大山登山はケーブルカーが便利!料金や乗り場・駐車場情報まで紹介!

みなさんは神奈川県にある大山をご存じでしょうか。ケーブルカーを使って登山できることでも知られている大山登山が人気になっております。そこで今回はケーブルカーを使った登山ルートと、使わない登山ルートそれぞれご紹介していきます。ぜひ大山登山を楽しんでください。

大山登山はケーブルカーが便利!料金や乗り場・駐車場情報まで紹介!のイメージ

目次

  1. 1神奈川の大山に登ろう!
  2. 2大山ケーブルカーの支払い方法と料金
  3. 3大山ケーブルカーを使った登山コース
  4. 4大山ケーブルカーなしで登山するコースは?
  5. 5神奈川の大山登山におすすめの服装
  6. 6神奈川の大山登山におすすめの持ち物
  7. 7大山ケーブルカー乗り場までのアクセス
  8. 8大山ケーブルカー利用に便利な駐車場情報
  9. 9大山登山ならケーブルカーの利用がおすすめ!

神奈川の大山に登ろう!

みなさんは神奈川県にあります大山をご存じでしょうか。神奈川県伊勢原市にある大山はケーブルカーを利用して登山できる山としても人気になっております。そこで今回は大山登山の際のケーブルカーの利用ルートはもちろんのこと、ケーブルカーを利用せずに登山するルートなども一緒にご紹介していきます。

またケーブルカーの料金などはもちろんのこと、アクセス情報や駐車場情報などさまざまな情報とともにお届けしていきますので、ぜひ大山登山をお考えの際には参考にされてみてください。きっとあなたにあった登山ルートを見つけることができる山です。

ケーブルカーを利用した登山が人気

神奈川の大山ではケーブルカーが利用できるようになっているとご紹介したのですが、ケーブルカーでは大山の中腹ぐらいまで行くことができるようになっております。そのため登山初心者の方でも比較的登山チャレンジをしやすくなるのが魅力の一つです。

やはり最初から最後まで自分の足で登山するルートというのは、たしかに達成感なども大きいですし魅力的ではあるのですが、体力的な問題や技術的な問題を含めましても、誰でも楽しめるというわけではなくなってしまいます。そこでケーブルカーを利用するルートがあるということは、体力温存しながら登山を楽しむことができるのです。

そのため神奈川の大山では多くの方がケーブルカーを利用して登山を楽しんでおります。ケーブルカーは先ほどご紹介しましたように大山の中腹ぐらいまで行くことができるようになっておりますので、そこからはご自身の足で登山する必要があります。

そのためたしかにケーブルカーを使って楽に登山することはできるのですが、きちんと自分の足で最後は登山することで達成感なども味わうことができるようになっております。そのためケーブルカーを使える神奈川の大山登山は人気となっておりまして、週末などにはたくさんの方が訪れており、登山客などで賑わうおすすめの山になっております。

Thumb神奈川の大山で観光&登山を楽しもう!紅葉や温泉など見どころイッパイ!
神奈川県大山のおすすめ観光スポットや登山コースなどをご紹介します。神奈川県で有名な大山は、関...

大山ケーブルカーの支払い方法と料金

ではここからは神奈川の大山登山の際に便利なケーブルカーの利用方法や料金の支払い方法などについてご紹介していきます。まず利用方法なのですが、大山ケーブル駅バス停などでバスを降りた際、そこからこま参道を通り15分くらい歩いていきます。

途中のこま参道にはお土産屋さんなどもありますので、ぜひお土産屋さんなどを見てみるのもおすすめです。ですがこれから登山をお考えの場合には帰りに購入する事などもおすすめになっておりますので、荷物を増やして登山をするようなことは控えましょう。そうすることでより登山をしやすくなりますし、楽しみながら登山ができてお得です。

そしてお土産屋さんなどを通り過ぎていくと、いよいよ大山ケーブルカー駅が見えてくるはずです。大山ケーブルカー駅が見えてきたらその駅を目指して歩いていきましょう。そして大山ケーブルカー駅でチケットを購入する事でケーブルカーを利用できます。

