石神井公園駅から池袋駅までのアクセスを比較!線路別の所要時間は?

東京練馬区の石神井公園駅周辺は住みやすい街だと近年人気のエリアです。石神井公園駅から池袋駅までは急行でおよそ10分。ここでは石神井公園駅から池袋までのアクセスの仕方を線路別に比較してみました。石神井公園駅から池袋駅までアクセスされる時の参考にしてください。

石神井公園駅から池袋駅までのアクセスを比較!線路別の所要時間は?のイメージ

目次

  1. 1西武池袋線「石神井公園駅」って?
  2. 2石神井公園駅から池袋駅までのルートは?
  3. 3石神井公園駅から池袋駅へ①西武池袋線(急行)
  4. 4石神井公園駅から池袋駅へ②西武池袋線(準急)
  5. 5石神井公園駅から池袋駅へ③西武池袋線(各駅停車)
  6. 6石神井公園駅から池袋駅へ④東京メトロ副都心線(急行)
  7. 7石神井公園駅から池袋駅へ⑤東京メトロ副都心線(各駅停車)
  8. 8石神井公園駅から池袋駅まで最短で行けるのは?
  9. 9定期券の購入について
  10. 10石神井公園駅から池袋駅へ行こう

西武池袋線「石神井公園駅」って?

石神井公園駅とは、東京副都心の一つである東京豊島区の池袋から埼玉県秩父市の西武秩父駅まで全36駅を結ぶ西武池袋線の主要駅の一つです。池袋駅から各駅停車で9つ目、急行では池袋から次の駅が石神井公園駅です。

石神井公園駅は西武池袋線の各停列車をはじめ、各列車種別の急行、快速急行、通勤快速、快速準急、有料指定列車のS-TRAINの一部が乗降車ができる、西武池袋線のメインステーションの1駅です。

有料指定列車のS-TRAINは、平日、豊洲行き上り列車の乗車と、平日、所沢行き下り列車の降車のみ、石神井公園駅を利用します。

西武池袋線の各列車種別のほとんどが石神井公園駅に停車しますが、通勤準急は石神井公園駅には停車しません。また特急「ちちぶ号」及び「むさし号」も石神井公園駅には停車しません。乗降車もできませんのでご注意ください。

池袋駅にアクセスしやすい石神井公園駅

東京練馬区のシンボルスポット石神井公園のある石神井公園駅周辺は、近年住みやすい街だと人気のエリアです。石神井公園の最寄り駅である石神井公園駅は東京の副都心の一つである豊島区池袋駅までは急行でおよそ10分です。

もし急行の時間を逃してしまった場合は、各駅停車に乗車してもおよそ21分で池袋駅にアクセスできます。

ここでは東京練馬区の石神井公園駅から東京の豊島区の池袋駅までの西武池袋線の路線別の所要時間などのアクセス方法を比較してみました。西武池袋線を利用して石神井公園駅から池袋駅へアクセスされるときの参考にしてください。

石神井公園駅から池袋駅までのルートは?

東京練馬区石神井公園駅から東京副都心の一つである豊島区池袋駅までのルートは、埼玉の秩父市と東京の池袋をつなぐ西武池袋線に乗車してアクセスする方法しかありません。

石神井公園駅には西武池袋線しか乗り入れていませんが、各駅停車から急行や通勤快速など各列車種別のほとんどが、石神井公園駅に停車します。

昔、池にワニがいたと話題になったことがある石神井公園は四季折々の自然に恵まれ、池の周辺を約1時間程度、ゆっくりと散歩を楽しんだり、ジョギングコースとしても最適な公園だと、季節ごとにたくさんの人が訪れます。

また近年、石神井公園周辺は住みやすいエリアとして人気で、マンションなど住宅も増えました。石神井公園周辺から都心への買い物に最も近いエリアは池袋ですが、石神井公園駅は池袋駅へも西武池袋線でアクセスしやい場所です。

石神井公園駅から都心へ通勤や通学、買い物に出かける人や、また石神井公園へレジャーに訪れる方など、公共交通機関を利用してアクセスするルートといえば、西武池袋線のほかにはありませんが、石神井公園駅は列車種別や電車の本数も多く大変便利な駅です。

おすすめのアクセス方法をチェック!

