めじろ台のラーメン二郎の人気メニューまとめ!アクセスや食べ方も紹介!

関東を中心に人気のラーメン店、ラーメン二郎、その直系店が東京の八王子市めじろ台にあります。人気ラーメンチェーン店だけに、行列ができる繁盛店になっています。今回は、そんなラーメン二郎めじろ台店のメニューやアクセス方法やラーメンのボリュームまでを紹介します。

めじろ台のラーメン二郎の人気メニューまとめ!アクセスや食べ方も紹介!のイメージ

目次

  1. 1ラーメン二郎めじろ台店へいざ出陣!
  2. 2めじろ台はどんなところ?
  3. 3二郎ラーメンの特徴
  4. 4ラーメン二郎めじろ台店の外観・内観
  5. 5ラーメン二郎めじろ台店のボリューム
  6. 6ラーメン二郎めじろ台店の人気メニュー3選
  7. 7ラーメンの食べ方を紹介
  8. 8ラーメン二郎のラーメンを美味しく食べる食べ方
  9. 9ラーメン二郎めじろ台店の詳細情報
  10. 10ラーメン二郎めじろ台店の口コミ
  11. 11ボリュームたっぷりの二郎ラーメンを食べよう!

ラーメン二郎めじろ台店へいざ出陣!

今、関東を中心に人気のラーメン店といえば、ラーメン二郎です。どちらかといえば、がっちり食べられるラーメンで、トッピングや量など好みの選択肢も多くなっています。そんなラーメン二郎のめじろ台店は東京都八王子市にあるお店です。近くに大学もあり、いつも賑わっている人気のラーメン店です。

めじろ台はどんなところ?

めじろ台(めじろだい)は、東京都八王子市西南部の地名です。学習院大学が有る目白区、目白ではありません。

比較的新しい街で、八王子市の南西部の丘陵に位置しています。昭和42年(1967年)に、京王帝都電鉄(京王電鉄)が、京王めじろ台団地の造成を行い、めじろ台駅を開業し、急速な住宅地化が進みました。現在、めじろ台のほぼ全域が住宅地となっています。

二郎ラーメンの特徴

現在、ラーメンの一大人気系統が二郎系ラーメンです。「ラーメン二郎」を中核にして二郎系ラーメンとして大きく広がっています。麺は「ワシワシしている」と表現される極太麺で、硬めに茹でるちぢれ麺が主流です。 

二郎系ラーメンのスープは、背脂を目いっぱい豊富に使い、豚肉の出汁が決め手の醤油味がメインになっています。チャーシューは厚切りの煮豚が多く使われ、野菜は茹でたモヤシとキャベツがメインで、目一杯乗せます。ニンニクはお決まりの刻み生ニンニクを使います。

二郎系ラーメンはボリュームいっぱい!

二郎系ラーメンは、量が多いのが特徴です。食べられる自信があれば問題はありませんが、最初は、残すよりも、中ラーメン、小ラーメンから挑戦してみましょう。

「ラーメン二郎」は、昭和43年(1968年)に、東京都目黒区の東京都立大学の近くで創業しています。創業当初は苦戦の時代もあったようですが、創業者の総意工夫と熱意で現在の多くの人に愛される「ラーメン二郎」を確立させました。今は、東京や関東圏を中心に約40店舗あります。めじろ台店はそのうちの1店舗です。

ラーメン二郎めじろ台店の外観・内観

ラーメン二郎めじろ台店について、お店の外観や内観も気になります。ラーメン二郎直系のお店はある程度同じような面もありますが、出店している場所や入店している建物によって、それぞれのお店の個性も出ている場合があります。ラーメン二郎めじろ台店はどうでしょうか。

外観

「ラーメン二郎めじろ台店」は、小さめのビルの1階に入っています。ラーメン二郎の特徴ですが、お店の看板は黄色地に黒い字で「ラーメン二郎 めじろ台」となっています。

ラーメン二郎の主体もほぼ統一されていて、大きめの書体で、ラーメン二郎、支店名のめじろ台店は、遠慮がちに奥ゆかしく、小さい字で書かれています。

内観・券売機

「ラーメン二郎めじろ台店」は、席数がカウンターのみの18席です。当然ですが禁煙です。ラーメン二郎としてはよく見かけられる店内の様式になっています。券売機は入口のところに設置してあります。メニューもわかりやすくシンプルになっていて、メインメニューにプラスできる選択できます。

