鬼太郎茶屋のアクセス・メニュー・営業時間まとめ!混雑状況や見どころは?

東京都調布市にある「鬼太郎茶屋 調布市深大寺(じんだいじ)店」は、水木しげるさんの妖怪ワールド全開でインスタ映えもすると人気のお店です。今回は、見どころやおすすめメニュー、営業時間や混雑状況、アクセス方法など鬼太郎茶屋について徹底調査しました。

鬼太郎茶屋のアクセス・メニュー・営業時間まとめ!混雑状況や見どころは?のイメージ

目次

  1. 1調布の人気スポット「鬼太郎茶屋」をご紹介!
  2. 2ゲゲゲの鬼太郎ファン必見のインスタ映えスポット
  3. 3鬼太郎茶屋の見どころ
  4. 4鬼太郎茶屋のおすすめメニュー
  5. 5鬼太郎茶屋の期間限定メニューも要チェック!
  6. 6期間限定メニュー③河童クリームあんみつ
  7. 7鬼太郎茶屋の混雑状況は?
  8. 8鬼太郎茶屋の営業時間と定休日
  9. 9鬼太郎茶屋のアクセス
  10. 10鬼太郎茶屋で水木しげるワールドを堪能しよう!

調布の人気スポット「鬼太郎茶屋」をご紹介!

東京の調布と聞くと、みなさんはどんな場所を思い浮かべられるでしょうか?調布は、新宿から電車で10分と都心から近く、緑豊かな土地です。深大寺周辺で作られる深大寺そばも有名です。今回ご紹介するのは深大寺の参道にある「鬼太郎茶屋 調布市深大寺店」です。

鬼太郎茶屋とは?

鬼太郎茶屋調布市深大寺店は、調布の深大寺すぐそばにあるお店です。鬼太郎とどのような関係があるお店なのでしょうか?調布は、現代の妖怪文化を形作った漫画家水木しげるさんと深い関係のある土地です。調布では、出身地の鳥取に次ぐ第2の故郷として多くの作品を描いていました。

鬼太郎茶屋ではそんなエピソードにちなんで鬼太郎をはじめとした妖怪ワールドを再現したカフェやショップ、ギャラリーが設けられています。

Thumb「鬼太郎茶屋」は調布の人気カフェ!おすすめメニューやお土産グッズは?
調布市と言えば深大寺で、植物園と深大寺そばが有名でしたが、今は鬼太郎茶屋に行った帰りにそばを...

ゲゲゲの鬼太郎ファン必見のインスタ映えスポット

鬼太郎茶屋調布市深大寺店は、ゲゲゲの鬼太郎ファンや水木しげるさんのファン、妖怪が好きな方におすすめしたいインスタ映えスポットです。建物からしておどろおどろしさがあり、今にも妖怪が現れそうです。入り口の屋根にあるのは、鬼太郎のげたと妖怪おとろしです。

妖怪おとろしは、神社で信心深い行動をしなかったり悪いことをした人の上に落ちてくる妖怪です。屋根の上におとろしは、今まさに襲い掛かる人を狙っているようにも見えてきます。

店内には、妖怪ワールド全開のギャラリーや喫茶コーナーが設けられています。喫茶コーナーのメニューの中にも思わずインスタにあげたくなるようなメニューがたくさんです。

人気撮影スポットの顔出し看板やオブジェ

鬼太郎茶屋調布市深大寺店は、店内からお店の外までインスタにアップしたくなる撮影スポットが目白押しです。まずは、顔出し看板がおすすめです。顔出し看板は、猫娘と鬼太郎、ねずみ男の顔の部部分が穴になっており、顔をのぞかせるとまるで登場人物になったような写真をとることができます。

気に入った写真はインスタにアップしてみてください。看板だけじゃ物足りないという方には、オブジェもおすすめです。恐らく等身大の鬼太郎とねずみ男の間に立ってはい、ポーズ!

