原宿でわたあめならTOTTI CANDY FACTORY!値段やメニューは?

原宿にわたあめの専門店が在り、美味しくインスタ映えすると評判です。店舗名は「TOTTI CANDY FACTORY」、日本では珍しいマシンを使用して夢のあるわたあめを提供しています。原宿へ行かれたら、「TOTTI CANDY FACTORY」は要チェックです。

原宿でわたあめならTOTTI CANDY FACTORY!値段やメニューは?のイメージ

目次

  1. 1原宿のTOTTI CANDY FACTORYって?
  2. 2原宿「TOTTI CANDY FACTORY」の外観・内観
  3. 3原宿「TOTTI CANDY FACTORY」のメニューと値段
  4. 4原宿「TOTTI CANDY FACTORY」のわたあめは持ち帰りOK?
  5. 5TOTTI CANDY FACTORY 原宿店の営業詳細
  6. 6TOTTI CANDY FACTORY 原宿店のアクセス
  7. 7アメリカ村「TOTTICANDYFACTORY」
  8. 8わたあめの発祥はどこ?
  9. 9TOTTI CANDY FACTORY 原宿店周辺のおすすめスポットご紹介
  10. 10TOTTI CANDY FACTORYで美味しいわたあめをたべよう

原宿のTOTTI CANDY FACTORYって?

流行の発信地原宿には食べ歩きに持って来いのグルメから、個性派ファッションまで様々な店舗が目白押しです。そんな原宿に2015年8月にオープンしたのが、わたあめの専門店「TOTTI CANDY FACTORY」です。今回は営業時間や綿あめのメニュに値段、アクセスや周辺のスポットも併せて3か所ご紹介したいと思いますので楽しみにされて下さい。

原宿でレインボーわたあめが人気!

原宿「TOTTI CANDY FACTORY」では、日本では余り見かけない特殊なわたあめマシンを使って製造しています。シンプルなわたあめからレインボー・カラーのわたあめまで、子供だけでなく大人までワクワクしてしまう様なメニューがずらりと並んでいます。

カラフルなわたあめメニューは、インスタ映えもするので大人にも大人気です。すぐに食べられるタイプのメニューは、コンテナに入ったわたあめ等もあってお土産用に持ち帰りする事も可能です。東京土産に原宿のわたあめもおすすめ出来そうです。

原宿「TOTTI CANDY FACTORY」の外観・内観

原宿「TOTTI CANDY FACTORY」の、外観と内観についてご紹介しておきましょう。まずは外観からのご紹介、外観はアメリカンポップな感じでピンクとホワイトを基調にしたかわいらしい感じです。

可愛らしいだけではなく、気分がワクワクする様な楽しい雰囲気が溢れています。前を通りかかると思わず足を止めたくなる様なそんな雰囲気です。店舗の入り口に掲げられたふわふわでパステルカラーのわたあめの看板に思わず心トキメク方もおられるでしょう。

外観からそのインパクトは絶大なのですが、その可愛らしさに誘われて一歩店舗に踏み入れると外観を超える可愛さに目が点になってしまう事でしょう。店内の内観はピンクやホワイト、ブルーにオレンジのパステル・カラーのオンパレードです。メルヘンの世界に迷い込んだ様な内観に、大人も童心に返ってしまう事間違いなしです。

原宿「TOTTI CANDY FACTORY」のメニューと値段

原宿「TOTTI CANDY FACTORY」からわたあめのメニューと、値段をご紹介して行きたいと思います。棒が付いたわたあめの他にもカップに入ったわたあめや、バケツに入ったわたあめ等の持ち帰りに便利なメニューもあります。

店舗にはわたあめ以外にも、可愛いスイーツが並んでします。「ケーキポップ」と呼ばれるスイーツで、とてもかわいい動物の顔のデコレーションになっています。棒付きで中身はガトーショコラ、持ち帰りやお土産にもおすすめのメニューです。