なお大山ケーブルカー駅から終点までは約6分程度となっておりまして、比較的すぐに着きます。ケーブルカーを降りるとそこには阿夫利神社があります。ですので阿夫利神社で安全に登山ができるようにと祈願するのがおすすめになっております。阿夫利神社でお参りをしたあとは阿夫利神社のすぐ横にあります登山口から大山登山を開始します。

支払い可能な交通系電子マネー

では神奈川の大山ケーブルカーをご利用の際の料金の支払い方法についてご紹介していきます。まず料金の支払い方法は現金での支払いか、交通系電子マネーを利用することができるようになっておりますので、とても便利に料金の支払いが可能になっております。

交通系電子マネーを利用することができますので、キャッシュレスで登山を楽しむことなどもできるようになっております。ですが先ほどご紹介しましたようにこま参道などにはお土産屋さんなどもありますので、そちらでお買い物などを楽しまれる際には現金が必要になります。交通系電子マネーが使えるのはあくまでケーブルカーの料金のみです。

PASMOやSuicaが使えるようになっているのですが、ある条件をご利用し割引価格で乗車される際には、料金を交通系電子マネーで支払うことができないようになっております。それは誕生月割引です。大山のケーブルカーでは4月生まれの方は4月1日から26日、5月7日から10日までの間、誕生日がわかるものを提示することで割引きになります。

このように5月から9月生まれの方まで誕生日割引が利用できるようになっておりますので、ぜひ利用して安い料金でケーブルカーに乗車されてみてはいかがでしょうか。なお誕生日月の方1人につき同乗者の方3名まで割引できるようになっております。

また誕生日割引の場合には大山寺駅までの乗車券や、阿夫利神社駅までの片道乗車券は利用できないようになっております。またもちろんそのほかの割引券との併用は禁止されております。料金を安くするチャンスを上手に使ってケーブルカーを利用しましょう。

料金・時刻表

では神奈川の大山ケーブルカーの料金や時刻表についてご紹介していきます。まず料金についてなのですが、通常時と繁忙期で多少料金が違いますのでご注意ください。まず通常時なのですが大山ケーブル駅から阿夫利神社までですと、往復料金が大人1100円、子供550円となっており、繁忙期の料金は大人1240円、子供620円となっております。

なお誕生日割引を利用された場合には大人1020円、子供520円で利用することができるようになっております。ちなみに繁忙期は誕生日割引なども行っておりません。また片道は大人630円、子供320円で利用できるようになっております。

また大山ケーブル駅から大山寺や阿夫利神社から大山寺まで乗車される際の料金は、片道大人350円、子供180円となっております。また往復料金は大人600円、子供300円となっておりまして繁忙期は大人680円、子供340円となっております。

では時刻表についてご紹介していきます。まず大山のケーブルカーは9時から16時59分までの間運行していると思えておきましょう。そして各時間帯に3本づつケーブルカーが出ておりまして、大山ケーブルカー駅と阿夫利神社発のケーブルカーは0分、20分、40分に発車するようになっております。なお土日祝のみ17時0分が最終運行となります。

なお繁忙期など混雑が予想されるシーズンには臨時運行として本数を増やしておりますので、その場合には当日駅などで時刻表を再度確認するようにしておきましょう。なお大山寺発のケーブルカーの発車時間は大山ケーブルカー駅発車後2分後となっております。

そのため9時から17時までの間の2分、22分、42分となっております。なお平日の場合の最終便は大山ケーブルカー駅と阿夫利神社発のケーブルカーは16時30分発となっておりまして、大山寺発のケーブルカーは32分発となっておりますのでご注意ください。

大山ケーブルカーを使った登山コース

ではここからは実際に神奈川の大山を登山する際の登山ルートについてご紹介していきます。まずご紹介するのは大山ケーブルカーを利用した登山方法です。神奈川の大山はケーブルカーを利用して登山することができるようになっておりますのでおすすめです。

