北アルプス登山にチャレンジ!王道の縦走コースや人気のルートも紹介!

北アルプスには様々な登山ルートがあります。難易度の高いコースであったり、初心者でも気軽に登山が楽しめるコース、人気のコースといった感じに内容も様々です。北アルプスの魅力とともにおすすめの登山コースをたっぷりと紹介していきます。

北アルプス登山にチャレンジ!王道の縦走コースや人気のルートも紹介!のイメージ

目次

  1. 1北アルプスの登山コースを満喫しよう!
  2. 2北アルプスを攻略したい!
  3. 3北アルプスの魅力
  4. 4北アルプスの登山コースを難易度順に解説!
  5. 5北アルプスの初心者におすすめのコース
  6. 6北アルプスの人気の王道コース
  7. 7北アルプスの場所・アクセス
  8. 8安全に北アルプス登山をしよう!

北アルプスの登山コースを満喫しよう!

北アルプスは、登山愛好者に人気の高い山岳エリアで人気のコースが数多くあります。上級者向けの難易度の高いコースだけではなく、登山初心者でもチャレンジできる人気のコースもあります。老若男女問わずチャレンジできるのが北アルプスのコースの魅力です。

北アルプスには、美しい山容であったり、四季折々の変化を楽しめる光景に夏季も解けることのない大雪渓といった感じにたくさんの見どころがあります。北アルプスのおすすめのコースについて紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

Thumb唐松岳の日帰り登山ガイド!北アルプスで初めに登りたい初心者向けの山!
北アルプスの後立山連峰に属する唐松岳は、リフトやゴンドラでアクセスしやすく日帰り登山も可能な...

北アルプスを攻略したい!

北アルプスに登山に出かけたいが時間がないといった方には日帰りで登山も楽しめます。北アルプスは中央や南アルプスに比べても比較的アクセスがしやすく、時間がないという方でも日帰りで安心して気軽に登山が楽しめる場所もあります。

北アルプスは飛騨山脈の呼び名です。日本百名山が15座も存在するといった国内でも屈指の山岳地帯になります。最奥部に位置している鷲羽岳や水晶岳などといった場所は日帰りは難しいコースとなっていますが、乗鞍岳など気軽に利用できる山もあります。

乗鞍岳は比較的アクセスしやすいコースとなっており、高原バスを利用した場合には、標高2700mの畳平までアクセスが可能となっており、標高が3026mの剣ヶ峰まではおよそ90分ほどで登頂ができます。初心者でも気軽に登山を楽しむことのできるコースです。

槍ヶ岳や穂高連峰のほか、北アルプスの山々や御岳、白山などを一望することができるので心も身体もリフレッシュすることができます。乗鞍岳には23の峰のほか、7つの湖に8つの平原があるので、自然豊かな光景を満喫することができます。

北アルプスの初心者におすすめの山として人気の高いのが燕岳になります。花崗岩の山肌は独特な雰囲気があり、自然豊かな光景を満喫することができます。合戦尾根ルートは急な場所が多いのですが、登山道がしっかりと整備されているため安心です。

彩り豊かな光景が楽しめる蝶ヶ岳も人気のスポットとなっています。常念岳から進む縦走コースとしても人気があります。山頂より槍ヶ岳や穂高連峰といったエリアを一望することができます。蝶ヶ岳ヒュッテで休息もできるので、ゆっくりとくつろげます。

猿倉から登り白馬岳に渡るコースも人気があり、日帰りでもアクセスができます。山頂まではおよそ6時間ほどとなっています。大雪渓があるのでアイゼンが必要となります。山頂より杓子岳や白馬鑓ヶ岳、立山連峰などといった北アルプスの主峰が眺められます。

絶景を楽しむことができ、初心者でも気軽にアクセスできる山々があるといったところも人気の理由となっています。絶景を眺めながら気分を癒し、有意義な時間を楽しんでみませんか。おすすめのスポットもたっぷりと紹介していきます。

北アルプスにはたくさんの見どころがあります。自然豊かで緑豊かな光景を楽しむことができる場所がたくさんあり、心を和ませることができます。ご家族やカップル、気の合う仲間とともに出かけてみませんか。有意義な時間を満喫しましょう。

壮大で素敵な絶景を眺められるところが北アルプスの魅力でもあります。日帰りで登山が可能なコースやしっかりと整備された登山道があるコースが数多くあるので、登山初心者の方でも安心して利用ができます。おすすめコースについても紹介していきます。

