「さかい利晶の杜」で千利休と与謝野晶子の世界にふれよう!見どころは?

大阪府堺市にある「さかい利晶の杜」は、堺で生まれた茶聖「千利休」と歌人「与謝野晶子」の功績を称えて建てられています。それぞれテーマが絞られ、スポットが当てられています。「さかい利晶の杜」でしか見られない施設です。そんな、「さかい利晶の杜」を詳しく紹介します。

「さかい利晶の杜」で千利休と与謝野晶子の世界にふれよう!見どころは?のイメージ

目次

  1. 1大阪府堺市の「さかい利晶の杜」
  2. 2千利休はどんな偉人?
  3. 3与謝野晶子は優れた歌人!
  4. 4さかい利晶の杜の見どころ
  5. 5さかい利晶の杜の人気のお土産
  6. 6さかい利晶の杜の営業時間・料金案内
  7. 7さかい利晶の杜へのアクセス
  8. 8大阪府堺市の観光名所
  9. 9堺のおすすめのお土産
  10. 10さかい利晶の杜へ行ってみよう

大阪府堺市の「さかい利晶の杜」

「さかい利晶の杜(りしょうのもり)」には、堺市出身で歴史上に残る功績を残した、偉大な二人、「千利休」と「与謝野晶子」二人の人物像や二人に関係する貴重な資料などが保管、展示されている堺の観光スポットです。

千利休は、今や日本だけでなく、世界に通じる茶の湯、その茶の湯の大成者です。もう一人の与謝野晶子は、日本近代文学に燦然と輝く女流歌人です。その二人の生涯や人物像などを知り、堺の歴史や文化の魅力を体感できる文化観光施設です。

千利休はどんな偉人?

千利休(せん の りきゅう、せん りきゅう)は、大永2年(1522年)に現在の堺市で生まれ、天正19年2月28日(1591年4月21日)に、豊臣秀吉により切腹で自害しています。千利休、元の名は宗易(そうえき)、幼名は田中与四郎です。

「千利休」は天皇から与えられた名前で、晩年に使われていました。若い時は宗易と名乗っていたようです。数々の偉業がありますが、信長や秀吉に仕え、「茶聖」といわれるように今日まで残る「侘び茶(わびちゃ)」の様式を完成させたことです。

当時のお茶は、高価な茶碗など、豪華さを誇る上流階級だけが楽しむたしなみのようなものでした。千利休の「侘び茶」では、高価な道具や、ハデな演出を避け、無駄を全て切り落として、純粋にお茶そのものを楽しみながら、教養を高め精神世界の高揚にまで及ぶものです。

与謝野晶子は優れた歌人!

歌人として知られる「与謝野晶子(よさのあきこ)」は、明治11年(1878年)12月7日に現在の堺市で誕生しています。本名は鳳志ようといいます。

晶子は、明治28年(1895年)頃から積極的に歌を雑誌に投稿し始めています。当時の日本の歌壇では、短歌革新運動が起こり始め、主唱者の一人、与謝野寛(号鉄幹)は、明治33年(1900年)に、短歌の機関誌『明星』を創刊しています。

与謝野寛は、短歌革新運動のため明治33年に来阪し『明星』に作品を投稿していた晶子は、大阪で寛と会って、与謝野寛の行動に強く共鳴し上京して、明治34年に二人は結婚しています。

与謝野鉄幹と結婚!

与謝野晶子は、明治34年(1901年)に上梓した第一歌集『みだれ髪』は、多くの若者たちの心を捉えて「明星派」は当時の文学界の一大勢力となりました。

また、与謝野晶子が日露戦争中の明治37年(1904年)に発表した長編詩「君死にたまふこと勿れ」は従軍中の自分の弟を案じて詠んだもので反戦とも取れる内容で、当時は批判を受けていました。

与謝野晶子は11人の子供を育て、後年、彼女の理念である自由主義を骨子として、芸術による人格の育成をめざす教育の実現を図るために大正10年(1921年)に文化学院を創設しています。このように、社会活動家のような活動もしました。

さかい利晶の杜の見どころ

「さかい利晶の杜」は、堺市にゆかりのある千利休と与謝野晶子を称える施設です。見どころは複数施設になります。千利休と与謝野晶子、それぞれの見どころを、各施設で紹介しています。興味ある内容が多数展示されています。じっくり見学して二人を理解しましょう。

おすすめスポット(1)千利休茶の湯館

「千利休茶の湯館」には、「利休と堺をめぐる人々」についての展示があり、利休と堺のまちに関わった人々を画像と音声で紹介しています。音声があるので理解度がいっそう増します。

