小山田緑地(町田)はアスレチック遊具が人気の公園!散策もおすすめ!

皆さんは、町田にある小山田緑地という公園をご存じでしょうか。なんと東京ドーム10個くらいのとてつもない敷地の公園で、公園という名ではなく緑地となっているのもわかる気がします。町田の小山田緑地で人気のアスレチックや遊具、おすすめの散策をご紹介します。

小山田緑地(町田)はアスレチック遊具が人気の公園!散策もおすすめ!のイメージ

目次

  1. 1町田の人気公園『小山田緑地』をご紹介!
  2. 2『小山田緑地』ってどんな公園?
  3. 3『小山田緑地』のおすすめポイント
  4. 4『小山田緑地』にあるアスレチック遊具
  5. 5『小山田緑地』の見どころ
  6. 6『小山田緑地』は四季折々の散策を楽しめる
  7. 7『小山田緑地』の基本情報
  8. 8『小山田緑地』へのアクセス
  9. 9『小山田緑地』でゆっくりとした時間を楽しもう!

町田の人気公園『小山田緑地』をご紹介!

町田で人気の公園『小山田緑地』は、広大な敷地を擁する公園で、もうその公園だけで生態系ができてしまっているのではないかと思うほど広大です。ここが東京の町田なのかと思うほど自然豊かな場所で、地元の人々だけでなく、町田以外からも散策にやってくるほど人気です。

町田の公園『小山田緑地』は、アスレチックや遊具もあるので、子連れでの散策にもぴったりな公園です。広大な敷地の中で、子供たちも思いっきり体を動かして遊べます。町田の公園『小山田緑地』のアスレチックや遊具、おすすめの散策をご紹介します。

町田の公園厳選11選!大型遊具やアスレチック・子供におすすめの水遊びもあり!

『小山田緑地』ってどんな公園?

町田の『小山田緑地』ってどんな公園と一言でいうならば、自然豊かな生態系の中で、四季折々の楽しみ方ができる公園ということではないでしょうか。町田の『小山田緑地』は、ここの公園内だけで四季を感じることができる公園でおすすめです。

町田の『小山田緑地』は、子供たちにも人気で、小さな子供たちが遊べる遊具も、小学生が元気に遊べるアスレチックもあります。週末には、子供連れの親子の姿が多くみられる公園でもあります。

アスレチック遊具を楽しめる公園

町田の『小山田緑地』は、アスレチック遊具を楽しめる公園として人気があります。みはらし広場というところには、アスレチック遊具が整備されていて、小さな子供から小学生までが元気よく遊ぶことができるのでおすすめです。

子供と週末に出かける公園としては、アスレチック遊具が揃っているので、一日中ハイキング気分で出かけても良い公園です。子供は、アスレチック遊具で思いっきり遊んでストレス解消をすることができます。

自然散策などゆっくりとした時間を過ごせる!

町田の『小山田緑地』は、自然散策などゆっくりとした時間を過ごせる公園なんです。散策路もしっかりと整備されていて、四季折々の自然を満喫することができるのでおすすめです。なんて言っても、東京ドーム10個分ほどにもなる広大な公園なので、ハイキング気分を味わうことができます。

町田で人気の公園『小山田緑地』は、その広大な敷地から公園というよりも自然そのものといってもいいくらいに自然豊かな公園です。春の散策も、夏も秋も、そして冬も四季折々の散策を楽しむことができます。

週末に気軽にハイキング気分で散策できる散策路もあるので、カップルで楽しむこともできる公園でもあります。公園であるにも関わらず、マイナスイオンを感じることのできるそんな公園なんです。

『小山田緑地』のおすすめポイント

ここでは、『小山田緑地』のおすすめポイントをいくつかご紹介しましょう。広大な敷地の『小山田緑地』はおすすめポイントが数多くありますが、その中でもおすすめなポイントを厳選してご紹介しましょう。

『小山田緑地』のおすすめポイントは、まずはなんといっても子供に人気のアスレチック遊具です。そのほかには、散策であったり、ボール遊びが楽しむことができるのもおすすめポイントになります。それぞれのおすすめポイントを詳しくみていきましょう。

おすすめポイント(1) アスレチック遊具

最初にご紹介する『小山田緑地』のおすすめポイントは、アスレチック遊具があるということです。子供のいるパパママにとって、このアスレチック遊具があるかないかで、その公園に行くか行かないか決めるくらい重要な設備です。

アスレチック遊具は、みはらし広場内に設備されています。あとで、おすすめなアスレチック遊具をご紹介しますが、ここでは簡単にどんなものがあるかご紹介しておきましょう。

ターザンロープやけもののトンネル、たぬきの小道、ジャングルジム、ミニふわふわドーム、平均台、すべり台などがあり、どれも木でできているので、子供にもとっても優しいアスレチック遊具になります。

