新宿の駄菓子バー特集!お店への行き方・メニュー・口コミなどをチェック!

新宿には、様々な美味しいものをいただくことができるお店が数多くあります。今回は、「駄菓子」に焦点をあて、新宿の「駄菓子バー」についてご紹介したいと思います。「駄菓子バー」への行き方・メニュー・口コミなどについてご紹介します。

新宿の駄菓子バー特集!お店への行き方・メニュー・口コミなどをチェック!のイメージ

目次

  1. 1新宿の駄菓子バーって?
  2. 2新宿の駄菓子バーの外観・内観
  3. 3新宿の駄菓子バーのおすすめメニュー5選
  4. 4新宿の駄菓子バー口コミは?
  5. 5新宿の駄菓子バーの予約方法
  6. 6新宿の駄菓子バーの店舗情報
  7. 7新宿の駄菓子バーの行き方
  8. 8新宿の駄菓子バーへ行ってみよう

新宿の駄菓子バーって?

駄菓子は子供から大人までがそれぞれの想いをもって食べることができる人気のお菓子です。新宿には、人気の駄菓子や懐かしいメニューを味わうことができる、多くの人たちに人気の「駄菓子バー」があります。

これから、新宿の「駄菓子バー」のご紹介とともに、お店への行き方や人気のメニュー、実際に訪れた人たちの口コミもご紹介します。新宿にある人気の「駄菓子バー」の魅力に迫っていきたいと思います。

新宿の駄菓子バーの外観・内観

多くの人たちに人気の新宿の「駄菓子バー」の外観や内観はどのようになっているのでしょうか。新宿の「駄菓子バー」の外観や内観についてご紹介していきたいと思います。

懐かしいメニューや駄菓子を存分に味わうことができる「駄菓子バー」の店内の雰囲気とはどのようなものでしょうか。新宿の「駄菓子バー」のについて店内の雰囲気とともに、店内の座席についての情報もご紹介したいと思います。

レトロなお店の外観

まず、新宿の「駄菓子バー」のお店の外観についてご紹介したいと思います。お店はレトロな外観になっています。昭和の懐かしき街並みが再現されている外観は、懐かしさを感じさせるとともに、大人の人たちは自分の小さな時を思い返したりして思わずウキウキしてしまうことでしょう。

懐かしさを感じさせる、赤いポストやポスター、トタン、ベンチなど昭和を感じさせるものに囲まれて、癒しの時間を過ごすことができます。

店内には駄菓子食べ放題のコーナーも!

次に店内にある駄菓子の食べ放題のコーナーについてご紹介したいと思います。店内の中央には、駄菓子食べ放題のコーナー「駄菓子屋」があります。この「駄菓子屋」にある駄菓子が全部食べ放題です。好きな駄菓子を好きなだけ食べることができるという夢のあるコーナー「駄菓子屋」は、お店を訪れる人たちに大人気です。

新宿の「駄菓子バー」にある駄菓子の食べ放題には、常時100種類ほどの駄菓子があります。豊富な種類の駄菓子の品揃えは、訪れる人たちを楽しくさせてくれます。

家族で新宿の「駄菓子バー」を訪れ、駄菓子食べ放題のコーナーで親子でワイワイと楽しむのもおすすめです。訪れる人たちの中には、駄菓子食べ放題の楽しさにリピーターの人たちも多くみられます。

ここで、新宿の「駄菓子バー」の料金システムに関してご紹介したいと思います。駄菓子の食べ放題の料金は、テーブルチャージ代として500円払います。そのほかのメニューは料理もドリンクも自由に注文できます。メニューを注文した分の料金がかかります。最低ドリンクは1回は注文するというシステムになっています。

店内の座席について

人気の駄菓子を食べることができるお店、新宿の「駄菓子バー」の店内の座席についてご紹介したいと思います。店内の座席には様々なタイプがあります。テーブル席には、ボックス席や離れの席などがあり、個室のような雰囲気で楽しむことができるテーブル席もあります。

デートで訪れる人たちにおすすめなのが、カウンター席です。座席を照らしている明かりも温かみのあるものになっているので、それぞれの座席でゆったりと癒しの時間を楽しむことができるでしょう。

新宿の駄菓子バーのおすすめメニュー5選

新宿の「駄菓子バー」には、駄菓子食べ放題の他に、どのようなおすすめメニューがあるのでしょうか。新宿の「駄菓子バー」のおすすめメニュー5選についてご紹介したいと思います。

ご紹介する「駄菓子バー」のおすすめメニューは、「じゃがりこポテサラ」、「いかせんチーズ焼き」、「給食あげぱん」、「お弁当の赤ウィンナー」、「若鶏の唐揚げ」です。懐かしさを感じさせる「駄菓子バー」のおすすめメニューの数々は、多くの人たちに人気があります。

