高尾山6号路は登山初心者コース?所要時間やおすすめの見どころも紹介!

都心に近い高尾山は登山初心者からも人気があります。高尾山には6つの自然研究路があってコースを選べるため初心者でもチャレンジしやすい登山です。その中でも6号路のコースは滝や川など見どころが多いのでおすすめです。今回は6号路登山の所要時間や見どころをご案内します。

高尾山6号路は登山初心者コース?所要時間やおすすめの見どころも紹介!のイメージ

目次

  1. 1高尾山6号路は初心者向け登山コースか?
  2. 2高尾山は登山コースが選べて初心者にもおすすめ
  3. 3高尾山6号路へのアクセス
  4. 4高尾山6号路のおすすめの見どころ5選
  5. 5高尾山6号路の全長・所要時間
  6. 6高尾山6号路へ行く時の服装や注意点
  7. 7夜景も楽しめる高尾山
  8. 8高尾山6号路を攻略してみよう!

高尾山6号路は初心者向け登山コースか?

高尾山は1年を通じて登山が楽しめて初心者向けのコースも多いため、とても人気があります。新宿から電車で1時間とアクセスも良いので日帰り登山をするにもおすすめです。高尾山にはいくつもの登山コースがありますが、今回は滝や川など見どころの多い6号路コースをご案内します。高尾山のおすすめ登山コースをぜひチェックしてみてください。

高尾山は登山コースが選べて初心者にもおすすめ

高尾山は都心からのアクセスがよく四季折々の自然を楽しめるので年間を通じて登山者や観光客でにぎわっています。初心者からチャレンジできる登山コースがいくつもあるのも高尾山の魅力の一つでしょう。忙しくて時間がない方も都心から日帰り登山ができます。

ケーブルカーやリフトを使って高尾山頂上を目指せるコースは気軽に楽しめる初心者にも人気のコースです。王道の登山コースは1号路で薬王院などの名所のほか高尾山名物にもなっているとろろ蕎麦、炭火焼の三福だんごなどの美味しい山グルメも堪能できます。

ほかにもつり橋や滝、高尾山の自然を感じられるコースなどそれぞれに特徴があります。登山コースによって難易度も変わるので初心者は自分のレベルに合わせて選ぶといいでしょう。高尾山は初心者はもちろん、何度行っても楽しめるおすすめの登山スポットです。

高尾山6号路へのアクセス

ここからは高尾山6号路へのアクセスをご案内します。6号路コースの入り口は高尾山のケーブルカー乗り場から少し歩いたところにあります。高尾山の最寄り駅は京王線・高尾山口駅で、そこからケーブルカー乗り場までは近くて歩いて4分のところです。

高尾山ケーブル乗り場に着いたらケーブルカーには乗らず、左方向から奥に続く道を登っていきます。ケーブルカーを右手にしばらく道なりにまっすぐ進みます。時間にして3分ほど歩いていくと、左側に高尾山6号路コースの入り口が見えてきます。

高尾山口駅へのアクセス

高尾山口駅へは都心から電車で1時間ほどでアクセスできるので便利です。高尾山へ行く多くの登山客が利用するのでハイシーズンには混雑は避けられません。ちなみにすぐ隣にはJR中央線・京王線の高尾駅がありますがそこでは降りないように注意しましょう。

新宿から高尾山口駅までは京王線に乗って1時間ほどで行けます。高尾山のケーブルカーかリフトを利用する場合は京王線・井の頭線各駅と高尾山口駅間の往復電車賃とセットになった「高尾山きっぷ」がお得です。2割引になりますが高尾山口駅では買えません。

一年中登山者でにぎわっていますが、トップシーズンの紅葉や桜の季節には高尾山も一段とにぎやかになります。各地からのバスツアーもたくさん企画されています。高尾山と一緒に他の観光地も周遊できるツアーなどもあるのでチェックしてみるのもおすすめです。

Thumb 高尾山のケーブルカーを攻略!山頂までの時間や料金・混雑状況を紹介!
東京の大人気観光スポットである高尾山には、たくさんの人が訪れます。高尾山山頂までの登山コース...

