ウェルキャンプ西丹沢はコテージ泊が人気!おすすめのゾーンも調査!

神奈川にある「ウェルキャンプ西丹沢」は、きれいな水と雄大な自然が広がっている場所となっています。そんな場所でのんびりとキャンプをしてみませんか。「ウェルキャンプ西丹沢」では、コテージに宿泊できる体験もあります。人気のコテージ泊とはどのようなものでしょうか。

ウェルキャンプ西丹沢はコテージ泊が人気!おすすめのゾーンも調査!のイメージ

目次

  1. 1神奈川の人気キャンプ場『ウェルキャンプ西丹沢』とは?
  2. 2キャンプを楽しむ際に気をつけたいこと
  3. 3『ウェルキャンプ西丹沢』のキャンプゾーン
  4. 4『ウェルキャンプ西丹沢』の宿泊施設
  5. 5『ウェルキャンプ西丹沢』のおすすめ施設
  6. 6『ウェルキャンプ西丹沢』の予約方法
  7. 7『ウェルキャンプ西丹沢』の基本情報とアクセス
  8. 8人気の『ウェルキャンプ西丹沢』でキャンプを楽しもう!

神奈川の人気キャンプ場『ウェルキャンプ西丹沢』とは?

神奈川県でも山奥にある「ウェルキャンプ西丹沢」は、都会では感じることのできないような自然を感じることができる人気のスポットとなっています。

広大な敷地の中でのんびりとアウトドアを楽しむことができ、今話題のキャンプも気軽に楽しむことができます。「ウェルキャンプ西丹沢」周辺にはいくつかキャンプ場もありますが、ここは特に人気な場所となっており、シーズンになれば多くの人が訪れにやってきます。

子供にも大人にも人気な神奈川の「ウェルキャンプ西丹沢」では、どのような特徴があるのでしょうか。ここからは「ウェルキャンプ西丹沢」の魅力について学んでいきましょう。

川遊びなどができ子供連れに人気の日本一広大なキャンプ場

神奈川の「ウェルキャンプ西丹沢」は川遊びも楽しめる場所としておすすめとなっており、その魅力は高いものとなっています。子連れのファミリーにもおすすめの場所となっており、きれいで澄んでいる川で思いっきり遊ぶことができます。

敷地面積が約30万坪もあり、日本一広大なキャンプ場としても知られています。四季折々の景色を楽しみながら、キャンプを楽しむこともでき、バラエティ豊かな体験ができるのも魅力的でしょう。

初心者のキャンパーにもおすすめな場所となっており、キャンプだけではなく、コテージに宿泊することもできます。このコテージでの宿泊には、アウトドアに必要な道具も特に必要もなく、気軽にコテージ暮らしを楽しむことができるでしょう。キャンプのベテランから、初心者まで楽しむことができる人気の場所へ行ってみましょう。

コテージやバンガローにて宿泊もできる

「ウェルキャンプ西丹沢」は、コテージやバンガローにも宿泊することができます。このコテージやバンガローは、ウッド調の建物となっており、ファミリー層にもおすすめな建物となっています。

ファミリーの4〜5人ほどなら快適に宿泊できる場所としておすすめとなっており、ファミリーだけではなく、友人同士でも楽しむことができるでしょう。

少し人数が多くなるならば、コテージよりも大きめなログハウスがおすすめです。コテージよりも大人数で楽しめますので、友人などと一緒にワイワイしたい時はログハウスを使ってみましょう。最低限のアイテムはそろっていますが、より充実させたい時は持ち込みをしてみましょう。

Thumb神奈川の秘境「ユーシン渓谷」への行き方は?ハイキングコースや駐車場も!
神奈川のユーシン渓谷という人気のスポットをご存知でしょうか?天気のいい日にブルーに川が輝くこ...

キャンプを楽しむ際に気をつけたいこと

「ウェルキャンプ西丹沢」では、コテージだけではなく、オートキャンプも楽しむことができますが、十分に楽しむためには、気をつけたいポイントもたくさんあります。

例えば、「ウェルキャンプ西丹沢」は人気なキャンプ地となっており、シーズンになると人も多くなることから、事前に予約をして、さらには良い場所を押さえる必要があります。

さらには、子供連れにファミリー層には、虫除けなどの薬や、非常役の常備をする必要があります。管理人等もありますが、全てがそろっているわけではありませんので、何かあっても困らないためにも事前に用意をしておきましょう。全員が気持ちよくキャンプを楽しむためにも、安全に考慮した楽しみ方をすることをおすすめします。

『ウェルキャンプ西丹沢』のキャンプゾーン

「ウェルキャンプ西丹沢」は、広大な敷地となっているため、それぞれの特徴に合ったキャンプゾーンが設けられています。キャンプゾーンにはAからEまでの5つのゾーンに分けられていますので、それぞれに合ったゾーンを選んでみましょう。