ラーメン二郎めじろ台店のボリューム

ラーメン二郎めじろ台店だけではありませんが、ラーメン二郎のボリュームは通常のラーメン店と異なります。

ラーメン二郎の小のボリュームは、基本的に一般的なラーメン屋さんの2倍以上のボリュームです。大になると、3倍以上のボリュームがあります。

小ラーメンでも、本当に量が多くボリュームいっぱいで食べきれない方もいるくらいです。ボリュームが多いだけに決して無理はしないほうが、美味しく二郎ラーメンが食べられます。

ラーメン二郎めじろ台店の人気メニュー3選

「ラーメン二郎めじろ台」の人気メニューは、小ラーメン(750円)、ぶた小ラーメン(850円)、大ラーメン(850円)、ぶた大ラーメン(950円)、つけ麺(900円)、汁なしラーメン(+100円)、生たまご(50円)です。その中から、人気メニュー3点とプラスワンで紹介します。

小(大)ラーメン

やはり「ラーメン二郎めじろ台店」の看板メニュー、ラーメンは美味しいと評判です。野菜は、茹でたキャベツともやしが4:6位の割合で、キャベツが多めになっています。シャキシャキ感が楽しめる茹で加減が抜群です。

野菜の上に十分に乗った背脂は、甘味が強く感じられる味になっていて、これを野菜と一緒に食べても美味しくいただけます。

下にある麺と野菜の位置をかえる、天地返しをしてから、味が染みた麺を食べながらスープも味わえます。

醬油ラーメンのスープは、乳化度が低めでマイルドで濃厚になっています。背脂のコクやこってり感も相まって美味しいラーメンになっています。

太麺で食べごたえいっぱい!

麺は、自家製の平打ちタイプで太目のストレート麺です。スープとも良い感じに絡まります。ラーメン二郎はボリュームいっぱいで食べごたえ満載です。

その他のトッピングは、豚、背脂、刻みニンニクで、豚は、分厚くて大きめです。豚の腕肉のようです。口に入れるとすぐにとろけるような柔らかさで、旨味があふれ、ボリューム感もあります。

味の決め手になる刻みニンニクですが、これだけは個人差があり、それぞれの好みがおすすめになります。 

ラーメン二郎めじろ台店には、ミニラーメン(650円)があります。ミニとなっていますが、普通のお店のラーメンと同じ量はありそうです。めじろ台店に女性客が多いのはこのミニラーメンがあるからかもしれません。

ぶた小(大)ラーメン

ぶた小やぶた大などの「豚」の表記は、豚、つまりチャーシューの枚数を表しています。ラーメン二郎ではチャーシューは豚のことです。

「ラーメン二郎めじろ台店」だけではありませんが、ぶたラーメンは、美味しいチャーシューが付くことです。どんどん、ラーメンがすすみます。

ラーメン二郎めじろ台店の「ぶた(大)ラーメン」は、麺は汁をよく吸う自家製の太麺で、ぶたはしっとりした味がしみ込んだ美味しい味付けになっています。スープは、微乳タイプで、野菜は、モヤシ7:キャベツ3か、6:4の割合です。刻みニンニクがラーメンの味を引き立てます。

つけ麺

今や専門店もあるくらいの人気のつけ麺、ラーメン二郎めじろ台店にもつけ麺があります。つけ麺の野菜は、茹で加減もよくシャキシャキでおいしいく食べごたえ満点です。

麺は、ボリュームいっぱいに盛られていて、麺はきりっと締められています。つけ麺だけにそのまま食べても十分おいしい麺です。

スープは濃いめですが、さっぱり感があり、きっちりしまった麺とのバランスは最高です。トッピングのアブラも食べ進む時に良いアクセントになります。豚は大き目の物が乗っていて、脂身と赤身のバランスも絶妙で柔らかく、うまみが染みていて、つけ麺はトータルでハイレベルな味です。