高尾山6号路のおすすめの見どころ5選

6号路コースは高尾山にある6つの自然研究路の一つで、滝や川などの水スポットが多いので暑い夏には涼しくおすすめです。ケーブルカーやリフトは使わない登山コースのため、初心者であっても健脚で体力に自信のある登山者向けになっています。ここからは高尾山6号路コースで人気の見どころを5箇所ご案内していきます。

清滝駅

清滝駅は高尾山駅からケーブルカーでわずか6分という短い時間でアクセスできるケーブルカーの駅です。初心者の多くはまずケーブルカーに乗って清滝駅まで行き、そこから高尾山頂上を目指す登山口になっています。ケーブルカーは15分間隔で運行しています。

清滝駅はとくに紅葉シーズンになると登山者や観光客でにぎわうスポットでもあります。清滝駅周辺にはおそうじ小僧やもみじ広場、清滝など見どころが集まっています。お土産屋さんのほかにとろろ蕎麦やカレー、スイーツが美味しいグルメ店もおすすめです。

びわ滝

高尾山6号路の最初のポイントである岩屋大師を過ぎると、コースの分岐点にさしかかります。高尾山山頂へとつづく6号路コースから右方向へはずれて「びわ滝」へ行ける道案内板が立っているので、迷うことは少ないでしょう。

道案内板から「びわ滝」までは歩いてすぐのところなので、時間にすると6号路コースの入り口から歩き始めて15分ほどで到着できる距離です。「びわ滝」で休憩も兼ねて涼を味わったら、再びさっきの分岐点に戻って高尾山山頂を目指して進んでいきましょう。

「びわ滝」は高尾山の登山コースのなかでもとりわけ人気の高い見どころスポットになっています。歩き始めてまもない時間に滝を見られるので、気持ちにも余裕があって楽しめることでしょう。「びわ滝」で休憩してもいいですが、人混みが多いときは分岐点に戻って少し先のコース沿いにも座れるベンチがあります。

6号路コースを上る登山者の多くは、もとの分岐点へ戻って本コースを進んでいきますが、戻らずに別ルートを通って行くこともできます。「びわ滝」にある水行道場の右から高尾山山頂へとつづくコースがあります。ただし険しい山道になっていますので初心者にはおすすめしません。

大山橋

6号路コースの魅力はなんといっても、杉の木や自然のなかで沢のせせらぎを聞きながら歩けることでしょう。高尾山山頂へとつづくコース沿いには案内川の支流である沢が流れていて、6号路は別名「森と水のコース」としても知られています。とくに夏に高尾山へ行くなら6号路はおすすめです。緑や水に癒されて涼しい気分を味わえることでしょう。

もう一つの見どころである「大山橋」は、びわ滝から時間にして約30分のところにあります。杉の木々に囲まれた山道の途中にひょっこり現れる小さな橋です。「大山橋」は6号路コースの中間地点を過ぎた場所にあるので、ここまで来ればゴールの高尾山山頂まではあともうひとがんばりです。「大山橋」を渡った先にも休憩できる場所があります。

飛び石

「大山橋」を過ぎていよいよ高尾山山頂付近まで近づくと稲荷山コースへの分岐点が見えてきます。稲荷山コースは分岐点から左方向になりますが、6号路コースはそのまま直進して登っていきましょう。その先を進んでいくと沢のなかに「飛び石」があるので、その飛び石に乗って濡れないようにゴールを目指して行きましょう。

ゴール地点に近い見どころスポットの「飛び石」は水の上を歩ける6号路のもう一つのお楽しみでもあります。夏シーズンの登山なら沢のせせらぎを感じながら暑さ忘れさせてくれるひとときでしょう。飛び石が濡れていることもありますので、足を滑らせないように気をつけてください。見晴らしのいい高尾山山頂はもうすぐそこです。

高尾山山頂

高尾山はコースによっては登山途中にも景色を見渡せることで人気があります。年間を通じて登山客や観光客でにぎわっているのもうなずけます。初心者でも歩きやすい1号路からは遠くに東京都心のビル群を見ることができるのでおすすめです。東京の高尾山からは江の島や千葉の房総半島、茨城県にある筑波山も望むことができるのも魅力でしょう。

高尾山6号路のゴールは標高599mの山頂です。標高が低く登山初心者でもチャレンジしやすい山ですが、山頂からの見晴らしもおすすめです。天気がよければ展望台からは丹沢や南アルプス、日光まで見渡せて日本が誇る富士山も望むことができます。

しばし時間を忘れて山頂からの眺めを楽しんではいかがですか?登山の疲れだけでなく日頃の疲れまで吹き飛びそうです。富士山をはじめとした眺望を見たいときは秋や冬のシーズンがおすすめです。空気が澄んでいてい景色がくっきり見える午前中がいいでしょう。

高尾山の山頂からの景観は「関東の富士見100景」にも選ばれているほどの美しさです。山頂付近の500m地点まではケーブルカーでも行けるので、6号路を登る体力に自信がない場合はケーブルカーを利用して山頂へアクセスできます。

高尾山山頂の広いスペースには整備されたきれいなトイレや休憩や食事ができるスポットがいくつもあります。高尾ビジターセンターと呼ばれる自然公園施設では高尾山の歴史や四季折々の美しい自然を紹介していたり、登山のコースマップももらえます。

おすすめの食事処は高尾山名物のとろろ蕎麦が食べられる「やまびこ茶屋」や「曙亭」、「大見晴亭」です。登山後の空腹を満たすのに頼んでみてはいかがですか?富士山がきれいに見える日には山頂から歩いて10分の場所にある「もみじ台 細田屋」も最高です。

Thumb高尾山グルメスポット人気11選!ランチからスイーツまでおすすめ店を紹介!
東京で気軽に登山ができる場所として大変人気なのが高尾山です。高尾山では、登山の他にもランチや...