北アルプスの魅力

日本の山岳地として人気の高い北アルプスにいは、白馬岳や立山、槍ヶ岳などといった有名な山々があります。迫力の満点の岩山や壮大な景色が魅力となっています。低い山では味わうことのできない魅力がたくさん詰まっています。

北アルプスへのアクセスには、新宿駅より北アルプスのある長野方面の山々に近い駅に直通している電車も発着しています。気軽に利用ができるといったところも北アルプスの山々がおすすめとなっている理由でもあります。

北アルプスの魅力のひとつに、岩壁がある3000m級の山々がいくつも連なり、壮大な光景を楽しむことができるといったところがあります。15座の百名山のほか、11座のニ百名山といった感じに多くの名山を有しているといったところも特徴です。

登山初心者に上級者やベテランまで、多くの人に支持されている北アルプスには人気の山々がたくさんあります。ひとりで縦走する人も多いといったところも特徴となっています。初心者は北アルプス登山の経験者や登山ガイドと行くツアーの利用がおすすめです。

北アルプスは交通アクセスに優れているといったところも魅力となっています。マイカーで登山口の近い場所まで行けるといった場所も多いので、気軽にアクセスができるといった点でもおすすめです。新宿駅より直通の電車もあります。

北アルプスに登山に出かける時期ですが、10月から翌年の6月にかけては、雪が積もっているといったこともあり、初心者の方は春先から夏場にかけて出かけるのがおすすめとなっています。お盆の時期は混み合うので、渋滞を避けたい方は避けましょう。

北アルプスは交通アクセスが良いといったこともあり、日程を詰めがちとなっていますが、体調が良い場合と悪い場合、雨天時や天候のよい日などといった感じに事前に行動パターンを決めておくと便利です。時間に余裕を持って行動するようにしましょう。

白馬岳は美しい高山植物が眺められることでも人気があり、白馬岳頂上近くにある白馬山荘ではゆっくりとくつろぐことができます。燕岳では、花崗岩を楽しみ、下山後は中房温泉で疲れを癒すといったこともできます。たくさんの魅力があります。

唐松岳もおすすめの山となっており、知名度は低いものの、北アルプスに初めて登山に出かけるといった方にもおすすめとなっています。ゴンドラなどを乗り継げあ山頂までアクセスができ、3時間半ほどで山頂に到着します。

立山黒部アルペンルートなどもあり、気軽に立ち寄ることのできる場所もあります。北アルプスらしい山々を眺め、気持ちを癒すこともできます。レジャー感覚で登山を楽しむことできるスポットもたくさんあるので、ぜひこの機会に出かけてみましょう。

北アルプスの登山コースを難易度順に解説!

北アルプスには、様々な難易度のあるルートやコースを選ぶことができます。日帰りで巡ることのできる初心者向けのコースであったり、中級者や上級者が登山を楽しむ人気のコースもあります。同じルートでも難易度を下げることのできるコースもあります。

銀座・アルプス銀座コースや立山三山を巡るコースでは、初心者や中級者が登山を満喫することができるコースとなっています。山小屋も数多くあり、時間や体力を考慮しながらいろいろなルートに変更することができます。

小学生でも気軽に登山が楽しめる難易度の低いコースもあるので、ご家族揃って登山を楽しむことができるといったところにも魅力があります。様々なシチュエーションで楽しめるといったところも北アルプスの山々の特徴となっています。

難易度の低いコースから危険な箇所もたくさんある上級者向けの難易度の高いコースまで順々に紹介していきますので、経験に応じて登山コースを決めてみましょう。優雅で快適に北アルプスの登山ライフを満喫することができます。

北アルプスでは初心者から上級者まで様々な人たちや年齢層の人たちが楽しめる、おすすめのコースが数多くあります。絶景を望むことのできるビュースポットもたくさんあるので、おすすめのコースをいろいろと巡ってみましょう。

旅の疲れを癒すことのできる日帰り温泉施設であったり、休息に利用することができる山小屋も数多くあるといったところにも魅力があります。ゆっくりと登山ライフを楽しむことができるコースがあり、難易度も豊富となっています。

北アルプスの登山スポットには多くの見どころや魅力が詰まっています。壮大な景色を眺めることができたり、自然豊かな場所に触れ心も身体もリフレッシュするなど快適な時間を過ごすことができるといったところも特徴となっています。

初心者から上級者まで楽しむことのできるルートやコースを難易度ごとに紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。初心者向けの難易度の低いものから、徐々に難易度が高くなっていきます。体調を考慮し、経験を積みながらチャレンジしてみましょう。

