赤坂の「榮林」は酸辣湯麺が人気の中華店!おすすめのランチは混雑必至!

赤坂で、酸辣湯麺が人気の中華店「榮林」をご存じでしょうか。赤坂に産声を上げてから60年もの月日が流れている老舗の中華料理店になります。酸辣湯麺などのランチメニューも人気です。赤坂の人気中華料理店「榮林」で人気の酸辣湯麺やおすすめランチメニューをご紹介します。

赤坂の「榮林」は酸辣湯麺が人気の中華店!おすすめのランチは混雑必至!のイメージ

目次

  1. 1赤坂の人気中華料理店「榮林」って?
  2. 2赤坂の「榮林」の外観・内観
  3. 3赤坂の「榮林」の人気メニュー4選
  4. 4赤坂の「榮林」の人気コースメニュー
  5. 5赤坂の「榮林」の月曜ランチとは?
  6. 6赤坂の「榮林」の詳細情報
  7. 7赤坂の「榮林」のアクセス
  8. 8赤坂の「榮林」へ行ってみよう

赤坂の人気中華料理店「榮林」って?

赤坂の人気中華料理店「榮林」は、1956年にここ赤坂にオープンした創業63年にもなる老舗の中華料理店です。赤坂の人気中華料理店「榮林」は、他の中華店とはちょっと違った経歴を持つ中華料理店として人気があります。

人気中華料理店「榮林」がある赤坂と言えば、かつては高級料亭などもあるエリアで、銀座と並んで高級感のある繁華街として発展してきた街でもあります。今では、おしゃれなファッションビルなども立ち、素敵なレストランやカフェも多いです。

そんな赤坂で、人気のある中華料理店といったら、ここ「榮林」を外すことはできないでしょう。「榮林」は、酸辣湯麺が人気の中華料理店ですが、そのほかのランチメニューもおすすめです。赤坂で人気の中華料理店「榮林」で人気の酸辣湯麺やランチメニューをご紹介します。

和の心を持った中華を味わえる

さきほどもちょっとお話をしましたが、ここ赤坂で人気の中華料理店「榮林」は、他の中華料理店とは違う経歴があるんです。それは、もともとこちらの「榮林」は、赤坂の高級料亭だったんです。

それが、ホテルオークラの創立者である大倉喜七郎氏から「和の雰囲気で新しい中華を」とアドバイスを受けて、昭和31年から中華料理店として再出発しました。

その後、あれよあれよという間に、赤坂で人気の中華料理店へと成長していきました。この成功の裏には、大倉喜七郎氏の助言もあったようです。

酸辣湯麺発祥のお店として有名

高級料亭から中華料理店へと転身した後に、次から次へと美味しい中華料理が生み出されましたが、中でも、榮林のふかひれ料理は絶品ということで評判となっています。ふかひれの味は、ふかひれのもどしの技術が重要だそうで、この技術に長けていたようです。

また、赤坂で人気中華料理店「榮林」は、このふかひれ料理だけでなく、酸辣湯麺の酸辣湯麺発祥のお店として有名で、美味しい酸辣湯麺を楽しむことができます。あの酸っぱ美味しいあのスープが美味しい麺類です。

皆さんは、酸辣湯麺をご存じでしょうか。酸辣湯麺という響きや漢字でのメニューということで中国発祥のグルメなのかと思われがちですが、実は、ここ中華料理店「榮林」のまかない料理が進化したものだそうで、酸辣湯麺発祥のお店となっています。

軽井沢でも赤坂 榮林の味覚を楽しめる

赤坂で人気中華料理店「榮林」は、実は、ここ赤坂だけでなく、なんと軽井沢にも支店があるんです。軽井沢でも赤坂 榮林の味覚を楽しめるということで、避暑地で軽井沢を訪れる方にも人気があります。

軽井沢でも同じように酸辣湯麺を楽しむことができるのでおすすめです。軽井沢の「榮林」は、森の中に佇む中華料理店でとても雰囲気も良いです。

こちら軽井沢の「榮林」は、あのビートルズのジョンレノンが最後に座ったと言われるテーブル席があるということで、ビートルズファンには聖地でもあるんです。当時を知ることのできる写真も飾ってあります。

赤坂の「榮林」の外観・内観

ここでは、赤坂の「榮林」の外観・内観についてご紹介しましょう。赤坂という街は、今でも高級感のある町並みが広がっていて、古き良き時代と新しい時代が見事に融合しているそんな街です。そんな赤坂の町並みに溶け込むように佇んでいるお店が、ここ「榮林」です。

赤坂の「榮林」は、赤坂みすじ通り沿いにある建物の1階にあるお店で、高級なお店の多い通りにあります。通りの雰囲気も良い場所にあります。

赤坂の「榮林」の外観

赤坂の「榮林」の外観は、入り口はそれほど広いというわけではありませんが、それがなんとも隠家風な雰囲気を出していておすすめです。小さな看板が照明で照らされていてとてもおしゃれな雰囲気の店構えです。

