布多天神社は調布のパワースポット!御朱印集めや厄払いにもおすすめ!

東京の調布にある「布多天神社」は、大変人気のパワースポットであり、厄払いなどのご利益が頂けると評判です。御朱印も頂くことができます。「ゲゲゲの鬼太郎」ともゆかりのある場所です。調布の「布多天神社」について、情報をピックアップしました。

布多天神社は調布のパワースポット!御朱印集めや厄払いにもおすすめ!のイメージ

目次

  1. 1調布の布多天神社に行ってみよう!
  2. 2布多天神社の境内を散策
  3. 3布多天神社のご由来
  4. 4布多天神社で厄払いが出来る
  5. 5布多天神社と『ゲゲゲの鬼太郎』
  6. 6布多天神社の御朱印
  7. 7布多天神社の参拝時間
  8. 8布多天神社へのアクセス
  9. 9布多天神社の周辺観光
  10. 10布多天神社を参拝しよう

調布の布多天神社に行ってみよう!

東京の調布にある「布多天神社」は厄払いなどができる神社として大変話題になっています。都内のパワースポット巡りや御朱印集めをしている人にも人気です。「ゲゲゲの鬼太郎」に関係のある場所としていつも多くの人が参拝に訪れます。調布の「布多天神社」について、アクセスや御朱印などの情報をあつめて紹介します。是非行ってみてください。

布多天神社の境内を散策

「布多天神社(ふだてんじんしゃ)」は、東京都・調布市にある神社です。布田五宿の総鎮守として古くから大切にされてきた神社の一つであり、五宿天神とも呼ばれて崇められ、親しまれてきました。

「布多天神社」の本殿や、宝物である太閤豊臣秀吉の制札、境内にある狛犬などは調布市の文化財に指定されている大変貴重なものです。

「布多天神社」は、少彦名命(すくなひこなのみこと)と菅原道真(すがわらみちざね)が祀られている神社です。

「布多天神社」は、厄払いをはじめ七五三、結婚式、合格祈願などの人生の節目の時に訪れる人が多い神社です。

「布多天神社」のすぐ裏側にある森は、水木しげるさんの「ゲゲゲの鬼太郎」の鬼太郎のアイデアのヒントとなった場所であるとして、「布多天神社」は「ゲゲゲの鬼太郎」ファンの人の聖地ともなっています。

調布のパワースポット布多天神社について解説

「布多天神社」は、大変大きなパワーを頂けるパワースポットとして大変人気があり、老若男女問わず多くの人が参拝に訪れ、いつも賑やかな神社の一つです。

「布多天神社」で曇りなき心で参拝し、豊かな自然からマイナスイオンをしっかりと浴びれば、より大きなパワーが頂けることでしょう。

東京都内でもよく知られたパワースポットである「布多天神社」を観光のスケジュールに是非入れてみてください。心も身体もリフレッシュできること間違いなしです。

布多天神社のご由来

「布多天神社」は、創建の年代は大変古く、はっきりとしたことが分かっていません。平安時代の初目頃である延長5年(927年)に制定されたと言われている法典である「延喜式」に名前があるので、それまでにはあったと考えられています。

「布多天神社」は、今から約1940年前となる第11代天皇の垂仁天皇の頃に創建されたのではないか、とされています。東京の多摩地方でも古い神社の一つであり、地元の神様として崇められ、厄払いなどに特にご利益があるとして大切にされてきました。

「布多天神社」は、もともとの社殿は現在の調布駅の南側にあたる布田5丁目付近にありましたが、多摩川の大洪水などがあったことから文明9年(1477年)頃に現在の場所へ遷座されました。この遷座の時に以前から祀られていた少彦名命とあわせて菅原道真をあわせて祀るようになりました。

江戸時代になると甲州街道が作られて、大変多くの人が行きかいました。この周辺には、上石原・下石原・上布田・下布田・国領の五つの宿ができて「布田五宿」と呼ばれていました。「布多天神社」は、この「布田五宿」の総鎮主として、街道や宿を利用する人々を見守っていました。

その後「布田五宿」は、明治22年に近くの飛田給と上ヶ給と合併して「調布町」となり、その後「調布市」となりました。

「調布町」または「調布市」となってからも、「布多天神社」は地元の人の総鎮守として、大事にされ、多くの人が厄払いなどで訪れています。

また現在では、「布多天神社」は厄払いなどの節目の時に参拝に訪れるだけでなく、パワースポットとしても大変人気があり、観光としてパワースポット巡りをしたり、御朱印集めなどをする人からも大変注目されている神社の一つです。

年中行事

「布多天神社」には、年中行事として1月の1日に歳旦祭、10日に新年祭、25日に初天神と月例祭、2月の3日に節分祭と豆撒式、11日に紀元祭、25日に祈年祭、3月の25日に月例祭、4月の25日に月例祭、5月の25日に月例祭、6月の25日に夏越の大祓式と茅の輪神事と月例祭が行われます。