北アルプスの初心者におすすめのコース

北アルプスで比較的難易度の低い初心者向けのコースを紹介します。短時間で攻略ができるコースもあり、子供と一緒に登山を楽しみたいといった方にもおすすめのルートもあります。日帰りでも気軽に利用ができるといった点で初心者にもおすすめとなっています。

初心者だけではなく中級者でも登山が楽しめるコースもあるので、ぜひチェックしてみてください。様々な難易度に変更できるといったところも銀座・アルプス銀座コースや立山三山を巡るコースの特徴となっています。体調に合わせてコース設計をしてみましょう。

銀座・アルプス銀座コース

中房温泉より、燕、大天井、槍ヶ岳へと縦走するコースになります。北アルプスを縦走する初心者向けのコースとしておすすめとなっています。表銀座コースとも呼ばれています。槍ヶ岳を目指しながら歩いていき、壮大なロケーションが最大の魅力です。

稜線歩きが多いといったこともあり、絶景を楽しみながら登山道を進むことができるので気軽に登山が楽しめます。随所に山小屋があり、時間や体力を考慮しながらいろいろなプランが練られるといったところも人気の理由となっています。

東鎌尾根には急坂や大天井岳の北面のトラバースなど若干の危険な箇所もありますが、北アルプスの初心者向けの縦走コースとして大変人気があります。多くの見どころがあるので、絶景を眺めながらゆっくりと登山を楽しむことができるコースです。

随所に鎖や梯子などが設置されていたり、切れ落ちている箇所には滑落注意の看板あるなどしっかりと案内もなされています。足場はしっかりしているので、安心して登山を行うことができます。

コース案内

中房温泉から燕岳へ向かう合戦尾根ルートは、北アルプス三大急登とも呼ばれており、多くの登山客で賑わう場所となっています。危険個所も無いので、初心者でも安心して登山ができるといったところも魅力となっています。

燕岳を出発して、比較的上り下りの少ない穏やかな稜線を進んでいきます。槍ヶ岳から穂高岳へと続く北アルプスの主稜線を横目に絶景を楽しみながら登山道を進んでいきます。少し進むと、蛙岩といった奇岩があり、夏場は左から進み、冬場は真ん中を通過します。

蛙岩をすすぎた先には、再度穏やかな稜線が続いており、大下りの頭といった下り坂に抜けます。その先にある鞍部近くの切通岩付近には鎖と梯子が掛けられた箇所があり、比較的スムーズに上ることができます。

大天井ヒュッテより西岳へのルートとなっている槍ヶ岳の喜作新道や西岳より槍ヶ岳へと向かう東鎌尾根へと続きます。木製の丸太が架かっている箇所があり、雨天時などにはスリップすることがあるので、身長に渡りましょう。

立山三山を巡るコース

北アルプスの立山三山は浄土山に雄山、別山の3つの山を巡るコースとなります。北アルプスにあって最北部にり、黒部アルペンルートを使えば簡単にアクセスが可能となっています。登山やハイキングのみならず、様々な楽しみ方ができます。

黒部ダムで観光を楽しんだり、ロープウェイを使って自然豊かな光景を満喫したりといった感じにたくさんの見どころがあるスポットになっています。日帰りでも楽しむことができるおすすめのコースとなっています。

室堂より一ノ越、雄山神社、一ノ越、室堂といった短かめで回れる登山コースもあり、子連れのご家族でもゆっくりと登山が楽しめるコースとなっています。ハイキング感覚で利用ができるので、初心者にもおすすめとなっています。

一ノ越から先の場所では、岩場も多くあるので、足元に不安がある場合には無理をせず引き返すようにしましょう。安心かつ安全に登山を楽しみましょう。立山三山をどなたでも気軽に楽しむことのできるコースのひとつです。

コース案内

室堂より浄土山北峰、南峰、雄山、大汝山、大走り分岐、真砂岳、別山南峰、別山乗越、雷鳥沢キャンプ場、みくりが池、室堂を巡るコースになります。所要時間は6時間から7時間ほどとなっています。比較的長いコースとなっています。

雷鳥沢キャンプ場や室堂周辺で休息や前泊をするなどをすれば、体力的にも万全で登山に臨むことができます。途中には一ノ越山荘や大汝小屋、内蔵助小屋などといった山小屋もあるので、体調に合わせて休憩を取りましょう。

登山道は富士ノ折立のピークを通過することはできず、巻いた形で道があります。足元にある岩場の急斜面を登っていく感じとなるので、滑落や下にいる登山道を歩いている人へ落石を落とさないように気を付けましょう。慎重に行動するように心がけましょう。