夜になると、淡い照明が入り口を照らしていて、高級感もある店構えで、デートにもおすすめな中華料理店です。建物の上部には、大きな看板も掲げられていますので、わからないということはないでしょう。駅からも迷わずアクセスできるはずです。

赤坂の「榮林」の外観は、さすがかつての料亭ということもあり、その作りにもこだわりを感じることのできる外観となっています。

赤坂の「榮林」の内観

赤坂の「榮林」の内観は、老舗のお店らしい落ち着いた空間の店内で、ゆっくりと中華料理を楽しむことができるのでおすすめです。中華料理店でありながら、どことなく和の雰囲気も味わうことのできる素敵な空間で食事ができます。

赤坂の「榮林」の1階店内は、オープン席となっていて、おしゃれなカウンター席やテーブル席があるので、一人でもグループでも中華料理を楽しみやすくなっています。テーブル席も席と席の間が空間があり落ち着いて食事ができます。

曙の間という円卓もあったり、桐の間という掘り炬燵のお座敷があったりと、家族の記念日などにもおすすめのお店です。4名から6名、8名、団体用の個室もあるので、友人との会食から接待までご利用いただけます。

赤坂の「榮林」の人気メニュー4選

ここでは、赤坂の「榮林」の人気メニューをいくつかご紹介しましょう。赤坂の「榮林」にはおすすめな中華料理がたくさんあります。元祖榮林酸辣湯麺はもちろんですが、名物のふかひれ料理もおすすめです。

その他にも、中華料理で定番のメニューも、定番でありながら他とは違う美味しい中華料理を楽しめるということで人気です。定番メニューやランチにおすすめなメニューもあります。

おすすめ(1)マーボー豆腐

最初にご紹介する赤坂の「榮林」の人気メニューは、「マーボー豆腐」です。マーボー豆腐は、中華料理の定番中の定番中のメニューで、マーボー豆腐を食べればその中華料理店のレベルがわかってしまうほどのメニューでもあります。

赤坂の「榮林」の「マーボー豆腐」は、辛さの中にコクがあり、本当に美味しい「マーボー豆腐」を楽しむことができるのでおすすめです。マーボー豆腐は、大中小から選ぶことができるので、ひとりでもグループでも楽しむことができるのでおすすめなメニューです。

おすすめ(2)石焼餃子

次にご紹介する赤坂の「榮林」の人気メニューは、「石焼餃子」です。石焼餃子は、餃子が鉄鍋で提供される餃子で、テンションが上がる餃子メニューです。なお、ランチには残念ですが、鉄鍋ではなくお皿での提供となるので注意してください。

なお、この石焼餃子は、調理におよそ15分ほどかかるので、到着したら最初にまず注文を入れるようにしてください。鉄板焼きの熱々の石焼餃子は、おすすめのメニューのひとつになります。

人気ランチ(1)元祖榮林酸辣湯麺

最初にご紹介する赤坂の「榮林」の人気ランチメニューは、「元祖榮林酸辣湯麺」です。元祖榮林酸辣湯麺は、もう説明する必要もないくらいに「榮林」では有名なメニューです。毎週月曜日にはリーズナブルに楽しむこともできます。初めて、ここ「榮林」にお越しの際には、まずは食べてほしいメニューとなっています。

人気ランチ(2)冷やし中華

次にご紹介する赤坂の「榮林」の人気ランチメニューは、「冷やし中華」です。冷やし中華は、元祖酸辣湯麺とともにランチで人気なメニューとなっています。

冷やし中華は、曜日・数量限定ということで、火曜日から土曜日の15食限定のランチメニューとなっています。醤油タレと胡麻タレから選ぶことができます。

冷やし中華は、しかも、年中食べられるということではなくて、7月初旬から8月下旬までの夏季限定冷やし中華になります。

赤坂の「榮林」の人気コースメニュー

ここでは、赤坂の「榮林」の人気コースメニューをご紹介しましょう。ディナーや接待などにもおすすめなコースメニューも充実しています。予算も6000円から8000円、10000円、13000円、16000円、26000円とリーズナブルなコースから豪華なコースまで楽しめます。

赤坂の「榮林」の人気コースメニューは、月ごとにメニューも変わるので、いつきても新鮮な雰囲気の中でコースメニューを楽しむことができるのでおすすめです。

また、ディナー以外にもリーズナブルに楽しむことができるランチコースも人気があります。ランチ限定のコースは、豆腐のお料理やお肉のお料理、小海老のお料理など全5品が楽しめるランチコースとなっています。

赤坂の「榮林」の月曜ランチとは?