汁なし

ラーメン二郎めじろ台店の気になるメニューが、「汁なし」です。汁なしは、丼の底にタレが沈んでいて、そこに麺、その上に野菜とチャーシュー、卵黄が乗せられます。

野菜がたっぷり乗っていて、麺に辿り着くのがすこし大変です。多少柔らかい麺に濃いめのタレ、そこにコショウの辛みが加わり、スープラーメンとは違うおいしさです。

ストレート系の麺に野菜がたっぷり乗っています。アブラマシを注文するとたっぷり乗ってきます。スープがないだけに、トッピングの味がストレートに味わえます。汁なしでも完成度が高いメニューでとても食べやすく出来上がっています。

汁なし独特の粘り気が、麺にまとわりつくと野菜との相性が良くなく、早めに食べ進めた方が美味しような気がします。豚も食べごたえある量です。ラーメン二郎は、汁なしでも量が多くて食べるのは大変です。

ラーメンの食べ方を紹介

ラーメン二郎のラーメンは、自分好みのラーメンの選択の幅があります。そのために、ラーメン二郎では、注文時に自分が食べたいラーメンの意志をはっきりと、お店に伝える必要があります。そこで、ラーメン二郎めじろ台店でのラーメンの食べ方→注文の仕方を紹介します。

ラーメン二郎めじろ台店での注文方法

二郎ラーメンで、麺を少なくしてほしい場合や、味を薄めにしてほしい場合は、お店のスタッフに食券を渡す際にはっきりと伝えましょう。

ラーメン二郎は、美味しくラーメンを食べるためには、自分の意思表示を明確にする必要もあります。

トッピングコールとは?

ラーメン二郎では、野菜、アブラ(背脂)、カラメ(タレ)、ニンニクの4種類は、基本的無料のトッピングになります。自分の意志を伝えなければ、4種類全てが普通に入ってきます。さらに、トッピングについては、好みの量を伝えて、増やすことも減らすこともできます。

注文の一例は「野菜多め(増しor増し増し)・ニンニク多め(増しor増し増し)・アブラ多め(増しor増し増し)・カラメ」という注文方法もできます。

このような注文は、ラーメンが出される前に、お店のスタッフから聞かれるので、それまでに決めておいてはっきりと伝えましょう。

ラーメン二郎のラーメンを美味しく食べる食べ方

ラーメン二郎は、めじろ台店以外でも超人気店で、時間帯や天候にもよりますが、ほぼ必ず並んで待つことになります。二郎ラーメンを美味しく食べる食べ方は、待っている時間から始まります。楽しんで待つか、ふてくされて待つかだけでも、美味しさに差が出てきそうです。

美味しく食べる食べ方の基本ですが、間違っても、一人で友達の分まで並んでいる、はありません。割り込みは一切禁止です。

ラーメン二郎の店舗は住宅街にあることが多く、車道にはみ出さないようにまっすぐ一列に並んで、静かに待ちます。私語も控えめにしましょう。これが美味しい食べ方の準備です。

サイズやトッピングの準備が大事

美味しく食べる食べ方は、食券購入時にも大事です。行列の前のほうになると店内に入り食券機で食券を買います。店員さんが出てきて「大きさは?」と聞かれた場合は、「小」か「大」とはっきりと希望サイズを答えましょう。

着席する前に、セルフで水をコップに汲んでおきましょう。水は美味しくラーメンが食べられる食べ方です。めじろ台店は給仕されるそうです。
 

美味しくラーメンを食べる食べ方ですが、ラーメンのスープの飲み方も大事です。ラーメン二郎は、れんげがないお店が多いので、スープを飲む際は、思いっきり両手でどんぶりを持ち上げ、濃厚なスープを飲みましょう。

天地返しで最後まで美味しい!