雷鳥平や雷鳥沢キャンプ場では、登山者やキャンプを楽しむ人たちで賑わい、多くのテントが並んでいます。近場には山荘もあり、日帰り温泉入浴を楽しむことができます。登山の疲れをしっかりと癒すことができるので、利用してみませんか。

北アルプスの人気の王道コース

北アルプスにおいて難易度は高いものの、大変人気の高い登山コースとなっています。北穂高岳をはじめ、奥穂高岳や前穂高岳、涸沢岳といった3000m級の山を縦断するコースとなっています。たくさんの見どころが詰まったコースとなっています。

高山植物や自然豊かな光景が楽しめる場所も多々ありますが、登山道は岩が層になっており、切れ立った場所もあるなど、危険な場所もある難易度の高い上級者向けのコースとなっています。体調を万全に整えてチャレンジしてみましょう。

穂高連峰を周回するコース

北アルプスにおいても、人気の高い山として挙げられるのが穂高連峰になります。の山々だろう。難易度も高く、初心者には攻略が難しいコースとなっています。岩稜の山があり、難所が多いといったところも特徴となっています。

様々なコースを攻略してからチャレンジしましょう。王道といった貫禄があります。危険な箇所もたくさんあるので、登山の際には注意が必要となっています。上級者におすすめのコースになります。

登山道は岩が層になっており、切れ立った箇所であったり、ハシゴや鎖で補助された場所もあります。転落事故もほぼ毎年起こってといった大変危険な場所ですので、しっかりと足元も注意しながら登山を行いましょう。

稜線のスカイラインからは、四季折々の大自然の美しい光景を眺めることができます。上級者向けのルートが多い場所ですが、岳沢から前穂高岳にかけてのルートは比較的登りやすいコースとなっており、おすすめです。

コース案内

北穂高岳や奥穂高岳、前穂高岳といった穂高のほか、涸沢岳を加えた3000mの峰を4つ縦走するコースとなっており、難度もかなり高くなっています。岳沢は上高地を見下ろすことのできる渓谷で名所となっている風穴などもあり、見どころも満載です。

涸沢カールは吊尾根の裏側に当たる部分にあり、穂高の山々を一望することができます。初夏であっても残雪が多く残っており、高山植物との素敵なコラボレーションも楽しめます。紅葉シーズンには、奥に多くの人で賑わいをみせます。

上高地より岳沢、前穂高岳、奥穂高岳、涸沢、北穂高岳、大キレット、南岳、中岳、槍沢、横尾へと渡り、上高地に戻ってきます。最難関の登山道でもある大キレットを通過する大変難易度の高いコースとなっています。慎重に登山を行いましょう。

両脇が切れ落ちている大キレットは大変危険な難所となっています。しっかりと体調管理や装備品などを整えて万全の態勢で登山に臨みましょう。人気の山々を渡るといった爽快感も得られる人気の登山ルートになります。

北アルプスの場所・アクセス

北アルプスは飛騨山脈の呼び名であり、富山県に岐阜県、長野県に跨って連なっている山脈です。山脈の大部分は中部山岳国立公園にも入っており、標高は3190mある奥穂高岳が最高峰となっており、国内では3番目に高さがある山になります。

北アルプスには槍ヶ岳に剱岳、燕岳、白馬岳などといったたくさんの名山があるといったことから、週末になると登山者が多くが北アルプスを目指します。直通バスも多く、寝て起きると登山口に到着するといった点で便利です。

北アルプスに出かける登山者が多くが新宿駅を利用します。中央本線や山手線、京王線などといった多くの路線があり、乗り換えも大変便利です。「ムーンライト信州」といった夜行列車が走っており、運行日が限定されているものの利用勝手に優れています。

長野にある山岳エリア近くまで乗り換えなしでアクセスすることができます。運航日をチェックして、ぜひ利用してみましょう。難易度の高いコースや初心者向けのコースなど様々です。ルートを決めて行き先を選びましょう。

安全に北アルプス登山をしよう!

北アルプスで登山を楽しむ際の様々な情報を紹介してきました。危険な場所もあるので、しっかりとした準備を整えて安全に北アルプスで登山を満喫してみましょう。登山には危険がつきものとなっているので、気を抜かず慎重に行動しましょう。

北アルプスの大自然を満喫することができるコースをたっぷりと紹介してきましたので、思う存分に登山を楽しみたいといった方はぜひこの機会にチャレンジしてみましょう。優雅で楽しいひと時を体感することのできるおすすめの場所になります。

Original
この記事のライター
Rey_goal

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