7月の7日に七夕祭、25日に月例祭、8月の25日に月例祭、9月の23日に例大祭神輿渡御、25日に月例祭、10月の25日に月例祭、11月の一の酉の日に大鳥神社祭と酉の市、15日に七五三祝祭、25日に新嘗祭、12月の23日に天長祭、25日に終天神と大祓式と月例祭、31日に除夜祭が行われます。

「布多天神社」では毎月25日に例祭が行われ、この日には参道に市が立ち、たくさんの出店などがずらりと並んで、いつもよりさらに賑やかになります。天神の市と呼ばれ、地元の人を中心に大変多くの人が訪れる日です。

是非日にちをあわせて、「布多天神社」の年中行事にも参加してみることをおすすめします。この時にしかできない経験をすることができます。

布多天神社で厄払いが出来る

「布多天神社」は、厄払いをはじめ、学業成就や、商売繁盛・家内安全などの多くのご利益が頂ける神社・パワースポットとして大変良く知られています。

「布多天神社」の本殿で澄んだ心で手を合わせ、厄払いなどの祈願したいことをしっかりと心で願うことでより大きなご利益をいただくことができるでしょう。

布多天神社のご祈祷の種類

「布多天神社」では、厄払いなどのご祈祷をすることができます。厄年などの時、気になることがあり厄払いしたい時などは是非ご祈祷をしていただくと良いでしょう。

「布多天神社」では、厄払いの他にも、お宮参り・七五三参り・家内安全・交通安全などさまざまなご祈祷をして頂くことができます。どのようなご祈祷をして頂きたいのかなどは受付の時に社務所で相談すると良いでしょう。

ご祈祷の時間は、平日が1回目が9時30分から、2回目が10時から、3回目が10時30分から、4回目が11時から、5回目が11時30分から、6回目が13時30分から、7回目が14時から、8回目が14時30分から、9回目が15時から、10回目が15時30分からとなっています。

土日祝日が1回目が9時30分から、2回目が10時から、3回目が10時30分から、4回目が11時から、5回目が11時30分から、6回目が12時から、7回目が12時30分から、8回目が13時から、9回目が13時30分から、10回目が14時から、11回目が14時30分から、12回目が15時から、13回目が15時30分から、14回目が16時からとなっています。

ご祈祷の時間の15分前までには受付を済まして待機する場所で待っていることができるように余裕を持った行動をするようにしましょう。

また、ご祈祷の時間の変更などがある時には、ホームページでお知らせがあるので、「布多天神社」に厄払いなどのご祈祷に行くことを決めたら、事前に確認をしておくことをおすすめします。

布多天神社の厄除けのお守り

「布多天神社」では厄払いをはじめさまざまな種類のご利益のお守りを頂くことができます。厄払いなどのご祈祷とともにお守りを頂いておけば、より大きなご利益が頂けることでしょう。

「布多天神社」のお守りには、合格祈願や健康、安産、病気平癒などたくさんの種類があるので、自分にぴったりのお守りを選ぶと良いです。

「布多天神社」の本殿に参拝してお守りのみを頂くこともできるので、パワースポット巡りのお土産として、大切な人へののプレゼントなどしてもおすすめです。

お守り選びに迷ってしまったら、巫女さんなどに相談してみるとおすすめのお守りを教えて頂けます。

布多天神社と『ゲゲゲの鬼太郎』

「布多天神社」は、有名なアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」と深い繋がりのある場所として大変話題になっています。

「布多天神社」がある調布市は、「ゲゲゲの鬼太郎」の作者である水木しげるさんが50年以上も暮らしていた街です。

「布多天神社」の本殿の裏にある森は、鬼太郎が住んでいる森のモデルとなった場所であると言われています。

今では「ゲゲゲの鬼太郎」の作者である水木しげるさんは名誉市民となっていて、命日である11月30日を中心として「ゲゲゲ忌」なども行われています。

「布多天神社」の裏にある鬼太郎が住んでいるモデルとなった森は、現在は立ち入ることはできませんが、近くにまで行くことができるので、鬼太郎や妖怪たちに思いを馳せることができます。

「布多天神社」は、「ゲゲゲの鬼太郎」など水木しげるさんの作品が好きな人のパワースポットや聖地としても大変人気です。

境内を鬼太郎はどんなことを考えていたのか、鬼太郎はどんな思いだったのかなど「ゲゲゲの鬼太郎」の物語を思い出しながら歩いてみるのも楽しいでしょう。

布多天神社の御朱印

「布多天神社」では、御朱印を頂くことができます。御朱印集めなどをしている人は、自分の御朱印帳を持って行くのを忘れないようにしましょう。

また、「布多天神社」では、オリジナルの御朱印帳もあるので、御朱印帳の持参を忘れた時や、お守りなどを眺めていてほしくなった時などにもおすすめです。

通常の御朱印

「布多天神社」の通常の御朱印は、中央に「布多天神社」の文字、右側に「奉拝」の文字、左側に日付が書いて頂けます。

初穂料は300円となっています。大変シンプルな御朱印となっていて、中央には赤い朱印が押して頂けます。

ゲゲゲ忌限定特別御朱印

また、「布多天神社」では、「ゲゲゲの鬼太郎」の作者である水木しげるさんの命日を中心として行われている「ゲゲゲ忌」限定の特別な御朱印を頂くことができます。

「ゲゲゲ忌」限定の特別の御朱印は、見開き2ページがを1枚として使って描かれる大きなタイプの御朱印です。

見開き2ページの中央に「布多天神社」、少し右側に「奉拝」の文字、少し左側に日付が書いて頂け、一番右側に「ゲゲゲ忌」と書かれた提灯がつるされている絵の朱印が、一番左側に鬼太郎の絵の朱印が押して頂けます。

「ゲゲゲ忌」の期間中は、すぐ近くにある「下石原八幡神社」の「ゲゲゲ忌」の期間の限定の御朱印である「ねこ娘御朱印」も「布多天神社」で頂くことができるので、必ず「下石原八幡神社」に参拝に行ってから頂きましょう。

「布多天神社」の「ゲゲゲ忌」の期間や限定の御朱印などは年によって変動することもあるので、あらかじめ確認をしておくと良いでしょう。

御朱印の受付時間

御朱印を頂くことができる時間は、基本的には9時から16時頃までとなっています。場所は本殿のすぐ左側にある社務所で頂けます。

御朱印を頂こうと思っている場合は、受付終了時間間際となることがないようにしっかりとした予定を立て、余裕をもって到着できるように時間配分を考えておきましょう。

また、「ゲゲゲ忌」の間や特別な時など、御朱印が頂ける時間が異なることもあるので、あらかじめホームページなどをチェックしたり、事前確認をしてから出かけることをおすすめします。

御朱印は、寺社・仏閣を参拝・拝観した記念として頂けるものです。しっかりと本殿に参拝してから御朱印を頂きに行くことが重要です。

布多天神社の参拝時間

「布多天神社」は、東京都・調布市の調布ケ丘1丁目にある神社です。緑が豊富で都会のオアシスのような場所としていつも多くの人が参拝に訪れます。

「布多天神社」の参拝時間は、9時から17時までとなっています。時間内であればいつでも自由に誰もが参拝に行くことができる神社です。周辺は住宅が多い地域なので、パワースポット巡りなどでグループで参拝に行く時には特に静かに行動するように心がけましょう。

御朱印やお守りなどが頂ける授与所の時間は9時から16時頃までとなっているので、時間に余裕を持ったスケジュールを立てることをおすすめします。

神社は、神聖な場所であることを忘れずに、手水舎で手を洗うと同時に心も清め、清らかな心で、心を込めて手を合わせることが大切です。

「布多天神社」に参拝する時には特に服装に決まりはありませんが、神様に挨拶をする場所であるということをしっかりと頭に入れ、特に御祈願などで昇殿して参拝する時にはしっかりと考えた服装をするようにしましょう。特に他の場所と合わせてパワースポット巡りなどをする時には注意をすると良いです。

布多天神社へのアクセス

「布多天神社」にパワースポット巡りなどで参拝に行く時には、事前にアクセス方法などを調べておくと、参拝当日に慌てることなく行動できるのでおすすめです。

「布多天神社」のアクセス方法について、電車と車に分けて紹介します。ファミリー、カップル、グループ、3世代など、それぞれのスタイルに合ったアクセス方法を上手にチョイスすると良いでしょう。

電車でのアクセス方法

「布多天神社」へ電車を利用してアクセスしようと考えている場合は、京王線の「調布駅」で降りて北口から出ると徒歩約5分でアクセスすることができます。

「調布駅」を出て、旧甲州街道と甲州街道を渡ったところにあり、電車でのアクセスもらくらくとなっています。

車でのアクセス方法

「布多天神社」に車を利用してアクセスしようと考えている場合は、中央自動車道の「調布インターチェンジ」などで降りるとアクセスすることができます。

インターチェンジを降りてからはそのまま甲州街道を東方向に進み、布多天神前の信号を左折して天神通りに進むとすぐ行くことができます。

カーナビやスマホの位置情報アプリ、地図アプリなどを使うと迷うことなくアクセスすることができるのでおすすめです。

駐車場情報

「布多天神社」には境内の中に参拝者専用の駐車場があります。少し大きめの車やバスでも利用することができるようになっているので、「布多天神社」に車で参拝に行く時にはここを目標に行くと良いでしょう。

参拝者専用の駐車場には限りがあり、年末年始や週末、ゴールデンウィーク、行事や例祭などが行わる時には、混雑してなかなか入れないこともあります。事前に周辺のコインパーキングなどについて調べておくと、スムーズに行動することができ、時間を有効活用することができるのでおすすめです。

「タイムズ調布ヶ丘第3」は約6台分の駐車スペースがある駐車場です。24時間年中無休で営業しているので、いつでも入庫・出庫をすることが可能です。料金は、全日8時から20時までが20分100円、20時から翌朝8時までが60分100円となっています。最大料金は、入庫から24時間までが1100円で、20時から翌朝8時までは300円となっています。

「NTTル・パルク布田第2駐車場」は、約5台分の駐車スペースがある駐車場です。24時間年中無休で営業しています。料金は、全日8時から22時までが60分200円、22時から翌朝8時までが60分100円となっています。最大料金は、入庫から24時間ごとに平日が900円、土日祝が1100円で、全日22時から翌朝8時までが400円となっています。

布多天神社の周辺観光

「布多天神社」は、大変人気のパワースポットであり、いつも多くの参拝客で賑わっている人気の神社です。

是非周辺の観光スポットとあわせて巡ってみることをおすすめします。「布多天神社」の周辺のおすすめ観光スポットについて2つ紹介します。

神代植物公園

「神代植物公園」は、東京都・調布市にある植物園です。園内には、約4500種類・約10万株もの植物があり、四季折々の美しい花が咲き、季節の移り変わりをたっぷり感じることができるスポットとして大変話題になっています。

園内にあるバラ園は、一番の見どころであり、春に咲くバラが約409品種・約5200本、秋に咲くバラが約300品種・約5000本あり、見ごたえ抜群です。3つのエリアに分かれていて、見頃の時期には香りもたっぷりと楽しめ、インスタ映えもばっちりの大きな美しい花が咲きます。カップルデートスポットにもおすすめです。

芝生広場もあり、お弁当をもってきて、ここへレジャーシートを敷いてピクニックを楽しむこともできます。広い園内の休憩場所にもおすすめです。

「神代植物公園」に電車を使って行く場合は、京王線の「調布駅」で降りてバスに乗り換えて「神代植物公園前バス停」で降りるとアクセスすることができます。車の場合は、中央自動車道の「調布インターチェンジ」などで降りるとアクセスできます。

営業時間は、9時30分から17時までで、最終入園時間は16時です。ただし、園内にある水生植物園は16時30分までとなっています。毎週月曜日や年末年始などは休園日です。料金は、大人が500円、65歳以上のシニアが250円、中学生が200円、都内に在住または在学している中学生と小学生以下は無料となっています。

季節を変えて何度も行きたい場合には、年間パスポートが大人2500円、65歳以上のシニアは1250円であるので、お得でおすすめです。団体割引や、5月4日のみどりの日、10月1日の都民の日などの無料公開日があるので、上手に利用すると良いです。

深大寺温泉 湯守の里

「深大寺温泉 湯守の里」は、東京都・調布市の深大寺元町2丁目にある日帰り温泉スパ施設です。地下約1500メートルから組み上げている天然温泉を利用しています。

手足を伸ばしてゆったりとくつろげる内湯の他に、滝見風呂、香り風呂などたくさんの湯船があり、飽きずに入浴を楽しむことができます。

サウナや岩盤浴、ボディケア、リフレクソロジーなどのリラクゼーション施設も整っているので、旅の疲れや日頃の疲れをしっかりと癒すことができます。

食事処もあり、心も身体もしっかりと満たされる場所であると大変評判です。のんびりとした時間を過ごすことができます。

「深大寺温泉 湯守の里」に電車を利用してアクセスする場合は、京王線の「調布駅」で降りてバスに乗り換えて「深大寺バス停」で降りると徒歩約6分でアクセスすることができます。車を使う場合は、中央自動車道の「調布インターチェンジ」などで降りると行くことができます。

営業時間は、10時から22時までで、基本的には年中無休で営業をしています。料金は、大人の平日と土曜日が1000円、日・祝日・繁忙期が1100円、小学生・幼児の平日と土曜日が600円、日・祝日・繁忙期が650円などとなっています。

布多天神社を参拝しよう

東京の調布にある「布多天神社」は都内でも有数のパワースポットとして人気であり、多くの人が各地から参拝に訪れる人気の神社です。御朱印を頂いて、鬼太郎のゆかりの場所をゆったりと散策すれば、より大きなパワーが頂けるでしょう。是非、東京・調布周辺観光やパワースポット巡りの時には「布多天神社」もあわせて行くことをおすすめします。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
mina-a

人気の記事

人気のあるまとめランキング