3色わたあめ 600円

原宿「TOTTI CANDY FACTORY」から先ず初めにご紹介するのは、「3色わたあめ」です。「OTTI CANDY FACTORY」のわたあめの魅力は、柔らかな色とその大きさです。何とわたあめの大きさは直径40㎝もあり、顔が隠れてしまう程の大きなメニューです。

「3色わたあめ」の色は、上からホワイト・ピンク・ブルーと三層になっています。値段は600円で購入する事が出来ます。昔お祭りの縁日などで見かけたわたあめは、白とピンクが定番でした。いつの間にか、わたあめも進化しているのです。

レインボーバケツわたあめ 800円

次にご紹介するのは「レインボーバケツわたあめ」、こちらはレインボー・カラーのわたあめがバケツ状のコンテナに入って販売されているものです。値段は800円で購入出来、バケツ入りのわたあめは日持ちもよく持ち帰りにおすすめです。

「レインボーバケツわたあめ」は1か月日持ちするので、持ち帰りが出来お土産としてもおすすめです。ピンク・イエロー・ブルー・グリーン・パープルのわたあめが、バケツ風の入れ物にぎっしり詰まっています。3色わたあめのバケツ入りの値段は、600円です。

レインボーカップわたあめ 600円

原宿「TOTTI CANDY FACTORY」では、レインボータイプのわたあめでカップ入りの物もあります。カップ入りですと原宿食べ歩きにもおすすめ、日持ちは3日程ですので日帰り等の場合はお土産にも出来ます。「レインボーカップわたあめ」の値段は600円です。

カップ入りの3色わたあめは、450円とリーズナブルな値段となっています。原宿名物レインボーわたあめがおすすめですが、気軽に購入できる3色わたあめも持ち帰りに便利です。特に小さなお子様用には、おすすめではないかと思います。

原宿レインボー 900円【原宿店限定】

原宿店限定の「原宿レインボー」は、レインボー・カラーのわたあめが顔がすっぽり隠れてしまう程の大きさです。値段は900円になりますが、原宿名物のレインボーカラーわたあめはインスタ映え間違いなしです。ぜひ大人気のメニューお試し下さい。

関西は大阪のアメリカ村店にもレインボーわたあめ「アメ村レインボー」と呼ばれるわたあめがありますが、一回り小さめで値段は800円で提供されています。せっかく原宿を訪れたなら、ぜひボリューム満点「原宿レインボー」を試して頂きたいと思います。

ケーキポップ 400円

原宿「TOTTI CANDY FACTORY」ではレインボーわたあめが有名ですが、わたあめ以外にも可愛い人気スイーツが販売されています。「ケーキポップ」というスイーツは、ロリーポップの様な形のお菓子で中身はガトーショコラで出来ています。

濃厚なガトーショコラの周りをチョコでコーティング、それだけではありません。可愛いアニマル・デコレーションが施されているのです。フレンチレストランの腕利きパティシエ監修のケーキのお味は絶品です。値段は1つ400円で、持ち帰りにもおすすめです。

カラフル・スイーツも一杯

わたあめで有名な原宿のスイーツ・ショップですが、スイーツの専門店なのです。量り売りで購入できるスイーツは、世界からやって来た小さなスイーツが目移りする位の豊富なメニューで展開しています。

近未来の様な店内でカラフルなスイーツを選ぶ楽しさは、わたあめの魅力と同様で大人まで楽しくなって来ます。可愛いスイーツのトッピングで、ホームメイドのお菓子を作るのも楽しそうです。選んだスイーツは、持ち帰り用に可愛い袋に入れて貰えます。

原宿「TOTTI CANDY FACTORY」のわたあめは持ち帰りOK?

