BULLPULU(ブルプル)のタピオカメニューまとめ!店舗やカロリーも紹介!

関東を中心に全国へ展開する東京で人気タピオカドリンク専門店「BULLPULU(ブルプル)」。今回は、タピオカドリンク専門店の「BULLPULU(ブルプル)」のおすすめメニューから店舗情報、そして、カロリーの情報までまとめてご紹介します。

BULLPULU(ブルプル)のタピオカメニューまとめ!店舗やカロリーも紹介!のイメージ

目次

  1. 1人気の「BULLPULU(ブルプル)」を大特集!
  2. 2タピオカドリンク専門店「BULLPULU(ブルプル)」
  3. 3BULLPULU(ブルプル)の店舗情報
  4. 4BULLPULU(ブルプル)の注文方法
  5. 5BULLPULU(ブルプル)のタピオカメニュー&カロリー
  6. 6BULLPULU(ブルプル)の混雑情報
  7. 7BULLPULU(ブルプル)の口コミ評価は?
  8. 8「BULLPULU(ブルプル)」の東京の人気店舗
  9. 9BULLPULU(ブルプル)へ行ってみよう!

人気の「BULLPULU(ブルプル)」を大特集!

日本のみならず海外でも人気のタピオカドリンク。インターネットのSNS上では、たくさんのタピオカドリンクの写真がアップされており、カラフルな、そして、バリエーション豊富なタピオカドリンクを見ることができます。今回は、東京にある「BULLPULU(ブルプル)」という人気タピオカドリンク専門店をご紹介していきましょう。

Thumbタピオカミルクティーの有名店まとめ!台湾で有名な店舗も日本に続々上陸!
台湾で大人気のタピオカミルクティー。大きなタピオカがたっぷりと入ったドリンクは、台湾観光にお...

タピオカドリンク専門店「BULLPULU(ブルプル)」

関東のタピオカドリンク専門店として知られる「BULLPULU(ブルプル)」。「BULLPULU(ブルプル)」には、若い女性を中心にたくさんの人が訪れており、とても人気のタピオカドリンク専門店の一つとして、知られています。

「BULLPULU(ブルプル)」は、もっちりとした食感のタピオカがたっぷり入ったタピオカドリンク。そのタピオカの食感を味わうことができるとして、東京でもじわりじわりと人気が出てきているタピオカドリンク専門店です。

「BULLPULU(ブルプル)」は、ブルドックの看板が目印のタピオカドリンク専門店として、知られています。「BULLPULU(ブルプル)」には、週末を中心にたくさんの若い人が訪れているのです。

そんな東京でも人気のタピオカドリンク専門店である「BULLPULU(ブルプル)」は、東京のどこにあるのか気になる人もいらっしゃるでしょう。また、東京都内と関東近郊でよく見かけるけれどもどのくらいの店舗があるのかと気になる人もいらっしゃるでしょう。

関東だけでなく、全国各地で若い世代から人気を集めている「BULLPULU(ブルプル)」。続いては、東京、そして、全国に展開しているタピオカドリンク専門店として人気の「BULLPULU(ブルプル)」の店舗の情報などについて、ご紹介していくことにしましょう。

BULLPULU(ブルプル)の店舗情報

「BULLPULU(ブルプル)」の店舗情報について、まずはご紹介することにしましょう。「BULLPULU(ブルプル)」の店舗は、とてもエリアが広く、北は青森、そして、西は岡山に店舗を構えているのです。

「BULLPULU(ブルプル)」は、大型ショッピングモールや若い世代が集まりやすいよなエリアに出店しているのが、特徴となっています。先ほどご紹介したブルドッグの看板が目印となっています。

「BULLPULU(ブルプル)」の店舗では、本格的なお茶メニュー、そして、カラフルなポップなソーダなどといった多様な台湾ドリンクを手にすることができます。どれもSNSへアップしたくなるようなドリンクと言っても良いでしょう。

