としまえんの混雑状況やアトラクションの待ち時間を調査!GWや夏休みは?

東京都練馬区にあるとしまえんは都心からのアクセスがよく、年間を通して人気がある遊園地です。そんなとしまえんで気にあるのが混雑状況やアトラクションの待ち時間です。ゴールデンウィークや夏休みなどの混雑状況、穴場の時期などを紹介しましょう。

としまえんの混雑状況やアトラクションの待ち時間を調査!GWや夏休みは?のイメージ

目次

  1. 1東京の人気遊園地「としまえん」の混雑状況とは?
  2. 2「としまえん」の通常時期の混雑状況
  3. 3「としまえん」の長期休みの混雑状況
  4. 4「としまえん」のアトラクションの混雑状況
  5. 5「としまえん」のチケット窓口の混雑状況
  6. 6「としまえん」のレストランの混雑状況
  7. 7「としまえん」の混雑時期の楽しみ方
  8. 8事前に「としまえん」の混雑状況を確認しておこう!

東京の人気遊園地「としまえん」の混雑状況とは?

東京都練馬区にあるとしまえんは、都心から30分でアクセスできることから、東京でも人気の遊園地となっています。夏には屋外プール、冬はイルミネーションやアイススケートなど年間を通して楽しむことができます。

そんな東京としまえんに遊びに行く時、気になるのが混雑状況です。混雑時は人気アトラクションの待ち時間はどのくらいでしょうか。また、あまり混雑していないおすすめの時期はいつでしょうか。ここではとしまえんの混雑状況について詳しく解説しましょう。

Thumb「としまえん」の楽しみ方を徹底ガイド!人気のアトラクションや遊び方は?
東京都練馬区にあるとしまえんは、都内でも有数の遊園地です。子供から大人まで楽しめるバラエティ...

「としまえん」の通常時期の混雑状況

東京としまえんは、絶叫系アトラクション以外にも小さな子供が遊べるアトラクションが多く、ファミリーに人気の遊園地です。そのため、幼稚園や学校が休みのゴールデンウィークや夏休み、春休み、冬休みなどは子供を連れた家族で混雑します。

ゴールデンウィークや夏休み・春休み・冬休みの長期休暇以外を通常時期とすると、通常時期の土日・祝日は混雑しますが、平日は空いていて楽に遊ぶことができます。

混雑状況(1) 平日

東京都練馬区のとしまえんは、通常期の平日は空いていて、アトラクションの待ち時間が少なく、楽に遊ぶことができます。そのため東京のテーマパークの中でも人気がある穴場の遊園地です。

通常時期の中でも特に空いているのが梅雨の時期です。雨が降ると、子供連れでは屋外の移動がたいへんなため、としまえんのような遊園地を訪れる人は少なくなります。

しかし、小雨程度でしたら動いているアトラクションもありますし、週末には混雑するアトラクションも簡単に乗ることができます。としまえんには屋内の遊び場もありますので、混雑した時期を避けたいのであれば、平日の雨の日もおすすめです。

混雑状況を季節的に見ると、寒い冬よりも、天気のいい春や秋が人気があります。冬は夜間にイルミネーションが行われるため、昼間は空いていても夜になると混雑する傾向があります。

混雑状況(2) 土日祝日

続いて気になるのが通常時期の土日・祝日の混雑状況です。基本的に、土日・祝日は平日よりも混雑します。特に3連休は子供やファミリーで混雑します。また東京のとしまえんに遠方から訪れる人も多く、連休の前後も混雑する傾向があります。

通常時期の土日・祝日の中でも特に混雑する時間帯は11時から15時くらいの間です。この時間帯は、人気のアトラクションは待ち時間が生じますので、子連れで訪れる際には注意してください。

Thumbとしまえんへのアクセス&最寄り駅まとめ!電車やバス・車で比較!
みなさんは東京にあります「としまえん」へのアクセスでどんなアクセス方法がおすすめかご存じでし...

「としまえん」の長期休みの混雑状況

続いて気になるのが、東京としまえんの長期休みの混雑状況です。長期休みとは、学校が休みになる夏休みやゴールデンウィーク、冬休みなどですが、この中でも特に混雑するのが夏休みです。夏休みは大型プールがオープンし、平日も週末も同じように混雑します。

ゴールデンウィークは気候もよく、夏休みに比べて屋外で過ごすのが楽しい時期です。長い時間、屋外で過ごすことが多い遊園地では、熱中症の心配がある夏よりも、比較的楽に過ごせるゴールデンウィークのほうがおすすめです。

夏休みやゴールデンウィークに続いて人気があるのが春休みです。春休みは天気がよく、訪れる人が多くなります。特に土日・祝日はたいへん混み合いますので、この時期にとしまえんを訪れる人は攻略方法を考えておくのがおすすめです。

