷や、扇子、巾着などの和の小物のお店です。価格も1000円くらいからあり、お手頃なお土産になります。

住所 東京都港区麻布十番1-5-24 桜井ビル1F
電話番号 03-3405-0161

麻布十番のグルメスポット3選

麻布十番には美味しいグルメなお店がたくさんあります。伝統的なおすすめの有名老舗店から、麻布十番でしか食べられない穴場的なグルメ店もあります。麻布という高級感が漂う土地ですが、庶民の味もあります。そんな麻布十番の人気店の中から、人気のお店を3店選んで紹介します。

福島屋

「福島屋」は大正10年(1921年)創業の老舗蒲鉾屋です。美味しいおでんの店として良く知られています。蒲鉾屋さんですから、練り物すべてが美味しいのですが、中でも、がんもどきが美味しいと人気になっています。野菜が入っていてあっさりと食べられます。店頭でいただく揚げたてのさつま揚げの美味しさはおすすめです。

「福島屋」の営業時間は、月曜、水曜、金曜、土曜、日曜、祝日の ランチ時間は:11:30〜14:00、 月曜~金曜のディナー時間は、17:30〜21:30です。土曜、日曜のディナーは、17:00〜21:30になります。定休日は毎週火曜日です。

住所 東京都港区麻布十番2丁目1-1
電話番号 03-3451-6464

あべちゃん

麻布十番にも焼きトンがあります。しかも名物の「やきとん」が食べられます。麻布十番の名物やきとん「あべちゃん」です。本物のやきとんが食べられるお店です。やきとんが150円からと、麻布十番の名店にしてはリーズナブルな価格です。ランチも煮込み定食もあります。

「あべちゃん」の営業時間は月曜~金曜が、15:00~22:30、土曜、祝日は15:00~21:00になっています。定休日は日曜日です。

住所 東京都港区麻布十番2丁目1-1
電話番号 03-3451-5825

麻布かりんと 麻布十番本店

麻布十番には、日本の代表的なお菓子、かりんとう(かりんと)の名店があります、「麻布かりんと」です。お店オリジナルのかりんとうを専門的に扱う、かりんとうの名店です。

「麻布かりんと」は種類が豊富で、このお店ならではの、他では味わえない味覚のかりんとうもあります。お店の営業時間は10:30~20:00です。定休日は第2火曜日になります。

住所 東京都港区麻布十番1-7-9
電話番号 03-5785-5388

麻布十番のおすすめの穴場

麻布十番の観光名所の中には、比較的穴場的な魅力で、知る人ぞ知る的な観光名所もあります。穴場の観光地といっても、SNSの普及した現在では、誰かが紹介するとすぐに、穴場観光地も第一線観光地になります。麻布十番で今は穴場の観光スポットを紹介します。面白い場所ばかりです。

麻布十番 鉄板焼 楼漫亭

農家などから直接仕入れした、新鮮で美味しい食材を豪快に鉄板で焼き上げるお店が「麻布十番 鉄板焼 楼漫亭」です。

麻布十番駅から近く、アンティークな内装のお店で「大正ロマン」がコンセプトになったお店です。鉄板焼のお店にだけに、ウニ、鮑、黒毛和牛といった高級食材も鉄板焼きで食べられます。また、季節毎の旬の食材も楽しめます。

住所 東京都港区麻布十番1丁目5-13ニュー高雄ハイツ2階
電話番号 03-3796-1012

クリスコレクション

麻布十番にふさわしいお店が「クリスコレクション」です。乳幼児から16歳までの子供服を、アメリカ、ヨーロッパから直輸入した可愛い、ドレス、外出着、遊び着、小物などが豊富にそろっているお店です。

キュートな輸入雑貨店で、メルヘンチックなインテリアも可愛いお店です。センスの良い輸入雑貨や洋服が豊富に並んでいます。欧米人並にスタイルのよい子どもさんが増えた昨今は、欧米直輸入の衣料品もお似合いです。

住所 東京都港区麻布十番2-4-5 
電話番号 03-3454-8455

豆源 (まめげん)

「豆源(まめげん)」は東京都港区麻布十番に本社を置く、豆菓子専門店です。幕末の1865年創業の老舗の豆菓子店です。豊富な種類の豆菓子が約50種類もお店に並んでいます。「おとぼけ豆」「梅落花」「抹茶」は人気のアイテムです。

本店でしか味わえない人気商品が「揚げたて塩おかき」です。揚げたてのおかきの美味しさ現場でしか味わえない格別な味です。

住所 東京都港区麻布十番1丁目8-12
電話番号 03-3583-0962

麻布黒美水温泉 竹の湯

麻布十番には温泉があります。麻布十番と温泉はなかなか結び付きませんが、麻布十番商店街から歩いて5分ほどの距離にあるのが「麻布黒美水温泉 竹の湯」です。大正2年(1913年)から麻布十番で温浴施設を営む、老舗の銭湯です。

現在の「麻布黒美水温泉 竹の湯」は鉄筋4階建てマンションの1階で営業しています。元々は、地元の銭湯「竹の湯」として愛されていました。温泉としては、平成14年(2002年)12月に温泉の認可をとり、「麻布黒美水温泉 竹の湯」となっています。

「麻布黒美水(こくびすい)温泉」の通り、黒褐色の水の色で、入浴すると肌がつるつるするという入浴したお客様の声から名付けられています。麻布十番の穴場温泉といえます。

住所 東京都港区南麻布1-15-12
電話番号 03-3453-1446

Thumb麻布十番のイタリアンレストラン15選!人気ランチや個室のおしゃれ店も紹介!
麻布十番のオススメ人気イタリアンをご紹介します。おしゃれな街としても有名な麻布十番には様々な...