おすすめポイント(2) 散策

次にご紹介する『小山田緑地』のおすすめポイントは、散策を楽しむことができるということです。広大な敷地を散策できるように、しっかりと散策路が整備されています。とても気持ちよく散策ができる散策路で、ご年配の方でも安心して散策を楽しめます。

散策路はとても歩きやすいので、子供との散策にもぴったりなので、週末に子供と一緒にハイキング気分で散策を楽しんではいかがでしょうか。

おすすめポイント(3) ボール遊び

次にご紹介する『小山田緑地』のおすすめポイントは、ボール遊びを楽しむことができるということです。『小山田緑地』のみはらし広場には「小山田の牧」という広々とした芝生のスペースがあるので、子供と一緒にボール遊びを楽しむことができるのでおすすめです。

また、本格的にサッカーを楽しみたいということでしたら、グランドもあるので小学生以上の子供がサッカーをするにもおすすめの公園です。

『小山田緑地』にあるアスレチック遊具

ここでは、『小山田緑地』にあるアスレチック遊具について詳しくご紹介しましょう。『小山田緑地』には、実にたくさんのアスレチック遊具がありますが、その中からおすすめのアスレチック遊具を3つほどご紹介しましょう。

どのアスレチック遊具も木製なので、とても安全に配置もされていて、小さな子供でも楽しむことができるのでおすすめです。

ターザンロープ

最初にご紹介する『小山田緑地』にあるアスレチック遊具は、「ターザンロープ」です。ターザンロープというと木の高いところからというイメージがあるかもしれませんが、ここのターザンロープは、とても緩やかなターザンロープなので、小さな子供でも安全に楽しむことができます。

ターザンロープは、子供でもすぐに足がつくほどの高さなので、万が一転んでもけがをすることはほとんどないでしょう。

けもののトンネル

次にご紹介する『小山田緑地』にあるアスレチック遊具は、「けもののトンネル」です。けもののトンネルは、木の丸太が組み合わせて設置してある設備で、くぐったり登ったりと楽しむことができるアスレチック遊具になります。

小さな子供は、丸太をくぐるだけでも喜んでもらえそうなアスレチック遊具になります。小学生くらいになれば登ったりすることも可能です。

ジャングルジム

次にご紹介する『小山田緑地』にあるアスレチック遊具は、「ジャングルジム」です。ジャングルジムもイメージがかなり大きなものを想像するとは思いますが、ここのジャングルジムは、虫のような地面にあるジャングルジムになります。

とても小さなジャングルジムなので、くぐったりする感じで、小さな子供でも遊ぶことができるジャングルジムとなっています。

『小山田緑地』には、そのほかにも小さな子供が楽しめるアスレチック遊具があるので、子連れで週末を過ごすにはおすすめの公園となります。

『小山田緑地』の見どころ

ここでは、『小山田緑地』の見どころについてご紹介しましょう。『小山田緑地』は広大な自然豊かな敷地にある公園ということでもあり、見どころもあちこちにあります。展望台にもなっている広場もありおすすめです。

『小山田緑地』は、自然豊かな公園ということもあり、自然の生態系がしっかりと保たれているそんな公園なので、見どころも多いです。

トンボ池

最初にご紹介する『小山田緑地』の見どころは、「トンボ池」です。トンボ池は、丘陵からのわき水を利用している池で、夏の初めごろには、トンボが産卵にやってきて、トンボが舞うそんな池で子供たちにも人気があります。

このトンボ池以外にも、アサザ池などの池もあり、自然豊かな風情を楽しむことができるので、散策のときには立ち寄ってほしい見どころのひとつになっています。

つり橋

次にご紹介する『小山田緑地』の見どころは、「つり橋」です。公園内につり橋がある公園って、そう多くはないのではないでしょうか。梅木窪分園は中へ中へと進むと、雑木林が茂り、その奥につり橋があります。

散策の途中で楽しむことができて、つり橋をわかっていくと、気持ち良い風が吹き渡っています。夏には新緑の、秋には紅葉のつり橋を楽しむことができるのでおすすめです。

サービスセンター

次にご紹介する『小山田緑地』の見どころは、「サービスセンター」です。サービスセンターは、トイレなども整備されている建物で、建物内には、昆虫の標本などもあるので、夏休みの自由研究に利用するという方法もおすすめです。ちょっとした休憩としても利用することも可能です。

みはらし広場

次にご紹介する『小山田緑地』の見どころは、「みはらし広場」です。みはらし広場は、標高123mほどある展望台としての役割もあり、丹沢から多摩丘陵の山々の眺望を楽しむことができます。

また、さきほどもご紹介したように、みはらし広場には、アスレチック遊具があり子供たちと過ごすにもぴったりな場所です。

『小山田緑地』は四季折々の散策を楽しめる

ここでは、『小山田緑地』は四季折々の散策の楽しみ方を季節ごとにご紹介しましょう。『小山田緑地』は、公園内で四季の移り変わりを楽しむことができる公園です。公園で四季を感じることができるということは、それだけ自然に囲まれているということです。