ですのでまずは大山ケーブルカーを利用する登山ルートについてご紹介していきます。こちらのルートにすることで比較的お子様でも登山を楽しみやすいですし、年配の方などと一緒の場合でも登山しやすくなっております。ぜひご家族みなさんで大山登山を楽しんでみてはいかがでしょうか。

表参道コース

まずケーブルカーを使うということでケーブルカーの駅まで向かう必要があります。そのためこま参道などを通りながらまずは大山ケーブルカー駅を目指していきましょう。こちらはお土産屋さんなどもありますし、そこまできつい坂ではないので安心です。

お土産などを見ながら登って行くのもいいのですが、お土産を購入されるのは帰りの方がおすすめになっております。これから登山をするので荷物を増やすのはやめておきましょう。ご自身の負担になってしまいます。そして大山ケーブルカー駅に着きましたら、そこから終点の阿夫利神社までケーブルカーを使って大山登山していきましょう。

そして阿夫利神社駅で下車したらまずは阿夫利神社で安全に登山できるように祈願しておきましょう。そして脇にある大山登山口からいよいよご自身の足での登山がスタートしていきます。なお阿夫利神社への階段からは江ノ島や三浦半島が見えます。

そして神社の脇にあります登山口と書かれた看板のある鳥居をくぐりますと、登山スタートとなります。まず少し急な階段がありますので、慎重に登って行くようにしましょう。とくにお子様などと一緒の場合にはしっかり手をつないであげるなどして、足を踏み外さないように注意しておいてあげることが安全に登るためのポイントになります。

そして階段を上り終えると登山道が出てきますので、そこからは登山道に従って登山するようにしていきましょう。登山道は森林などが気持ちのいい歩きやすい道になっておりますので、ゆっくり自然を感じながらの登山を楽しむことができるようになっております。

十六丁目に到着しますと蓑毛方面からの登山道と合流する形になっております。ここはベンチなどもありますので休憩スポットにぴったりになっております。神奈川の大山登山は山頂が二十八丁目となっておりまして、十六丁目からですと約50分程度で到着する予定になっております。もう少しですので一休みして水分補給などもしておきましょう。

そして二十一丁目の富士見台などを通過していきます。この富士見台では天気のいい日などですと富士山がきれいに見えますのでぜひ写真などにも収めてみてはいかがでしょうか。そして二十五丁目に来るとヤビツ峠から登山されている方々と合流します。

この二十五丁目から山頂までは約10分程度となっておりますので、本当にあともう少しです。最後まで頑張りましょう。そしていよいよ大山山頂(二十八丁目)に到着です。市街地や相模湾が一望できるようになっておりますので、山頂に着いた際にはしっかりそこから見える神奈川の景色なども楽しんでおくのがおすすめになっております。

大山ケーブルカーなしで登山するコースは?

では続いて大山登山の際にケーブルカーを利用しない登山ルートについてご紹介していきます。ケーブルカーを利用しないコースで登山をされる場合、経験者(登山中級者以上の方)と一緒であれば登山初心者の方でも大山登山することが可能といわれています。

ですがやはり時間もかかりますし無理はしないようにしましょう。大山から一番遠い駐車場は伊勢原市営大山第1駐車場となっております。ですので一番遠い場所からスタートされたい方は伊勢原市営大山第1駐車場から登山をスタートするようにしましょう。こちらは平日でも満車になっていることなどもありますので、早めに出かけましょう。

伊勢原市営大山第1駐車場から伊勢原市営大山第2駐車場までは約600mほどとなっております。まずは伊勢原市営大山第2駐車場を目指しましょう。そしてそこからケーブルカー駅まで15分程度歩いていきます。そして駅に着きましたらケーブルカーに乗るのではなく、女坂の入り口に向かいます。なお男坂は大山寺に行くことができません。