インスタに思わずあげたくなるような絵に仕上がったでしょうか?喫茶コーナー隣にも妖怪をかたどった看板が並んでいます。

鬼太郎茶屋の見どころ

鬼太郎茶屋のインスタ映えすると人気のスポットは、外にある顔出し看板やオブジェだけではありません。

鬼太郎茶屋は大きく分けて、妖怪ギャラリーとショップコーナー、喫茶コーナーの3つのエリアに大きく区分することができます。それぞれのエリアの見どころについて順番にご紹介いたします。

見どころ①妖怪ギャラリー

鬼太郎茶屋調布市深大寺店の見どころ1つ目は、「妖怪ギャラリー」です。妖怪ギャラリーでは、原画や妖怪のフィギアなど貴重な資料や展示物を見ることができます。

展示内容は不定期で変更されるため、何度でも新しい発見をすることができます。じっくりと展示を楽しめるように妖怪ギャラリーの最終入場は営業時間の15分前となっています。

見どころ②ショップコーナー

鬼太郎茶屋調布市深大寺店の見どころ2つ目は、「ショップコーナー」です。昔なつかしの駄菓子屋さん風の店内では、妖怪グッズが所狭しと並べられています。思わず童心にかえってわくわくしてしまうこと間違いなしです。鬼太郎茶屋限定のグッズも販売されているそうなので要チェックです。

見どころ③喫茶コーナー

鬼太郎茶屋調布市深大寺店の見どころ3つ目は、「喫茶コーナー」です。喫茶コーナーでは、ゲゲゲの鬼太郎でおなじみの妖怪たちをモチーフにしたスイーツをいただくことができます。喫茶コーナーは、営業時間の30分前がラストオーダーとなっているので要注意です。

店内は、鬼太郎のちゃんちゃんこを思わせる座布団やねずみ男がモチーフのクッション、ぬり壁のベンチなど思わずインスタにあげたくなるような水木ワールド満開の空間となっています。

鬼太郎茶屋のおすすめメニュー

鬼太郎茶屋調布市深大寺店の喫茶コーナーは、妖怪をイメージしたインスタ映え間違いなしのメニューがたくさんあります。

メニューの中には、作者の水木さんの出身地である鳥取の食材を使用しているものもあります。ここからは、鬼太郎茶屋のおすすめメニュー5品をご紹介いたします。

おすすめメニュー①一反もめんの茶屋サンデー

鬼太郎茶屋調布市深大寺店のおすすめメニュー1品目は、「一反もめんの茶屋サンデー」です。一反もめんの茶屋サンデーは、布の妖怪一反もめんをモチーフとしたサンデーです。価格は、800円。一反もめんの茶屋サンデーは、鬼太郎茶屋調布市深大寺店でも一番人気のメニューです。

ポイントは、インスタ映え間違いなしの寒天で作られた一反もめんです。一反もめんの茶屋サンデーは、敷き詰められたコーンフレークの上にソフトクリームをのせ、その周りには寒天やあんず、粒あんやさくらんぼ、クッキーなどがトッピングされたメニューです。

クッキーには、キャラクターや鬼太郎の生みの親である水木しげるさんの名言などがランダムにかかれているのだそうです。シロップは2種類あり、黒蜜か抹茶シロップから1種類を選ぶことができます。

おすすめメニュー②目玉おやじの栗ぜんざい

鬼太郎茶屋調布市深大寺店のおすすめメニュー2品目は、「目玉おやじの栗ぜんざい」です。目玉おやじの栗ぜんざいは、目玉に手足の生えた目玉おやじがモチーフの栗ぜんざいです。価格は、600円。

栗や白玉の入った栗ぜんざいの横に添えられた小皿には、目玉おやじを思わせる赤い瞳が特徴のお餅が入っています。目玉おやじの栗ぜんざいのインパクトは抜群で、思わずインスタにアップするという方も少なくないのだそうです。

栗ぜんざいにお餅を浮かべると、お碗の中でお風呂に入っている姿でおなじみの目玉おやじをほうふつとさせます。

おすすめメニュー③カベオーレゼリー

鬼太郎茶屋調布市深大寺店のおすすめメニュー3品目は、「カベオーレゼリー」です。カベオーレーゼリーは、人の行く手に壁のように立ちはだかる妖怪であるぬり壁をモチーフにしたメニューです。価格は、400円。

