としまえんのアソブラボーは人気の屋内型遊び場!料金の割引方法は?

東京の練馬区の「アソブラボー」は「としまえん」の中にある子どもに大人気の屋内施設です。それぞれが思い思いに自由に遊ぶことができる子ども連れのファミリーなどに評判です「としまえん」の「アソブラボー」について、情報をピックアップしました。

としまえんのアソブラボーは人気の屋内型遊び場!料金の割引方法は?のイメージ

目次

  1. 1東京のとしまえんの「アソブラボー」に行こう!
  2. 2としまえんの屋内型施設「アソブラボー」
  3. 3としまえんのアソブラボーのおすすめスポット
  4. 4としまえんのアソブラボーは施設が充実!
  5. 5としまえんのアソブラボーの利用料金
  6. 6としまえんのアソブラボーの料金割引方法は?
  7. 7としまえんのアソブラボーへのアクセス
  8. 8としまえんのアソブラボーの周辺観光:天然温泉 久松湯
  9. 9としまえんのアソブラボーへ遊びに行こう

東京のとしまえんの「アソブラボー」に行こう!

東京・練馬区の「としまえん」の中にある「アソブラボー」は、小さな子どもが安心して遊ぶことができる屋内施設として話題になっています。子どもと一緒に是非行ってみることをおすすめします。「としまえん」の「アソブラボー」とはどのようなところなのか、料金や割引方法、アクセスなどの観光情報とあわせて紹介します。

としまえんの屋内型施設「アソブラボー」

東京・練馬区の「アソブラボー」は、「としまえん」の敷地の中にある子どもとその保護者のみが入場することができる屋内型の施設です。

日差しが強い夏の季節も、寒さが厳しい冬の季節も、そして雨の日も安心して子どもを思う存分遊ばせることができる場所として人気となってます。

東京都練馬区のとしまえんにある屋内あそび体験型施設

「アソブラボー」は、東京都・練馬区の向山3丁目にある大変人気の遊園地「としまえん」の敷地の中にある屋内あそび体験型施設です。

営業時間は、基本的には10時から17時までとなっていますが、時期によって変動することがあるので、「アソブラボー」に行こうと思った時には事前に営業時間をチェックしてから行くことをおすすめします。

また、定休日は8月以外の毎月第3水曜日と、元日のみとなっていて、「としまえん」が休園日の時でも利用することができます。

混雑する時期には、入場制限があるときもあるので、できるだけゆとりを持った行動を心掛けるようにすると良いでしょう。

Thumb「としまえん」の楽しみ方を徹底ガイド!人気のアトラクションや遊び方は?
東京都練馬区にあるとしまえんは、都内でも有数の遊園地です。子供から大人まで楽しめるバラエティ...

としまえんのアソブラボーのおすすめスポット

東京・練馬にある「としまえん」の「アソブラボー」は、たくさんのゾーンに分かれていて、それぞれの年齢や興味・その日の気分に合わせて遊ぶ場所を自由に選択することができるようになっています。

どのゾーンも比較的子どもの自由度に任せることができるようになっていますが、しっかりと保護者が見守りをすることが大切です。特に小さな子どもを遊ばせる場合は、一緒に遊ぶか、近くで見守りをしましょう。

「としまえん」の「アソブラボー」の中でも特に人気でおすすめのスポットを6つ紹介します。少しだけ情報を頭に入れておくと、スムーズに遊ぶことができるでしょう。

人気スポット(1)アクティブゾーン

「としまえん」の「アソブラボー」の中でも人気でおすすめのスポットの一つ目は、「アクティブゾーン」です。「アソブラボー」の中でも一番広いゾーンとなっています。

「アクティブゾーン」では、ふわふわなクッションのマットがあったり、壁にロッククライミングのように渡ることができる仕掛けがあったりと、子どもが自由に身体を使って跳んだり、走ったり、転がったりしながら創造力を働かせて好きなように遊ぶことができるゾーンとなっています。

遊び方が分からなかったり、ちょっと恥ずかしくて中に入れなかったりする時には、プレイリーダーというスタッフが呼びかけをしてくれたり、遊びの提案をしてくれたりと上手に輪の中に入れるようにしてくれるので、おすすめです。

人気スポット(2)大型遊具ゾーン

「としまえん」の「アソブラボー」の中でも人気でおすすめのスポットの二つ目は、「大型遊具ゾーン」です。一番奥のエリアにあります。

「大型遊具ゾーン」には、滑り台付きのアスレチック遊具があり、少し大きな子どもが身体を使って伸び伸びとあちこちと登りながら遊ぶことができます。

アスレチック遊具の下や、滑り台を降りた先はボールプールとなっているので、誰もが安心してアスレチック遊具で遊ぶことができるので、普段よりちょっとだけ勇気や挑戦心が湧いてくること間違いなしです。