また長期の休みではありませんが、バレンタインはたいへん混み合います。反対にハロウィンは比較的人が少なく、この時期の穴場スポットとなっています。

混雑状況(1) 夏休み

夏休みに東京としまえんに出かけようと考えている方も多いことでしょう。気になる混雑状況ですが、としまえんでは例年6月下旬から9月第1週まで屋外プールがオープンし、この時期には多くの人が訪れます。

それでも7月上旬は天気が安定しないことも多く人が少なく、平日であればプールも遊園地も楽に遊ぶことができます。夏休みが始まる中旬から次第に混み合ってきますが、平日は混雑するといっても快適に遊ぶことができます。

8月に入るととしまえんのプールは大混雑となり、平日でも早く行かないと駐車場が満車になってしまうほどです。特に中旬のお盆の時期は駐車場だけではなく、チケット売り場、アトラクション、レストランとどこも大混雑します。

夏休み中の金土日、お盆の時期はナイトプールが21時までオープンするので夜も混雑します。また遊園地では夜にHANABIナイトが開催されますので、こちらも閉園時間まで混雑します。

お盆を過ぎるととしまえんのプールは混雑が少しずつ緩和され、8月下旬の平日であれば、混雑していても快適に遊ぶことができます。

混雑状況(2) ゴールデンウィーク

次に東京としまえんのゴールデンウィークの混雑状況をみてみましょう。ゴールデンウィークは天気もよく、園内には花々も多く楽しく遊べる時期です。

ゴールデンウィーク中は、開園前からチケット売り場に列ができることも多く、駐車場に入るのに1時間待ちということもあります。ゴールデンウィークにとしまえんに行こうと考えている方は、できるだけ早く来園するようにしましょう。

しかしゴールデンウィークのとしまえんは混雑しているといっても、東京ディズニーランドのようにアトラクションに乗るのに2時間も3時間も待つということはありません。

人気の絶叫系アトラクションは1時間待ち、子供が好きなアトラクションは40分程度の待ち時間、その他のアトラクションは15分から30分くらいの待ち時間です。

混雑状況(3) 春休み

ゴールデンウィークや夏休みに続いて混雑するのは春休みです。春休みの混雑状況をみてみましょう。春休みは平日であれば、比較的快適に遊ぶことができます。この時期は中学生や高校生、学生などがお友達同士で訪れることも多く、絶叫系のアトラクションが混雑します。

春休みの週末は、小さな子供を連れたファミリーで混雑します。長期の休みにはキャラクターショーなど子供向けのイベントが行われることが多く、早くから小さな子供たちで混雑します。

時間帯でいえば11時から15時の間がいちばん混雑しますので、春休みの週末に来園するのであれば、開園と同時に入園するのがおすすめです。

混雑状況(4) 冬休み

次に冬休みの混雑状況を見てみましょう。冬は気温が下がるので、訪れる人が空くなくなります。冬休みの平日は混雑もなく快適に遊ぶことができます。土日でもやや混雑する程度で、人気アトラクションもあまり待たずに乗ることができます。

クリスマスや年末年始、大晦日はイベントが行われるので少し混み合います。またこの時期は夜間にイルミネーションが開催されていて、カップルで訪れる人も多くなります。

Thumbとしまえんのプールの料金や種類・割引情報まとめ!営業はいつから?
皆さんは、夏のプールはどこに行きますか?スライダーのあるプールですか。それともナイトプールで...
Thumbとしまえんのイルミネーションの開催時期や点灯時間は?混雑状況も調査!
みなさんは東京練馬区にありますとしまえんのイルミネーションをご存じでしょうか。とてもきれいと...

「としまえん」のアトラクションの混雑状況

東京としまえんのゴールデンウィークや春休み、夏休みなどの混雑状況を見てみましたが、それでは気になるアトラクションの混雑状況をみてみましょう。

小さな子供と一緒に東京としまえんを訪れた場合、あまり長い待ち時間があると飽きてしまいます。また夏休みなど暑い季節には熱中症も心配です。ここでは通常時期と混雑時期に分けて、アトラクションの待ち時間などを見てみましょう。

通常時期の混雑状況

東京としまえんは遊園地ゾーンとプールゾーンに分かれています。遊園地ゾーンには絶叫系アトラクションから、小さな子供が遊べるほのぼの系アトラクションまで、さまざまなアトラクションがあります。

通常時期のアトラクションの待ち時間ですが、平日であればほとんど待ち時間がなく乗ることができます。としまえんは東京の遊園地の中でも比較的空いている穴場スポットで、楽に遊べるのでおすすめのスポットとなっています。

土日・祝日は混雑しますが、人気の絶叫系アトラクションの待ち時間は30分、長くても1時間くらいでしょう。東京ディズニーランドの人気アトラクションのように長時間待つことはほぼありません。

長期休みの混雑状況

続いて夏休みやゴールデンウィーク、春休みなどのアトラクションの待ち時間について見てみましょう。

夏休みや春休みは平日であれば、通常時期の週末と同じような混雑状況です。アトラクションの待ち時間は、人気の絶叫系アトラクションで30分から1時間くらいでしょう。その他のアトラクションは15分くらいです。

夏休み中の週末やお盆、ゴールデンウィークはもう少し混雑がひどくなります。人気のアトラクションの待ち時間は1時間前後、子供に人気のアトラクションも30分前後の待ち時間が生じることがあります。暑さ対策をしっかりとして出かけるようにしましょう。

Thumbとしまえんのアソブラボーは人気の屋内型遊び場!料金の割引方法は?
東京の練馬区の「アソブラボー」は「としまえん」の中にある子どもに大人気の屋内施設です。それぞ...

