「としまえん」の楽しみ方を徹底ガイド!人気のアトラクションや遊び方は?

東京都練馬区にあるとしまえんは、都内でも有数の遊園地です。子供から大人まで楽しめるバラエティに富んだアトラクション、夏限定のプールや冬のイルミネーションが人気です。ここではとしまえんの人気アトラクションやおすすめの遊び方などを紹介しましょう。

「としまえん」の楽しみ方を徹底ガイド!人気のアトラクションや遊び方は?のイメージ

目次

  1. 1 「としまえん」は東京都練馬区の遊園地
  2. 2としまえんってどんなところ?
  3. 3としまえんのおすすめアトラクション5選
  4. 4としまえんの夏季営業プールが人気
  5. 5としまえんの人気イベント
  6. 6としまえんのチケット料金は?
  7. 7としまえんへのアクセス方法
  8. 8としまえんへの駐車場情報
  9. 9としまえんで1日じゅう楽しもう

「としまえん」は東京都練馬区の遊園地

としまえんは東京都練馬区にある人気遊園地です。古くから「豊島園」としてオープンしていて、小さい頃に遊んだという親世代の方も多いことでしょう。

池袋から電車で約15分とアクセスがよく、デートにも子供の遊び場としても人気があります。夏にはプール、冬にはアイスリンクやイルミネーションが行われ、年間を通して楽しめます。

東京のとしまえんは子供の遊び場というイメージがありますが、大人も楽しめるスポットです。春は桜、初夏はあじさいの名所として知られています。また夏休み期間中にはナイトプールが開催されていて、カップルでゆったりと過ごすのもおすすめです。

としまえんってどんなところ?

東京都練馬区にあるとしまえんは、1926年(大正15年)に「豊島園」としてオープンしました。当初は遊園地ではなく、ボート池や小動物園、テニスコートなどがある公園でした。

戦争中は一時期閉鎖されましたが、戦後に遊園地としてアトラクションやプールが作られ、名前も「としまえん」に改められました。

遊園地エリア

としまえんは遊園地エリアとプールエリアに分かれています。遊園地エリアではサイクロンやフライングパイレーツ、ブラワーエンジンなどの絶叫系マシーンが人気を呼んでいます。

またカルーセルエルドラドやミニサクロン、ミニイーグルなど小さな子供たちが楽しめるアトラクションもたくさんあり、家族揃って遊ぶことができます。

遊園地エリアはアトラクションだけではなく、昆虫館や大型迷路、小動物と触れあえる「ふれあいペットガーデン」、ストライダーパークなどもあります。「ふれあいペットガーデン」ではポニー乗馬体験もできます。

ASOBRAVO!

ASOBRAVO!(アソブラボー!)はボーネルンドがプロディユースする屋内型の子供の遊び場です。約100平方mもの広々としたエリアには大型遊具やボールプール、おもちゃコーナーなどがあります。

赤ちゃんが安心して遊べるベビーゾーンもあり、小さな子供たちの人気エリアとなっています。屋内にあるため天気が悪い日でも子供達が体を動かして遊べるおすすめエリアです。

トリックメイズ

トリックメイズは大型の木製立体迷路です。5層から成り、子供だけではなく大人も一緒に楽しめます。全部で3つのコースがあるのでレベルに合わせて楽しみましょう。

「知力コース」は考えながら進むコースで、難易度の高い仕掛けの中を進みます。答えは1つだけなので、仲間と強力しながら進むのもおすすめです。「ファミリーコース」は小さな子供と一緒に家族で楽しめるコースです。間違えなければ20分でクリアできます。

「体力コース」はアスレチックや障害物が用意されていてアップダウンがあるコースです。どのコースも途中であきらめたい時は「ギブアップ出口」から脱出することができます。隣接する「こどもの森」では、空中迷路が設置されていて、こちらもおすすめです。

としまえんのもり昆虫館

としまえんのもり昆虫館は、あじさい園の中にあるレトロな建物です。こちらには主に外国原産の昆虫が約40種類、飼育されています。子供たちに人気があるのが大型の「ヘラクレスオオカブト」で、その他にも珍しいナナフシやハナカマキリなども見られます。

また世界のクワガタ・カブトムシ、蝶の標本なども展示されていて、昆虫が好きな子供達におすすめです。ふれあいジャングルは子供達に大人気のエリアで、ジャングルのようなエリアにカブトムシやクワガタムシなどの昆虫が放し飼いにされています。

その他の施設

としまえんには、プールや遊園地の他にもさまざまな施設があります。「としまえんドッグパーク」では愛犬を遊ばせることができるエリアです。スーパーフィッシング豊島園はとしまえんに隣接する釣り堀で、鯉や金魚を釣って遊ぶことができます。