石神井公園駅へのおすすめアクセス方法は、池袋駅から、西武池袋線の通勤準急以外、急行、準急、快速、通勤急行、快速急行(Fライナー)そして各駅停車など、どの種別の列車を利用してもアクセスできます。時間に合わせてご利用ください。

朝の通勤通学ので混雑する7時から8時台は平日、各列車種別を合わせ55本ほどの電車が運行されています。また石神井公園駅からの始発電車があることも、朝の混雑の解消につながる手段となっています。

また西武池袋線は地下鉄池袋駅より東京メトロ副都心線と直結して渋谷まで、そして渋谷から東急東横線に直結して横浜中華街までアクセスできる電車が運行されています。池袋止まりの西武池袋線と同じホームに停車するので、行く先を確認してご乗車ください。

というわけで、石神井公園駅から池袋駅までのおすすめのアクセス方法をチェックしていきましょう。電車の時刻や料金など合わせて紹介していきます。

石神井公園駅から池袋駅へ①西武池袋線(急行)

石神井公園駅から池袋駅へアクセスする最初に紹介するおすすめルートは、西武池袋線池袋行の急行を利用するルートです。

西武池袋線の急行を利用すると、石神井公園駅の次が池袋駅です。西武池袋線の急行電車は埼玉の西武秩父駅から所沢までは各駅に停車し、所沢からは、石神井公園駅の3駅前のひばりが丘駅に停車して、石神井公園駅、そして終点の池袋駅に止まります。

所要時間約10分

石神井公園駅から池袋駅まで1駅、乗車時間は約10分です。乗り換えはありません。石神井公園駅構内の電車のすべての乗り場は駅の2階のホームです。

石神井公園駅から池袋駅へ向かう急行は、2階4番ホームから乗車します。ちなみに1、2番ホームは所沢、西武秩父方面になりますのでご注意ください。

時刻表・料金案内

次に西武池袋線の池袋行の急行の時刻表及び料金についてご案内します(以降、時刻に関しては平日の時刻表を基準にしたもので、2019年3月16日に改正になった時刻表からのご案内です)。

通勤通学の混雑する時間帯の朝7時台から8時台は、1時間に4本から5本の急行が運行されています。また帰宅で混雑する17時から19時台の急行は3本から5本運行されています。その他の時間帯は1時間に3本の急行が運行されています。

朝の通勤通学の混雑する時間帯は急行のほかに、快速、通勤急行、快速急行(Fライナー)なども運行されているので合わせてご利用ください。上記の種別電車は、急行と同様に石神井公園駅の次の駅が終点の池袋駅となります。

西武池袋線の石神井公園駅から池袋駅に向かう急行の時刻表を簡単に案内すると、石神井公園駅から池袋駅行の急行の始発は5時58分です。

西武池袋線の石神井公園駅から池袋駅への急行の最終電車は23時49分です。ちなみに池袋駅から石神井公園駅への急行の最終電車の時間は23時15分(飯能行)です。お乗り遅れのないようにご注意ください。

石神井公園駅-池袋駅間の乗車料金について

西武池袋線の石神井公園駅から池袋駅までの急行、通勤急行の乗車料金は普通乗車券1人(中学生以上)210円、小学生1人110円、未就学児は無料です。

PASMOやSUICAなどのICカード乗車券は大人1人206円、小人1人103円です。乗車料金は急行も快速も通勤急行も料金は変わりません。

ただし2019年10月1日の消費税引上げにより料金改正が行われました。それによると2019年10月1日より券売機でチケットを購入した場合の料金は、今まで通り大人1人210円、小人1人110円です。

しかしICカードで乗車した場合は、券売機で購入したチケット同様に大人1人210円、小人1人110円の料金となります。

石神井公園駅から池袋駅へ②西武池袋線(準急)

石神井公園駅から池袋駅へアクセスする2番目にご紹介するおすすめルートは、西武池袋線池袋行の準急電車です。

石神井公園駅から西武池袋線の準急を利用する場合は、石神井公園駅の次に練馬駅に停車し、終点池袋駅に到着します。

所要時間約12分

準急は石神井公園駅から池袋駅まで2駅、乗車時間は約12分です。乗り換えはありません。急行と同じ4番ホームから乗車します。

急行も準急も乗車するホームが同じなので、急行に乗車するつもりが間違えて準急に乗車してしまっても、所要時間は2分程度しか変わりありません。ただし練馬で下車する場合は急行は練馬には停車しませんので気を付けてください。

時刻表・料金案内

西武池袋線池袋駅へ行く準急の時刻表をザックりご案内すると、朝の混雑する7時台は7本、8時代は5本準急が運行されています。そのほかの時間帯は3本運行されています。 

また西武池袋線池袋行の準急の始発電車は5時18分です。石神井公園駅を発車すると練馬に停車し、終点の池袋駅に到着します。

急行と準急の池袋までの所要時間は2分程度しか違いませんので、池袋駅早朝お急ぎの方は、5時58分の急行ではなく、5時18分の準急に乗車した方が池袋に早く到着することができます。

石神井公園駅から池袋駅の準急の最終電車は準急は0時16分です。ちなみに池袋駅から石神井公園駅への準急の最終電車は0時15分(小手指行)です。お乗り遅れのないように気を付けてください。

