東京大学総合研究博物館は入館料無料?見どころや周辺の散策スポットも紹介!

「東京大学総合研究博物館」は、入館料が無料の人気の博物館です。今回は「東京大学総合研究博物館」の見どころや、「東京大学総合研究博物館」の周辺の散策スポットについてご紹介したいと思います。博物館の営業時間やアクセス方法などもあわせてご紹介します。

東京大学総合研究博物館は入館料無料?見どころや周辺の散策スポットも紹介!のイメージ

目次

  1. 1東京大学総合研究博物館ってどんな場所?
  2. 2東京大学総合研究博物館は入館料無料!
  3. 3東京大学総合研究博物館の見どころ
  4. 4東京大学総合研究博物館のグッズショップ
  5. 5東京大学総合研究博物館のおすすめグルメ
  6. 6東京大学総合研究博物館周辺の散策スポット3選
  7. 7関連博物館インターメディアテクについて
  8. 8東京大学総合研究博物館へ行ってみよう!

東京大学総合研究博物館ってどんな場所?

今回ご紹介する「東京大学総合研究博物館」とはどのようなところでしょうか。「東京大学総合研究博物館」の場所は、東京都文京区本郷にあります。「東京大学総合研究博物館」は文京区の自然史博物館として見どころ満載です。

「東京大学総合研究博物館」は見どころ満載の自然史博物館ですが、多くの人たちに人気の魅力とは何でしょうか。「東京大学総合研究博物館」の見どころ満載の魅力にせまりたいと思います。

東京大学総合研究博物館は入館料無料!

「東京大学総合研究博物館」は入館料が無料の博物館です。様々なテーマの展示を見ることができる「東京大学総合研究博物館」は楽しく学ぶことができる無料のおすすめの博物館です。「東京大学総合研究博物館」は入館料が無料の博物館ですが、見どころ満載の博物館として多くの人たちに人気があります。

入館料無料で様々な展示を見ることのできる「東京大学総合研究博物館」は、穴場の博物館としておすすめです。入館料無料で様々なことを学べるというのは、多くの人たちに人気の秘密のひとつです。

東京大学総合研究博物館の場所

「東京大学総合研究博物館」の場所についてご紹介したいと思います。「東京大学総合研究博物館」は、東京都文京区本郷の東京大学本郷キャンパス内にあります。

「東京大学総合研究博物館」は、東京大学本郷キャンパスの「懐徳門」を入ってすぐ右にあり、アクセスも良いところにあります。

営業時間・アクセス

「東京大学総合研究博物館」の営業時間についてです。「東京大学総合研究博物館」の営業時間は10時から17時までです。入館は16時30分までです。「東京大学総合研究博物館」の休館日は不定休なので、ホームページなどでご確認ください。

「東京大学総合研究博物館」へのアクセス方法をご紹介したいと思います。都営地下鉄大江戸線の本郷三丁目駅より徒歩約3分です。または、東京メトロ丸ノ内線の本郷三丁目駅より徒歩約6分です。

東京大学総合研究博物館の見どころ

「東京大学総合研究博物館」の見どころについてご紹介したいと思います。「東京大学総合研究博物館」は、見どころ満載の入館無料の博物館です。様々な研究に関する動物の化石や剝製などが展示されています。

魅力的な数多くの展示に加えて、企画展や一般の人たち向けの企画も多数あるのでおすすめです。展示の詳しい情報に関しては、ホームページなどでご確認ください。

研究資料の展示

「東京大学総合研究博物館」では、研究資料の展示があります。研究されたものが展示されていますが、実際にどのように研究しているかを見ることもできます。

「東京大学総合研究博物館」の入り口を入ると、巨大なガラスケースが目に入ります。そこにはナウマンゾウの牙や埴輪、そして大量の蝶の標本などが展示されています。動物の本物の皮を使った剝製なども見ることができます。

東京大学総合研究博物館のグッズショップ

「東京大学総合研究博物館」から少し歩いていくとグッズショップがあります。グッズショップも「東京大学総合研究博物館」を訪れる人たちに人気のスポットです。

「東京大学総合研究博物館」のすぐそばにある、おすすめのグッズショップについてご紹介したいと思います。グッズショップにはどのような特徴があるのでしょうか。

東京大学コミュニケーションセンター(UTCC)

東京大学のおすすめのグッズショップについてご紹介したいと思います。東京大学のおすすめのグッズショップ、「東京大学コミュニケーションセンター(UTCC)」は、東京大学の研究の成果を活かしたグッズショップとなっています。場所は東京大学の赤門を入ってすぐ横にあります。