東京だけでも11店舗

「BULLPULU(ブルプル)」の店舗が、北は青森、西は岡山まで展開しているということをご紹介してきましたが、最もたくさんの店舗があると言われているのが、東京エリアとなります。

「BULLPULU(ブルプル)」の東京都内にある店舗は、東京都内でも、アクセスのしやすい場所、そして、たくさんの人が集まると言われている人気のスポットなどに展開しているのです。

例えば、「BULLPULU(ブルプル)」は、渋谷などといった若い世代が集まりやすいエリア2店舗を展開したりしています。「BULLPULU(ブルプル)」の渋谷の店舗は、渋谷ヒカリエと渋谷道玄坂に店舗を構えています。

一方で、「BULLPULU(ブルプル)」は、東京の郊外エリアにもいくつかの店舗を構えています。というのも、「BULLPULU(ブルプル)」の第一号店は、都内の亀有ですが、じわりじわりと規模を拡大していき、吉祥寺や国立などにも店舗を構えているのです。

東京でもよく見かけると言われている「BULLPULU(ブルプル)」のブルドッグの看板。「BULLPULU(ブルプル)」の目印であるブルドッグの看板を見かけたら、ぜひ立ち寄って見ることをおすすめします。

BULLPULU(ブルプル)の注文方法

「BULLPULU(ブルプル)」へ訪れるのだけれども、「BULLPULU(ブルプル)」の注文方法はどのようになってるんだろうかと気になる人もいらっしゃるのではないでしょうか。続いては、「BULLPULU(ブルプル)」の注文方法についてご紹介していきましょう。

「BULLPULU(ブルプル)」の注文方法としては、まず最初に、のメニューの中から、飲みたいドリンクを選ぶことから始めましょう。「BULLPULU(ブルプル)」には、たくさんのドリンクメニューがあるので、どのドリンクにするか悩むかもしれません。

なお、「BULLPULU(ブルプル)」では、店舗によってドリンクのメニューが若干異なることもあります。というのも、「BULLPULU(ブルプル)」は、店舗によってドリンクメニューを少しずつ変えているからです。

「BULLPULU(ブルプル)」のメニューの中から、飲みたいドリンクを決めたら、ドリンクのサイズを決めましょう。「BULLPULU(ブルプル)」のドリンクのサイズは、MサイズとLサイズの2つとなっています。

なお、「BULLPULU(ブルプル)」では、通常だと冷たいドリンクとなるのですが、季節によって、 ホットドリンクも提供されています。「BULLPULU(ブルプル)」のホットドリンクは、Mサイズしかないので、注意しましょう。

「BULLPULU(ブルプル)」のドリンクのサイズを決めると、次に決めるのは、タピオカドリンク店では定番の『氷の量』となります。「BULLPULU(ブルプル)」の『氷の量』は、「なし」、「少なめ」、そして、「普通」の3つの『氷の量』の中から選びます。

「BULLPULU(ブルプル)」のドリンクも決めて、氷の量も決めたとなると最後に決めるのが砂糖の量となります。「BULLPULU(ブルプル)」の砂糖の量は、 「無糖」、「微糖」、「普通」、そして、「甘め」の4つから選ぶこととなります。

なお、「BULLPULU(ブルプル)」の砂糖の量は、全てのドリンクで決められません。というのも、「BULLPULU(ブルプル)」の砂糖の量は、マークがついているドリンクを見て決められるからです。また、カロリーが気になる人は、砂糖の少なめをおすすめします。

以上の4つのステップが、「BULLPULU(ブルプル)」の注文方法の手順となります。ちなみに、この4つのタピオカドリンクを頼むステップは、基本的に全国共通となりますが、「BULLPULU(ブルプル)」の店舗によっては、メニューが異なるので、注意しておきましょう。