そしてそこから女坂を大山寺を目指して登って行きます。登山道にはクマの目撃情報などもありますので鈴などを持っておくのがおすすめです。そして大山寺に着きましたらそこから阿夫利神社を目指して登って行きます。

阿夫利神社からはケーブルカーを利用された方々と同じルートで登山することができるようになっておりますので、そこからですと比較的簡単に登山可能です。ぜひお時間などに余裕がある場合には、ケーブルカーを使用しない登山ルートを楽しんでみましょう。

Thumb伊勢原・大山の歩き方!登山におすすめのシーズンやバスでのアクセスも紹介!
神奈川県伊勢原市にある大山は登山客などに人気がある山です。都心からそれほど離れていないところ...

神奈川の大山登山におすすめの服装

では大山登山の際におすすめの服装についてご紹介していきます。まず肝心な服装なのですが、阿夫利神社までなのでしたら夏季などはとくに普段着でも大丈夫です。ですがそこからさらに山頂を目指すのであればきちんと準備する必要あります。

大山は比較的低い山として知られているのですが、山頂の標高は1252mとなっておりましてふもとの気温と比べるとだいたい5℃から7℃下がるといわれております。なので5月あたりでも長袖、長ズボンの登山着などを準備しておくと便利になっております。またヒルなどの目撃情報もありますので、なるべく肌の露出は避けておくのがおすすめです。

また防寒対策にも使うことができますのでレインウェアを上下持っておくと便利になっております。なお靴に関しましては登山靴(トレッキングシューズ)などを着用し、しっかり登山に備えておく必要があり、くれぐれもラフな足元で登山しないようにしましょう。

帽子などもあると便利になっておりまして、10月から4月程度まではニット帽などでも大丈夫です。また5月から9月程度まではキャップなどをかぶるだけでも違います。頭は直射日光などを避けるためにも、またケガ防止のためにもしっかり守るようにしましょう。紫外線対策などもしっかり行って登山を楽しむのがおすすめになっております。

神奈川の大山登山におすすめの持ち物

では続いて大山登山の際に必要な持ち物などについてご紹介していきます。まずリュックについてなのですが、30L程度入るものを準備しておきましょう。とくにケーブルカーを使わずに登山する方は水分なども多めに準備しておく必要があります。

登山中の脱水症状は大変危険になっております。しっかり途中途中で水分補給をするためにも、きちんと量を計算して水分を持っていくようにしましょう。また飴やチョコレートやクッキーなど簡単に食べることのできるお菓子などをポケットの中などに入れておくと、少し疲れてしまった!というときなどに適度に糖分摂取ができておすすめです。

また日焼け止めなどの紫外線対策グッズなどを持っておくと便利になっておりまして、救急セット(絆創膏など)などと一緒に持っておきましょう。また先ほどご紹介したのですがヒルの目撃情報などもありますので、ヒル対策として塩などがあると便利です。

また鎖場などもありますので軍手などを持っておく必要もありますし、暗くなってしまったときのことを考えてヘッドライトなどもあると便利になっております。荷物は必要最低限にしておきたい気持ちもあるのですが、必要な物はしっかり準備して持っていくようにしましょう。なお保険証などは登山する際には必ず携帯しておきましょう。

大山ケーブルカー乗り場までのアクセス

では大山ケーブルカー駅までのアクセス方法をご紹介していきます。ケーブルカーを使うことでお子様や年配の方と一緒に登山を楽しむことなどもできるようになっておりますので、ぜひアクセス方法などをきちんと理解したうえで、大山ケーブルカーを利用されてみてください。

電車でのアクセス方法、バスでのアクセス方法、お車でのアクセス方法とそれぞれご紹介していきます。ぜひ参考にされてみてはいかがでしょうか。

電車でのアクセス

ではまず電車でのアクセス方法からご紹介していきます。まず電車をご利用の方の場合は伊勢原駅を目指していただくようになっております。神奈川県にあります伊勢原駅までのアクセスは各路線によって違ってきますので各自調べるようにしましょう。