また、人工マットを使ったスキーレッスンプログラムや、冬季限定で屋外にアイススケートリンクでも楽し占めます。としまえんの正門横には「ユナイテッド・シネマとしまえん」があり、としまえんで遊んだ後に映画鑑賞をすることができます。

さらに隣接して日帰り温泉施設の「庭の湯」があり、プールや遊園地で遊んだ後に汗を流して、リラックスするのもおすすめです。

としまえんのおすすめアトラクション5選

東京としまえんの遊園地エリアには絶叫系から子供が楽しめるほのぼの系までバラエティに富んだアトラクションが揃っていて、子供から大人まで楽しめます。

ここではとしまえんの人気アトラクションベスト5を紹介しましょう。絶叫系だけではなく、小さな子供にも人気のアトラクションがあり、家族揃って楽しめます。

カルーセルエルドラド

カルーセルエルドラドは、東京のとしまえんで子供達にとても人気があるアトラクションです。一般的にはメリーゴーランドや回転木馬と呼ばれているアトラクションですが、としまえんのメリーゴーランドは長い歴史があります。

この回転木馬は、1907年にドイツのミュンヘンで名工によって造られたものです。手作りの彫刻が施され、木馬の表情も一つ一つ違いがあります。この回転木馬はヨーロッパの各地を巡り、最終的にアメリカのコニーアイランドの遊園地へ落ち着きました。

その後1971年に東京ととしまえんに運ばれ、子供たちを楽しませています。夜になるとライトアップされ、幻想的な雰囲気が楽しめます。2010年には日本機械学会の「機械遺産」に認定されています。

トロイカ

トロイカはぐるぐると回転するアトラクションで、遠心力を利用したスリリングた体験ができます。見た目はポップでかわいい乗り物なのですが、思ったより高速で回転し、空中に投げ出されるような感覚が味わえます。

最初はゆっくりと優雅に回っていますが、そのうちアームがどんどん上がって来て、最後には見た目からは想像できないほど激しい動きをします。こちらは身長110cm以上の子供から利用できます。

フリュームライド

フリュームライドは丸太型のボートに乗って、一気に急流を下るアトラクションです。1台に4人まで乗れるので、家族や仲間と楽しめます。

このアトラクションは110cm以上の子供から利用できます。身長が110cmに満たない子供向けに、ミニフリュームライドがあります。こちらは大人も一緒に乗って楽しむことができます。ミニとはいえ急降下すると水しぶきが上がり、スリリングな体験ができます。

サイクロン

サイクロンは東京としまえんで最も人気がある絶叫系アトラクションです。としまえん内のほぼ中心に設置されているジェットコースターで、園内の様々なアトラクションの横をすり抜けるように走ります。

急上昇、急降下を繰り返しながら、森の中やトンネルの中など変化に富んだコースがが楽しめます。こちらも身長110cm以上の子供から利用できます。

小さな子供向けにミニサイクロンがあり、親子で楽しめます。ミニとはいえスリルあるアトラクションで、子供のコースターデビューにもおすすめです。

フライングパイレーツ

フライングパイレーツはとしまえんのシンボルにもなっているアトラクションで、絶叫系アトラクションが好きな人にははずせません。海賊船と商船の2隻の船があり、地上45mの高さまで急上昇、急降下を繰り返します。

ただ左右に揺れているだけと思ったら大間違いで、高いところから一気に落ちる浮遊感を何度も味わうことになります。ジェットコースターより好きという人も多く、ドキドキ感が溜まりません。より高くまで上がり人は、先端の席に座りましょう。

人気のアトラクション【番外編】コークスクリュー

コークスクリューはとしまえんの絶叫系マシーンの中でも1、2位を有ら押す人気アトラクションです。コークスクリューは急降下や旋回が楽しめるジェットコースターで、360度回転が楽しめます。

乗っている時間は約1分20秒と短いのですが、激しい横揺れや回転などがあり、スリリングな体験ができます。

人気のアトラクション【番外編】お化け屋敷

遊園地でアトラクションといえば、ジェットコースターと並んで人気があるのがお化け屋敷でしょう。としまえんのお化け屋敷は幽霊屋敷や古い寺をテーマにした和風のお化け屋敷です。

乗り物に乗るのではなく、中を歩いて進むタイプです。昔から日本に存在するお化けが次々と出て来るので、恐怖体験をしたい方にぴったりです。時間は10分くらいで、勇気があれば小学生でも楽しむことができます。

としまえんの夏季営業プールが人気

としまえんのプールは東京でも最大級の大きさを誇り、大型ウォータースライダーや流れるプールなど様々な種類のプールがあります。プールは夏季限定で、例年6月下旬から9月上旬まで営業しています。