BULLPULU(ブルプル)のタピオカメニュー&カロリー

「BULLPULU(ブルプル)」へ訪れるにあたって、「BULLPULU(ブルプル)」のタピオカドリンクのメニューにはどのようなものがあるのだろうか。また、「BULLPULU(ブルプル)」のおすすめメニューがあるのだろうか。

タピオカドリンクを飲みたいけれどもカロリーが高いということをよく耳にする。ということから、「BULLPULU(ブルプル)」のタピオカドリンクのカロリーも気になるという人もいらっしゃるのではないでしょうか。

続いては、「BULLPULU(ブルプル)」のおすすめタピオカドリンクメニューと「BULLPULU(ブルプル)」のタピオカドリンクのカロリーについてご紹介していくことにしましょう。

今回ご紹介する「BULLPULU(ブルプル)」のおすすめタピオカドリンクメニューは、『ミルクティー』、『黒糖タイガーミルクティー』、そして、『黒胡麻黒糖ミルク』の3つの「BULLPULU(ブルプル)」のおすすめメニューとなります。

それでは、ここで取り上げる3つの「BULLPULU(ブルプル)」のおすすめタピオカドリンクメニューについて、順番にご紹介していくことにしましょう。

おすすめ(1)ミルクティー

「BULLPULU(ブルプル)」のおすすめタピオカドリンクメニューとして、まず最初にご紹介するのは、『ミルクティー』です。「BULLPULU(ブルプル)」の『ミルクティー』は、最も人気のメニューとも言われています。

「BULLPULU(ブルプル)」の『ミルクティー』は、シンプルにタピオカドリンクメニューを楽しみたいという人におすすめの「BULLPULU(ブルプル)」のタピオカドリンクの一つとなります。

なお、「BULLPULU(ブルプル)」は、あまさも程よく、そして、タピオカのもちもち感も味わうことができるということもあり、幅広い世代から人気を集めている「BULLPULU(ブルプル)」のタピオカドリンクとなります。

「BULLPULU(ブルプル)」の値段の相場は、Mサイズが、400円、Lサイズが600円となります。「BULLPULU(ブルプル)」の『ミルクティー』は、砂糖の量を調整することができるメニューの一つとなります。

「BULLPULU(ブルプル)」の『ミルクティー』は、砂糖の量を増やすとカロリーが高くなってしまいます。なので、カロリーを控えたいという人は、砂糖を入れすぎないようにしましょう。

おすすめ(2)黒糖タイガーミルクティー

「BULLPULU(ブルプル)」のおすすめタピオカドリンクメニューとして、続いてご紹介するのは、『黒糖タイガーミルクティー』となります。「BULLPULU(ブルプル)」の『黒糖タイガーミルクティー』は、黒糖の味をしっかり感じられると人気があります。

「BULLPULU(ブルプル)」のおすすめメニューである『黒糖タイガーミルクティー』。 黒糖の甘さとタピオカの食感が絶妙と言われており、とても人気があります。『ミルクティー』とは、異なり砂糖の量を調整することはできません。

なので、『黒糖タイガーミルクティー』は、カロリーが低いかと言われるとそうではありません。というのも、そもそも黒糖のカロリーが高いので、砂糖の量で調整しなくても、カロリーが高めとなるからです。

なお、『黒糖タイガーミルクティー』の値段は、Mサイズが450円、Lサイズが600円となります。黒糖が好き、最近流行りの黒糖味のタピオカドリンクを楽しみたいという人は、ぜひチェックしておきましょう。

また、『黒糖タイガーミルクティー』ですが、「BULLPULU(ブルプル)」の店舗によって、販売しているサイズや値段などが異なります。ホームページに店舗ごとのメニューがあるので、事前にチェックしておくことをおすすめします。

おすすめ(3)黒胡麻黒糖ミルク

「BULLPULU(ブルプル)」のおすすめタピオカドリンクメニューとして、最後にご紹介するのは、『黒胡麻黒糖ミルク』となります。「BULLPULU(ブルプル)」の『黒胡麻黒糖ミルク』は、ゴマの風味と黒糖の甘さの絶妙なコラボレーションが人気となっています。