じゃがりこポテサラ

「駄菓子バー」のおすすめメニューの1つ目にご紹介するのは、「じゃがりこポテサラ」です。じゃがりこは多くの人が知っている人気のお菓子ですが、その後にポテサラとついています。どのようなメニューなのでしょうか。

「じゃがりこポテサラ」とは、じゃがりこを使ったポテトサラダのことです。じゃがりこを使ったポテトサラダは、キュウリなどの野菜も入って本格的なポテトサラダに変化しています。ぜひ、お試しください。

いかせんチーズ焼き

「駄菓子バー」のおすすめメニューの2つ目にご紹介するのは、「いかせんチーズ焼き」です。いかせんはそのまま食べてもおいしいイカ風味の駄菓子です。「いかせんチーズ焼き」は、子供から大人まで人気のいかせんに千切りキャベツをのせ、ソース、マヨネーズ、最後にチーズをのせて焼いたメニューです。

いかせんはそのまま食べても美味しいですが、ひと手間加え「いかせんチーズ焼き」にすることで、おしゃれな一品メニューに変化しています。

給食あげぱん

「駄菓子バー」のおすすめメニューの3つ目にご紹介するのは、「給食あげぱん」です。大人にとって懐かしい給食の味、「給食あげぱん」はお店のおすすめメニューであると同時に、多くの人たちに人気です。

代表的な「給食あげぱん」は、コッペパンを油で揚げて、きな粉をまぶしたのもですが、「駄菓子バー」には「給食あげぱん」の味には、ココアやシナモン、砂糖など色々な種類があります。珍しい味の「給食あげぱん」として塩味があります。

「給食あげぱん」は、油で揚げているのに軽くてしつこさがないことから、訪れる人たちのほとんどの人が注文するほどの人気のメニューです。「給食あげぱん」は200円からというリーズナブルな価格で食べることができます。

「給食あげぱん」はお持ち帰りもできるメニューになっています。自宅に帰ってからも楽しむことができるおすすめのメニューです。

お弁当の赤ウィンナー

「駄菓子バー」のおすすめメニューの4つ目にご紹介するのは、「お弁当の赤ウィンナー」です。「お弁当の赤ウィンナー」とは、懐かしさを感じさせる鮮やかな赤色をしているウィンナーのことで、「お弁当の赤ウィンナー」といったら、形はタコさんウィンナーを思い出す人も多いのではないでしょうか。

その懐かしさを感じさせるタコさんの赤ウィンナーを食べることができます。赤ウィンナーは可愛らしいので、子供たちにも人気です。

若鶏の唐揚げ

「駄菓子バー」のおすすめメニューの5つ目にご紹介するのは、「鶏の唐揚げ」です。メニューには揚げ物類も種類が豊富ですが、そのなかでも「鶏の唐揚げ」がおすすめです。揚げたて熱々で提供される「鶏の唐揚げ」はジューシーな絶品メニューです。「駄菓子バー」の「唐揚げ」は訪れる人たちにも人気のメニューです。

他にも懐かしのメニューが豊富

これまで、「駄菓子バー」のおすすめメニューについてご紹介してきましたが、ご紹介した以外にも豊富な種類のメニューがあります。懐かしいメニューにはどのようなものがあるのかご紹介します。

懐かしい給食のメニューとして、「給食のあげぱん」と同じように人気なのが、「ソフトめん」です。味もミートソースとカレー味があります。一品料理やサラダ、ボンカレーもあります。お昼休みの購買パンとして、「ハムカツドッグ」や「コロッケパン」などもあります。

懐かしいアイスやデザートもあります。駄菓子の食べ放題を楽しむことができますが、駄菓子を持ち帰りたいという方のために、1袋500円で駄菓子詰め合わせメニューもあります。

新宿の駄菓子バー口コミは?

新宿の「駄菓子バー」へ実際に行かれた方の口コミをご紹介していきたいと思います。これから新宿の「駄菓子バー」へ行かれる方は、ぜひ参考にしてみてください。

口コミの中に多かったのは、雰囲気が良くて、おしゃべりをするのにいい場所であるという口コミです。駄菓子もサイドメニューなども充実しているという料理に関して満足の口コミもあります。口コミには、懐かしい気持ちになったという、楽しい時間に関しての満足度の高さを知ることができる口コミもありました。

多くの口コミから、新宿の「駄菓子バー」に行った人たちが、楽しい時間を過ごすことができたということがわかります。大人から子供までが楽しむことができるおすすめのスポットです。