高尾山6号路の全長・所要時間

高尾山6号路の登山コースは全長3.6kmの道のりで標高差は400mです。いくつもの登山コースから選べることでも人気の高尾山は初心者向けコースが多くチャレンジしやすいのも特徴の一つでしょう。標高が599mと低く都心から日帰りで行けるため、忙しくて時間がないけど気晴らしに手軽な登山を楽しみたいという方にも向いています。

高尾山6号路の所要時間は上りが約1時間30分、下りが約1時間10分の全行程が約2時間40分のコースになります。休憩時間を入れても半日で楽しめるコースです。スタート地点はケーブルカー清滝駅付近になっています。

6つある自然研究路のなかでも6号路は難易度が一番高い登山コースなので、初心者は自分に合ったレベルのコースを選ぶといいでしょう。ちょっとしたスリルが欲しい方にはつり橋がある4号路、絶景を眺めながら登るなら稲荷山コースを選ぶのもいいでしょう。

高尾山が初めてという方には山頂を1周できる5号路コースやグルメ店で食べ歩きながら景観も楽しめる1号路コースがおすすめです。登山に慣れている方には6号路や四季の移ろいを感じられる3号路や陣馬山・高尾山コースも人気があります。

高尾山6号路へ行く時の服装や注意点

手軽に行けることで人気の高尾山ですが、コースや季節によっては服装に注意が必要です。特に6号路はケーブルカーやリフトを使えない本格的な登山コースなので事前にきちんと準備をして臨みましょう。東京都にある山とはいえ都心よりも気温が低くなります。

木々に囲まれ沢沿いを歩く6号路は高尾山にあるほかのコースよりも涼しく感じられるでしょう。標高差400mの登山コースなので服装には汗対策も万全にしましょう。速乾性のある素材か着替えがあると体を冷えから守ることができます。冬は特に注意が必要です。

夏は都心よりも気温が低いとはいえ高山ほどの寒さではないので、脱ぎ着しやすい服装だと便利です。靴はふだんから履き慣れているスニーカーや運動靴でも良いですが、濡れていて滑りやすいときもあるので不安な方は登山靴で行くことをおすすめします。

高尾山は1号路以外の登山コースには売店や自動販売機はまずないので各自、水などの飲み物の準備は怠らないようにしましょう。休憩ポイントで小腹を満たせる食べ物もあると便利です。照明はないので、帰りが遅くなりそうならライトを持参しておくと安心です。

6号路の登山コースは沢沿いで道幅が狭く、ほかのコースに比べると険しい山道になっています。途中には木の根が地面から盛り上がって隆起しているところも多いので、足元にも気をつけながら慎重に進んでいきましょう。

高尾山の山道は一年中、多くの登山者が行き交うコースなので地面が固く、濡れていると滑りやすいので雨の日などは特に注意が必要です。ミシュラン3つ星にも選ばれた高尾山の美しい景観を守っていくためにもゴミの持ち帰りに協力しましょう。

夜景も楽しめる高尾山

夏の高尾山へ行くなら夜景が見られる夜間登山も人気があります。ただし舗装されていて、暗くても歩きやすい1号路を通るのがおすすめです。ケーブルカーは夜まで15分間隔で運行しているので、うまく利用するのもいいでしょう。

山頂では21:00までオープンしている期間限定の「高尾山ビアマウント・森のビュッフェ488」が大人気で、夜景を見ながら食べ放題ができるビアホールになっています。10月中旬までの期間限定で、それに合わせてケーブルカーも21:15まで運行しています。

山頂から見る夕焼けや富士山をはじめとした雄大な山景色、日没後になると遠くに街灯りが輝いていて素敵なムードに変わっていきます。夏には近くで行われている花火大会の様子を山頂から見られるなんてこともあります。

高尾山6号路を攻略してみよう!

高尾山6号路の特集はいかがでしたか?ミシュランでも最高評価を得た高尾山は日本人だけでなく外国人観光客からも人気の山です。いくつもの登山コースの中でも6号路は沢沿いに山歩きができる爽やかなコースになっています。山頂からの絶景とともに、びわ滝や飛び石などの見どころも人気なので高尾山6号路を攻略してみてはいかがですか?

関連記事

Original
この記事のライター
EMMA

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