「東京大学コミュニケーションセンター(UTCC)」の営業時間についてご紹介したいと思います。営業時間は10時から18時までです。お店の定休日は、水曜日と日曜日、祝日です。年末年始や大学の行事などのために営業日時が変更になる場合もあります。

これから「東京大学コミュニケーションセンター(UTCC)」で人気のグッズについてご紹介したいと思います。人気のグッズとはどのようなものでしょうか。

このグッズが人気(1)体力式アミノ酸キャンディ

「東京大学コミュニケーションセンター(UTCC)」で人気のグッズの1つ目にご紹介するのは、「体力式アミノ酸キャンディ」です。

「体力式アミノ酸キャンディ」は、人間の筋肉に必要なアミノ酸、グルタミン、アルギニンを配合したキャンディです。味は抹茶味です。アミノ酸を体に取り入れやすいように開発された人気のキャンディです。

このグッズが人気(2)御酒(うさき)

「東京大学コミュニケーションセンター(UTCC)」で人気のグッズの2つ目にご紹介するのは、「御酒(うさき)」です。東京大学の分子細胞生物学研究所にコレクションとして保存されていた、沖縄の「黒麹菌」の中にあった「瑞泉菌」を使って幻の泡盛が作られました。

「瑞泉菌」100パーセントを使用して作られる「御酒(うさき)」は、歴史を感じさせる貴重なお酒です。幻の泡盛「御酒(うさき)」は、訪れる人たちに人気です。

東京大学総合研究博物館のおすすめグルメ

「東京大学総合研究博物館」のおすすめグルメについてご紹介したいと思います。おすすめのグルメとはどのようなものでしょうか。

そして、おすすめのグルメはどこでいただくことができるのでしょうか。おすすめのグルメの特徴などについてご紹介したいと思います。

本郷中央食堂の赤門ラーメン

東京大学にある「本郷中央食堂」は明るい雰囲気の学生食堂です。日々、多くの学生たちが利用している「本郷中央食堂」は一般の人たちも利用することができます。「東京大学総合研究博物館」で楽しんだ後は、「本郷中央食堂」で美味しいグルメをいただくのもおすすめです。

「本郷中央食堂」では、色々な種類のメニューがあります。その中でも、おすすめなのが「赤門ラーメン」です。「赤門ラーメン」は、麺の上にもやしや挽肉、人参、椎茸などが入った餡がかかったラーメンです。

「本郷中央食堂」の営業時間は、月曜日から金曜日までは11時から21時です。土曜日と日曜日、祝日は11時から14時までです。休暇期間中や入試日は短縮営業や休業になる場合もあります。事前にご確認されることをおすすめします。「本郷中央食堂」は、東京大学本郷キャンパスの安田講堂の地下1階にあります。

東京大学総合研究博物館周辺の散策スポット3選

「東京大学総合研究博物館」についてご紹介してきましたが、次は「東京大学総合研究博物館」周辺の散策スポットについてご紹介したいと思います。おすすめの散策スポット3選をご紹介したいと思います。

ご紹介する「東京大学総合研究博物館」周辺の散策スポットは、「湯島天神」、「お茶の水 おりがみ会館」、「金魚坂」です。それぞれのスポットの特徴をご紹介します。

湯島天神

「東京大学総合研究博物館」周辺の散策スポットの1つ目にご紹介するのは、「湯島天神」です。「湯島天神」は、東京都文京区湯島にある神社です。学問の神様として「菅原道真」が祭られています。

「湯島天神」には美しく咲く梅園があります。梅の開花時期になると、美しい梅を見るために多くの人たちが訪れます。また、日本の文明開化を思い起こさせる「ガス灯」を見ることができます。モダンな造りの「ガス灯」は歴史を感じさせてくれます。広場と休憩所もあり、多くの人たちが憩いの場として利用しています。

「湯島天神」へのアクセス方法をご紹介します。東京メトロの湯島駅より徒歩約2分です。または、東京メトロの上野広小路駅より徒歩約5分です。東京メトロの本郷三丁目駅からは徒歩約8分です。

お茶の水 おりがみ会館

「東京大学総合研究博物館」周辺の散策スポットの2つ目にご紹介するのは、「お茶の水 おりがみ会館」です。「お茶の水 おりがみ会館」は、東京都文京区湯島にあります。

「お茶の水 おりがみ会館」は、和紙・折り紙・染紙・千代紙製造の老舗店です。これから「お茶の水 おりがみ会館」の人気の秘密をご紹介したいと思います。

「お茶の水 おりがみ会館」には、ギャラリーがあります。ギャラリーには、折り紙で作った作品や、水引、クラフト工芸などもあり、美しい作品を見ることができます。ギャラリーの開場時間は、9時30分から17時30分です。入場無料の人気のギャラリーです。折り紙好きの方には、ぜひおすすめです。