人気スポット(3)ボールプールゾーン

「としまえん」の「アソブラボー」の中でも人気でおすすめのスポットの三つ目は、「ボールプールゾーン」です。アスレチック遊具の下にあります。

たくさんのボールがあり、自由に泳いでみたり、ジャンプしてみたり、ボールと戯れてみたりとさまざまな楽しみ方ができます。

小さな子どもから滑り台から滑り降りてくる少し大きな子どもまで一緒に遊べる大人気のゾーンであり、大人も一緒に遊ぶことができます。

少し深めとなっているので、小さな子どもを遊ばせる場合は、しっかりと保護者がだっこをしたり見守りをすることが大切です。

普段では味わうことができない感触をたっぷりと楽しめることで評判であり、多くの子どもでいつも賑やかなゾーンの一つです。

人気スポット(4)コンストラクションゾーン

「としまえん」の「アソブラボー」の中でも人気でおすすめのスポットの四つ目は、「コンストラクションゾーン」です。手や頭を使って少し静かに遊びたい時におすすめのゾーンです。

ブロックやマグネット式のおもちゃなどを使って、好きなものを作ることができるようになっています。

壁はマグネットウォールとなっているので、自由にブロックをくっつけることができるようになっていて、家などで遊ぶよりダイナミックな遊び方ができると人気です。

身体を使った遊びに少し疲れた時や休憩をさせたい時、少し恥ずかしがりやな子どもの初めの一歩などにもおすすめの場所です。

人気スポット(5)ロールプレイゾーン

「としまえん」の「アソブラボー」の中でも人気でおすすめのスポットの五つ目は、「ロールプレイゾーン」です。「コンストラクションゾーン」のすぐ隣にあります。

「ロールプレイゾーン」は、おままごとやお店屋さんごっこなどができるようにたくさんの道具が揃っているゾーンです。

子どもが自由に発想力や創造力を働かせて遊ぶことができる場所となっていて、他の子どもたちと協力し合ったり、譲り合ったりとコミュニケーションを取ることができるところともなっています。子どもの成長を感じることができるゾーンとしても話題になっています。

ここで、子どもがどのようなおもちゃに興味を示すのかを眺めて、家でのおもちゃの購入の参考にしてみるのも良いでしょう。

人気スポット(6)ベビーゾーン

「としまえん」の「アソブラボー」の中でも人気でおすすめのスポットの六つ目は、「ベビーゾーン」です。小さな子ども向け専用のゾーンです。

生後約6か月から約18か月前後の乳児が安心して遊ぶことができる場所となっていて、ふわふわとしたマットが敷いてあるので、転んだり、ハイハイをしたり、寝転がったりしても大丈夫です。

子どもの発達段階に合わせたおもちゃで遊べるようになっていて、伸び伸びとした時間を過ごすことができるスペースとなっています。

動き回りたい年齢の少し大きな兄弟・姉妹と一緒に出かけても安心であると大変人気のゾーンとなっています。

としまえんのアソブラボーは施設が充実!

東京・練馬にある「としまえん」の「アソブラボー」は、小さな子どもと一緒に出かけても安心な施設が大変充実している場所として注目度の高い場所です。

おむつ交換台や授乳室などがあるベビー休憩ゾーンでは、小さな赤ちゃんが安心して休憩することができるエリアとなっています。

ロッカーなども完備なので、子ども連れでどうしても多くなりがちな荷物があっても安心して預けることができます。ベビーカーを預ける場所もあります。

休憩ゾーンでは、自販機などもあり、お弁当を持ってきた場合などはここで食べることもできます。

また、「アソブラボー」は再入場ができるので、すぐ近くにある軽食を食べられるところや「としまえん」のレストランなどで食事をしてから再び「アソブラボー」に入場することもでき、一日たっぷりと遊ぶことができます。

としまえんのアソブラボーの利用料金

東京・練馬にある「としまえん」の「アソブラボー」の利用料金は、大人が500円、6か月から小学生までの子どもが1500円、6か月までの乳児は無料となっています。

「アソブラボー」には、子どものみで入場することはできず、必ず保護者が一緒でないと入ることができません。保護者1人につき一緒に入場できる子どもは5人までです。

また、中学生以上の人(大人)のみで入場することもできないので、下見などができないことを知っておくことをおすすめします。

としまえんのアソブラボーの料金割引方法は?