住吉祭礼図屏風は、江戸時代初期の堺のまちが描かれた唯一の屏風も展示されています。デジタル技術が活かされ、タッチパネルにふれると画面の中の神社や商家などが拡大されます。視覚で当時の街の姿がわかります。

「世界に誇る堺環濠都市遺跡」は、16世紀中頃と慶長20年に、堺のまちを囲むように掘られた2つの環濠があります。現在、慶長20年に造られた濠の内側は堺環濠都市遺跡になっています。その遺跡からの出土品の貿易陶磁器や志野、織部などの茶道具も展示されています。

おすすめスポット(2)茶の湯体験施設

「茶の湯体験施設」は、茶道三千家の指導を仰ぎ、にじり・正座・床の観賞・お菓子や、正しいお茶のいただき方などの茶の湯を体験することができます。原則ですが一ヶ月前までに予約が必要になります。定員が、10~30名様までになります。

立礼茶席があり、表千家・裏千家・武者小路千家のお点前で、椅子席でお抹茶と堺銘菓の和菓子が味わえます。予約は不要で、一人で楽しめます。

おすすめスポット(3)与謝野晶子記念館

与謝野晶子記念館の見どころは、5カ所あります。それぞれが与謝野晶子が理解できる展示です。「詩歌の森」は、歌人、与謝野晶子の詩歌の世界を映像と音声で体感できます。

「晶子の装幀(そうてい)」は、一流の作家が手がけた晶子の本の装幀や、本の裏表紙や口絵など美しい装幀がたくさん展示されています。

「創作の場」は、晶子が執筆活動をした書斎をイメージて、細かく再現しています。晶子自筆の歌百首屏風のレプリカも展示されています。美しい筆跡が見られます。

「寛と歩んだ人生の軌跡」は、夫であった与謝野寛と歩んだ生涯や、二人の業績が紹介されています。「少女(おとめ)となりし父母(ちちはは)の家」は、晶子の生家「駿河屋」をほぼ実際のサイズで再現しています。

さかい利晶の杜の人気のお土産

「さかい利晶の杜」には、おすすめのお土産があり、販売しているお土産屋さんがあります。施設内にある、「ショップ にぎわい」です。美味しい地元の和菓子や、茶道関連グッズも並んでいます。歌人、与謝野晶子にちなんだ一筆箋なども販売されています。そんな中で人気なのが「古墳グッズ」です。

お土産に古墳グッズが人気!

「さかい利晶の杜」の売店には人気の古墳グッズがあります。前方後円墳の形がデザインされた、「古墳トートバッグ」は、グリーン・ホワイト・ピンクの3色があって1500円で販売しています。

気軽に着られる「古墳Tシャツ」も人気です。前方後円墳がカラーの線でデザインされて印刷されています。大人用白黒は2000円、大人用カラーTシャツは2500円、子供用白黒が1500円です。

古墳キーホルダー(400円)は、少しだけ立体感がある、前方後円墳がデザインされています。古墳のパワーが授かれるかもしれません。

さかい利晶の杜の営業時間・料金案内

「さかい利晶の杜」は、複数の施設があり、体験コーナーもあります。営業時間や利用料金も気になります。定休日も事前に知っておけば、訪ねてみて休みだったなどはなくなります。さらに、入館料が割引になる方法も各種あります。そのような、営業時間や料金についての情報です。参考にしましょう。

営業時間

千利休茶の湯館、与謝野晶子記念館、観光案内展示室の営業時間は、午前9:00~18:00までになります。但し、最終入館は、17:30まになります。茶の湯体験施設の営業時間は、10:00~17:00になります。1時間遅く開き、1時間早く終了になります。

定休日については、千利休茶の湯館、与謝野晶子記念館、茶の湯体験施設は、第3火曜日(祝日の場合は翌日)が休館日です。なお、年末年始は休館になります。観光案内展示室については、年末年始のみ休館です。

利用料金

千利休茶の湯館、与謝野晶子記念館、茶の湯体験施設の利用料金は、観覧料として、大人(大学生を含む):300円、高校生:200円、中学生以下:100円になります。2割引になる割引や、入館料が無料になる方もいます。知っておいて損はないので、参考としておきましょう。  

割引料金は?

10名以上で団体割引があります。団体の場合は、日程と人数等が決まった段階で、3日前までにインターネットの団体予約フォームで連絡すると、団体割引が適用されます。

堺市内に居住する65歳以上の方で住所、年齢が証明できる証明書を提示すると展示観覧料が2割引になります。

障害者手帳等を持っている場合は、障害者と介助者は全額減免=無料になります。受付で身体障がい者手帳、精神障がい者保健福祉手帳、療育手帳の提示が必要です。

カード提示で割引も!