西武池袋線の石神井公園駅から池袋駅までの準急に乗車した場合の料金は、急行に乗車した料金と変わりありません。

石神井公園駅から池袋駅へ③西武池袋線(各駅停車)

石神井公園駅から池袋駅へアクセスする3番目にご紹介するおすすめルートは、西武池袋線池袋行の各駅停車です。石神井公園駅から9駅目が終点の池袋駅です。

朝の通勤通学で混雑する時でも、所沢から池袋駅に向かう方面で、急行や準急の停車しない駅から乗車してきた人が、石神井公園駅で急行や準急に乗り換える人がいるので、運が良ければ座って池袋駅まで行ける場合があります。

準急も同様ですが、途中の停車駅練馬駅では都営大江戸線に乗り換え新宿方面や神楽坂や両国、六本木や汐留、勝どき方面へアクセスすることができるほか、豊島線で豊島園へアクセスも可能です。

所要時間約21分

西武池袋線の各駅停車で、石神井公園駅から池袋駅までは約21分です。乗り換えなしでアクセスできます。

各駅停車は石神井公園駅の2階3番ホームに電車が停車します。ただし運行上の都合によっては4番ホームに停車することもあるので、乗車の際にはご注意ください。

時刻表・料金案内

西武池袋線の池袋行で各駅停車の石神井公園駅の始発電車は4時33分です。朝の混雑する時間帯である7時台から9時台は、1時間に10本から12本ほどの各駅停車が運行されています。

石神井公園駅は各駅停車のほか、各列車の種類が停車しますので、所沢方面から石神井公園駅まで乗車してきた電車を急行や準急、および東京メトロ直結の電車に乗り換えする人も多数く、通勤通学時間はホーム内は混雑しています。

西武池袋線の石神井公園駅から各駅停車で池袋駅に向かう電車の最終電車は、0時17分です。これ以降の電車はありませんので乗り遅れにご注意ください。

ちなみに池袋駅から石神井公園駅への各駅停車の最終電車は0時35分の保谷行、0時18分は小手指行、0時7分は石神井公園駅止まりです。合わせて乗り遅れのないようご注意ください。

石神井公園駅-池袋駅間の乗車料金について

石神井公園駅から池袋駅までの料金は各駅停車も、急行などほかの各列車の種類と同じ料金です。2019年10月1日以降の消費税に伴う料金引き上げ後の値段も、急行などほかの電車と料金は変わりありません。

ただし、もし練馬から大江戸線や副都心線直通の電車に乗車した場合は、乗り越し料金がかかります。下車した駅で料金を精算してお支払いください。

石神井公園駅から池袋駅へ④東京メトロ副都心線(急行)

西武池袋線は、急行、準急、快速、各駅停車などJR池袋駅止まりの電車のほかに、練馬駅から小竹向原を経由して地下鉄池袋駅より直通で渋谷方面に向かう東京メトロ副都心線と直結している電車があります。

西武池袋線は、練馬まで西武池袋線として運行し、練馬から小竹原口駅経由し地下鉄池袋駅に向かい、地下鉄池袋駅から直通で東京メトロ副都心として渋谷まで、渋谷からは東急東横線と直結し元町中華街へ直通でアクセスできます。

所要時間約16分

石神井公園駅から小竹原口経由地下鉄池袋駅までの所要時間はおよそ16分です。停車駅は石神井公園駅、練馬、小竹向井、地下鉄池袋駅です。

地下鉄池袋駅が終点ではなく直通で、渋谷そして元町横浜方面へ運行しているので、池袋駅で乗り越してしまわぬようにご注意ください。

時刻表・料金案内

駅の時刻表では各時刻の上に「快・元中」表示してあるものが東京メトロ副都心線となった先が急行電車として運行するという意味です。直通電車は朝の混雑時の7時台には2本、8時台には4本運行されています。

地下鉄池袋までは西武池袋線の種別によって運行されます。準急なら石神井公園駅から練馬、小竹原口、そして地下鉄池袋駅に約16分でアクセスできます。

西武池袋線から東京メトロ副都心線直通の電車を利用して、地下鉄池袋駅にアクセスするときの乗車料金は、石神井公園駅から大人1人350円、小人1人180円です。

PASUMO やSIUCAなどのICカードで支払うと大人1人346円、小人1人173円です。こちらの料金は2019年10月1日の消費税引き上げ料金改定後の料金です。

石神井公園駅から池袋駅へ⑤東京メトロ副都心線(各駅停車)

西武池袋線から練馬から小竹原口を経由して地下鉄池袋線に向かい、東京メトロ副都心線の各駅停車に直結する電車も、石神井公園駅から乗車することができ、地下鉄池袋駅にアクセスすることができます。