美味しくラーメンを食べる重要なポイントの食べ方が、天地返しです。ラーメンの麺はスープを吸いやすく、時間の経過で麺が伸びていきます。そこで天地返しです。

天地返しは、丼の中に埋もれている麺を表に出して、上部の麺を丼の下部に移すことです。麺の伸びを抑制する効果があります。

美味しくラーメンを食べる食べ方の終了は、食べ終わった丼とコップをカウンター上段に返します。そして、備え付けの雑巾でテーブルを拭きます。これが、ラーメン二郎で美味しくラーメンをたべる、暗黙の常識といわれる食べ方です。

ラーメン二郎めじろ台店の詳細情報

「ラーメン二郎めじろ台店」を訪ねてみても定休日であったり、時間外などのことがないように、お店の詳細情報を紹介します。定休日だけでなく、営業時間、アクセス方法や駐車場の有無もお知らせします。ラーメン二郎めじろ台店について、事前に知っていて決して無駄にならない情報です。

ラーメン二郎めじろ台店の営業時間・定休日

ラーメン二郎めじろ台店の営業時間ですが、11:30~14:30と、18:00~21:00の2部制になります。定休日は、日曜日・木曜日・祝日になります。

住宅街のラーメン店で、日曜日と木曜日を定休日にするのは珍しいようです。ラーメン二郎めじろ台店を訪ねる曜日は注意しましょう。

ラーメン二郎めじろ台店のアクセス・駐車場

「ラーメン二郎めじろ台店」へのアクセスですが、京王電鉄高尾線の「めじろ台」駅から徒歩約12分です。めじろ台駅から距離にすると約631メートルです。同じく京王電鉄の「山田」駅からのアクセスは徒歩15分になります。

めじろ台駅からの徒歩でのアクセスですが、北川方面に出て大通りを直進します。バーミヤンやハードオフの前を通り、COCOSを左折して直進します。すると右側にお店が見えてきてアクセスできます。

「ラーメン二郎めじろ台店」へ車でアクセスの場合は、お店は東京にあるラーメン屋さんですが、駐車場があります。お店の斜め向かいの井上駐車場に、4台駐車できます。車でのアクセスも可能です。 

住所 東京都八王子市椚田町513-9

ラーメン二郎めじろ台店の口コミ

「ラーメン二郎 めじろ台店」のストレートな評判は、口コミが参考になります。現在は情報社会で、情報が情報を呼び起こすこともあって、人気店ほどたくさんの情報が発信されています。それだけそのお店を詳しく知ることができます。インターネット上のラーメン二郎めじろ台店の口コミです。

店内は余裕があり、広々としていて清潔で、接客も丁寧で女性客も数名いました。ラーメンの麺はやや柔らかめで、標準的な太さです。野菜はシャキッとしていて、キャベツも多く入っています。豚はかなり大きめです、というような高評価の書き込みがあります。

美味しいラーメンの評価

「ラーメン二郎 めじろ台店」へのアクセスは、めじろ台駅からは徒歩で10分程度のあります。11:30頃でもほぼ満席です。店内はコの字カウンター17席あります。

ラーメンの味についての書き込みでは、ブタ肉、ヤサイ、アブラやらがごってり盛られていて、見た目から幸せを感じます。スープは、程よく乳化した豚骨スープに香味野菜が大量にぶち込まれているみたいで、野菜の甘みが溶け込んでいます。

麺は加水率低めで二郎にしては細めな中細麺です。厚みのあるブタは柔らかく、味付けもよくできています。ヤサイはモヤシ6:キャベツ4の割合で、キャベツがおいしくできています。以上のように、細部にわたり、美味しいラーメンの評価があります。

Thumb八王子のラーメン店厳選17選!人気の名店などおすすめのうまい店紹介!
八王子は東京なのに自然が豊かで暮らしやすい街で、大学も多く、活気に満ち溢れた学園都市です。そ...
Thumb「ラーメンエース」は八王子の人気二郎系!メニューやおすすめの食べ方を紹介!
八王子にあるラーメンエースは、二郎系ラーメンが食べられるお店です。二郎系ラーメンが好きな人に...

ボリュームたっぷりの二郎ラーメンを食べよう!

ラーメン二郎めじろ台店はいかがでしょうか。メニューやアクセス方法など参考にしてください。二郎ラーメンは美味しいメニューが驚くばかりのボリュームで食べられます。がっちりラーメンを食べたい人は大喜びのお店です。ボリュームたっぷりの二郎ラーメンを食べましょう。

関連記事

Noimage
この記事のライター
yuribayashi

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