カベオーレーゼリーは一見すると、ミルクに浮かんだソフトクリームの周りにコーヒーゼリーがトッピングされている普通のカフェオレゼリーです。ミルクとソフトクリームには、水木さんのふるさとである鳥取県の大山牛乳が使用されています。

一体どの部分が、ぬり壁と関係があるのでしょうか?答えは、コーヒーゼリーにあります。エスプレッソの挽き立てコーヒーを使ったコーヒーゼリーは、ぬりかべの形をしています。

おすすめメニュー④ぬり壁のみそおでん

鬼太郎茶屋調布市深大寺店のおすすめメニュー4品目は、「ぬり壁のみそおでん」です。ぬり壁のみそおでんは、カベーオーレーゼリーと同様にぬり壁をイメージしたメニューです。価格は、400円。

ぬり壁の形をしたこんにゃくの可愛さはインスタ映えすること間違いありません。ちなみに、有機こんにゃくは、水木さんの故郷である鳥取県の特産品なのだそうです。串に刺さったこんにゃくに甘味噌をつけて、がぶりといただいてください。

おすすめメニュー⑤ゲゲゲラテ

鬼太郎茶屋調布市深大寺店のおすすめメニュー5品目は、「ゲゲゲラテ」です。ゲゲゲラテは、鬼太郎に登場するキャラクターをココアパウダーのラテアートで表現したインスタ映え間違いなしのメニューです。価格は、500円。

ゲゲゲラテには、大山白バラ牛乳が使用されています。大山白バラ牛乳は、水木さんの故郷である鳥取県の牛乳です。濃厚な甘みとさっぱりとした後味が人気の牛乳となっています。

ココアパウダーで描かれるゲゲゲラテのラテアートの絵柄は、鬼太郎と目玉おやじ、ねずみ男と傘の妖怪である傘ばけの4種類から選ぶことができます。

鬼太郎茶屋の期間限定メニューも要チェック!

鬼太郎茶屋調布市深大寺店の喫茶コーナーでは、四季折々に限定メニューが登場することがあります。ここからは、夏限定で販売されている鬼太郎茶屋のかき氷と、初夏に鬼太郎茶屋で河童フェアが行われた際に登場した2品「河童キウイソーダ」と「河童クリームあんみつ」についてご紹介いたします。

期間限定メニュー①かき氷

鬼太郎茶屋調布市深大寺店の期間限定メニュー1品目は、「かき氷」です。価格は、いちごとブルーハワイ、レモンとマンゴー、みぞれは400円、抹茶は500円、妖怪抹茶は600円です。カキ氷の特徴はなんといってもトッピングです。カキ氷のてっぺんには目玉親父を思わせる目玉餅がトッピングされています。

期間限定メニュー②河童キウイソーダ

鬼太郎茶屋調布市深大寺店の期間限定メニュー2品目は「河童キウイソーダ」です。価格は、650円。キウイソーダの上にトッピングされたバニラアイスには、星型のドライマンゴーの皿と目とくちばしが描かれています。

まるで河童が沼から顔をのぞかせているようなメニューとなっています。さらにさくらんぼがトッピングされており、見た目もかわいらしいソーダとなっています。

期間限定メニュー③河童クリームあんみつ

鬼太郎茶屋調布市深大寺店の期間限定メニュー3品目は「河童クリームあんみつ」です。価格は、600円。水色の寒天の上にはバニラアイスで作られた河童がお目見えしています。頭の上にはドライマンゴーのお皿もあります。河童の後ろにはインパクト抜群の目玉餅もトッピングされています。

鬼太郎茶屋の混雑状況は?