堺市在住・在学・在勤の新成人は、同伴者1名とともに、1年間に1回無料で入館できます。新成人であることの証明書と、成人式で配付される「成人式プログラム」の提示が必要です。

堺市内に所在する小・中学校の児童・生徒及び引率教員は、証明書類が必要ですが、展示観覧料が全額減免され無料になります。

ICOCAカードやWAONカードなど、カード提示によって2割引があります。受付で割引となるカードを確認しましょう。

さかい利晶の杜へのアクセス

「さかい利晶の杜」へのアクセスですが、電車でも、車でも、バスでもアクセスができます。「さかい利晶の杜」へのアクセスそのものはとても便利な場所です。大きな駐車場も完備していて、車で家族で出かけることもできます。バスの場合は、電車で至近の駅まで来て、その駅からバスを利用することになります。

電車でのアクセス

「さかい利晶の杜」へ、電車でアクセスの場合ですが、2つの路線が利用できます。最も近い最寄駅は、阪堺電気軌道阪堺線の「宿院駅」になります。そこから徒歩で約1分です。もう一つ、南海電気鉄道の南海本線、「堺駅」からは、徒歩で約10分でアクセスできます。

バスでのアクセス

「さかい利晶の杜」へ、バスでアクセスす露場合ですが、途中まで電車を利用して、電車の駅からバスを利用することになります。下車するバス停は「宿院バス停」になります。

南海電鉄の高野線「堺東駅」よりバスを利用する場合は、堺東駅前⑭番のりばで、堺駅前行き(23番・24番)に乗り、約6分で着きます。又は、堺東駅前⑯番のりばで、南回り(22番)でも、約6分です。

南海本線の堺駅からは、複数のバス路線があります。代表的なのが、堺駅東口①番のりばで、河内松原駅前行き(23番)に乗車して、約3分です。

JRの三国ヶ丘駅からは、駅前北側ロータリー②番のりばから、堺駅南口行き(35番・特35番)で約10分でアクセスします。

車でのアクセス・駐車場

遠隔地から車で「さかい利晶の杜」へアクセスする場合、最寄の高速出入り口は、阪神高速15号堺線の堺ICから、「さかい利晶の杜」までは約3分です。阪神高速4号湾岸線は大浜ICで下りて、「さかい利晶の杜」まで約3分になります。

「さかい利晶の杜」は、専用の駐車場があります。平面駐車場で24時間営業です。普通車が103台、観光バスが5台駐車できます。基本料金は、普通車が1時間200円、最大料金は駐車後24時間で1400円です。施設利用者には、一定の料金の割引サービスがあります。現地で確認しましょう。

大阪府堺市の観光名所

歴史ある堺市には、「さかい利晶の杜」意外にもおすすめの人気観光スポットがたくさんあります。そんな貴重な観光名所のなかから、是非とも立ち寄りをおすすめすできる観光名所、3箇所を紹介します。歴史ある名所から、近代的な施設まで、堺市ならではのおすすめの観光スポットです。

人気観光スポット1:仁徳天皇陵(大仙陵古墳)

堺市といえば、何といっても仁徳天皇陵です。最近は大仙陵古墳とも呼ぶそうですが、ここでは教科書で学習した、仁徳天皇陵で通します。

エジプトのクフ王ピラミッド、中国の始皇帝陵と並ぶ世界3大墳墓といわれ、5世紀中ごろの築造とされています。全長が約486メートルある日本最大の前方後円墳です。墳丘は3段に築成されていいて、三重の濠がめぐらされ、10基以上の陪塚があります。

昭和30年(1955年~)代と、最近の調査で造出した須恵器の甕が出土しています。古墳の全面的な調査は行われず、多くの謎が残っています。ユネスコは、仁徳天皇陵を含む「百舌鳥・古市古墳群」を世界文化遺産に登録する決定を令和元年(2019年)7月6日に下しています。

住所 大阪府堺市堺区大仙町

人気観光スポット2:堺市漁連 とれとれ市

堺市には海があり、漁連もあります。漁連に手ぶらで来て、海鮮バーベキューが楽しめます。堺市の出島漁港で毎週土曜・日曜のみ開催されるの「とれとれ市」は堺で人気の観光名所になっています。

とれとれ市が開かれる出島漁港では、毎週土曜日、日曜日に新鮮な魚介類の販売やバーベキューが楽しめます。たこ飯、海鮮天ぷら、いかの姿焼きやおでんなど屋台もたくさんあり、子供連れの家族がそろって楽しめる市です。

堺市漁連へのアクセスは、南海本線の「湊」駅から西へ徒歩で10分です。車だと、阪神高速湾岸線大浜出口より約3分でアクセスできます。営業時間は10:00~17:00になります。駐車場もあり約300台が駐車できます。