新宿の駄菓子バーの予約方法

人気の新宿の「駄菓子バー」は予約をすることができます。新宿の「駄菓子バー」の予約はどのようにすればよいのでしょうか。まず、新宿の「駄菓子バー」に直接電話をかけて電話で予約をすることができるでしょう。お店を貸切ることもできます。その場合には早めに直接連絡をして予約を取ることができます。

ネット予約がおすすめ

お店に直接電話しなくても、ネット予約をすることもできます。ネット予約のほうが気軽にできるので、おすすめです。ネット予約はリクエスト予約になります。お店からの予約確定の返答を待って確定になるというシステムです。ネット予約は、来店日の前日の17時まで受付が可能です。

新宿の駄菓子バーの店舗情報

新宿の「駄菓子バー」の店舗情報をご紹介したいと思います。新宿の「駄菓子バー」は、東京都新宿区歌舞伎町のT‐wing5階にあります。

新宿の「駄菓子バー」の営業時間は、月曜日から木曜日までは16時から23時30分までです。料理のラストオーダーは22時30分、ドリンクのラストオーダーは23時になります。金曜日と祝前日は16時から翌3時30分です。料理のラストオーダーは翌2時30分、ドリンクのラストオーダーは翌3時になります。

土曜日の営業時間は、15時から翌3時30分です。料理のラストオーダーは翌2時30分、ドリンクのラストオーダーは翌3時です。日曜日と祝日は15時から23時30分です。料理のラストオーダーは22時30分、ドリンクのラストオーダーは23時になります。お店の定休日は不定休です。

新宿の駄菓子バーの行き方

新宿の「駄菓子バー」の行き方についてご紹介したいと思います。最寄りの駅からの行き方と車での行き方についてご紹介したいと思います。車での行き方とあわせて駐車場情報もご紹介します。

まず、最寄りの駅からの行き方をご紹介します。地下鉄丸ノ内線の新宿駅B11番出口より徒歩約3分です。地下鉄丸ノ内線の新宿三丁目駅からお店に行く行き方もあります。新宿三丁目駅B9番出口からは、徒歩約4分で行くことができます。JR新宿駅から「駄菓子バー」へ行く行き方もあります。JR新宿駅からは徒歩約4分です。

新宿駅から北に進みます。新宿通りに進み、ヨドバシカメラのマルチメディア新宿東口の手前で左折します。新宿駅東口交差点を左折して新宿通りに入ります。さらに新宿駅東口交差点を右折してモア3番街に入ります。

進んで行き、靖国通りを横断します。歌舞伎町さくら通りを進み、ファミリーマート歌舞伎町一丁目店の手前で右折すると到着です。

次に、車で新宿の「駄菓子バー」へ行く行き方についてご紹介します。首都高速中央環状線を利用して新宿の「駄菓子バー」に行く行き方です。首都高速道路中央環状線の中野長者橋料金所で高速道路を降ります。中野本町二丁目で左折して相生通り、都道4号を経由して新宿の「駄菓子バー」へ行くことができます。

駐車場情報

車で新宿の「駄菓子バー」へ行く行き方についてご紹介しましたが、新宿の「駄菓子バー」にはお店専用の駐車場がありません。近くの有料駐車場などに車を駐車して「駄菓子バー」に行かれることをおすすめします。

ここで、新宿の「駄菓子バー」周辺の有料駐車場をご紹介したいと思います。新宿の「駄菓子バー」からとても近いところにあり、お店への行き方も便利な駐車場「新宿サブナード駐車場」の情報をご紹介します。

「新宿サブナード駐車場」は、都市型公共地下駐車場です。400台収容できる大きな駐車場です。事前精算機もあり、クレジットカードも使うことができる便利な有料駐車場です。また、24時間年中無休で営業しています。

「新宿サブナード駐車場」の駐車場料金についてご紹介します。1から3ナンバーの大型自動車は30分360円です。1から3ナンバー以外の普通自動車は30分320円です。「新宿サブナード駐車場」から新宿の「駄菓子バー」までは、区役所通りを経由して徒歩約2分です。

新宿の駄菓子バーへ行ってみよう

新宿の「駄菓子バー」についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。新宿の「駄菓子バー」は、懐かしい雰囲気の中で、駄菓子の食べ放題や懐かしい給食メニューなどを食べることができる人気のお店です。

多くの口コミにもあるように、落ち着いた雰囲気の店内ではお友達や家族などとおしゃべりをしながら、美味しいグルメや駄菓子を食べ、楽しい時間を過ごすことができます。

新宿を訪れる際には、人気のスポット「駄菓子バー」へ足を運んでみるのはいかがでしょうか。懐かしさを感じるとともに、癒しのひと時を過ごすことができることでしょう。

関連記事

Original
この記事のライター
Canna

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