鬼太郎茶屋調布市深大寺店は、人気のインスタ映えスポットです。食事時や週末になると混雑することも少なくありません。混雑を避けられる曜日や時間帯はないのでしょうか?一週間の混雑状況を見ていくと、狙い目は火曜日または開店直後、閉店直後の時間帯のようです。それぞれの曜日ごとの混雑状況を順番にご紹介いたします。

火曜日は、12時から15時を中心に混雑していっていますが、全体的にお客さんの数は多くありません。水曜日は15時が混雑のピークのようですが、火曜日よりも全体的に混雑しているイメージです。木曜日も水曜日とほぼ同じ混雑状況です。

金曜日は、12時が混雑のピークとなっています。土曜日は、やはりお客さんの数が多く14時から15時がもっとも混雑しています。日曜日の混雑のピークは13時から14時です。

鬼太郎茶屋の営業時間と定休日

鬼太郎茶屋調布市深大寺店の営業時間や定休日はいつなのでしょうか?鬼太郎茶屋の営業時間は、ショップコーナーと妖怪ギャラリー、喫茶コーナーで少しずつ異なります。ショップコーナーを含む建物自体の営業時間は、10時から17時です。

妖怪ギャラリーも営業時間は同じですが、最終入場は営業時間終了15分前の16時45分となっています。また、喫茶コーナーも営業時間は同じですがオーダーストップが営業時間30分前の16時30分となっています。

鬼太郎茶屋の定休日は、毎週月曜日です。月曜日が祝日の場合は営業し、翌日が振り替えで休みになるのだそうです。

住所 東京都調布市深大寺元町5-12-8
電話番号 042-482-4059

鬼太郎茶屋のアクセス

深大寺の停留所から歩いて1分。鬼太郎茶屋は、水木さんが長年お住まいだった第2の故郷調布にあるお店です。

深大寺の参道沿いに立つショップの屋根には大きなげたや妖怪おとろしが顔を覗かせています。最後に、鬼太郎茶屋への電車とバスを使ったアクセス方法や車でのアクセス方法をご紹介いたします。

電車でのアクセス

鬼太郎茶屋調布市深大寺店へ電車を利用してアクセスする際は、京王線「調布駅」が最寄り駅となります。調布駅から鬼太郎茶屋までは歩くと27分ほどの距離となります。あまり歩きたくないという方にはバスがおすすめです。

調布駅の中央口や「つつじヶ丘駅」の北口から「深大寺行」の京王バスに乗って15分ほどで深大寺のバス停に到着します。深大寺の停留所から鬼太郎茶屋までは歩いて1分とアクセスしやすくなっています。

JR中央線の電車でアクセスする際は、「吉祥寺駅」や「三鷹駅」の南口から小田急バスに乗るとアクセス抜群です。こちらも「深大寺行」のバスに乗り、終点の深大寺からすぐの高アクセスな停留所となっています。

車でのアクセスと駐車場

鬼太郎茶屋調布市深大寺店へ車を利用してアクセスする際は、深大寺が目標となります。中央高速の「調布インター」を下り、甲州街道を新宿方面へ走らせます。下石原交番前の信号を左折して武蔵境通りを直進、深大寺入口の信号を右折してください。その後、深大寺通りを直進していくと左手に京王バスの深大寺の停留所が見えてきます。

バス停のすぐ裏手の参道沿いに鬼太郎茶屋があります。参道には車は進入できません。鬼太郎茶屋には専用の駐車場がありません。車でアクセスする際は、周辺の有料駐車場やコインパーキング等をご利用ください。

Thumb調布の観光スポットはどこがおすすめ?デートの名所や名物をチェック!
東京の真ん中にある調布。調布と聴くと、東京から少し離れた場所にあるイメージがあるかもしれませ...
Thumb調布の深大寺は人気の観光スポット!見どころや周辺の散策コースを紹介!
調布市にある深大寺は、厄除けや縁結びのご利益があることで知られ、名物で知られるそばやスイーツ...

鬼太郎茶屋で水木しげるワールドを堪能しよう!

鬼太郎茶屋調布市深大寺店は、深大寺の賛同沿いにあるお店です。今回は鬼太郎茶屋のインスタ映えスポットや見どころを紹介してきました。

また、おすすめ喫茶メニューや混雑状況、営業時間やアクセス方法などについてご紹介いたしました。是非1度足を運んでみてください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
serorian

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