としまえんのプールは東京でも人気のプールで、夏休み期間中は子供を連れた家族で賑わいます。プールの後はとしまえんの遊園地エリアで遊ぶことができ、1日たっぷりと楽しめます。

子供も大人も遊べる人気のプール

としまえんのプールは1929年(昭和4年)にオープンした歴史があるプールです。その後、拡張され現在は競泳プールを含め7つのプールがあります。

プールがオープンしている夏は、水着のまま園内のアトラクションで遊ぶこともでき、遊園地もプールも遊びたい人にぴったりです。

プールの営業期間

としまえんのプールの営業期間は例年6月末から9月上旬です。また7月20日から9月1日までの夏休み期間は、週末とお盆にナイトプールを営業しています。ナイトプールは21時まで営業しており、夏の夜を楽しく過ごすことができます。

チケットは、プールのみの入場券、プールと遊園地ののりものフリー券がセットになったもの、また15時以降に入園できるお得なチケットなどがあります。

波のプール

波のプールは貝殻の形をしたようなプールで、長さが160m、幅60mあります。波打ち際からだんだん深くなって行き、一番深いところは1.6mあります。定期的に波が造られ、リゾートにいるような感覚が味わえます。波がないときは浮き輪に入ってプカプカと浮かぶのもおすすめです。

流れるプール

としまえんの流れるプールは、世界で初めて作られた流れるプールです。ドーナツ型で1周350mあります。深さは最も深いところで1.2mとなっています。

浮き輪を持って入れるので、ぷかぷかと浮かんでリラックスするのもおすすめです。家族揃って楽しめるおすすめプールです。

ナイアガラプール

ナイアガラプールは子供用の遊具が置かれているプールです。深さは0.8mから1.1mまでで、小さな子供向けの滑り台、小さなウォータースライダー、回転シャワーなどがあります。

ナイアガラプールはファミリーにおすすめのエリアで、小さな子供たちも安心して楽しめるおすすめエリアです。

ふわふわウォーターランド

ふわふわウォーターランドは有料エリアで、子供から大人まで楽しく遊ぶことができます。プールには「ビッグアイランド」と呼ばれる大きな浮き島や「キッズアイランド」など6種類のアトラクションがあります。

ウォータースライダーやトランポリン、ジャングルジムなどの遊具や1人乗り用のパドルボートで遊ぶこともできます。

ハイドロポリス

ハイドロポリスはとしまえんのプールで最も人気があるエリアで、ウォータースライダーが設置されています。2018年に30周年を迎えたスライダーで、古くから人気があるスポットです。

AタワーからCタワーまで3つのタワーがあり、それぞれのタワーの中に複数のスライダーが設置されています。Aタワーはボディで滑るタイプのスライダーで、チューブやトンネル、オープンスタイルなど全部で4種類あります。

Bタワーは有料エリアで、インナーチューブという専用の浮き輪に乗って楽しむアトラクションです。インナーチューブは1人乗りと2人乗りがあり、2人乗りを使えばお友達や家族で楽しめます。

Cタワーは3つのタワーの中で最も高さがあるスライダーです。全部で4種類あり、スリルを味わいたい上級者向けのスライダーとなっています。高さ22mから一気に滑り落ちるスライダーやパイプの中をぐるぐるとまわりながら落ちるチュープ型のスライダーなどがあります。

ノーティックジェット

ノーティックジェットは有料のアトラクションです。高さ8mのところから一人乗りのボートに乗って急降下します。

ジェットコースターのようなスリルが味わえるアトラクションで、とても人気があります。こちらは身長120cm未満の子供は利用できません。

ナイトプール

としまえんのプールは、期間限定で夜もオープンしています。2019年は7月20日から9月1日の金・土・日及び8月9日から18日で、時間は21時までです。営業エリアは波のプールとナイアガラプールのみで、入園にはナイトプールチケットが必要です。

ナイトプールでは有料席が利用できます。また、カップルにおすすめなのがレンタルペアフロートで、ナイアガラプールに浮かべてプロジェクションマッピングを楽しむことができます。こちらは数に限りがあるので、早目にレンタルするようにしてください。

としまえんの人気イベント

としまえんでは年間を通して様々なイベントが開催されています。春には桜、初夏にはあじさいが咲き、あじさい祭りもおすすめです。

冬はライトアップイベントやアイススケートなども楽しめます。またハロウィンイベントやキャラクターショー、コスプレイベントなども開催されています。

ウィンターファンタジア

ウィンターファンタジアは毎年恒例の冬のライトアップイベントで、10月末から2月末まで開催されます。点灯時間は15時から19時30分までで、園内が色鮮やかな雰囲気に包まれます。