だいたいの目安になるのですが新宿からですと60分程度、小田原駅からですと30分程度で伊勢原駅までアクセスすることができるようになっております。そして伊勢原駅から大山ケーブルバス停まではバスで約30分程度となっておりますので、伊勢原駅からはバスで大山ケーブルバス停までアクセスしましょう。

なお伊勢原駅からバスを利用しない場合には、タクシーなどを使うアクセス方法もあります。ですがこの場合料金などが高くなってしまいますので、できるだけバスでのアクセスがおすすめになっております。

バス停からは15分程度歩くことで大山ケーブルカー駅に到着することができるようになっております。こま参道などはたくさんのお店などもありますので、ぜひ楽しみながら歩いてみてはいかがでしょうか。

バスでのアクセス

ではバスでのアクセス方法についてご紹介していきます。バスをご利用の際には先ほどもご紹介した大山ケーブルバス停を目指していただくようになっております。各方面からバスで向かうことができるようになっているのですが、時間的にも電車とバスを利用するのがおすすめになっております。

また登山のための荷物なども多いですので乗り換えなどが多くなる場合にはバスだけでアクセスするのは控えましょう。また大山は人気のスポットになっておりますので、平日などでも多くの方が訪れるといわれております。

そのため混雑を避けるためにバスをご利用されるのは人気です。ですがより混雑を避けたいのであればタクシーなどを使うようにしましょう。伊勢原駅から大山ケーブルバス停までは、バスで約30分程度かかります。

そのため登山をお考えの方は荷物などもありますので、座席を確保することが大切です。登山開始の時間帯として人気の午前中などはバスを利用する方なども増えますので注意しましょう。

車でのアクセス

では最後に自動車でのアクセス方法をご紹介していきます。やはり登山するとなりますと荷物などもありますのでご自身のお車でのアクセスが人気になっております。大山には駐車場などもありますので、お車でのアクセスは便利になっております。

東名厚木ICからですと国道246号経由することで約40分程度、東名秦野中井ICからですと国道246号経由することでこちらも約40分程度でアクセス可能です。所要時間に関しましては当日の道路の渋滞状況によっても変わってきます。

大山ケーブルカー利用に便利な駐車場情報

では登山客の方に人気のお車でアクセスされる際に、便利な駐車場のご紹介をしていきます。大山登山の際には2つの駐車場を利用するのが人気になっておりますので、ぜひ参考にされてみてください。

なおこれからご紹介する2つの駐車場は大山登山口からそれぞれ距離が違っております。そのため駐車場料金なども違いますのでご注意ください。

市営第1駐車場

まずご紹介するのは市営第1駐車場です。こちらの駐車場料金は1日普通車が600円、大型車が1500円となっております。なおこちらの駐車場の方が遠くにありますので、もう一つの駐車場よりは人気が低いのですが、それでも満車になることも多いです。

それだけ大山は登山客の方々に人気になっておりますので、お車でお越しの際にはなるべく早めにおでかけされるようにしてみてはいかがでしょうか。

市営第2駐車場

最後にご紹介するのは市営第2駐車場です。こちらの駐車場の方がケーブルカー乗り場などにも近くなっておりますので人気になっております。そのため市営第1駐車場よりも人気が高く早くに満車になってしまう可能性が高いです。

駐車場料金は普通車が1日1000円となっておりまして、二輪車が1日200円となっております。大型バスなどは市営第2駐車場には駐車することができませんのでご了承ください。なお人気の駐車場ですしケーブルカー乗り場にも近いですので駐車場料金も市営第1駐車場より高めになっております。

大山登山ならケーブルカーの利用がおすすめ!

いかがでしたでしょうか。今回は神奈川にありますケーブルカーを使って登山を楽しめる人気の大山についてご紹介しました。ケーブルカーを利用できるということで初心者の方でも登山を楽しむことができるようになっております。ぜひみなさんも人気の大山登山を楽しんでみてはいかがでしょうか。

関連記事

Original
この記事のライター
kiki

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