麻布十番の定番お土産 

麻布十番には人気のお土産があります。麻布十番でしか求められない穴場的なお店や老舗の人気名店や新しい斬新なお土産もあります。

人気のお土産から少しレアなお土産まで、麻布十番のお土産にできる人気店3店の紹介です。3店ともにおすすめのお土産になります。

麻布十番のおすすめの人気お土産1:浪花家総本店

麻布十番といえば、一番のおすすめはたい焼きです。そのたい焼きの名店が「浪花家総本店」です。「浪花家総本店」は、明治42年(1909年)創業の老舗です。 

たい焼きは「めでたい」にちなんで、高級魚の鯛の形にしたことが「たい焼き」が大ヒットした要因のようです。

今や、たい焼きといえば「浪花家総本店」といわれるほど、たい焼き界のブランドたい焼きです。この麻布十番の地でたい焼きを100年以上も焼き続けている老舗のたい焼き屋さんは、おすすめの麻布十番のお土産になります。

『およげたいやきくん』のモデル店

「浪花家総本店」の「たい焼き」は皮がパリッとしていて、美味しい小豆の餡子がバランスよくたい焼きのお腹いっぱいに入っています。

昭和に大ヒットした名曲『およげたいやきくん』のモデルになったお店といわれています。現代にいたっても伝統的なたい焼きの製法である一丁焼きでたい焼きをつくり続けている、たい焼きの名店です。

住所 東京都港区麻布十番1-8-14
電話番号 03-3583-4975

麻布十番のおすすめの人気お土産2:紀文堂

次に、おすすめの人気店は「紀文堂」です。明治23年(1891年)創業という歴史のある老舗お菓子屋さんです。お店は、七福神人形焼、紀文せんべい、おかきあられ等、東京の伝統的なお菓子を販売しています。

中でもお土産におすすめが「七福神手焼人形焼」です。昔から東京土産の定番人形焼きは、ふわふわのカステラ生地の衣と、小豆アンが最高にコラボした銘菓です。人形焼きは東京土産として長く親しまれているお菓子です。

住所 東京都港区麻布十番2-4-9
電話番号 03-3451-8918

麻布十番のおすすめの人気お土産3:麻布野菜菓子

麻布十番の「麻布野菜菓子(あざぶやさいがし)」は、野菜をお菓子に活かした美味しい野菜菓子を提供するお菓子屋さんです。

このお店が販売しているお土産でおすすめは、和菓子の定番「野菜最中」と「野菜餡のどら焼き」です。伝統の和菓子が野菜とコラボした珍しい逸品はきっと喜ばれるお土産になります。

住所 東京都港区麻布十番3-1-5
電話番号 03-5439-6499

Thumb麻布十番のお土産人気ランキングTOP13!スイーツや日持ちするお菓子あり!
東京都の港区にある麻布十番、この町に憧れる人はたくさんいます。大都会東京の中心にありながら、...

麻布十番周辺の観光名所

麻布十番は東京都港区にあります。周辺にはたくさんの観光スポットがあります。徒歩でもいける範囲に有名な観光スポットや穴場観光名所がたくさんあり、麻布十番観光の後に足を延ばして観光することをおすすめします。そんな麻布十番周辺の人気が高い観光名所、3箇所を紹介します。

麻布十番周辺の観光スポット1:有栖川宮記念公園

有栖川宮記念公園(ありすがわのみやきねんこうえん)は、都心の東京都港区南麻布にある公園です。かつての有栖川宮の御用地の跡地に造られた公園です。

有栖川宮記念公園は大都会東京の都会の真ん中にありながら、静かでのんびりできる公園として知られています。緑が多く、起伏もあり、池もある公園は変化に富んでいて、都心で緑を感じながら散歩するのに適している公園です。

太鼓橋や滝や美しい池などがあり、日本庭園の美しさも感じられます。子どもさんが喜ぶ大型遊具の施設もあります。何よりも、港区麻布でこれだけの自然に触れられるのは感激です。

住所 東京都港区南麻布5丁目7-29
電話番号 03-3441-9642

麻布十番周辺の観光スポット2:日本基督教団安藤記念教会

「日本基督教団安藤記念教会」は、大正6年(1917年)に創立したメソジストの伝統をもつプロテスタントの教会です。

すでに、100年を超えています。元麻布の地で、大谷石とステンドグラスが特徴的な礼拝堂があり、信者さんだけでなく、地域にも親しまれています。教会は東京都歴史的建物にも指定されています。教会ながら穴場観光スポットです。

住所 東京都港区元麻布2丁目14-16
電話番号 03-3442-4988

麻布十番周辺の観光スポット3:東京タワー

今でも、東京観光の代表格になっている東京タワーは、東京都港区芝公園にあります。正式名称は「日本電波塔(にっぽんでんぱとう)」です。昭和33年(1958年)12月23日に竣工しています。スカイツリーができた今でも、東京のシンボルで観光名所です。

地上333メートルの東京タワーの150メートルにあるメインデッキからは、東京都心の街並み眺めることができます。

展望カフェ「カフェラ・トゥール」や、東京タワーのオフィシャルグッズを扱うお店もあります。東京観光といえば、今でも東京タワーが定番中の定番観光スポットです。

住所 東京都港区芝公園4丁目2-8
電話番号 03-3433-5111

麻布十番で観光を楽しもう!

麻布十番の観光名所から穴場観光スポットまで紹介しましたが、麻布十番には魅力的な観光名所が多くあります。東京の中心地にありながら、庶民的な面も残っていて、観光巡りで意外な麻布十番の一面に触れることもできます。麻布十番に出かけて、観光名所を楽しみましょう。

関連記事

Noimage
この記事のライター
yuribayashi

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