東京・練馬の「アソブラボー」の入場料金には割引料金がありません。割引料金はありませんが、大変安い料金で利用できる屋内あそび体験型施設として大変人気です。

割引料金となるわけではありませんが、「アソブラボー」のみに遊びに行こうと思っている場合は、「としまえん」の入園料金などが必要ありません。「アソブラボー」の利用料金のみで「としまえん」に入ることができます。

できるだけ安い料金で「アソブラボー」で遊びたいと思った時には、お弁当やおやつを持参してみると良いでしょう。割引ではないですが、少しだけ節約につながります。

割引料金となるわけではありませんが、「アソブラボー」で遊んだ後に「としまえん」の遊園地の遊具などに乗りたくなった場合は、回数券となっている「のりもの券」を利用すれば、乗ることができます。

「アソブラボー」とあわせて「としまえん」もたっぷり楽しみたい時には、入園と乗り物が乗り放題ののりもの1日券・キッズのりもの1日券などを利用すると良いでしょう。

「としまえん」の入園券、のりもの1日券、キッズのりもの1日券などには割引料金となるチケットなどがあります。

「としまえん」の入園券、のりもの1日券、キッズのりもの1日券などを割引料金とするには、前売りチケットを利用したり、SEIBU PRINCE CLUB会員になったり、デイリーPlusなどの会員制割引優待サービスを利用したり、などの方法があります。それぞれの注意事項や割引料金適用方法などをしっかりと事前に読んでおきましょう。

としまえんのアソブラボーへのアクセス

東京・練馬の「アソブラボー」に電車を利用してアクセスする方法は、西武池袋線の「豊島園駅」で降りると徒歩約1分、都営大江戸線の「豊島園駅」で降りてA2番出口から出ると徒歩約2分、西武有楽町線の「豊島園駅」で降りると徒歩約1分などでアクセスすることができます。

車を利用してアクセスする方法は、常磐自動車道の「大泉インターチェンジ」で降りると約20分、関越自動車道の「練馬インターチェンジ」で降りると約20分、東名高速道路の「東京インターチェンジ」で降りると約70分、中央自動車道の「高井戸インターチェンジ」で降りると約50分などでアクセスすることができます。

「アソブラボー」がある「としまえん」には、約850台分の第1駐車場と、臨時駐車場である西ゲート駐車場があります。利用料金は、30分200円となっています。最大料金は、1日1500円です。最大料金は変動することがあります。

大変混雑する時期には専用・臨時駐車場ともに満車となることもあるので、念のため周辺のコインパーキングなどについて調べておくと良いでしょう。

「としまえん」の近くにある「タマパーク豊島園」は、約7台分の駐車スペースがある平地の自走式の駐車場です。24時間年中無休で営業しているので、いつでも自由に入庫・出庫をすることができます。料金は、全日8時から22時までが20分100円、22時から翌朝8時までが60分100円です。最大料金は、入庫から12時間までが700円です。

Thumbとしまえんへのアクセス&最寄り駅まとめ!電車やバス・車で比較!
みなさんは東京にあります「としまえん」へのアクセスでどんなアクセス方法がおすすめかご存じでし...

としまえんのアソブラボーの周辺観光:天然温泉 久松湯

「天然温泉 久松湯」は、東京都・練馬区の桜台4丁目にある日帰り温泉施設・銭湯です。一日しっかりと遊んだ後に、ここで汗を流してさっぱりして帰るのもおすすめです。

開放感抜群の四季の風を感じながら入浴できる露天風呂や、手足を伸ばしてリラックスできる大浴場、人工炭酸泉、電気マッサージ風呂など豊富な湯船があり、好みや混雑状況などによって自由に入る湯船をチョイスすることができます。

大変モダンなおしゃれなつくりとなっていて、地元の人を中心に大変愛されている温泉・銭湯です。浴室ではプロジェクションマッピングも行われていて、まるで美術館にいるように感じられます。

地下約1500メートルから組み上げているお湯はナトリウム-塩化物強塩となっています。ボディケアやマッサージ、アロマセラピーなどのリラクゼーション施設も充実しています。

「豊島園 庭の湯」に電車を使って行くことを考えている時は、西武池袋線の「桜台駅」で降りると徒歩約5分でアクセスすることができます。車を使う場合は、常磐自動車道の「大泉インターチェンジ」、関越自動車道の「練馬インターチェンジ」、東名高速道路の「東京インターチェンジ」などで降りるとアクセスすることができます。

営業時間は、11時から23時までとなっています。毎週火曜日は定休日です。混雑する時間帯には更衣室やカランなどを中心に特に譲り合いの気持ちをもって利用することが大切です。

料金は、12歳以上の大人が460円、小学生の中人が180円、未就学児の小人が80円となっています。サウナを利用する場合は、別途400円が必要です。

としまえんのアソブラボーへ遊びに行こう

東京・練馬にある「としまえん」の「アソブラボー」は小さな子どももから小学生までが安心して安全に遊ぶことができる場所となっています。いつも多くの人で賑わう人気スポットです。是非、「としまえん」に行った時には「アソブラボー」へも寄ってみることをおすすめします。季節に関わらずいつでもめいっぱい遊ぶことができます。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
mina-a

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