「としまえん」のチケット窓口の混雑状況

それでは続いてとしまえんのチケット窓口の混雑状況についてみてみましょう。通常時期の平日であれば、チケット窓口は空いていますので、並ばずに購入することができます。

ゴールデンウィークや夏休みの休日は、開園前から列ができます。1時間も待つほどではありませんが、小さな子供を連れている場合や早く入園したい場合は注意が必要です。

事前にチケットを購入しておくことをおすすめ!

ゴールデンウィークや夏休み、通常時期の週末など混雑が予想される時期に東京としまえんで遊ぼうと考えている方は、事前に前売りチケットを購入しておくのがおすすめです。

東京としまえんの前売りチケットは、とうしまえんの公式サイトからオンラインで買うことができます。チケット売り場で買うより割引になっていますので、混雑を避けるためにも事前の購入がおすすめです。

「としまえん」のレストランの混雑状況

としまえんで次に気になるのがレストランの混雑状況です。としまえんにはレストランがいくつもあります。スタンドも多く、軽食も多く販売されています。価格の目安は400円から1000円です。

としまえんは平日であればレストランは快適に利用することができます。しかし休日やゴールデンウィーク、夏休みなど混雑する時期はレストランも混み合いますので、時間をずらして食事をするのがおすすめです。

できたら11時30分までに済ませてしまうと、、待つこともなく快適に食事をすることができます。また、東京としまえんは食べ物や飲み物の持ち込みもできますので、混雑する時期にはおやつやお弁当を持参するのもおすすめです。

としまえんのレストラン

園の中央にあるのがレストラン「カリーノ」で、こちらはとしまえんで一番大きいファミリーレストランです。

レストラン「キュートリバティーベル」はホットドッグやパスタなどを販売しており、飲み放題のドリンクバーがおすすめです。その他にも本格的インドカレーが味わえるカレー専門店「マサラ」、BBQテラス、軽食が食べられるスタンドがあります。

小さな子供たちに大人気の屋内型プレイルーム「アソブラボー」では、「ブラボースタンド」があり室内で飲食ができます。またプールサイドには様々な食べ物を販売するスタンドがあります。

「としまえん」の混雑時期の楽しみ方

としまえんを混雑時期に訪れたら、混み合うアトラクションに真っ先に乗ってしまうのがおすすめです。

列ができるアトラクションとは、サイクロン、コークスクリュー、フリュームライド、フラワーエンジンなどの絶叫系アトラクションのことで、子供向けのアトラクションではチャレンジトレインやミニフリュームライドなどがあります。

これらのアトラクションは時間が経てば経つほど混雑して来るので、開園と同時に入園したらまず乗ってしまうのがおすすめです。

続いて回転が悪く長い列ができるのがスナッピー、バタフライダー、スカイトレイン、ミニサイクロンなどのアトラクションです。これらもできるだけ早い時間に乗りましょう。

反対にあまり待たずに乗れるのがカーメリーゴーランド、模型列車、ミラーハウス、こどもの森などです。幼児向けのアトラクションはあまり待たずに遊ぶことができます。

混雑時のプールの遊び方

としまえんのプールは東京でも有数の大型レジャープールで、たいへん混雑します。特にスライダーが大人気で、お盆の時期には1時間待ちということもあります。スライダーが空いている時間帯は、開園から10時頃までと14時以降がおすすめです。

また混雑時は入園が遅くなると、レジャーシートを広げられる場所がなくなってしまうので、なるべく早く入園するのがおすすめです。

事前に「としまえん」の混雑状況を確認しておこう!

としまえんは東京のテーマパークや遊園地の中でも比較的混雑が少なく、平日であれば快適に遊べる穴場スポットです。絶叫系アトラクションから小さな子供が楽しめるほのぼの系まで様々なアトラクションが揃っていて、幅広い年齢層におすすめです。

夏限定のプールは、スリル満点のスライダーが設置されていることから、多くの人が訪れます。この時期は遊園地も混み合いますので注意が必要です。

夏休みやお盆、ゴールデンウィークなどはは混み合いますが、比較的空いてる時期もありますので、としまえんの混雑状況を確認して、楽しい時間を過ごしてください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Momoko

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