原宿「TOTTI CANDY FACTORY」のわたあめは、テイクアウトが可能なのでしょうか。店舗にはイートインはありませんので、持ち帰りのみとなっています。顔より大きなレインボーわたあめを掲げて歩く原宿は、とっても楽しい散策になるでしょう。

レインボーカラーのわたあめを食べながら歩いていると、きっと沢山の人の注目を浴びる事でしょう。お気に入りのファッションやメイクで、注目を浴びるのも楽しいかも知れません。どこで売っているのか聞かれるかも知れません。

TOTTI CANDY FACTORY 原宿店の営業詳細

ここで原宿「TOTTI CANDY FACTORY」の、営業詳細をご紹介しておきたいと思います。営業時間は平日10時30分から20時まで、ただし平日の冬季(11月から翌年1月まで)は10時30分から19時までとなります。

土日祝と春・夏・冬休み期間の営業時間は、9時30分から20時までの営業となっています。定休日に関しては年中無休での営業を行っていますので、いつ訪れても安心です。

TOTTI CANDY FACTORY 原宿店のアクセス

次に、原宿「TOTTICANDYFACTORY」へのアクセスをご紹介したいと思います。店舗への最寄り駅はJR山手線「原宿駅」、竹下口改札から出て竹下通りをまっすぐ進みます。

JR「原宿駅」から歩いて約4分ほどで、「TOTTI CANDY FACTORY」に辿り着きます。駅から近いのでアクセスも良く、分かりやすいと思います。駅から竹下通りを歩きますが、店舗は通りの右手にありますので常に右側を意識して見ていて下さい。

住所 東京都渋谷区神宮前1-16-5 RYUアパルトマン2F
電話番号 03-3403-7007

アメリカ村「TOTTICANDYFACTORY」

原宿「TOTTI CANDY FACTORY」には、大阪のアメリカ村にも店舗が在ります。関西圏の方もアメリカ村を訪れると「TOTTI CANDY FACTORY」のわたあめを楽しむ事が出来ます。

原宿店にしかないメニューもありますが、アメリカ村店のわたあめも凄いボリュームです。ぜひぜひ東京原宿店と併せて、アメリカ村「TOTTI CANDY FACTORY」の店舗もチェックして頂きたいと思います。

営業詳細

それでは大阪アメリカ村店「TOTTI CANDY FACTORY」の、営業詳細についてもご紹介して参りましょう。営業時間は平日11時から20時、平日の冬季(11月から翌年1月まで)に関しては11時から19時までとなっています。

土日祝と春・夏・冬休み期間の営業時間は、10時から20時までとなっています。元旦に関しては12時から20時までの営業となります。一年中営業はしていますので、いつでも気軽に訪れる事が出来ます。

アクセス

アメリカ村「TOTTI CANDY FACTORY」への、アクセスをご紹介しておきましょう。アメリカ村「TOTTI CANDY FACTORY」へは大阪メトロ「心斎橋駅」で下車し、国道25号線を南下し4つ目の信号を右折します。

そして二つ目の交差点を過ぎ少し行くと、右側に「TOTTI CANDY FACTORY」があります。アメリカ村には個性的なショップや、楽しい古着屋さん等も沢山ありますので一緒に楽しんで下さい。原宿と同じく関西の若者ファッションの発信地です。

住所 大阪府大阪市西心斎橋2-11-9 RE11-104
電話番号 06-6210-3928

わたあめの発祥はどこ?

日本で昔から馴染みの深い甘いお菓子「わたあめ」、又は地域によっては「綿菓子」とも呼ばれています。お祭りの縁日では必ず並ぶ、子供に大人気のお菓子です。

日本のお菓子だと思っている方も多いのではないでしょうか。実はこの「わたあめ」は、日本発祥のお菓子ではないのです。元々はアメリカで作られたお菓子で、テネシー発祥のおかしなのです。日本に入って来たのは、明治時代の終わりから大正の初め頃でした。

昭和に入ってからはすっかりお馴染みの、屋台のお菓子として定着して来ました。では本国アメリカでは何と呼ばれているのでしょう、英国での呼ばれ方も調べてみました。アメリカでは「コットン・キャンディー」、英国では「キャンディー・フロス」と呼ばれています。発祥した頃は「フェアリー・フロス」(天使の綿毛)と呼ばれていたそうです。