「BULLPULU(ブルプル)」の『黒胡麻黒糖ミルク』は、「BULLPULU(ブルプル)」のすべての店舗で販売されているというわけではなく、一部の店舗でのみ販売されているメニューとなります。

なお、『黒胡麻黒糖ミルク』のタピオカドリンクのカロリーですが、『黒糖タイガーミルクティー』のカロリーと同じくらいと考えておいても良いでしょう。というのも、黒糖のカロリーが比較的高いからです。

「BULLPULU(ブルプル)」の『黒胡麻黒糖ミルク』は、 黒胡麻が持っているセサミン、ビタミンEやカルシウムなどといったミネラルがたっぷりと含まれており、アンチエイジングや美容効果もあると言われています。

「BULLPULU(ブルプル)」のおすすめタピオカドリンクメニューである『黒胡麻黒糖ミルク』の値段は、Mサイズ450円、Lサイズ600円となります。なお、店舗によって、値段が少しずつ異なることもあります。

「BULLPULU(ブルプル)」の『黒胡麻黒糖ミルク』は、黒胡麻の持っているの良さと黒糖の味わい、そして、ソイミルクを使ったタピオカドリンクとなります。とても美味しいと人気があるのでぜひチェックしてみることをおすすめします。

BULLPULU(ブルプル)の混雑情報

「BULLPULU(ブルプル)」へ訪れる予定だけれども、行列ができるほど混雑してるんじゃないかと気になる人もいらっしゃるのではないでしょうか。また、「BULLPULU(ブルプル)」では、どのくらいの待ち時間があるのか気になる人もいらっしゃるでしょう。

続いては、「BULLPULU(ブルプル)」の店舗の混雑状況について、平日の「BULLPULU(ブルプル)」の混雑状況と土曜日と日曜日などの週末の「BULLPULU(ブルプル)」の混雑状況で、分けてご紹介していくことにしましょう。

「BULLPULU(ブルプル)」の平日の混雑状況は、そこまで混雑はないと言われています。「BULLPULU(ブルプル)」の夕方になると、混雑していると思っている人もいらっしゃるかもしれませんが、長くても15分ほど並ぶと手に入ると言われています。

なので、「BULLPULU(ブルプル)」へ平日に訪れる予定があるという人は、そこまで混雑はなく、スムーズに「BULLPULU(ブルプル)」のタピオカドリンクを購入することができるでしょう。

一方で、「BULLPULU(ブルプル)」の土日祝日などの週末の混雑状況は少し異なります。というのも、「BULLPULU(ブルプル)」へは、若い人たちが休みとなる週末を中心にたくさんの人が訪れるからです。

とはいっても、「BULLPULU(ブルプル)」の混雑状況は、店舗によって異なると言われています。店舗によっては、店を取り囲むほど混雑するところもありますが、混雑しているものの比較的スムーズに購入できる店舗もあります。

ですが、「BULLPULU(ブルプル)」へ週末に訪れる予定があるという人は、若干の混雑があると思っておき、時間にゆとりを持ちつつ、行動することをおすすめします。

BULLPULU(ブルプル)の口コミ評価は?

「BULLPULU(ブルプル)」ってどのくらい人気があるのだろうかと気になる人もいらっしゃるんではないでしょうか。そんな時、人気の指標となると言われているのか口コミでの評価です。

「BULLPULU(ブルプル)」の口コミの評価は、比較的高いと言われています。というのも「BULLPULU(ブルプル)」は、最近のタピオカドリンクブームの前から店舗を展開してるということもあるからと言われています。

昔から「BULLPULU(ブルプル)」へ足を運んでいる人は、「BULLPULU(ブルプル)」の大粒のタピオカをやめられない、他のお店のタピオカドリンクよりも飲みやすいと人気があります。ぜひ、タピオカドリンクの飲み比べも挑戦してみることをおすすめします。