赤坂の「榮林」の月曜ランチにはある秘密が隠されているんです。この秘密を知っていれば、あの人気メニューがリーズナブルに楽しむことができるのでおすすめです。赤坂の「榮林」はランチには、とてもお値打ちに中華料理を楽しむことができます。

赤坂の「榮林」はランチでは、元祖酸辣湯麺はもちろんのこと、鶏肉つゆそば、揚げ豚ロースつゆそば、五目あんかけ焼きそば、五目チャーハン、フカヒレ姿醤油煮、小海老チリソース煮などを楽しめます。

酸辣湯麺が1,296⇒1,000円に!

赤坂の「榮林」の月曜ランチでは、なんと酸辣湯麺が通常1296円のところ、1000円に割り引かれて楽しむことができるのでおすすめです。スーラー湯麺デーということで、毎週月曜日のランチにはたくさんのお客さんが、この酸辣湯麺を楽しみにやってきます。

赤坂の「榮林」の月曜ランチは、酸辣湯麺が安いということで、かなり混雑をしますので、お昼前少し早めにお店の方に行かれることをおすすめします。税込み1000円で、名物の元祖酸辣湯麺をぜひ、楽しんでみてください。

赤坂の「榮林」の詳細情報

ここでは、赤坂の「榮林」の詳細情報についてご紹介しましょう。赤坂の「榮林」の詳細情報では、定休日や営業時間、喫煙可能かなどのお店の情報についてご紹介します。また、公式ホームページもあるので、そちらにも詳細を確認できます。

赤坂の「榮林」は、定休日は日曜日となっています。これは、やはり、赤坂近隣がオフィスも多いことから日曜日が定休日となっています。営業時間は、月から金の平日が11時30分から14時30分と17時30分から21時45分となっています。

土・祝の営業時間は11時30分から14時と17時30分から21時です。そのほかには、ゴールデンウイークや夏季休業日、お盆休み、年末年始休業などもあるので、確認をしてから来店してください。店内は分煙されていて、一部喫煙のできるお部屋もあります。

赤坂の「榮林」のアクセス

最後に、赤坂の「榮林」のアクセスについてご紹介しましょう。赤坂の「榮林」のアクセスでは、公共交通機関でのアクセスと車でのアクセスがあります。赤坂の「榮林」へのアクセスは、公共交通機関でのアクセスがおすすめです。

赤坂という交通の至便が良いということで、駅からもとても近いので、アクセスしやすいです。どうしても、車でという方のために車でのアクセスと駐車場の有無などについてもご紹介します。

公共交通機関でのアクセス

公共交通機関でのアクセスは、地下鉄赤坂見附駅から徒歩4分で、地下鉄千代田線赤坂駅から徒歩5分、地下鉄南北線溜池山王駅から徒歩8分とアクセスも路線を三路線も使えるということで、東京のあちこちからもアクセスがしやすいのでおすすめです。

赤坂の「榮林」は、どの駅からもわかりやすいので、道を間違うということは少ないはずです。赤坂みすじ通りを目指すように駅から歩いてくるとすぐにわかるはずです。

車でのアクセスと駐車場

このように駅からも近いということで、公共交通機関でのアクセスがおすすめではありますが、デートなどでお車を利用する方も多いとは思いますので、車でのアクセスと駐車場についてご紹介します。

車でのアクセスですが、例えば、東京駅方面からですと、国道1号線経由で、内堀通りに入って、内堀通りと青山通りを経由してアクセスすることができます。近隣は道路も広くて走りやすいですが、渋滞が発生することも多いエリアなので、車の運転には十分注意してください。

なお、赤坂の「榮林」には、残念ながら専用の駐車場は用意されていません。ですので、お車でお越しの方は、店舗周辺のコインパーキングなどをご利用ください。近隣は駐車違反の取り締まりが多いエリアでもあるので注意しましょう。

赤坂の「榮林」へ行ってみよう

赤坂で人気の中華料理店「榮林」の魅力やおすすめランチメニュー、さらには人気の元祖酸辣湯麺などについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。元祖酸辣湯麺は、名物メニューということもあるのでもっともおすすめできるメニューです。

また、元祖酸辣湯麺は、毎週月曜日にはランチ限定で、通常1296円の元祖酸辣湯麺が税込み1000円で楽しむことができるということで、たくさんのお客さんがやってきます。元祖酸辣湯麺以外にもまだまだ美味しいランチメニューがあります。

赤坂で人気の中華料理店「榮林」は、リーズナブルなランチメニューのほかにも、ランチコースもリーズナブルでおすすめです。また、ディナーには、予算に応じてコースを選べる点もおすすめポイントです。赤坂にお越しになる際には、ランチに元祖酸辣湯麺を楽しんではいかがでしょうか。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
phoophiang

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