メイン会場には城や花、動物などをモチーフにしたランタンが飾られ、光のトンネルやネイキッドが手掛けるプロジェクションマッピングなども楽しめます。冬のデートスポットとしてとても人気があるイベントで、夕方からカップルがたくさん訪れます。

あじさい祭り

としまえんは遊園地やプールだけではなく、花々も楽しむことができます。園内のあじさい園には150種、1万株ものあじさいがテーマ別に植えられています。珍しい品種も多く、見ごろを迎える5月下旬から6月には多くの人が訪れます。

この時期には「としまえん あじさい祭り」が開催されます。あじさい園に沿って走る模型列車も「あじさい号」に模様替えをします。また夜間にライトアップが行われる「あじさいナイト」や、ミニコンサート、ガイドツアーなどが行われます。

花火

としまえんでは夏休み期間中の土日とお盆の間、夜間に花火が打ち上げられます。毎年異なったテーマによって行われていて、2019年のテーマは「音楽」でした。音楽に合わせた約7分間の花火が楽しめます。

座って花火を楽しみたい方は、有料席「花火テラス」がおすすめです。11時から20時までフライングパイレー及びコニーアイランドで受付を行っています。

フリーマーケット

としまえんでは9月から11月まで月1回、フリーマーケットが開催されます。この日は入園料が200円と割引料金になるため多くの人が訪れます。

毎回200店から300店の出店があり、園内のあちらこちらにブースが設置されます。衣類やおもちゃ、ゲーム、アクセサリーなど品揃えも豊富で、掘り出し物が見つかるかもしれません。

としまえんのチケット料金は?

東京としまえんのチケット料金は、入園券、のりもの1日券、キッズのりもの1日券、のりもの券があります。入園券は入園のみで、アトラクションに乗る場合はのりもの券が別途必要です。

のりもの1日券は、入園券とアトラクションに乗り放題で楽しめる1日フリー券が含まれます。またキッズのりもの1日券はアトラクションの機種が限定される、身長110cm以下の子供用チケットです。

入園券・のりもの券

東京としまえんの入園券の料金は、大人1000円、3歳から小学生の子供500円です。のりもの1日券は、入園券とのりものフリー券が含まれます。料金は大人4300円、身長110cm以上の子供3300円です。子供は3歳から有料です。

キッズのりもの1日券は、身長110cm以下の子供のためのチケットで2500円です。このチケットは乗れるアトラクションの種類が限られています。

キッズのりもの1日券を利用する際は20歳以上の大人の付添が必要で、付添人の料金は3000円となっています。

のりもの券は、入園券のみを購入した方がアトラクションに乗りたい時に必要なチケットです。のりもの券は1枚100円が22枚綴りになっていて、2000円で販売されています。残ったのりもの券は、後日も利用できます。以上の料金は2019年10月1日以降の料金です。

1日フリーパスの購入方法

東京としまえんの1日フリーパスは、当日としまえんの窓口で直接購入できます。また前売り券は、クレジットカードでオンライン購入することができます。

前売り券は当日窓口で購入するよりも割引料金で購入できるので、予定が決まっている方は、ホームページからオンライン購入するといいでしょう。ただし前売り券は、購入後のキャンセルができないので注意してください。

としまえんへのアクセス方法

東京としまえんには、電車、バス、車でアクセスできます。電車でアクセスする場合、池袋駅から西武池袋線を利用し豊島園駅で下車し徒歩1分です。池袋駅からの乗車時間は約14分です。

また新宿駅からは、都営大江戸線を利用し豊島園駅で下車し徒歩2分です。新宿駅からの乗車時間は約20分です。

バスでアクセスする場合は、練馬駅北口から西武バスがおすすめです。車でアクセスする場合は常磐自動車道大泉インター、関越自動車道練馬インターから約20分です。

Thumbとしまえんへのアクセス&最寄り駅まとめ!電車やバス・車で比較!
みなさんは東京にあります「としまえん」へのアクセスでどんなアクセス方法がおすすめかご存じでし...

としまえんへの駐車場情報

東京としまえんには第1駐車場と西ゲートに臨時駐車場があります。第1駐車場の利用料金は30分200円で、1日最大1600円です。第1駐車場には駐輪場があり、オートバイは1日500円、自転車は無料です。

西ゲートの臨時駐車場の利用料金は、1日最大1600円です。こちらにも駐輪場があり、オートバイは1日500円です。

としまえんで1日じゅう楽しもう

としまえんには子供から大人まで楽しめるアトラクションがたくさん揃っています。遊園地やプール、冬のイルミネーションなど年間を通して楽しめます。

都心からも30分で着くことができ、アクセスが便利なロケーションにあります。デートやファミリー、仲間と訪れ楽しい1日を過ごしてください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Momoko

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