「BULLPULU(ブルプル)」の東京の人気店舗

カロリーが気になるけれども、「BULLPULU(ブルプル)」で美味しいタピオカドリンクを楽しみたいという人もいらっしゃるのではないでしょうか。続いては、「BULLPULU(ブルプル)」の東京にある人気の店舗についてご紹介してことにしましょう。

今回ご紹介する「BULLPULU(ブルプル)」の東京の人気店舗は、『渋谷ヒカリエ店』、『吉祥寺店』、そして、『アリオ亀有店』の3つの店舗となります。それでは、順番に「BULLPULU(ブルプル)」の東京の人気店舗について、見ていきましょう。

人気の店舗(1) 渋谷ヒカリエ店

まず最初にご紹介する「BULLPULU(ブルプル)」の東京の人気店舗は、『渋谷ヒカリエ店』です。『渋谷ヒカリエ店』は、東京の人気の街である渋谷に店舗を構える人気店として知られています。

『渋谷ヒカリエ店』は、渋谷駅から徒歩2分という好立地の店舗です。 『ストレートティー』、『黒糖タイガーミルクティー』、そして、『黒糖タイガーミルク』の3つのタピオカドリンクのみの取り扱いとなります。

『渋谷ヒカリエ店』は、取り扱っているタピオカドリンクの種類は、少ないですが、回転が速く混雑も比較的少ないと言われています。混雑を避けてタピオカドリンクを購入したい人などにおすすめの店舗と言っても良いでしょう。

住所 東京都渋谷区渋谷2丁目21-1 渋谷ヒカリエ 2階
電話番号 03-6434-1633

人気の店舗(2) 吉祥寺店

続いてご紹介する「BULLPULU(ブルプル)」の東京の人気店舗は、『吉祥寺店』です。『吉祥寺店』は、東京の人気の街として、ファミリー層などに人気のある吉祥寺に店舗を構えています。

『吉祥寺店』は、「BULLPULU(ブルプル)」の限定のタピオカドリンクメニューや他の店舗ではあまり取り扱っているところが少ないと言われている『黒胡麻黒糖ミルク』のタピオカドリンクを楽しむことができます。

『吉祥寺店』は、取り扱っているタピオカドリンクの種類も多いということもあり、混雑しやすい言われています。「BULLPULU(ブルプル)」の限定タピオカドリンクを楽しみたい人などにおすすめの店舗といっても良いでしょう。

住所 東京都武蔵野市吉祥寺本町1丁目4-15 ホワイトハウスビル 1階
電話番号 0422-27-1370

人気の店舗(3) アリオ亀有店

最後にご紹介する「BULLPULU(ブルプル)」の東京の人気店舗は、『アリオ亀有店』です。『アリオ亀有店』は、人気のショッピングモールである『アリオ亀有店』の中に店舗を構えています。

『アリオ亀有店』では、ショッピングモールにありながら、あまり混雑しない店舗として知られており、「BULLPULU(ブルプル)」のタピオカドリンクを楽しみたいしたから人気を集めています。

タピオカドリンクだけでなく、種類豊富なドリンクを取り扱っている『アリオ亀有店』。 タピオカドリンク以外にも「BULLPULU(ブルプル)」の台湾のドリンクを楽しみたいという人は、『アリオ亀有店』へ訪れてみることをおすすめします。

住所 東京都葛飾区亀有3丁目49-3 アリオ亀有 1階
電話番号 03-6662-6743

BULLPULU(ブルプル)へ行ってみよう!

関東を中心に展開する人気のタピオカドリンクなどの台湾ドリンクを提供する「BULLPULU(ブルプル)」。ブルドックの看板が目印である「BULLPULU(ブルプル)」には、たくさんの人が訪れています。大粒のタピオカのもちもち感を味わいたいという人は、「BULLPULU(ブルプル)」へぜひ立ち寄ってみましょう。

関連記事

Noimage
この記事のライター
yuyu

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