住所 大阪府堺市堺区大浜西町24(堺出島漁港内)
電話番号 072-221-7272

人気観光スポット3:堺市役所21階展望ロビー

「堺市役所21階ロビー」は、地上80メートルあり、360度の視界が楽しめます。さらに、回廊式ロビーになっています。堺市内の仁徳天皇陵古墳など堺のまちが眼下に広がります。あべのハルカス、生駒・金剛山が見渡せ、遠く六甲山まで眺望できます。風景を楽しみながらゆっくりできる喫茶コーナーもあります。

「堺市役所21階展望ロビー」へのアクセスは、南海電車高野線の「堺東駅」で下車して、徒歩で約5分です。展望台への入場料は無料です。営業時間は午前9:00~21:00までになります。有料ですが駐車場があります。

住所 大阪府堺市堺区南瓦町3-1
電話番号 072-233-5258(堺観光コンベンション協会)

堺のおすすめのお土産

観光旅行では、お土産選びも楽しみの一つです。早くから拓けていた歴史ある堺には、人気のお土産がたくさんあります。お菓子もたくさんの種類があり、地場産業の伝統産業もあります。そんな数ある名品のなかから、人気の高いおすすめのお土産を3点紹介します。外れのないお土産になります。観光スポットにもなります。

おすすめのお土産1:浜寺創菓庵(株)美乃や「スイートポテト」

堺でおすすめのお土産は、明治42年(1909年)創業の「浜寺創菓庵(株)美乃や」の「スイートポテト」です。さつま芋固有のほくほくの食感が残る、美味しいスイートポテトです。お店のモットーは「最高の原材料を使用して、職人が精魂込めて作りあげた、安心・安全な品をお客様に提供する。」この精神を受け継ぎ作られた銘品です。

「スイートポテト」は、昭和3年(1928年)からお店独自の製法で、あくまで和菓子風味のスイートポテトとして焼き上げたお店のオリジナル商品です。堺のお土産に最適です。

「浜寺創菓庵(株)美乃や」へのアクセスは、南海本線「諏訪ノ森」駅から徒歩2分です。定休日は月曜日、お店の営業時間は、9:00〜19:00です。 

住所 大阪府堺市西区浜寺諏訪森町中2丁180
電話番号 072-261-0407

おすすめのお土産2:おかよし味匠庵「栗みかさ」

「おかよし味匠庵(みしょうあん)」の和菓子は、堺市ものづくりマイスターで、堺技衆認証企業、1級菓子製造技能士が作る安心・安全で、おいしい和菓子のお店です。

「栗みかさ」は、お店独自の製法で作り上げた皮に、栗と餡が調和した風味の良い三笠です。後口の良さが感じられる甘さ加減に仕上がっています。お土産に最適です。

「おかよし味匠庵」へのアクセスは、南海の高野線「浅香山」駅で下車して徒歩で3分です。お店の営業時間は、9:00〜18:30、定休日は火曜日です。 

住所 大阪府堺市堺区香ヶ丘町1-14-13 
電話番号 072-229-6518

おすすめのお土産3:(有)池上刃物産業「刃物」

堺は昔から刃物の産地として知られています。今でも、伝統の刃物技術を最新の科学と融合させて優れた刃物を製造しています。

「(有)池上刃物産業」も、優れた堺の刃物店の一店です。ステンレス刃物の草分けで、堺キング包丁は昭和28年(1953年)の発売以来、人気が高く、特にプロの食品産業の現場から絶賛されています。堺刃物は少し高いお土産になりますが、一生ものともいえます。

「(有)池上刃物産業」へのアクセスは、阪堺電気軌道阪堺線の「綾ノ町」駅から徒歩で2分です。定休日は土曜、日曜、祝日になります。

住所 大阪府堺市堺区桜之町東1‐3‐2 
電話番号 072-232-0057 

Thumb堺市の観光スポット特集!人気の名所からおすすめの穴場まで一挙紹介!
大阪の堺市にはたくさんの観光スポットがあり、大阪の中でも人気急上昇中のおすすめエリアです。堺...
Thumb堺のランチおすすめ21選!おしゃれなお店や美味しいと話題の人気店を紹介!
大阪府堺市には、国内最大規模を誇る古墳群があるなど観光の名所としても知られます。そんな堺市に...

さかい利晶の杜へ行ってみよう

大阪堺市の「さかい利晶の杜」を紹介しましたが如何でしたでしょうか。千利休と与謝野晶子を敬愛する堺市民や大阪府民の思いも伝わってくるようです。施設には、茶の湯の体験コーナーもあり、楽しい古墳グッズや銘菓が並ぶ売店もあります。楽しい観光スポット「さかい利晶の杜」へ出かけましょう!

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
yuribayashi

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