四季折々の花だけでなく、見ることのできる生き物も移り変わっていくので、子供たちも色々な生物を見れるので楽しむことができます。

春の楽しみ方

『小山田緑地』の春の散策の楽しみ方は、春には、カントウタンポポやホトケノザ、ヒメオドリコソウなどの冬の寒さに耐えた花々がけなげに咲き始めるそんな季節です。テングチョウやキアゲハ、シオヤトンボなどの昆虫も見られるようになります。

カルガモやウグイスなども元気に声を上げる季節になります。「新緑の小山田緑地を訪ねて」や「鶴見川源流祭」などのイベントも開催されます。

夏の楽しみ方

『小山田緑地』の夏の散策の楽しみ方は、ネムノキやヤマユリ、アサザ、クサギなどの花々がカラフルに咲き乱れる季節になり、新緑も青々としてとても元気になる季節です。こどもたちも夏休みに入って、元気よく公園で遊ぶことができます。

カブトムシやオニヤンマ、セミなども元気よく動き回る季節になり、昆虫好きの子供にも人気で、自由研究にもおすすめな季節です。「親子で楽しむ昆虫観察会」などのイベントも人気です。

秋の楽しみ方

『小山田緑地』の秋の散策の楽しみ方は、キンエノコロやススキ、カントウヨメナなどの花々が咲いて、雑木林が黄色やオレンジ、真っ赤へと変化する季節でもあります。秋の紅葉を散策で楽しむにもぴったりなのでおすすめです。

秋には、「鶴見川源流祭とことん巡り」や「晩秋の小山田緑地を歩こう」などのイベントも開催されて人気があります。

冬の楽しみ方

『小山田緑地』の冬の散策の楽しみ方は、落ち葉を踏んでの散策を楽しめる季節となり、池ではバードウオッチングなども楽しむことができます。キーンと張り詰めた空気の中の散策もまた、四季を感じることができるのでおすすめです。

冬には、人もまばらで、公園には静寂が訪れます。冬の静寂の音というのも楽しむことができるのでおすすめの季節でもあります。「野鳥観察会」などのイベントも開催されます。

『小山田緑地』の基本情報

ここでは、『小山田緑地』の基本情報についてご紹介しましょう。開園日は常時開園となりますが、サービスセンター及び各施設は年末年始はお休みとなります。入園料は基本的に無料となっています。

芝生運動広場は無料で利用することができますが、小野球場については有料スポーツ施設となっています。ペット同伴での散策も可能ですが、リードをつけてフンは必ず持ち帰るようにしてください。

『小山田緑地』へのアクセス

最後に、『小山田緑地』へのアクセスについてご紹介しましょう。『小山田緑地』へのアクセスは、多摩モノレール駅からのアクセスと町田駅からのアクセスが可能です。

車でのアクセスも可能ですが、心配なのがやはり駐車場ではないでしょうか。その駐車場についての情報もここでご紹介しておきましょう。

多摩モノレール駅からのアクセス

多摩モノレール駅からのアクセスですが、京王・小田急・多摩モノレール「多摩センター」から京王バス日大三高行きに乗車していただいて、「扇橋」バス停で下車してください。

「扇橋」バス停で下車しましたら、徒歩でさらに12分ほどでアクセスができます。自然豊かな場所ということもあり、駅からは離れています。

町田駅からのアクセス

町田駅からのアクセスですが、JR横浜線・小田急線「町田」から神奈川中央交通バス小山田行きのバスに乗車してください。

小山田行きのバスに乗車しましたら、「大泉寺」で下車して徒歩12分です。あるいは、多摩丘陵病院行きのバスに乗車していただいて、「扇橋」バス停で下車していただき、同じく徒歩で12分ほどでアクセスが可能です。

車でのアクセスと駐車場

『小山田緑地』の駐車場ですが、65台駐車できる駐車場が用意されています。利用料金も無料ですので、車でのアクセスもおすすめです。

『小山田緑地』の駐車場は、9時から17時までが利用可能で、夜間は閉鎖されますのでご注意ください。車でのアクセスは、国道16号にて鶴川方面へとアクセスするとわかりやすいです。

町田の温泉施設9選!日帰りや岩盤浴に露天風呂などおすすめの人気店紹介!

『小山田緑地』でゆっくりとした時間を楽しもう!

町田で人気の『小山田緑地』の魅力やアスレチック遊具、散策などについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

東京ドーム10個分にもなる広大な敷地の『小山田緑地』は、自然を満喫することができるのでおすすめです。週末に、ぜひとも、子供と一緒にアスレチック遊具を楽しんではいかがですか。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
phoophiang

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