また、それぞれのゾーンには、トイレ・炊事棟が1箇所ずつ設けられていますが、駐車場から少し距離があるなど、不便さを感じることもあるかもしれません。それぞれのゾーンに分けた紹介をしていますので、参考にしてみましょう。

キャンプゾーンはAからEの5つのゾーン

既に述べたようにキャンプゾーンはAからEの5つのゾーンに分かれています。Aゾーンは、キャンプ場の北側にあるゾーンとなっており、18サイトの電源付きオートサイトと4つのキャビン、2つのコテージがあります。電源が付いているため、オートキャンプを楽しみたい人にはおすすめです。

さらには、BBQ広場、ドッグランや貸切霧家族風呂がある「センターハウス」があり、歩いてでも気軽に行ける施設があるため好評となっています。

Bゾーンは、露天風呂や売店などの施設もあり、それらの近くには、川遊びができる「天然プール」も用意されています。川遊びを楽しみたい子供には大人気であり、「ウェルキャンプ西丹沢」では最も人気なゾーンとなっています。

Cゾーンは、「ウェルキャンプ西丹沢」の中央に位置しているキャンプ場となっており、川を見下ろしながらゆったりとキャンプを問詰することができます。ニジマスを釣ることができる釣り堀もあり、釣りを楽しむ人も見かけることができるでしょう。

Dゾーンは、総合受付から川側に降りた川沿いからCゾーンの南側までの河川敷に広がる場所となっており、川岸キャンプを楽しむことができます。露天風呂や売店も遠く施設から隔離されたような場所となっているため、本格的なアウトドアのシーンでキャンプを楽しみたい人におすすめのゾーンです。

最後にEゾーンは、総合受付から川側に降りた河川敷に広がる場所となっており、気軽に河岸キャンプを楽しむことができます。さらにはデイキャンプ専用サイトと5つのコテージがあるゾーンとなっています。比較的人気がないことから穴場スポットとしても知られています。

Thumb関東の穴場キャンプ場おすすめランキング・ベスト27!コテージありの場所は?
近年はアウトドアブームになっており、週末などにはご家族などでキャンプ場に出かけられる方も数多...

『ウェルキャンプ西丹沢』の宿泊施設

ここからは、「ウェルキャンプ西丹沢」の宿泊施設の詳しい情報を紹介していきます。コテージやバンガローなどの宿泊については、なんとなく知っているけれども、実際にどんなところかわからない人も多いのではないでしょうか。

コテージの施設情報からバンガローなどの詳しい情報をお伝えしますので、コテージの宿泊の際に参考にしてみましょう。

コテージ

まずはコテージについて、施設内容を見ていきます。コテージは、通常のテントのキャンプとは異なり、事前に持ち物などがそろっているため、準備もさほどしなくても安心して楽しむことができます。

キッチン・トイレなど生活に必要なものはそろっているため、準備も楽々です。布団もありますので、気軽にコテージ体験がしたい人にはおすすめの場所となっています。

夏は扇風機、冬は石油ファンヒーターがあり、シーズンを通しても気軽に訪れることができるでしょう。食器・調理道具類・アメニティー・タオルの用意はしていませんので、宿泊する際は気をつけましょう。

キャビン

キャビンはコテージよりもコンパクトな内装となっており、平屋建てで気軽にアウトドアを楽しみたい人にはおすすめの場所となっています。

冷蔵庫・洗面台・電気ポット・トイレがあり、生活のためには不自由はないでしょう。またコンセントもありますので、電源が必要な道具を持ってくれば使用することができます。宿泊の際は布団ではなく寝袋で就寝するものとなっています。これは、受付の際にいただくことができるので準備は特にしなくてもいいでしょう。

新山荘

大人数にも対応ができ、グループでの宿泊にもぴったりなのが「新山荘」です。流し・トイレは別棟にあるものの、大人数で宿泊する際には大変便利なものとなっています。

道具さえ用意をすれば、屋根付きの野外でBBQなども楽しむことができ、みんなんでワイワイしたい時にはおすすめとなっています。一階一部屋の10人と、一階一部屋プラス二階一部屋20人で利用することができます。

『ウェルキャンプ西丹沢』のおすすめ施設

ここまでは神奈川の「ウェルキャンプ西丹沢」の宿泊施設のおすすめ情報を紹介してきましたが、その他にも魅力的な場所は多くあります。例えば、アウトドアには欠かせないバーネキュー広場の施設やお風呂があります。

神奈川でも特に人気な「ウェルキャンプ西丹沢」は、多くの人が訪れるため、施設情報も充実しています。どのようなものがあるのか詳しく見ていきましょう。

おすすめ施設(1) バーベキュー広場

まず最初におすすめするのがバーベキュー広場です。キャンプの醍醐味でもあるバーベキューは、ジューシーな味わいのお肉をこんがりと焼いて美味しく食べることもできます。

このバーベキュー広場は、有料で楽しむことができます。1人1400円しますが、食材はすべて用意してくれますので、簡単にバーベキューを楽しむことができます。事前の予約制となっていますが、食材を用意してくれて、後片付けもやってくれるため便利なものです。