TOTTI CANDY FACTORY 原宿店周辺のおすすめスポットご紹介

原宿「TOTTI CANDY FACTORY」の店舗のある周辺は、お洒落なグルメやファッションの店舗が沢山あります。話題のわたあめを食べに行くついでに、原宿の街でおすすめのスポットにも立ち寄って頂きたいと思います。

原宿の街からおすすめのスポットを3か所ご紹介致しますので、ぜひ原宿散策の参考にして頂けたら嬉しいと思います。持ち帰りに便利な美味しいクッキーのお店に、ぶらぶら散策スポットそして撮影スポットも最後にご紹介したいと思います。

Cookie Time

先ずは甘い物が大好きな方へおすすめしたい、クッキー屋さん「Cookie Time」です。こちらのクッキー屋さんは、ニュージーランドに1983年に創業された人気店です。今でも大人気の「Cookie Time」、原宿で焼き立ての美味しいクッキーが食べられます。

飲み物の蓋がクッキーで出来ていたり、クッキー生地をサンドしたクッキーやマシュマロがサンドされたクッキー等様々なメニューが揃います。店員さんも外国人、英語で注文すると特典がある様です。日本のクッキーとは違う、甘いクッキーをご堪能下さい。

「Cookie Time」の営業時間は11時から19時、年中無休での営業をしています。イートイン・コーナーも少しは在りますが、すぐに一杯になるので食べ歩きがおすすめです。店内にはインスタ映えする、これでもかという位可愛いスイーツが豊富に揃っています。ぜひ原宿へ行かれたら、立ち寄ってみて下さい。持ち帰りやお土産にもおすすめです。

住所 東京都渋谷区神宮前1-21-15 ナポレ原宿1F
電話番号 03-6804-3779

Thumb原宿『クッキータイム』のかわいいスイーツが話題!人気メニューの値段は?
2013年に原宿にオープンした『クッキータイム』。クッキーやスイーツが人気でたくさんの若い女...

キャット・ストリート

原宿をぶらぶら歩いてウィンドウ・ショッピングや、お買い物をされたい方におすすめなのが「キャット・ストリート」です。約1キロに渡って続くストリートで、流行に敏感なファッション・ショップやお洒落なカフェ等が沢山並んでいます。

ブランド店や個性あふれる古着屋さん等、見て歩くだけでも楽しい通りでおすすめです。海外からの観光客も沢山訪れるスポットで、外国の街歩きをしている様な楽しい通りとなっています。ゆっくりお店を見たり、カフェで休憩すると、約2時間位は過ごせます。

住所 東京都渋谷区神宮前5-10-10

Thumb原宿『キャットストリート』の楽しみ方!カフェやファッションの人気店は?
原宿のキャットストリートには個性的なショップやカフェが並び、若者に人気があるエリアです。ブラ...

MOSHI MOSHI BOX 原宿観光案内所

最後にご紹介するのは原宿の観光案内所にもなっている「MOSHI MOSHI BOX原宿観光案内所」です。日本のお土産か購入出来たり、外貨を日本円に両貝する事も出来て外国人にはとても便利なスポットです。

そこに在るのが大きな世界時計、カラフルでとても楽しいワールド時計です。可愛いのでこの時計の前で記念写真を撮る方が多く、人気撮影スポットになっています。原宿を訪れたら是非ここで写真を撮られてはいかがでしょうか。営業時間は、10時から18時です。

住所 東京都渋谷区神宮前3-23-5 1F
電話番号 03-6447-2225

TOTTI CANDY FACTORYで美味しいわたあめをたべよう

原宿「TOTTI CANDY FACTORY」から人気のわたあめメニューや値段、営業時間やアクセス等をご紹介いたしました。関西は大阪アメリカ村にも店舗が在りますので、そちらの方の営業詳細もご紹介いたしました。原宿周辺から、おすすめの人気スポットも3か所ご紹介いたしました。ぜひ原宿へ行かれた時の、参考にして頂ければ幸いです。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Hana Smith

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