地下鉄池袋駅までは西武池袋線の練馬までの列車種別で運行されます。各駅停車なら石神井公園駅から練馬高台、富士見台、中村橋、そして練馬に停車し、練馬から直通で小向原口、地下鉄池袋駅に停車します。

所要時間約20分

各駅停車を利用して地下鉄池袋駅にアクセスする所要時間は約20分です。池袋より先、渋谷や横浜方面アクセスするのなら、石神井公園駅より直通なので便利でおすすめですが、池袋駅までのアクセスなら副都心線に直通する電車は時間がかかるのと、乗車料金が高いのであまりおすすめできません。

西武池袋線は東京メトロ副都心線直通電車のほかに、地下鉄池袋駅より東京メトロ有楽町線に直結して新木場方面行きの電車もあるので、乗車の際にはご注意ください。

時刻表・料金案内

東京メトロ副都心線の各駅停車に直結している本数は2本から3本ほどが運行しています。石神井公園駅までは練馬駅に停車する準急として運行していても、地下鉄池袋駅より先、準急ではなく各駅停車として電車があるので、乗車するときにどこ行きか、また電車の種別を確認してご乗車ください。

石神井公園駅から地下鉄池袋駅までの料金は、各駅停車も急行も変わりありません。同じ料金でご利用いただけます。ただし地下鉄池袋駅より副都心線の駅などを利用された場合は、下車された駅で、乗り越し料金をご精算ください。

Thumb石神井公園駅特集!周辺のおすすめスポットや各方面のアクセス方法も紹介!
石神井公園駅は、東京の練馬区にある西武池袋線にある駅の一つで、石神井公園からも近く、自然豊か...

石神井公園駅から池袋駅まで最短で行けるのは?

石神井公園駅から池袋駅まで最短で行けるルートの結論から言うと、西武池袋線の急行、快速、通勤急行などを利用するのが最短で行けるルートです。

ただし利用時間によっては、練馬駅に停車する準急が早い場合があります。終点の池袋駅までは急行と2駅、そして2分しか違わないので、急行などより早くアクセスできます。

おすすめの経路・混雑情報

石神井公園駅から池袋駅へのおすすめの経路は西武池袋線の池袋行に乗車する経路です。池袋駅まで行くならこの電車がおすすめです。

池袋から先、渋谷や横浜方面にアクセスしたいのであるなら、東京メトロ副都心線直通の電車を利用すると乗り換えしなくて済むので、その場合は直通電車がおすすめです。

石神井公園駅より練馬経由小竹原口、地下鉄池袋からの直通電車は、渋谷や横浜元町にアクセスできる東京メトロ副都心線のほかに、新木場方面に向かう東京メトロ有楽町線もあるので乗車の際にご注意ください。

混雑する時間帯については

混雑する時間帯についてですが、朝の通勤通学時刻である7時台、8時台は池袋駅に向けて大変混雑します。

そのため急行や準急のほか、ほかの種別の電車が運行されたり、本数を多く運行して混雑を回避しようという試みはありますが、やはり朝の通勤ラッシュ時は混雑しますので余裕をもってご乗車ください。

準急や各駅停車が停車する練馬駅は、大江戸線への乗り継ぎができるので、朝の混雑する時間帯は練馬駅に停車する経路(準急や各駅停車)は混雑します。同時に、副都心線や東京メトロ有楽町線直結の経路も、朝の通勤時間は混雑する経路です。

定期券の購入について

2019年10月1日の消費税引き上げに伴い、石神井公園駅と池袋駅間の定期券の料金も改正されます。石神井公園駅には定期券発売窓口はありませんが定期券表示のある販売機があるので、そこで定期券を購入することができます。

販売機で購入できる時間は始発電車から最終電車の時間まで。クレジットカードで購入される方は、22時まで販売機を利用することができます。

また新規通学定期券をお求めになる方は係員に申し出て購入しなければなりませんのでご注意ください。

改正後の通勤及び通学の定期代金

改正後の石神井公園駅から池袋駅までの通勤の定期代(カッコ内は旧料金)の1ヶ月の料金は7910(7760)円、3ヶ月の料金は22550(22120)円、6ヶ月の料金は42720(41910)円です。

改正後の石神井公園駅から池袋駅までの通学の定期代は1ヶ月2810(2760)円、3ヶ月8010(7870)円、6ヶ月15180(14910)円です。定期代購入時の参考にしてください。

石神井公園駅から池袋駅へ行こう

街のシンボルスポットである石神井公園がある石神井公園駅は、西武池袋線のメインステーションの一つです。急行で1駅、約10分で池袋駅へアクセスできます。渋谷や元町方面にアクセスしたいときは、石神井公園駅から地下鉄池袋駅を経由して直通電車を利用するのもおすすめです。用途に合わせ便利のご利用ください。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
toshi_suzu

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