3歳未満は無料となっており、ファミリー層には人気のものとなっています。バーベキュー広場の営業時間は10時から17時30分までとなっており、シーズンによっては遅くまで営業していることもあるようです。バーベキューを楽しみたい時は事前に予約をしておきましょう。

おすすめ施設(2) お風呂

神奈川の「ウェルキャンプ西丹沢」はお風呂もあるのが特徴です。有料のキャンプ場には多くの場所でお風呂があるタイプもありますが、「ウェルキャンプ西丹沢」では貸切タイプの家族風呂もあります。家族みんなで仲良くお風呂に入ることもでき、コテージで宿泊している人からも人気を得ています。

しかし、お風呂がある場所はゾーンによって限られており、事前にマップなどを確認して、お風呂の位置を確認しておくことが必要です。お風呂に入らなくても良いという人は自由にゾーンを選んでみましょう。

おすすめ施設(3) ドッグラン

愛犬と一緒にキャンプやコテージに宿泊することもできるので、ドッグランの施設も用意されています。このドッグランは、Aゾーンに設置されており、宿泊者であれば誰でも無料で使用することができます。

広大な敷地となっていますが、キャンプサイトなどでは愛犬と一緒にいることができる場所は少なくなっていますが、ここならば思いっきり愛犬と一緒に遊ぶこともできるでしょう。

宿泊者以外の方が利用する時は別に入園料とドッグランの施設利用料金を支払う必要がありますので、注意をしましょう。

Thumb神奈川で川遊びできる場所は?子どもに人気の公園や穴場まで徹底調査!
神奈川県内で川遊びが楽しめるおすすめの場所を厳選して紹介します。人気の公園であったり、穴場的...

『ウェルキャンプ西丹沢』の予約方法

神奈川の「ウェルキャンプ西丹沢」の予約方法を確認していきます。基本的にはホームページ上で予約を完了させる仕組みとなっており、ホームページに進むと、予約画面が出てきます。

そちらに必要事項を記入して、送信をクリックすると予約完了となります。予約が出来次第、返信用メールにて完了の申し込みができますのでそちらを必ず確認しておきましょう。

シーズンなど予約状況が混雑している場合などもありますので、ゆったりとキャンプやコテージで宿泊をしたい時は、事前に予約状況を確認してみるのも良いでしょう。

『ウェルキャンプ西丹沢』の基本情報とアクセス

ここからは神奈川の「ウェルキャンプ西丹沢」の基本情報とアクセス情報について紹介していきます。神奈川の山奥に位置している「ウェルキャンプ西丹沢」は、アクセスするのにも少しややこしいものとなっています。

ここからは「ウェルキャンプ西丹沢」の知っておきたい基本的な情報も併せて紹介していきますので、参考にしてみましょう。

基本情報

まずは神奈川の「ウェルキャンプ西丹沢」の基本情報を見ていきましょう。「ウェルキャンプ西丹沢」は広大な敷地のキャンプ場となっており、フリーのキャンプサイトからコテージなど、テントなどを準備しなくても楽しむことができるサイトもあります。

オートキャンプ場の料金やデイキャンプ、コテージなどの料金設定はそのシーズンによって変更される可能性もありますので、詳しくはホームページを確認するか事前に問い合わせをしてみましょう。

キッチン用品やテントなどのレンタル用品も用意されているため、キャンプ初心者でも安心して訪れることができるでしょう。

車でのアクセス

車でアクセスすることもできます。東名高速道路「大井松田IC」より国道246号線で清水橋まで12kmの距離となっており、所要時間は約20分です。また清水橋より「ウェルキャンプ西丹沢」まで15kmの距離となっており、約25分ほどでアクセスすることができるでしょう。

車でのアクセスも簡単ですが、神奈川の山奥にあるため迷う方もいるでしょう。そのような事態にならないためにも事前に車のナビを設定するなどの対策をしておきましょう。

人気の『ウェルキャンプ西丹沢』でキャンプを楽しもう!

ここまで神奈川の「ウェルキャンプ西丹沢」のおすすめ情報を紹介していきましたが、キャンプサイトのことだけではなく、コテージの宿泊についても詳しく知ることができたでしょう。

神奈川にいながらも自然を満喫でき、さらには空気が澄んでいるため、日々のストレスのある社会からリセットされるような感覚を覚えることでしょう。子供にもおすすめの体験ができる施設もあり、ファミリーにもおすすめな場所となっています。

キャンプのシーズンになれば、その魅力的な「ウェルキャンプ西丹沢」へ訪れて、アウトドアを満喫してみましょう。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
ピーナッツ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