「お茶の水 おりがみ会館」には3階にショップがあります。折り紙や和紙、小物、道具などが販売されています。色とりどりの美しい和紙や折り紙が販売されています。和紙や折り紙が好きな方には、ぜひおすすめのショップです。

「お茶の水 おりがみ会館」の営業時間は、9時30分から18時までです。「お茶の水 おりがみ会館」の定休日は、日曜日と祝日、夏季休暇と年末年始の休み有です。

「お茶の水 おりがみ会館」へのアクセス方法をご紹介したいと思います。JR中央線・総武線の御茶ノ水駅より徒歩約7分です。または、東京メトロ丸の内線の御茶ノ水駅1出入口より徒歩約5分です。東京メトロ銀座線の末広町駅3出入口からは徒歩約7分です。東京メトロ千代田線の新御茶ノ水駅B1出入口からは徒歩約10分で着きます。

金魚坂

「東京大学総合研究博物館」周辺の散策スポットの3つ目にご紹介するのは、「金魚坂」です。「金魚坂」は、東京都文京区本郷にある人気のカフェです。「金魚坂」は、老舗の金魚卸問屋が経営しているカフェです。

「金魚坂」で人気のメニューは、「金魚坂の黒ビーフカレー」です。サラダやみそ汁、デザートの付いている人気メニューです。選べる飲み物も付いています。黒いカレールーの中に、柔らかく煮込まれたビーフがゴロゴロと入っている贅沢なカレーは「金魚坂」のおすすめです。

喫茶メニューのドリンクやケーキなども種類が豊富で充実しています。「金魚坂」は、美味しいグルメをいただきながら、ゆったりとした時間を過ごすことのできるおすすめのカフェです。

「金魚坂」は金魚の問屋なので、綺麗な金魚を見ることができます。毎週末、そして夏休み期間中は毎日金魚すくいができます。金魚好きの方には、特におすすめのスポットです。

「金魚坂」の営業時間は、火曜日から金曜日は11時30分から21時30分です。土曜日と日曜日、祝日は、11時30分から20時までです。ラストオーダーは19時30分です。ランチは11時30分から14時30分ラストオーダーになります。

「金魚坂」の定休日は月曜日です。月曜日が祝日の場合は営業して、翌日お休みになります。第3火曜日もお休みです。年末年始も休み有です。営業日や営業時間に関しては変更する場合もあります。

「金魚坂」へのアクセス方法をご紹介したいと思います。都営地下鉄丸ノ内線の本郷三丁目駅より徒歩約5分です。または、都営地下鉄大江戸線の本郷三丁目駅より徒歩約4分です。

関連博物館インターメディアテクについて

「インターメディアテク」は、東京都千代田区丸の内KITTEの2階と3階にある自然史博物館です。東京大学の古い学術研究資料や標本などが数多く展示されています。常設展示、特別展示など様々な展示があり、楽しむことができます。「インターメディアテク」の入館料も「東京大学総合研究博物館」と同じく無料です。

大きな展示品など見どころ満載の「インターメディアテク」は、子供連れの家族にも人気の博物館です。色々なものを見て楽しむことのできるおすすめのスポットです。「東京大学総合研究博物館」とともにおすすめです。

東京大学本郷キャンパスの「東京大学コミュニケーションセンター」で販売されていた、東京大学の研究で開発された商品も「インターメディアテク」で販売されています。

「インターメディアテク」の開館時間は、11時から18時までです。金曜日と土曜日は20時閉館になります。入館は閉館時間の30分前までです。休館日は毎週月曜日です。月曜日が祝日の場合は翌日が休館です。年末年始の休館日、その他館が定める日に休館有です。

「インターメディアテク」へのアクセス方法をご紹介したいと思います。JR東京駅丸の内南口から徒歩約1分です。丸ノ内線東京駅地下道より直結です。KITTEの2階と3階です。

東京大学総合研究博物館へ行ってみよう!

「東京大学総合研究博物館」についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。「東京大学総合研究博物館」では、様々な研究に関するたくさんの展示があり、楽しく学ぶことができます。

見どころ満載の「東京大学総合研究博物館」は、無料で入ることのできる博物館としておすすめです。無料の博物館で様々なことを学んだ後は、周辺の散策もおすすめです。「東京大学総合研究博物館」周辺にも散策におすすめのたくさんのスポットがあります。

ぜひ、「東京大学総合研究博物館」とその周辺の街散策に行かれてみてはいかがでしょうか。たくさん見て、学び、楽しい時間を過ごすことができることでしょう。因みに本郷会館は、耐震改修工事のために2019年8月10日から長期休館します。2020年度再開館の予定です。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Canna

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